コメディのタグまとめ

コメディ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコメディに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コメディ」タグの記事(10)

  1. 最新映画レビュー『カメラを止めるな』 この夏、1本ならこれしか選べない! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『カメラを止めるな』 この夏、1本なら...

    昨日、僕の周りの40代、50代女性ふたりから、偶然にも「この映画観た?」と別々に聞かれた。映画ファンの中では話題になっていたが、ふだん映画に興味のない女性すら興味を持つ映画、ということで昨日行ってきました、TOHOシネマ日本橋。というのも、新宿(一番大きい9番スクリーン)も日比谷も満席。かろうじて日本橋で前から3列目(上映時には1列目まで入っていた)で、ここしか席が空いてなかった。どんだけの...

  2. 最新映画レビュー『バトル・オブ・セクシーズ』ウェルメイドで内容は深い - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『バトル・オブ・セクシーズ』ウェルメイ...

    本作をスポーツ映画といっていいかどうかはわからないが、『アイ、トーニャ』と並ぶ、アメリカ70'sのスポーツ選手を題材とした映画の名作といっていいだろう。 ビリー・ジーン・キング夫人は、当時子供だった僕もうっすらと知っている、アメリカ女子テニス界で偉業を達成した女性だ。本作は予告編から、すっかり性差別に対抗するために戦うウーマンリブを描いた作品と思っていたが、それはミスリード。ありのままの自分...

  3. 最新映画レビュー『ブリグズビー・ベア』 おすすめ! 過去への決別と未来への前進が詰まった爽やかな感動作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ブリグズビー・ベア』 おすすめ! 過...

    2017年/アメリカ監督:デイヴ・マッカリー出演:カイル・ムーニー、マーク・ハミル、グレッグ・キニア、マット・ウォルシュ、クレア・デインズ配給:カルチャヴィル公開:6月23日よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネマカリテにて上映中 多分、いま、上映中の映画で一番好きなのがこれ。アメリカのインディーズ映画で、前評判知らなくて観たが、忘れられない一編となった。それまで囲われていたいた場所から、世...

  4. 最新映画レビュー『女と男の観覧車』ウディ・アレン最新作は、近年では一番重い作品 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『女と男の観覧車』ウディ・アレン最新作...

    2017年/アメリカ監督:ウディ・アレン出演:ケイト・ウィンスレット、ジャスティン・ティンバーレイク、ジム・ベルーシ、ジュノー・テンプル配給:ロングライド公開:6月23日より丸の内ピカデリー他にて公開中 毎年、決まったように届けられるアレン映画。基本はライトなコメディだが、彼の作品に通底するのは大人のビターな味わい。映画を見ている間は笑っていられるが、余韻はほろ苦い。 本作の舞台は、1950...

  5. 小説 - 【非公開】

    小説

    覆水、盆に返らす! | tan https://t.co/UwEDHVhwyH5千字短編コメディ謎の疾走感w同性婚できる世界。渡露時色んな書類に言われるままサインしていたらいつの間にか婚姻届を出されヴィと結婚した勇利。1年後ヴィを酔わせて離婚届にサインさせ長谷津へ逃げ帰る…ちゃんとがっつり両思いのハピエンです— 百瀬 (@ice_momose) 2018年4月26日

  6. 小説 - 【仮稼動中】オンラインで読めるYOI(腐)ヴィク勇二次創作(ハッピーエンドのみ)

    小説

    Дからはじまるエトセトラ | イオ https://t.co/0oaV4urqbn喧嘩の体をしたいちゃらぶ師弟、本人達は至って真剣、どっちのほうが相手を好きか勝負する一生やってろ系バカップル。レベルの低い嫌がらせ合戦に腹筋危険ww途中モブ勇っぽい展開ありますが全力で大丈夫。甘くてやや切なくて笑える妙作(好き!— 百瀬 (@ice_momose) 2018年5月26日

  7. 小説 - 【仮稼動中】オンラインで読めるYOI(腐)ヴィク勇二次創作(ハッピーエンドのみ)

    小説

    [R-18] 絶対に離婚したくないヴィクトルVS絶対に結婚したくない勝生くん | すいみんある日勇利の前に未来の自分が現れ「ヴィクトルと結婚するな」と告げる。一方ヴィには未来のヴィが「勇利と離婚の危機なんだ!浮気されてる」と…やや病みフォロフ、勢いで一気読みw #pixiv https://t.co/XTOhpwWEls— 百瀬 (@ice_momose) 2018年6月3日

  8. 最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、意外に真面目なメッセージありの充実作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、...

     アメコミヒーローものに全く関心ない人はスルーだろうが、好きな人はスルーできない「デッドプール」。ディズニー傘下となったMCUにはない、バイオレンスと下品ネタ、楽屋オチ満載で、子供は楽しめない(日本ではR15指定)ヒーローものだ。 偶然なのか、今回の敵は、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の悪役サノスを演じたジョシュ・ブローリン。老け顔だが、現在50歳。ってことは僕より歳下か! 映画...

  9. 最新映画レビュー『犬ヶ島』背景のすみずみまで気になる! 不思議な日本が面白い - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『犬ヶ島』背景のすみずみまで気になる!...

    『グランド・ブダペストホテル』『ムーンライトキングダム』などのウェス・アンダーソン監督による、『ファンタスティックMr. FOX』に続くストップモーションアニメ。「20年後の日本」と字幕が出るが、出てくるのは未来というより、昭和20〜30年代の日本。それが見事に作り込まれていて、画面の端々まで目を凝らして見てしまう。“ドッグ病”が蔓延するメガ崎市で、人への感染を恐れた小林市長がすべての犬...

  10. 最新映画レビュー『サバービコン 仮面を被った街』 コーエン兄弟節は楽しめるが演出が消化不良 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『サバービコン 仮面を被った街』 コー...

    舞台は1950年末のアメリカの郊外の街、サバービコン。都会から逃れてきた白人ばかりの郊外住宅地だが、そこに黒人一家が引っ越してくる。住民たちは、あからさまな嫌がらせや反対運動を始めるが、それは背景。その隣の家に住むロッジ一家にある日強盗が入り、ロッジ(マット・デイモン)の妻(ジュリアン・ムーア)が命を落とす。犯人が捕まらないまま時が経つが、ロッジの息子ニッキーは、その理由を知り、命を狙われる...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