コミックのタグまとめ

コミック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコミックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コミック」タグの記事(127)

  1. グランド・ツアー 英国式大修学旅行 - TimeTurner

    グランド・ツアー 英国式大修学旅行

    18世紀の英国貴族の間では、子弟を国際教育のため欧州大陸に遊学させる「グランド・ツアー」が流行した。お目付け役の家庭教師と潤沢な財力をお供に、短くて1年、時に5、6年をかけてフランス、イタリア、スイスなどを回って文化や伝統を学んだ。このグランド・ツアーの旅立ちから帰国するまでを描いたサントリー学芸賞受賞作を原作に、石ノ森章太郎がJAL機内誌に連載していたもの。『グランド・ツアー―英国貴族の放...

  2. ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? 第2話「お姫様と初デート」 感想 - やりこみ部屋

    ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? 第2話「お姫...

    ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか? 第2話「お姫様と初デート」 感想電車内で痴漢に遭っていた姫を助けた薫。制服デートをすることになり色々な場所を一通り回ります。我を忘れてか姫も世代発言をして薫を困らせるワンシーンもありますが自分がホントは年上のお姉さんだと言うジェネレーションギャップを随所で発揮。コソコソと正体を隠すぐらいなら始めから正体(年上)を晒してしまった方が楽なのではないだろう...

  3. 俺、つしま 2 - TimeTurner

    俺、つしま 2

    『俺、つしま』に続く待望の第二弾。今回もオールカラーで前回より増量、さらに初版にはもれなくポストカードが2枚ついてくるという大盤振舞でした。ただ、ポストカードは挟みこみではなく、巻末に綴じられた厚紙2枚から切り取る形になっているので、ミシン目からずれないようにハサミを入れるのが難しくてむっちゃ緊張しました。収録されているエピソードのほとんどは、小学館のサイトで連載されていて、私は欠かさず見て...

  4. 少女コミックの匂い - 幾星霜

    少女コミックの匂い

    UPSから連絡をもらっていました。"Perishable" な物が届きますよ。と、日時の指定。↓大きなダンボールでした。“Perishable” とは 「腐りやすい」とか「壊れやすい」の意味に使われます。箱には、“Fragile" の表記まさに 「壊れやすい」という方の意味でした。娘らからのギフトです。🎁何なんでしょう? 異様に軽い小包み...

  5.  『映画賭ケグルイ』感想(※ネタバレ&酷評注意) - Column・DE・Co・llage(こらむでこらーじゅ)

    『映画賭ケグルイ』感想(※ネタバレ&酷評注意)

    先日『映画賭ケグルイ』観ました。原作にはない完全オリジナル脚本で、ドラマ版もバッチリ予習して臨んだのだが、正直残念な出来だったと言わざるを得ない。ドラマ版が結構良かったから期待したんだけど、今にして思えば、ドラマ版は出来が良かったと言っても、上質なキャストを揃えて、ほぼ原作通りに進めた結果、原作の面白さを損なわずに済んだという事なのかなぁ…映画は全体的に冗長で設定もキャラもらしくなく、劇中で...

  6. 失われた時を求めて フランスコミック版 - TimeTurner

    失われた時を求めて フランスコミック版

    プルーストの大長編小説『失われた時を求めて』の第1巻と第2巻それぞれの一部をコミック化したもの。フランス産のコミックで、バンドデシネと呼ばれているタイプです。バンドデシネは判型が大きいのはいいんですが、文字が多く、そのため文字の大きさがふつうのコミックより小さい。ページを開いたときに文字がぎっしりという印象を与えるものが多い。これを読むためには老眼鏡をかけるだけではだめで、晴れた日に窓際に座...

  7. 2019.4.16「宗像教授帰省録」ポスター届きました。 - シュタイブ!

