コムラサキのタグまとめ

コムラサキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコムラサキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コムラサキ」タグの記事(115)

  1. 小紫式部 - だんご虫の花

    小紫式部

    コムラサキシキブ(小紫式部)コムラサキは、あちこちに実を落とすので困ります。鉢の中だったり、花壇の一番いい場所に根付いていたり・・実がズラリと並んだ姿は、圧巻なんだけどなんだかねぇ~。人気ブログランキング←ポチッと押してね。ありがとうございます。

  2. クロコムラキの四翅の輝き9月1日 - 超蝶

    クロコムラキの四翅の輝き9月1日

    ムシャクロツバメを撮って、家族と、ランチ・お買い物して、15時位に帰宅・・・晴れたり曇ったりのお天気で、風も弱くコムラサキの四翅の輝きの撮影には絶好のお天気近くの河川敷へ出かけました。おびただしい数の、コムラサキ達のテリハリバトル堤防を行ったり、来たりしていると・・・幸運な事に、クロコムラサキ♂が目の前にとまりました!!!この蝶の、撮影チャンスは、早朝と夕方・・・今季、やっと四翅の輝きに出会...

  3. クロコムラサキ8月25日 - 超蝶

    クロコムラサキ8月25日

    早朝、コムラサキの発生状況を確認しに出かけました。極少ながらも発生していたコムラサキ達。幸運な事に、遠い場所ですがクロコムラサキも1頭発見思いの外、早くピーカンとなったのでムラサキの輝きは、お預けとなりました。♀も発生していました。ウラナミシジミ今季初見です。

  4. 42コムラサキ「蝶図鑑」 - 超蝶

    42コムラサキ「蝶図鑑」

    日本全国に分布し、食草はヤナギ科上高地へ行った時など、河原で吸水する大集団に出会ったりもします。幸運な事に、私の住んでいる中部地方ではクロコムラサキが一定割合で見られます。発生時期は、5月、7月、9月の年3化四翅の輝きを撮りたくて、通っています。

  5. ツマミヤガラス(TMG)-088SP+2(山梨&長野遠征2クジャクチョウ他)2019.08.08記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-088SP+2(山梨&amp...

    今回は、知り合いのAさんと山梨(一日目のみ)&長野遠征(こちらがメイン!!)に行った。その時の内容について綴りたいと思う。私(Tuma_Aka8)はいつも通りチョウなどを撮影する。一方、Aさんはこちらもいつも通りチョウなどを採集する。まあ、ほぼお互いがいつもやっていることをするだけなのだが(^_^:)プランはおおよそそんな感じである。なお、遠征期間は、8月5日から8月7日の3日間である。クジ...

  6. 2019.7.30-8.2北アルプス・槍ヶ岳(1)上高地2019.8.5 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2019.7.30-8.2北アルプス・槍ヶ岳(1)上高...

    2019.7.30-8.2上高地から入り槍ヶ岳(標高3180m)に登る。昨年、計画をたてたが天候が読めなくそのままになっていたところ、台風一過の晴天が続きそうなので、急遽、山小屋を予約した。計画は以下のように少し緩い。 1日目:河童橋(標高1500m)~徳沢~横尾山荘(標高1620m)3時間 2日目:横尾~槍沢ロッジ~大曲~天狗原分岐~坊主岩小屋~ヒュッテ大槍(標高2884m)6時間...

  7. コムラサキ - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    コムラサキ

    今朝は、お店の入口の階段に蝶がとまっているのを発見!。「・・・ん?この模様は、確かコムラサキだったような気が・・・」そこで、ちょっと角度を変えて よく見てみたらやっぱり、見る角度によって羽が紫色に輝いている・・・コムラサキの雄だぁ!!!。朝から、思わずテンションが上がってしまいましたぁ!(笑)。ぱっと見るとオレンジ系の色の羽なのですが角度によって青紫色に輝く、コムラサキの雄。羽を閉じていると...

