コミックのタグまとめ

コミック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコミックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コミック」タグの記事(129)

  1. 子ども漫画家と新人インカー - たのしい菜食

    子ども漫画家と新人インカー

    子どもたちは、パンデミックで学校が休みになったのをきっかけに、2人で漫画を描き始めました。なかなか飽きないようで、揉めることはあるものの和気あいあいと楽しそうに描き続け、これまでに15〜25ページほどのものを7〜8作完成させています。最初の頃は定規も使わず線はガタガタ、字や絵は雑で見にくく、ストーリーもめちゃくちゃだったものの、いつのまにかメキメキ上達し、最近はちゃんと読める(しかも親の私は...

  2. だから死ぬ気で旅に出た - TimeTurner

    だから死ぬ気で旅に出た

    子どもの頃から周囲になじめず、母親とも相性最悪、依存していた恋人にも去られた恭子は幻聴を聞くようになった。精神病院に入院するしかないと思ったとき、ツインタワーの爆破テロが起こり、明日どうなるかなんて誰にでもわからないと悟った恭子はひとりで旅に出た・・・。実在の女性の半生と旅の記録をコミック化したもの。臨床心理士・信田さよ子氏との対談を巻末に収録。ハンドキャリアー(企業などに依頼されて手荷物を...

  3. 坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き - TimeTurner

    坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き

    生い立ちから現在までつぶさに語るロングインタビューをはじめ、カラーイラスト70点以上、萩尾望都とのスペシャル対談、マンガ9本、全作品リストなどを収録。坂田靖子が何を読み何を見て何を考えて作品を生み出してきたかを追究する一冊。デビュー40周年の2016年刊行。私のような新参者にはもったいないような濃い内容だった。短編漫画が9作も収録されているのもお得感満載。「ヒコーキ」を読んだら、いろんな固定...

  4. 3月のライオン - Tea's  room  あっと Japan

    3月のライオン

    『3月のライオン』というマンガがありまして。あるのは知っていたのですが、読むのは初めて。天才少年棋士のお話です。(2013.羽海野チカ著)March comes in like a lion と書いてありますね。春のことわざ「3月はライオンのようにやってくる」 March comes in like a lion, and goes out like a lamb.3 月はライオンのように荒...

  5. るきさん - TimeTurner

    るきさん

    るきさんはひとり暮らしの独身女性。在宅で医療事務の仕事をしているので、働くのは月のうち1週間くらい。あとはのんびり暮らしている。近所に住む友達のえっちゃんはキャリアウーマン。稼いだそばから買物をして使いまくっている。そんなふたりの何気ない毎日を描く16コマ漫画。いいなあ、これ。連載されていたのが1980年代から1990年代だから、まさにバブル時代の昭和。まだスマホもインターネットもなく、時間...

  6. Bread & Butter1~10 - Welcome to Tawashi's Room 雑記帳

    Bread & Butter1~10

    Bread Butter1~10(芦原妃名子)マーガレットコミックス7/2926★★★☆☆4672/11947円〈自分ひとりで「がんばらなきゃ」って必死になってるとあれも出来ないこれも不可能って現実にぶつかることばっかだったけど“もし五十嵐さんと二人なら”出来る事が一気に広がる気がします〉あるサイトのおすすめ本。ブックオフで大人買い、受け取った翌日に一気読み。なかなか良い。パンが食べたい。...

  7. 大人買い - きょうのできごと

    大人買い

    今日は夕方少しだけ雨が上がりぷーくんのお散歩できました夕べは「もののけ姫」見ました今までながら見てることが多くてじっくりTVと向き合って見たらとおおお~と思うところあり20年も前のアニメとは思えない「もののけ姫」はアシタカがカッコよくて好きジブリアニメの中の一番の男前だと思う!!ヤックルも可愛いそしてもう1つ私の大好きなアニメ「この世界の片隅に」6~7回は見たかなぁ(もうちょい見てるかも)最...

