コメディのタグまとめ

コメディ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコメディに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コメディ」タグの記事(12)

  1. 小説 - 【非公開】

    小説

    覆水、盆に返らす! | tan https://t.co/UwEDHVhwyH5千字短編コメディ謎の疾走感w同性婚できる世界。渡露時色んな書類に言われるままサインしていたらいつの間にか婚姻届を出されヴィと結婚した勇利。1年後ヴィを酔わせて離婚届にサインさせ長谷津へ逃げ帰る…ちゃんとがっつり両思いのハピエンです— 百瀬 (@ice_momose) 2018年4月26日

  2. 小説 - 【仮稼動中】オンラインで読めるYOI(腐)ヴィク勇二次創作(ハッピーエンドのみ)

    小説

    Дからはじまるエトセトラ | イオ https://t.co/0oaV4urqbn喧嘩の体をしたいちゃらぶ師弟、本人達は至って真剣、どっちのほうが相手を好きか勝負する一生やってろ系バカップル。レベルの低い嫌がらせ合戦に腹筋危険ww途中モブ勇っぽい展開ありますが全力で大丈夫。甘くてやや切なくて笑える妙作(好き!— 百瀬 (@ice_momose) 2018年5月26日

  3. 小説 - 【仮稼動中】オンラインで読めるYOI(腐)ヴィク勇二次創作(ハッピーエンドのみ)

    小説

    [R-18] 絶対に離婚したくないヴィクトルVS絶対に結婚したくない勝生くん | すいみんある日勇利の前に未来の自分が現れ「ヴィクトルと結婚するな」と告げる。一方ヴィには未来のヴィが「勇利と離婚の危機なんだ!浮気されてる」と…やや病みフォロフ、勢いで一気読みw #pixiv https://t.co/XTOhpwWEls— 百瀬 (@ice_momose) 2018年6月3日

  4. 最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、意外に真面目なメッセージありの充実作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『デッドプール2』 接近型アクション、...

     アメコミヒーローものに全く関心ない人はスルーだろうが、好きな人はスルーできない「デッドプール」。ディズニー傘下となったMCUにはない、バイオレンスと下品ネタ、楽屋オチ満載で、子供は楽しめない(日本ではR15指定)ヒーローものだ。 偶然なのか、今回の敵は、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の悪役サノスを演じたジョシュ・ブローリン。老け顔だが、現在50歳。ってことは僕より歳下か! 映画...

  5. 最新映画レビュー『犬ヶ島』背景のすみずみまで気になる! 不思議な日本が面白い - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『犬ヶ島』背景のすみずみまで気になる!...

    『グランド・ブダペストホテル』『ムーンライトキングダム』などのウェス・アンダーソン監督による、『ファンタスティックMr. FOX』に続くストップモーションアニメ。「20年後の日本」と字幕が出るが、出てくるのは未来というより、昭和20〜30年代の日本。それが見事に作り込まれていて、画面の端々まで目を凝らして見てしまう。“ドッグ病”が蔓延するメガ崎市で、人への感染を恐れた小林市長がすべての犬...

  6. 最新映画レビュー『サバービコン 仮面を被った街』 コーエン兄弟節は楽しめるが演出が消化不良 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『サバービコン 仮面を被った街』 コー...

    舞台は1950年末のアメリカの郊外の街、サバービコン。都会から逃れてきた白人ばかりの郊外住宅地だが、そこに黒人一家が引っ越してくる。住民たちは、あからさまな嫌がらせや反対運動を始めるが、それは背景。その隣の家に住むロッジ一家にある日強盗が入り、ロッジ(マット・デイモン)の妻(ジュリアン・ムーア)が命を落とす。犯人が捕まらないまま時が経つが、ロッジの息子ニッキーは、その理由を知り、命を狙われる...

  7. はじめてのおもてなし - 吾唯足知な日々

    はじめてのおもてなし

    思ってたのとちょっと違いました、、、 ドイツの裕福な一家。奥様がある日「難民を引き受けるわ」と宣言。ナイジェリアからの青年をお迎えしました。ドイツ人ママ、凄い行動力と言いましょうか、日本ではせいぜいホームステイ先になるくらいが、関の山でしょうか。そもそも難民を受け入れていないからできませんが。ドイツを含め欧州は難民受け入れが、国で考えていかねばならない事柄でありますが、これを笑いにしてしまっ...

  8. 最新映画レビュー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』 深みはないが、お気楽に見られる娯楽作 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャン...

    2017年/アメリカ監督:ジェイク・カスダン出演:ドウェイン・ジョンソン、ケヴィン・ハート、ジャック・ブラック、カレン・ギラン配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント ロビン・ウィリアムズ主演の映画『ジュマンジ』は1996年の映画なので、もう20年も経ってしまったのだなあ。本作はそのリメイクではないが、時代設定的にその続編的な匂いも漂わせている。ただし、前作はゲームの中のキャラクターが...

  9. 最新映画レビュー『ダウンサイズ』 前半はSFコメディ、後半は「幸福論」と物語の方向が変わる作品 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ダウンサイズ』 前半はSFコメディ、...

    2017年/アメリカ監督:アレクサンダー・ペイン出演:マット・デイモン、クリストフ・ヴァルツ、ホン・チャウ、クリステン・ウィグ、ウド・キア配給:東和ピクチャーズ公開:3月2日より全国あまりヒットせず、シネコンではそろそろ打ち切りになっているようだが、元来これは拡大公開向きの作品ではない。『アバウトシュミット』『ネブラスカ』『ファミリーツリー』など、スパッと割り切れない、非常に細やかな人の心(...

  10. スイス・アーミー・マン (2016年) ダメダメな僕の人生  - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    スイス・アーミー・マン (2016年) ダメダメな僕の人生 

     無人島で遭難し、絶望からいままさに首を吊らんとしていた青年ハンク(ポール・ダノ)の前に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。死体から吹き出すガスをジェット替わりに、死体に跨り勢いよく海面を滑り出したハンク。死体は”メニー”と名付けられ、その後も驚くほど”沢山”の機能ぶりで追い詰められたハンクの窮地を救っていくのだがー。まさに奇想天外。着想と画面の勝利。海を疾走するのはわずかに冒頭の一...

  11. 最新映画レビュー『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』

    2017年/アメリカ監督:マイケル・ショウォルター出演:クメイル・ナンジアニ、ゾーイ・カザン、レイ・ロマノ、ホリー・ハンター配給:ギャガ公開:2月23日よりTOHOシネマズ日本橋ほかにて公開中主人公はシカゴに住むパキスタンからの移民一家の息子。アメリカに来て成功した親は、息子に医者か弁護士を望んでいるが、息子はコメディアンを目指して、昼間はUBERの運転手をしている。その息子が、白人女性と恋...

  12. トッド・ソロンズの子犬物語 (2015年) 犬も歩けば不幸にあたる - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    トッド・ソロンズの子犬物語 (2015年) 犬も歩けば...

     以前、『おわらない物語 アビバの場合』でモーレツに不快な思いをさせられた記憶が消えない、トッド・ソロンズ監督作品。なにより、ファミリー向け動物ものがキライでは、なおさら不得手かとおもわれた本編が、ウソのようにおもしろかった。アメリカ中をさまよう一匹のダックスフントと、その飼い主となる冴えない人々との交流をブラック・ユーモアで綴る。保健所から小児ガンを患う少年(キートン・ナイジェル・クック)...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