  8. 再び上高地へ - 飛騨山脈の自然

    再び上高地へ

    前回成果がなかったので再チャレンジした。早朝の河童橋は閑散としていた。今回は右岸をさかのぼるコースをとった。多くの人が騒いでいたがマガモ?のヒナが泳いでいた。谷川の水と陸上の空気の温度差によってもや(霧)が発生して白く見える。待望のオオイチモンジ♀が飛来した。後が続かないのでコムラサキに遊んでもらった。コヒオドシが飛来したが日差しが強く開翅はしなかった。産卵体制に入っている♀。ドロの葉上で静...

  9. 上高地へ - 飛騨山脈の自然

    上高地へ

    夏休みになって人が多いのを覚悟で上高地に向かった。平日なので意外と少ないと感じた。まずヒメシジミが目に付いた。赤紋が痕跡程度の♀がいた。平地ならヤマトシジミと間違えそう。♂♀が一緒に吸蜜中。河原にはコムラサキがいくつも飛んでいた。オオイチモンジは一瞬しか止まらず、証拠写真程度のものしか撮れなかった。葉と光の具合がころころ変わるので、設定が難しいセンジュガンピが少しうす暗い林内に咲いていた。突...

  10. 北アルプス遠征その3 - 紀州里山の蝶たち

    北アルプス遠征その3

    皆さん、おはようございます。昨日も茹だるような暑さでした。今回の遠征は、急に発生した熱帯低気圧(台風)で一日繰上げ退却となりました(;。;)。上高地の定番オオイチモンジの飛翔は見れましたが、証拠写真に止まりました。オオイチモンジの吸水ポイントでは、コムラサキがミネラル補給中でしたが、「君じゃないんだよなー」。また、来年です。蝶友さん、次回もよろしくお願いします。

  11. 国蝶 オオムラサキ - 花と葉っぱ

    国蝶 オオムラサキ

    撮影:7月24日(千葉市・加曾利貝塚公園)久しぶりによく晴れて、夏のような暑さでした。気温は30℃。オオムラサキの♀がクヌギの樹液を吸っていました。♂は林の樹上をすいすいと飛び回っているだけで、樹液には降りてきませんでした。オオムラサキ(大紫蝶)の♀雌タテハチョウ科 コムラサキ亜科前翅長45~55ミリほどで、開翅長85~105ミリ。雑木林に生息し、関東甲信越では6月中旬~8月上旬に羽化し活動...

  12. 今季初撮りコムラサキ - 生きる。撮る。

    今季初撮りコムラサキ

    4年前の3月の終わりごろ最後の手術のため入院する前に、どうしてもまだ逢えてなかったベニマシコに逢いたくて・・・ポイントの一つの川べりの道で探していた。その時写真撮っておられた方があって、お話しするとこの辺にいるはずだからと探してくださったのがFさん。結局見つからなかったが・・・その後あちこちでお見かけして、実は彼もがん治療中ということを知った。それも私が10年以上お世話になった(この時は手術...

  13. ミドリシジミ(2019-6/17,18) - 小畔川日記

    ミドリシジミ(2019-6/17,18)

    小畔川流域のフィールドのミドリシジミとオオミドリシジミの目途がついたので、6月17日は一昨年にphotobikersさんに教えていただいたミドリシジミのポイントに様子を見に行った。この日は風が強い。8時少し前について歩き始めるとウラナミアカシジミが出迎えてくれた。家内撮影photobikersさんにお会いして一緒に探し始める。今年は桑の実がもう大半が落ちてしまったということで、個体数もそんな...

  14. 小紫式部とアゲハ - だんご虫の花

    小紫式部とアゲハ

    コムラサキシキブ(小紫式部)アゲハが止まってる朝からいい天気です。我が家は田植えです。自分たちが食べる分だけですけどね。人気ブログランキング↑クリックしてね。ありがとう~💗

  15. 小畔川便り(ミドリシジミのポイント発見とコムラサキの誤?産卵:2019/6/11) - 小畔川日記

    小畔川便り(ミドリシジミのポイント発見とコムラサキの誤...

