コムラサキのタグまとめ

コムラサキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコムラサキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コムラサキ」タグの記事(115)

  1. 樹液レストラン - イーハトーブ・ガーデン

    樹液レストラン

    水元では、出会った若い職員の方に樹液レストランを教えてもらいました。木立の奥のクヌギの木です。コムラサキ(だと思うのですが)や、アカボシゴマダラ、スズメバチ、カナブンでにぎわっていました。スズメバチを刺激しないように、こっそり撮影させてもらいました。近くのクサギの大木の上を黒いアゲハがひらひらしていましたが、停まってくれませんでした。アカボシゴマダラは去年より見かけることが多くなりました。や...

  2. 嬉しくもあり寂しくもある - ペコリの庭 *

    嬉しくもあり寂しくもある

    エキナセアが咲き始めると“あぁまた暑い夏がやってくるなぁ”って思うそして季節はすっかり夏でもすでに終わり始めているエキナセアもあるずいぶん早くから咲いてた“メレンゲ”このメレンゲかなり茶色になって来た部分があってそろそろ剪定かなと思っているトコロ暑いのはイヤなんだけどそれでもやってきた季節が終わってしまうのは当然のことなのだがチョイと寂しいのだこちら岩手県内陸ずいぶん過ごしやすくなってきた3...

  3. 東信地方でオオムラサキ、コムラサキと集う蝶友in2017.07.22① - ヒメオオの寄り道

    東信地方でオオムラサキ、コムラサキと集う蝶友in201...

    今年も東信地方にある大手農機具メーカーM社の森で7/22「オオムラサキ」観察会が開催されたので訪問してみました。M社の森はオオムラサキをはじめチョウ影が濃い場所です。黒点の多い裏翅の模様より「ホシミスジ」と思われる蝶も登場してくれました。M社から少し離れた渓流沿いに飛んでいたのは「ミスジチョウ」かな?渓流沿いの水溜まりで吸水していたのは「ゴマダラチョウ」樹上から飛び立ったのは「シータテハ」夏...

  4. コムラサキ7月22日 - 超蝶

    コムラサキ7月22日

    土曜日は、天気予報に反してピーカンで暑い日となりました夕方、近所のコムラサキの2化に会いに行きました。コムラサキ♂の裏翅の変異クロコムラサキですクロコムラサキ♂♀の求愛が見られました今度は、9月に会いに行きますね

  5. 発表会、無事終了~♫ - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    発表会、無事終了~♫

    発表会、無事に終了いたしました!出演者、ご家族の方、調律師さん、スタッフの方、そしてご聴きに来てくださった方、すべての方に感謝いたします。おかげさまで良い演奏会になりました。本当にありがとうございました。私が弾いたのは、ショパンの「アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ」ピアノに集中して弾くことができたと思います。花束と、お酒もたくさんいただきました。。。飲まなきゃねwそして、毎年恒例...

  6. ☆コムラサキ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆コムラサキ☆

    勢いよく流れる川沿いの柳の周囲を、コムラサキが飛び廻っていました。時々葉に止まります。見る角度によって、翅が美しい紫色に輝きます。

  7. クロシジミ - 自然を楽しむ

    クロシジミ

    ここ数年、この時期に毎年出かける場所がある。クロシジミの新鮮な♂の開翅と白化が顕著な♀が狙いである。今年も満を持して出かけたが、結論から言ってどちらも目的達成とはいかなかった。天気は曇り、気温も高く、開翅の条件としてはよいと思ったのだが・・・。まず、個体数自体が少ない。以前はそれほど見かけなかった採集者が多く、そのことが影響しているのだろうか?やっと見つけた♂ひたすら傍で見守っていたが、一向...

  8. 樹液に集う蝶と蜂 - 夜つぐみの鳴くところで

    樹液に集う蝶と蜂

    樹液の出ている場所は昆虫たちのオアシスですね。ここではスズメバチとも仲良くやっている様です。

  9. 2017.7.7山梨は今日もダメだったアゲハチョウ2017.7.16 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.7.7山梨は今日もダメだったアゲハチョウ20...