    2019.4.16「宗像教授帰省録」ポスター届きました。

    去る1/1~2/17日まで福岡県宗像市・海の道むなかた館で行われた特別展「宗像教授帰省録」ポスターがメーリングリストメンバーでマイミクでもある方から本日届きました。郵送費までご負担いただきありがとうございました。

  8. 『弱虫ペダル』全巻制覇耐久レース - TimeTurner

    『弱虫ペダル』全巻制覇耐久レース

    コミック版『弱虫ペダル』の60巻が出たのを記念して(というか既刊本のテコ入れを目論んで?)、秋田書店がアニメイトやアマゾンなど電子書籍サイトを通してKindle版1~59巻の3日間無料お試しキャンペーンを開催しました。コミック版で持っているのは紙版では左写真の58巻とSPARE BIKE4巻、Kindle版では1~5巻とSPARE BIKE5巻だけ。コミック版にはアニメ化の際に省かれてしまっ...

  9. パンダ探偵社(1) - TimeTurner

    パンダ探偵社(1)

    身体が徐々に動植物に変化していき、やがて人格が失われる不治の病「変身病」が多発している世界。パンダ化進行中の半田は学生時代の先輩である竹林が経営する、変身病に関わる案件専門の探偵社に雇われた。持ち込まれるさまざまな依頼とその結末を通して、半田は自らの未来について考える・・・。うひょー、なんて奇妙で天才的な設定。変身過程にある人たちを見る町の人々の目は、現実の世界で身体に障害のある人たちを見る...

  10. セトウツミ7 - 8 - TimeTurner

    セトウツミ7 - 8

    7巻冒頭のヤンキーが出てくる回、笑い死にしそうにおかしいんだけど、それでいてちょっとしんみりもさせる。天才だなあ、作者。野良猫の虐待とかTNRがこういう本に出てくるのも意外。最後の思わせぶりな終わり方で、もう少し先までとっておこうと思っていた次巻へと手が伸びてしまった。そして最終巻。いやあ、驚いた。まさかこういうことだったとは!衝撃の真実にこれまでのすべてがひっくり返されて、また1巻から読み...

  11. 弱虫ペダル SPARE BIKE(5) - TimeTurner

    弱虫ペダル SPARE BIKE(5)

    「弱虫ペダル」のサイドストーリー。1~4巻で巻島、新開、東堂、荒北、金城、石垣、待宮と、三年生たちの過去を扱ったから、次は田所かなと思っていたら、売上が見込めないと出版者側から要請があったのか、ファンの多い巻島、待宮を再度とりあげてた。私の好物は髪の短い高1時代の巻島くんだから、すっごく楽しみにしてアマゾンで予約をした。発売日、起きてすぐメールチェックしたら、なんと5:44にアマゾンから「も...

  12. セトウツミ5 - 6 - TimeTurner

    セトウツミ5 - 6

    5巻になったら、内海の家庭が地獄っぽいかも、というのがチラっと見え、さらには車椅子の少女との恋を思わせるエピソードもあって、先を読ませる力が強くなってきた。「後ろからバケモンがゆっくりと確実に近付いてくるんや」って、瀬戸のおじいちゃん、それめっちゃ怖いやろ。(すぐに影響される)6巻のカラー扉には、いつもふたりと一緒にいる野良猫がセンターで登場。きれいな三毛で目は金色だった。でもこの猫、たまに...

  13. セトウツミ3 - 4 - TimeTurner

    セトウツミ3 - 4

    毎回瀬戸と内海のお喋りだけで、特にストーリー性もなく、深刻なことは起こらないと思っていたら3巻では殺傷事件の犯人との攻防があったりして、ちょっとびっくりした。それにしてもあれはどういうことなんだろう……?あと、瀬戸の家が自転車屋だとか、ボンジョヴィとかデスボイスとかヘッドバンギングといったロックなキーワードが多い点で、個人的にビビッとくる巻だった。おまけは瀬戸に告白したハツミちゃんと内海に片...

