コミックのタグまとめ

コミック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコミックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コミック」タグの記事(102)

  1. 秋の古本市、コミック版から - 幾星霜

    秋の古本市、コミック版から

    雨にもかかわらず、図書館へ🚙holdしていたDVD(シカゴファイア)を借りに行ったんです。したらば、秋のBookセール(古本市)をやっていました。もちろん 英語の本ばかり…なんですけど、読めもしないのに 物色するのも楽しいものです。たまーに日本語文字があると、サッと目にとまりますよ。 (๑´∀`๑) ⬇︎ (๑´∀`๑) ほほう、日本語そのままの装丁じゃあありませ...

  2. 弱虫ペダル SPARE BIKE 1-4 - TimeTurner

    弱虫ペダル SPARE BIKE 1-4

    「弱虫ペダル」のサイドストーリーです。巻島と東堂の巻はアニメ化されているけど、その他の学校のメンバーにもスポットが当たっていると聞いて今出ている4巻すべて買ってみました。1は巻島、東堂、新開。入学式に巻島が自転車に乗りながら歌うところ、原作では「はるの」「うららの」に「ッショ」がついてなかった。あれは声優さんがつけたのか。そういう細かい違いってけっこうあるんだろうな。巻島の髪が緑色な理由がわ...

  3. 妖怪アニメ DVD - 彩色生活

    妖怪アニメ DVD

    近ごろマイブームな、妖怪アニメ DVDをご紹介。昨今のアニメは作成委員会などが設立されて、画像から、脚本から、演出・構成に至るまで、多くの人々が事細かな部分にまで力を注いで、作品は結構緻密にまとめ上げられていて、マンガ・アニメに対する過去の様な認識では一蹴できないテイストがあります。私小説では包含できないパフォーマンスが、今のアニメにはありますネ。という事で、ユニークな妖怪・モノノ怪・幽霊等...

  4. おとうさんとぼく - TimeTurner

    おとうさんとぼく

    はげていて太ってお腹が出ているおとうさんと息子の日常を描く文字のない(ところどころどうしても必要な場合だけ必要最低限の台詞や擬音、看板文字などが書かれている)コマ漫画134編を収録。ぱっと見たときは古臭いタッチのほのぼの漫画だなと思ったんですが、読み始めてみたらおかしくて大笑い。かなりとんがっている部分もあり、おとうさんのキャラが最高。一見したところ年齢も社会的地位もそれなりにあり、もったい...

  5. 海辺の本棚『千年の翼、百年の夢 豪華版』 - 海の古書店

    海辺の本棚『千年の翼、百年の夢 豪華版』

    谷口ジローさんが熱い思いをこめて描き上げたルーヴル美術館の神秘、そして史実。コロー、ゴッホなど画家ゆかりの土地のエピソードも盛り込みながら、美術館自体の歴史に深く踏み込んでゆく内容です。ナチスドイツの手から作品たちを守るために敢行された疎開作戦のその内情もドラマチックに描かれています。人が美術に求めるもの。描きたいと思う気持ち。伝えたいという思い。それは時空を超えて真摯に響き合うものなのです...

  6. 逢沢りく(上・下) - TimeTurner

    逢沢りく(上・下)

    中学生の逢沢りくは、仕事ができてモテるパパと、完璧主義のママに大事にされて、何不自由なく暮らしている。いつでも蛇口をひねるように涙を流すことができる美人のりくを、回りの人たちは特別な存在だと思っているが、りくは何も感じていない・・・。『今すぐ読みたい!10代のためのYAブックガイド150!』で紹介されていた本。コミックは私の中では優先順位が低いんですが《きょうの猫村さん》シリーズが良かったの...

