コンポストのタグまとめ

コンポスト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコンポストに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コンポスト」タグの記事(16)

  1. コンポスト - 物好き親爺のつくりんぼ日記

    コンポスト

    一条程の小松菜が元気に育っている。例年に比べ、緑が濃い。今年は暖かくなるのが早かったのかもしれない。いやいや、年明けにコンポストの中の堆肥になったのを、土に還したからだろう。コンポストは、食品ゴミを入れて腐食発酵させて堆肥にする、底のない蓋つきの大型バケツ。満杯になるまで投入、その後放置(その間投入中止)、頃合いを見て解放の繰り返しである。これが良質な肥料になる。肉魚の骨、貝殻も大歓迎。ビニ...

  2. トイレ&生活排水考 - 古民家再生できるかな

    トイレ&生活排水考

    ※ トイレの話があるので、お食事前・中・後の方は閲覧注意ここは下水来てない。浄化槽もない。既存のトイレはボットン汲取式(未使用)。生活排水を自地内で浄化して川に流すのって、わたし個人の責任重大だと思う。合併浄化槽って手もあるがなんか…性に合わない。エコなトイレと雑排水の浄水について勉強しよう!と思った。いまトイレはどうしてるのかというと、どっかその辺で。大人は最初恐る恐るでしたが、子どもたち...

  3. 漬物樽コンポスト - ヨガと官足法で素敵生活

    漬物樽コンポスト

    植木鉢コンポストを昨年の秋からやっています。そして気づいたことがあります。植木鉢コンポストは大き目の植木鉢なら3個あればできます。それに順番に生ごみをいれるわけですが、上段の3つ並んでいるものがコンポストです。右端の1個だけ梅干し作りに使っていた漬物樽にしていて、あとのグリーンの2個はホムセで買った鉢。その2個の鉢と漬物樽で堆肥のでき方が全然違うのです。同じように生ごみをいれて混ぜているのに...

  4. 積もりました - ヨガと官足法で素敵生活

    積もりました

    昨日は夜になってもずっと雪が降っていました。朝、起きて玄関のドアをあけたら門扉の横の小さな花壇がこんなことになっていました。屋根からドーン!ドッシーン!と滑り落ちた雪が1メートルの山になってます。ガーーーーーン!だってこの真下には、クリスマスローズの蕾がたくさんあったのです。昨日の朝、この写真を撮った後にバケツでもかぶせて置けばよかった。あとの祭りです。8割くらいは折れてだめになってるでしょ...

  5. 落ち葉でコンポスト作り - コテージ便り

    落ち葉でコンポスト作り

    長い間雨続きだったこの町に、やっと「晴れの日が1週間続く」という天気予報が出ました。反対に南のカリフォルニア州は晴天続きで、またもや大きい山火事が起きているようです。私はしばらくTVニュースを見ていなかったので、ブロ友さんの記事で初めて火事のことを知りました。カリフォルニア在住2人のブロ友さんはご無事、ロサンゼルス近郊に住んでいる義妹家族も無事なようで安心致しましたが、早く鎮火することを祈っ...

  6. 植木鉢コンポスト2号に入ります - ヨガと官足法で素敵生活

    植木鉢コンポスト2号に入ります

    3週間前に植木鉢コンポストを始めましたが、1号がいっぱいになりました。隣の2号の土が全部入ったのですが、約1リットル入りのタッパ21個分の生ごみも入っているはずなのです。生ごみを入れるそばからバクテリアが分解しているのでしょう。すごい働きをするものだと感心します。蓋をしていない為、乾燥し過ぎるので、時々水をかけて湿り気を調節してます。虫よけにストッキングを必ずかけています。これからは2号に生...

  7. 植木鉢コンポスト始めます - ヨガと官足法で素敵生活

    植木鉢コンポスト始めます

    昨日は植木鉢コンポストをするために外回りのお掃除を頑張りました。やっとスペースができて、そこに古い直径約40センチの鉢を2個と買い足した手前の緑の鉢1個を並べました。ここはベランダの真下に当たるので、台風や豪雨でなければ雨は入りません。ダンボールコンポストと違って、少しくらいの雨なら大丈夫だと思います。中には何も植えていない鉢の土をかき集めて入れたらちょうどいい感じになりました。手前の鉢に生...