  14. クロエの流儀 - TimeTurner

    クロエの流儀

    フランス人のクロエは日本の高校に通っている。顔もスタイルも抜群だが、時代劇が大好きなために喋り方も物の考え方も現代人のそれとはかなりずれている。身の周りの気になることを黙って見過ごせず、サムライ口調でばったばったと斬りこんでいく・・・。『マンゴスチンの恋人』の瀬尾実森(ミモリ)を思い出した。長身、金髪碧眼、外国人、美少女といった要素は、日本人をひるませることが多いから、多少強気なことを言って...

  15. 駅弁ひとり旅1-3 - TimeTurner

    駅弁ひとり旅1-3

    中原大介は鉄道旅行が大好きで駅弁も大好き。駅弁好きが嵩じて始めた弁当屋は旅行に行く暇ができない程の大繁盛だった。そんな大介を見かねた妻・優子は結婚10周年に「日本一周鉄道旅行の旅」をプレゼントした。東京駅をブルートレイン・特急「富士」号で出発した大介は列車と駅弁の旅を始める・・・。Prime Readingで1巻から3巻まで読み放題になっていたので味見してみました。シリーズはもっと長く(日本...

  16. 聖☆おにいさん - TimeTurner

    聖☆おにいさん

    目覚めた人ブッダと神の子イエス。世紀末を無事に越えた二人は長期バカンスに入り、東京・立川でアパートをシェアし、下界暮らしを楽しむことにした・・・。いやあ、よくこんなアイディア考えたなあ。でもまあ無宗教国である日本だったら当然か。というか、けっこう神様・仏様をリスペクトしてる……。お金に細かいブッダと浪費癖のあるイエスという欠点はあるものの、どちらも神仏だけに基本的にいい人たちで、喧嘩はしない...

  17. 『ゴーグル』豊田 徹也 - Traveling Library     巡回図書室

    『ゴーグル』豊田 徹也

    切なさと滑稽さが混在している6つの物語。『スライダー』『ミスター・ボージャングル』『ゴーグル』『古書月の屋買取行』『海を見に行く』『とんかつ』孤独死、虐待、融資問題などとかなり重いテーマ。にも関わらず、あまり息苦しくはならない。線が美しく繊細で柔らかいせいもあるだろう。それに、どのキャラクターも控えめで優しく、セリフの間が絶妙。余白の取り方が潔く、窮屈さがない。決して大袈裟にはならず、コミカ...

  18. コミック・シュタイブあとがき - シュタイブ!

    コミック・シュタイブあとがき

    「古墳に興味を持って欲しい。」その目的のため始めたブログのカテゴリのひとつとして、下手の横好きながら描き始めたコミック・シュタイブ。いかがお感じになったでしょうか?若い頃作家になりたくて雑誌に投稿しても万年予選落ちで一般サラリーマンにはまるで不要なスキルなのでペンを置いて現在50代。描き始めた時には「古墳マンガなんて誰も描いていない!新鮮かもしれない!プロとの住み分けも出来る!今の時代、デビ...

  19. コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」後編 - シュタイブ!

    コミック・シュタイブ第5トレンチ「10年目のぬくもり」後編

    転載を禁じます。実在する古墳を紹介していますが、ストーリーはフィクションです。古墳の見学は節度を守ってください。所有者がいらっしゃる場合は見学許可をいただき、指示に従ってください。※特に女学生のみなさんへ知らないオジサンには気軽に付いていかないようご注意ください!気軽に自分からオジサンに「手を握って欲しい」などと言ってもいけません!ご協力ありがとうございました。千曲市教育委員会さまマイミクの...

  20. セトウツミ(1・2) - TimeTurner

    セトウツミ(1・2)

    関西のとある町。男子高校生、瀬戸と内海が放課後に川のそばの石段に腰をおろして、どうでもいいようなことをだらだらと話しているだけという異色のコミックです。内海はサッカー部に入ったものの先輩とぶつかって辞めることになり、暇な放課後をここで過ごしている。瀬戸は成績優秀なエリートで塾に行くまでの時間をここでつぶしている。成績も好みも家庭環境も全く違うふたりなのに、どこかでお互いを信頼し、一緒にいると...

総件数:127 件

似ているタグ