  7. ドカベン - 彩色生活

    ドカベン

    週刊マンガ雑誌世代なら、ドカベンは懐かしくもある野球マンガの一つ。個性的な登場人物。野球が倍楽しめたマンガ。その最終巻が発表された記事が・・・。水島先生の息の長い、野球漫画は多くのファンが楽しみにしていたマンガ本。投球フォームやバッティングフォームのカッコイイ一瞬をとらえた画。スリリングでスピード感あふれる動的な描写。何もかもが、釘付けにさせてくれる本で観る野球。テレビで実写を観るよりも時に...

  8. お城から、猫と優しい音楽 - NOEMI

    お城から、猫と優しい音楽

    お詫び前記事にコメントをくださった方、申し訳ございません。「承認」を押そうとして、間違って「削除」を押してしまったようで、せっかくいただきましたコメントが消えてしまいました。本当に申し訳ございません!懲りずにこれからも宜しくお願いいたします。昨日、ロワールの古城巡りのことなど書きながら、そういえばっ!と。あのあたりの数多あるお城の中でも、おそらく一番賑わっているシャンボール城は、ルイ14世時...

  9. 森沢明夫さん⇒スピッツ⇒柴門ふみさん - NOEMI

    森沢明夫さん⇒スピッツ⇒柴門ふみさん

    最近読んだ本ハーバード~はたまに読む。ストーンと腑に落ちることもあるので、自己肯定のために読んでるのかな?『キッチン風見鶏』は、面白かったです。森沢さんの本は初めてです。この本を読んでいたら、もっと丁寧に料理したくなりました。赤唐辛子で風味付けした手羽先カレー作りたいなあ。この小説には幽霊も恋も友情も色々な素材が登場!それから、時に目を閉じると、風景が浮かんできます。音楽はスピッツ参上!!『...

  10. 俺、つしま - TimeTurner

    俺、つしま

    外でゴミを漁っていたところをおじいちゃんに保護されたキジトラ猫「つしま」。先住猫の「ずん姐さん」や通い猫の「ちゃー」「おさむ」との暮らしを綴る猫漫画。最近の猫物は素人がネットで公開していたものが評判になり、出版社から声がかかって本になるというパターンが多いのですが、これもその一冊で、小学館から出たところを見るとかなりの有望株ということでしょう。実際、この「つしま」の面構えを一目見たら、一体ど...

  11. 「日高村オムライス街道」つながりで - kami-kitaのPOPなBLOG

    「日高村オムライス街道」つながりで

    高知新聞掲載「マンガ家のくさか里樹さんのすすめもあり、クッキングパパの作者さんが日高村のオムライス街道を取り上げた」との内容の記事を読んだので!ヘルプマン!!くさか里樹/朝日新聞出版undefinedヘルプマン! ! Vol.10くさか里樹/朝日新聞出版undefined

  12. コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」中編 - シュタイブ!

    コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」中編

    転載を禁じます。※特に女学生のみなさんへ知らないオジサンには気軽に付いていかないようご注意ください!続きものなので、第1トレンチ「古墳はどこにでも」及び第5トレンチ「10年目のぬくもり」前編既読の方を想定しての構成になっております。未読の方は先にこれらを読むことをお奨めいたします。第1トレンチ「古墳はどこにでも」https://syutaibu.exblog.jp/23990960/第5トレ...

  13. HERE ヒア - TimeTurner

    HERE ヒア

    左ページに窓、右ページに作りつけの暖炉。窓の下にソファがひとつあるほかは、何もない部屋が最初に目に入る。左ページの左上隅に縦1㎝、横2センチくらいのグレー地の長四角があり、白抜きで2014と印刷されている。どうやら年号のようだ。ページをめくると、同じ部屋だけど、ソファがなくなり、暖炉の横に本棚が置いてあって、4分の1くらいが本で埋まっている。床のうえにぽつんとある段ボール箱から移されたらしい...

  14. 最新映画レビュー『ブラックパンサー』MCU作品としては申し分なし。そして現代世界への警鐘も - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ブラックパンサー』MCU作品としては...