  8. スキップとローファー1〜5 - Welcome to Tawashi's Room 雑記帳

    スキップとローファー1〜5

    スキップとローファー1〜5(高松美咲)講談社10/2915★★★★☆3630/17567円なかなかのおもしろさ。第1巻から5巻までブックオフや書店で買いました。買ったきっかけはあるブログでのこの引用。「言い方はキツかったけど、嘘ついたりはしてないよなってバレー教わるんだったら江頭さんのほうが忌憚ない意見を言ってくれると思って物を教えるってね問題に答えるよりも難しいんだって実際わかりやすかった...

  9. マンガ! 大英博物館マンガ展図録 - TimeTurner

    マンガ! 大英博物館マンガ展図録

    2019年に大英博物館で開催され大好評を博した「マンガ展」の公式図録を日本向けに翻訳・編集したもの。人気漫画家、芸術家、漫画編集者、出版社代表、翻訳者、コミックマーケット主催者など、漫画にかかわるさまざまな人々のインタビュー記事、美術や歴史の観点からマンガを多角的にとらえる解説記事なども。 厚さと重さにびっくり。ここにある図版、全部展示されていたのだとしたら、見るのにすごく時間がかかる展覧会...

  10. 吉野朔実は本が大好き - TimeTurner

    吉野朔実は本が大好き

    「お父さんは時代小説が大好き」から「天使は本棚に住んでいる」まで、吉野朔実の書評エッセイ漫画《劇場シリーズ》全8冊を1冊にまとめ、シリーズ未収録6編を加えた大ボリューム本。 漫画なんだけど1話1話に中身がぎっしりで、しかも647ページもあるので、とてもじゃないけどさっとは読めなかった。これは、ちびちび味わいながら読む本だ。本が好きな人たちの話って、幾ら読んでも飽きないよね。「咳をしても一人」...

  11. キングダム61巻 - きょうのできごと

    キングダム61巻

    7月です4月から次女に借りてたキングダムの最新刊61巻やっと読み終えましたなかなか読めなかったけど読み始めたら一気(59巻~61巻まで)私と息子と次女と弟家族間で回し読みしてます(笑)ストーリーがちょっと停滞気味かなぁ~と思ってると突然面白くなる!良いとこで終わっちゃって、62巻気になります!!今日は雨の日なのに、夜なのに、リビングのレースのカーテンはずして洗いました早めにお風呂に入ったので...

  12. 【ツール・ド・フランスのクラッシュ事故と50年前の漫画】 - お散歩アルバム・・金木犀3度咲く秋

    【ツール・ド・フランスのクラッシュ事故と50年前の漫画】

    なんだかわかりませんが、トンマなおばさんのせいで大事故になりましたね。びっくり仰天です自転車のロードレースは日本ではあまり聞きませんが、ヨーロッパでは人気があるそうで、その中でも トゥール・ドゥ・フランスは頂点の人気だそうです。それがしょっぱなからいきなりこんな事故で、それも原因がおばさんの横長プラカード?のせいだなんて、歯が1本しか残らなかった選手はさぞや情けないことでしょう。観客の整理な...

  13. アキエ・ルイト/軍艦雲/朗読士/本の寝台 - TimeTurner

    アキエ・ルイト/軍艦雲/朗読士/本の寝台

    (この4冊はカバー絵が同じでタイトル文字だけが入れ替えられている)アキエ・ルイト 他2篇水と不思議な関係をもつ少年の話(二鳥翠が出てきた)。本の翼が生えた猫のような生き物。身の周りを半透明の文字が回っている人の話は『文字の消息』みたい。頭が本の猫が再登場。軍艦雲その雲に覆われると土と石以外のものはすべて本になり、雨にあたると溶けてしまう――自ら軍艦雲を追って本になった者の記録というユニークな...

  14. ワーストマン昔のマンガ - 湘南のJOHN LENNON  Those were the days

    ワーストマン昔のマンガ

    俺が小学校2年生の頃に「週間少年ジャンプ」に連載されていた、これこそ幻のマンガだと断言できる!まだ10歳にも満たないガキだった俺に大きな衝撃を与えたマンガは2つあった。そのひとつは巨匠 永井 豪の「ハレンチ学園」だ。「ハレンチ学園」も週間少年ジャンプに連載されていたが、この「ワースト」も同時期に連載されていたと記憶している。このマンガの内容は、地球全体が長い雨にみまわれ、雨が上がった後、人類...