    2017.7.7山梨の標高1500mのアイノミドリシジミとメスアカミドリシジミ、ダメだと思いながら行ってみる。この場所を見つけてから不満ながらも撮影できたのは最初の2年だけ。その後は、木が高くなったせいか、時期が悪かったせいか姿を少し見ただけに終わっている。山麓にある何かの跡地のようなコンクリの広場。いつもタテハ類が吸水しているので覗いてみると、コムラサキとシータテハがいた。ここではシーは初...

  10. 今年最初の台風でした - アオモジノキモチ

    今年最初の台風でした

    今年最初の台風がやってきました。台風3号は割と素直に予定の進路通りに進んで、割合さっさと通り抜けていっています。とはいっても、あちこちでいくらかの爪跡は残しているようで、用心は必要です。私は大体台風前の片付けはする方です。昨日も家の周りを点検して飛びそうなものを家の中に入れたり、軒下に移したり、すだれも外したり。そして古民家の屋根裏の雨漏り箇所に設置しているバケツが、ちゃんと定位置にあるかチ...

  11. 田んぼで小紫 - 夜つぐみの鳴くところで

    田んぼで小紫

    同じ名前の花がありますがこちらは蝶です。タテハチョウ科に属する中型のコムラサキ(小紫)雄の翅の表面は光加減で美しい紫色に輝きます。トラクター跡のある田んぼの縁を二頭が飛び回っていました。その飛び姿は軽快敏速で大型の蝶に比べるととても速いです。水を飲みたいのかな?でも人がいるとなかなかとまりません。少し離れてとまった所をそっと近づきます。こちらがメスの様です。

  12. 偶然お会いした方からのアドバイスの有難さ。 - jick のぐうたら蝶日記

    偶然お会いした方からのアドバイスの有難さ。

    ミドリシジミで有名な多摩の公園に初めて行って見ました。もちろんまだ、ミドリシジミは居ませんでしたが、そこは下見のつもりでしたので。ただその割にはヒメキマダラセセリやアカシジミそして何と言ってもコムラサキに会えたのはラッキーでした。偶然お会いしたここに良くいらっしゃる方にポイントを教えていただいたおかげでした。蝶の撮影にはこういう他の撮影者の方々との交流も大きな要素ですね。まだまだ教えていた...

  13. 偶然お会いした方からのアドバイスの有難さ。 - jick のぐうたら蝶日記

    偶然お会いした方からのアドバイスの有難さ。

    ミドリシジミで有名な多摩の公園に初めて行って見ました。もちろんまだ、ミドリシジミは居ませんでしたが、そこは下見のつもりでしたので。ただその割にはヒメキマダラセセリやアカシジミそして何と言ってもコムラサキに会えたのはラッキーでした。偶然お会いしたここに良くいらっしゃる方にポイントを教えていただいたおかげでした。蝶の撮影にはこういう他の撮影者の方々との交流も大きな要素ですね。まだまだ教えていた...

  14. コムラサキ5月21日 - 超蝶

    コムラサキ5月21日

    日曜日の早朝はコムラサキの生息地へ・・・まだまだ発生初期でしょうか?ポツポツと日光浴していました同好のOさんが見つけてくれたクロコムラサキの♀やっぱり、今季の蝶の発生は前季に比べ1週間程遅れているみたいですおまけの大きなミシシッピアカミミガメ

  15. 越冬中の卵や幼虫など - 公園昆虫記

    越冬中の卵や幼虫など

    近隣の公園でミドリシジミの卵が見られるとAさんから聞いて、行ってみた。ハンノキに産み付けられたミドリシジミの卵ハンノキの冬芽の近くに産み付けられている。新葉が伸びてくるころ孵化するのだろうか。この公園はミドリシジミの成虫が見られる都内の公園で、以前に幼虫も見たことがあり、これで蛹以外の3ステージを見ることができた。ゼフィルスの卵としては、ウラゴマダラシジミ以来の2例目。もっと身近なアカシジミ...

総件数:115 件

似ているタグ