    「ワカンダ!ワカンダ!」。全米ではまさかの超特大ヒットとなり、来週には歴代興収で『アベンジャーズ』や『最後のジェダイ』を抜き、第4位に入る見込みだという。息切れを見せず、エンタメの王道を送り続けているMCUシリーズ。今回は、単体のヒーローもので、「ライオンキング」的なドラマ、横尾忠則的なSFアフロフューチャーのデザイン、そしてほぼ黒人キャストにもかかわらずクローズドな観客設定になっていない...

  15. 2018年03月新刊タイトル四季神 -睦月- - グラフィック社のひきだし ~きっとあります。あなたの1冊~

    2018年03月新刊タイトル四季神 -睦月-

    グラフィック社での読み物コミックは初挑戦です。コミックイラストの技法書の先生、ブロッコリー子こと緑華野菜子先生に描いていただきました。神代の時代の和風ファンタジー。四季を司る神々のうち、秋を司る秋神を中心としたあやかし系物語。絵はもちろんのこと、pixivで公開され人気を博したネーム『ナナハノオウギ』を中心に全編描き下ろし、1冊で完結読み切りです!神と妖怪、そして人間の物語が広がります。

  16. コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」前編 - シュタイブ!

    コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」前編

    転載を禁じます。※特に女学生のみなさんへ知らないオジサンには気軽に付いていかないようご注意ください!ご協力ありがとうございました。マイミクのみなさん

  17. 【店頭写真】福家書店新宿サブナード コミックストア - 岡田がるの『ブログ始めました』

    【店頭写真】福家書店新宿サブナード コミックストア

    早速、店頭の写真情報をいただいたよーっ!!!ジャジャジャジャーン♪(/▽)/♪福家書店新宿サブナードコミックストア※コミックストアのほうにあります(グッズ、書籍販売店とコミック専門店の2軒あり)もっとアップで…ウリャッ!!!※2018年1月21日現在激しく展示していただいて嬉しいですぅ(人´▽`)エヘヘ~さささ、皆さま!直筆サインカード付き単行本ですっ!(もし付いてなかったらご連絡ください)...

  18. 本の話コミック『楠勝平作品集彩雪に舞う・・・』素晴らしい作品ばかりです。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本の話コミック『楠勝平作品集彩雪に舞う・・・』素晴らし...

    本の話『楠勝平作品集彩雪に舞う・・・』楠勝平著青林工藝社2002年 コミック(マンガ・漫画)の作品集です。先日、「古本屋まんだらけ」で見つけ、購入を迷った本です。衝動を抑えきれませんでした。今、机の上にあります。 楠勝平(くすのきしょうへい、本名:酒井 勝宏、1944年1月17日 - 1974年3月15日。日本の漫画家。東京都荒川区出身。白土三平のアシスタントとして働きながら『ガロ』や『CO...

  19. 本とコミックの話最近読んだ本です。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本とコミックの話最近読んだ本です。

    最近読んだ本の紹介です。 大西直樹著『エミリ・ディキンスンアメジストの記憶』彩流社2017年映画『エミリ・ディキンスン静かなる情熱』鑑賞後、映画館で買い求めました。アメリカの高名な女性詩人であり、ずいぶん前に詩を読んだことはありましたが、強い印象が残っていません。今回、映画と本からディキンスンはとても大きな魅力ある存在に見え、読み取りの力が衰える前に、改めて挑戦したいと思いました。映画の感想...

  20. 噂のモーガン夫婦 - Tears of joy

    噂のモーガン夫婦

    WOWOWでやっていたので、観てみました!主人公夫婦のテンポのよい会話に引き込まれ最後まで飽きることなく見終えます。笑いあり、涙あり、テンポのよいリズム感と、観終わったあとにあったかい気持ちになれる映画です。旅と同じくらい映画も好きだなとつくづく思う今日この頃、いろいろと教わることが多いからかな。

総件数:102 件

似ているタグ