コムラサキのタグまとめ

コムラサキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコムラサキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コムラサキ」タグの記事(16)

  1. 安房峠のチョウ - 飛騨山脈の自然

    安房峠のチョウ

    安房峠のチョウたちに会いに行った。左前翅の黒紋が左右非対称の異常型コヒョウモンが見れた。夏型のサカハチチョウが良く見られた。多くの♂の中に♀を見つけた。エルタテハが吸水している。オオゴマシジミはこんな写真しか撮れなかった。まとわりついていたサカハチがズボンの汗を吸い始めた。コムラサキがオノエヤナギに産卵後飛び立ったところを写せた。クロバナヒキオコシの上部が刈り払われていたが、残った茎にサカハ...

  2. TMG-002(久々のコムラサキ)-in I公園 - ツマミヤガラス(TMG)日記

    TMG-002(久々のコムラサキ)-in I公園

    今日は台風明けであることを覚悟に少し近くをぶらついていたが、全く撮れなかった。(まあ、ヤマトシジミやモンキチョウなどは飛んではいたのだが...)さて、今回は3日前にあった出来事について掲載しようと思う。まず、3日前の午前は、近くのZ公園をぶらついていた。まあ、結果は最近続いていた暑さの関係で何もいなかった(汗)そこで、午後から少し離れたI公園ものぞいた。そこにも特に撮るものがないように思えた...

  3. コムラサキ  登山道の蝶 - 蝶のいる風景blog

    コムラサキ  登山道の蝶

    登山道にはたくさんの花が咲いていたが、蝶は意外と少なかった。ヒョウモン類はこの暑さで夏眠中なのか、まったく見かけなかった。アサギマダラは2度ほど見かけたが、もっぱら暗い林の中をひっそりと飛んでいた。クジャクチョウ復活のようだが、この林道では見かけなかった。ベニヒカゲ、ツマジロウラジャノメ観察の合間に撮影出来たのはコムラサキ、エルタテハホシミスジ フタスジチョウ クロヒカゲ、ヒカゲチョウ、ヒメ...

  4. 上高地 - 飛騨山脈の自然

    上高地

    昨年8月下旬に町協で無料で入ったが、この時期に上高地に入るのは39年ぶりである。近年の山ブームもあって当時と比べると小梨平はテントと人でいっぱいだ。林内を流れる清流は以前と変わりない穏やかな佇まいをしている。聳え立つ明神岳がくっきりと見えた。朝日を浴びてヒメキマダラヒカゲが開翅した。河原ではコムラサキが何かに誘引されてたくさん集まっていた。飛行コースに当たるのか飛行機が飛んでいた。風があって...

  5. 夏のタテハチョウの仲間たち in2018.06~07埼玉県&長野県 - ヒメオオの寄り道

    夏のタテハチョウの仲間たち in2018.06~07埼...

                    in2018.07.21上信国境標高2,000m程度の高層湿原を一番元気良く舞っているのは「コヒョウモン」です。                in2018.07.14上信国境コヒョウモンは、ミヤマシロチョウの食樹の多い牧場内でも数多く見られました。                in2018.07.14上信国境「コヒョウモンモドキ」は標高1,700~2,00...

  6. コムラサキ再び(2018/07/13-15)小紫公園(仮)① - 里山便り

    コムラサキ再び(2018/07/13-15)小紫公園(仮)①

    猛暑で思うように行動が出来ないが、思い切って腰を上げる。 柳での生活が長いので、休むのも '枝垂れ柳' の様に、 'クスノキ(楠)' の下がり枝に何頭も潜んで居る。 休んでいるときは、数十㎝に近寄っても逃げない。 それでも近寄って撮影するほど新鮮個体ではないので、遠目から「絵図」を狙っての撮影です。コムラサキ♂(小紫)The Freyer's purple emperor [Apatura ...

  7. 久しぶりに コムラサキ来店 - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    久しぶりに コムラサキ来店

    今日も猛暑でしたね~。日に日に気温が上がってきています。昨日は夕立でいくらか気温が下がりましたが今日は雨らしい雨が降らなかったので明日は一段と暑くなりそうな予感・・・。覚悟しておかなくっちゃいけませんね。さて、暑くて一段と元気なのは、庭のちょうちょたち。本日も沢山の蝶が遊びにきていましたよ。コムラサキ♀ジャノメチョウヒョウモンチョウは種類が多すぎてよくわからんのですがおそらくメスグロヒョウモ...