  15. 変人探偵エム/闇月王 - TimeTurner

    変人探偵エム/闇月王

    古い家具を修理して売る仕事をしているルディ・アートは、偶然「悪魔の枝(サタニックブランチ)」を手に入れ、悪魔を召喚してしまう。困ったルディは、クラスメートだったエム・ケルスナーの万能相談所に駆け込む。このエムは、昔からド変人で・・・。《変人探偵エム》シリーズは英国が舞台のコミック3巻。万能相談所を経営するエム・ケストナーと、学友だった古家具屋のルディ・アートのどたばた怪奇コメディ。いずれも作...

  16. きのう何食べた(18)いつもとかわらぬシロさんとケンジよしながふみ - 本の棚: 本の話がとまならない

    きのう何食べた(18)いつもとかわらぬシロさんとケンジ...

    きのう何食べた?(18)(よしながふみ)でました。皆様年齢を重ねて青年誌の漫画の余裕あり。波乱万丈の事件は起こらないのだけれど、悩んだり迷ったり、日常の話がそのままドラマになる。コロナの影響あり、相続の話あり、なんだか大人の話。それでも読み続けるのはやっぱり食堂シロさんの魅力なのか。このシリーズのいいところは若ぶらないところ、飾らないところ。みんな等身大で肩張っていなくて、今回も落ち着いて読...

  17. コミック・サークラウンソード第6話「憧れの先輩(織音編)」2021.5/21 - シュタイブ!

    コミック・サークラウンソード第6話「憧れの先輩(織音編...

    転載を禁じます。ストーリーはフィクションです。ご協力ありがとうございました。桐生市教育委員会文化財保護課文化財保護係さまマイミクのみなさんフォロワーのみなさん

  18. コミカル・ミステリー・ツアー(赤禿連盟、バチアタリ家の犬、サイコの挨拶) - TimeTurner

    コミカル・ミステリー・ツアー(赤禿連盟、バチアタリ家の...

    「がんばれ!!タブチくん!!」で知られる漫画家のいしいひさいちが、シャーロック・ホームズのパロディを描いていたとは!ホームズの各作品をネタにした4コマ漫画に、古今東西の名作ミステリーを扱ったパロディ集3部作。これも『初歩からのシャーロック・ホームズ』で紹介されていたもの。紙の文庫は絶版になっていて、電子書籍化もされていないので、中古で買った。1~3巻いずれにもホームズ以外の東西の名探偵をパロ...

  19. 本の懐胎/コーヴェ・アンネイの図書館/鳴鶏 - TimeTurner

    本の懐胎/コーヴェ・アンネイの図書館/鳴鶏

    本の懐胎 他2篇本を懐胎したというお告げを夢で受けた本好きな女性が本当に本を産む話。本の赤ちゃんがかわいい。一冊の本が悲しみを浄化する「草枕」はしみじみとした余韻。半透明の本が海に生息し、誰にも読めない文字が書いてあるという「パムート」のアイディアもいい。コーヴェ・アンネイの図書館巨大な書架の森の中にある図書館では存在しない本も読むことができる――ラストはいろいろに想像できる。私は本当に読ん...

  20. 電子書籍ストア BOOK☆WALKERで、コミックもビジネス書も読める! - みぃーのおこづかい帳

    電子書籍ストア BOOK☆WALKERで、コミックもビ...

    こんばんは、みぃーさんです。GWも佳境ですね。今年のGWはおうちにおこもりで、いつもよりも本を読んで過ごす方も多かったのではないでしょうか。お出かけしづらい状況が続く中、自宅に居ながら、よりお得に本を読めるプラットフォームがあったら使ってみたくはありませんか?ライトノベルシェアNo1電子書籍ストアBOOK☆WALKERは、ライトノベルだけじゃなく、コミックやビジネス書まで読める!読み放題プラ...

総件数:129 件

似ているタグ