    6月11日は朝のうちは曇りだったけど、そのうち晴れてきた。最高気温は22℃くらいとやや肌寒い。この前オオミドリシジミのテリハリは一応撮影できたので、この日はオオミドリの新規ポイント探しとミドリシジミのこれも新規ポイント探し。オオミドリの方は成果がなかったけど、ミドリシジミはハンノキを目当てに探したらようやくそれらしい場所を見つけることができた。ハンノキの周りを飛ぶ蝶を見つけ、止まったと思われ...

  16. 五目狙いも楽しい - 蝶超天国

    五目狙いも楽しい

    6月2日つづきミドリシジミを狙いながらも蝶を見つけると五目撮りしていました。キアゲハが軟らかな朝日を浴びて静止していました。帰り頃にはアザミに吸蜜する姿が見られました。コムラサキが何処からとも飛んで来て近くに静止しました。残念ながらムラサキの輝きはなく♀でした。新鮮なヒカゲチョウもあちらこちらで見られました。ツマグロヒョウモンが梢で静止していました。サトキマダラヒカゲは沢山いますが、良い写真...

  17. 小畔川便り(梅雨入り前の蝶たち:2019/6/1/4) - 小畔川日記

    小畔川便り(梅雨入り前の蝶たち:2019/6/1/4)

    6月1日、晴れで朝は涼しい。最高気温は25℃くらいかな、風がなく良い天気。家の用事を片付けてから、10時過ぎに家を出る。蝶の数がすごく少ない。ウラナミアカシジミはこの1頭だけしか見かけなかった。家内撮影家内撮影ミズイロオナガシジミは2頭だけ。家内撮影アカシジミは全く見かけなかった。どうしたのかな。先日アカボシゴマダラの異常型を見た場所ではイチモンジチョウがいた。綺麗な個体だった。家内撮影サト...

  18. クロコムラサキ5月19日 - 超蝶

    クロコムラサキ5月19日

    日曜日の知多半島、晴れ時々曇り予報通り風はややではなく、強風の1日でした。早朝、ダメもとで、コムラサキの発生状況を見に行きました。堤防を歩き始めると、足元からクロコムラサキが飛翔!!!即刻見失ってしまいました。早朝、弱いテリハリ行動が見られるはずなので待っていると・・・やっぱり来たー!!!そーっと近寄って、青紫に輝くポイントを探します。新鮮そうな個体ですがよく見ると激しいテリハリバトルのせい...

  19. 今季最後のコムラサキ - 生きる。撮る。

    今季最後のコムラサキ

    10月2日まだいるかなと目を凝らした・・・いた!!でも残念ながら♀のようだ・・・日が当たっても紫色にならないから・・この日から何度も見てみたがもう会えなかった・・また来年会えるだろうか・・・このコムラサキを教えてくださった方今年の春以来お会いしていない・・もう使える薬がないと言っておられて・・・この暑い夏乗り切られただろうか・・・この場所に来るとつい涙ぐんでしまう・・ご覧いただきありがとうご...

  20. コムラサキうれしい出会い - 蝶のいる風景blog

    コムラサキうれしい出会い

    台風一過、きのうは名残の強い風が吹いていたが、今日は朝から素晴らしい青空が広がった。空気も乾燥してとても気持ちいい。まさに秋の空だ。コスモスも咲いているし、地元の公園に出かけることにした。妻を誘ってみると「行きたい」という。公園は一昨日の台風の余波でちょっと花が傷んでいた。それでもきのうコスモスなどを新たに植えたらしく蝶たちも盛んに吸蜜していた。一番うれしかったのはコムラサキとの出会いだった...

総件数:115 件

似ているタグ