  8. コムラサキ(2018/07/07)小紫公園(仮) - 里山便り

    コムラサキ(2018/07/07)小紫公園(仮)

    南西諸島を除くほぼ日本全国に分布する。 雄の翅の表面は美しい紫色に輝くので、この和名がつけられた。 角度によって色変化がおきやすく、本来の紫を表現するのが難しい。 此処では2化の個体だと思う。 春先の1化は撮りはぐれてしまった。 見込みをつけ寄りこんでみたら、発生していた。 どうやら雌の1化と混在の様だ。 早速の雄個体の出現だが色が出ない。コムラサキ♂(小紫)The Freyer's pur...

  9. コムラサキ 7月8日 - 超蝶

    コムラサキ 7月8日

    梅雨末期の豪雨により各地の被災状況をニュースで見ました。私も、高知県で学生の頃、大雨で2年連続の床上(2階までの階段2~3段)浸水を体験しました心よりお見舞いと、早期の復興をお祈りいたします。日曜日の知多半島、早朝は小雨でしたが、8時位になると雨は上がり、薄日もさしてきました。近くの河川敷へコムラサキ2化に会いに行きました。早速現れたクロコムラサキ♂、遠く高い位置(´;ω;`)普通のコムラサ...

  10. 飛翔中・・・コムラサキ - 生きる。撮る。

    飛翔中・・・コムラサキ

    大雨で亡くなられた方のご冥福お祈りします。被害にあわれた皆様お見舞い申し上げます。早くすべての方が救出されますように・・・あまりのことに言葉がありません・・・こちらでは地震です。もうどうなっているのでしょう・・・・・・・今日強風の中コムラサキが飛んでいた・・・紫の色が見えた・・・・いつもありがとうございますにほんブログ村にほんブログ村

  11. またコムラサキ - 生きる。撮る。

    またコムラサキ

    もっと紫色の姿が見たくって・・・強風だった。2頭いた。追い出すようにして1頭残る。風が強いと羽を閉じる。う~~んあ、少し紫が見える・・・ご覧いただきありがとうございますイイネ、↓にクリックありがとうございますにほんブログ村にほんブログ村

  12. ミドリシジミの森で - 風任せ自由人

    ミドリシジミの森で

    ブログ仲間の記事に早々とミドリシジミが登場した。それなら地元の有名ポイントでもミドリシジミが発生しているのではないかと思って本日出かけてみた。樹上には複数のミドリシジミが確認できた。下草に降りていて撮影できたのは雌1匹だけだった。ミドリシジミ雌その探索中に色々な蝶と出会った。ミズイロオナガシジミウラナミアカシジミサトキマダラヒカゲキタテハテングチョウちょっとしたドラマも見ることができた。樹液...

  13. 収穫もありましたが困った事も。 - jick のぐうたら蝶日記

    収穫もありましたが困った事も。

    今日はそれ程暑くなく過ごしやすい陽気でしたね、昨日に引き続き何時もの公園に行って来ました。最初に迎えてくれたのはアカシジミです。そして今日のお目当てのウラナミアカシジミ。ここで春型を見るのは初めてのトラフシジミ、これは全く予想していなかったので結構嬉しかった。綺麗な開翅が撮れればなお嬉しかったが中々そうは上手く行きません。 見る事は多数あっても意外と撮るチャンスの少ないルリシジミ、今日は今...

  14. 今季初撮り コムラサキ - 生きる。撮る。

    今季初撮り コムラサキ

    時々見に行っていた。今日目を凝らすと1頭見つけた。でも影になっていて・・・強風で枝が揺らぐ。自転車が強風で倒れた。(バックにはレンズが2本入っていた…無事かどうかまだ確かめてはいない)しばらくするともう1頭現れた。こちらのほうがまだ影がまし・・・♂だ。紫色が見える。強風で揺れると羽を閉じてしまった。そして2頭同時に去っていった・・・ご覧いただきありがとうございます。イイネ、↓にクリックありが...

  15. 普通のコムラサキ 5月20日  - 超蝶

    普通のコムラサキ 5月20日 

    このお休み、土曜日は超強風日曜日の早朝は、ドン曇り・・・なんとか、普通のコムラサキの4翅の輝きを撮影できました\(^o^)/クロコムラサキの4翅の輝きは7月の2化に持越しです。

  16. まだ居ない、もう居ない、でも結構居た。 - jick のぐうたら蝶日記

    まだ居ない、もう居ない、でも結構居た。

    今年は暑くなるのが早く色んな種の蝶が早く発生していますので、例年5月末位の発生のミドリシジミがもしかしたら、もう発生しているかもと思って何時もの公園に行って見ましたが、流石にまだ発生していませんでした。この公園で見られる蝶の中では最大のスターであるミドリシジミですから見逃せませんが、ちょっと焦り過ぎました。 それなら、まだ、ギンイチモンジセセリがまだ居るかなと思い移動して見ましたが、こちら...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