  8. 10月16日フードロスと弁当とコンポスト - blog //『家具と玩具と子供達』

    10月16日フードロスと弁当とコンポスト

    投稿する記事は、その場で思い付けば良いのですが、そうもいかず、早めにこれを書こうと心に留めておきますが、書く時には忘れてしまう。自分の記憶力に頼り、行動するのが怪しい年齢になってきました。そんな中、どうにか思い出し投稿です。最近話題のフードロス。我が家では、殆ど出ることも無く、冷凍庫に色々と入れてしまう。生ものは、賞味期限前に火を通して、具材にするか、冷凍しておく。早め早めに、対策をうってお...

  9. 生ごみを消す方法 - ヨガと官足法で素敵生活

    生ごみを消す方法

    美肌水と美肌石鹸を考案したあの有名な皮膚科医の今井龍也ドクターがユーチューブで生ごみを消す方法を紹介しています。こんな方法もあるんですねぇ。これなら、地面に穴を掘ることもなく、植木鉢を上に重ねていくので省スペースです。防草シートに穴をあけてしまったけどこちらも試したくなります。移動も簡単ですししゃがまないで済むのは魅力的です。スペースがあれば重ねないで並べれば土の水分が早く抜けてフワフワにな...

  10. コンポストの天地返し - 東京ベランダ通信

    コンポストの天地返し

    自家製コンポストの水分量が多く、ちょっと臭いも出てきたので天地返しをした。さらにもみ殻燻炭と備長炭の灰を加えて雑菌を抑制し、使用済みの揚げ油を加えて発酵を促進させる。都会のベランダでコンポストを維持するのは手間がかかる。が、植え替えた際に出る使用済みの土を大量にゴミに出すのははばかられるので、コンポストでできた堆肥を加えて再利用するようにしている。ベランダガーデナーも、まずは土作りからなのだ...

  11. 米ぬか、ゲット♪ - ヨガと官足法で素敵生活

    米ぬか、ゲット♪

    畑をしていないので、肥料が欲しいというよりもゴミを減らしたくて庭にバケツコンポストを作りました。掘って底を抜いたバケツを差し込むだけ。でも、グショグショと水っぽいので、水分調整に米ぬかを入れようと探しました。でも自分の店で精米している米屋さんがなくてなかなか手に入らず諦めかけた時、ダンナさんがネットで見つけてくれました。酒屋さんですが、店で精米したコメを売っていて米ぬかを「どうぞご自由におも...

  12. 台風の後のバケツコンポスト - ヨガと官足法で素敵生活

    台風の後のバケツコンポスト

    夕べは夜中の2時頃、家が揺れる程の風雨が吹き荒れ、その後、雨風の音に混じり救急車のサイレンがかすかに聞こえ恐ろしくて、なかなか眠れませんでした。テレビをつけると、竜巻警報が出てるじゃないですか。そりゃ、家も揺れるわけです。朝のニュースで、市内のお風呂屋さんの煙突がたおれアパートの屋根に倒れ掛かっている写真をみました。これから温暖化現象が進んだから、こういうことが増えてくるのかも知れません。だ...

  13. これならできるかもバケツコンポスト - ヨガと官足法で素敵生活

    これならできるかもバケツコンポスト

    以前ダンボールコンポストに挑戦しましたが、雨でボロボロになり、そこから虫が侵入し卵を産んで大発生。蓋を開けた途端、悲鳴を上げるほどですっかりトラウマになり、諦めました。その頃、バケツなら雨に強くていいのでは、と思いましたが、ネット検索してもやっている人が見つからず諦めたのです。でも、見つけました!これならできそう♪ただ埋めるだけの簡単バケツコンポストです。バケツが生ごみでいっぱいになったら引...

  14. 何ができるのかな(2) - hills飛地 長距離自転車乗り(輪行含む)の日誌

    何ができるのかな(2)

    生垣の支えとして小丸太の柱と竹が使われていたが、生垣がしっかりしてきたので取り外した。丸太の杭は地中部が蟻の巣になるので、土中でボロボロになったところを切断して廃棄し、腐ってない部分だけを保存しておいた。一部の部材が腐り始めていた濡れ縁は最近解体し、その古材を保管していた。だが、役に立てられずに積み上げられているものほど残念なものはない。軒下や玄関の雨囲いに入れておくのも通路が狭くなるのでよ...

  15. 定例会第三回(2016.12.16) - ガーデニングひろば「オーガニック・ガーデナーズ」

    定例会第三回(2016.12.16)

    参加者4名近況報告★N・千葉と横浜の二重生活中。・今度子どもが通う幼稚園で農をやりたい。 ★A ・1/14 若杉ばあちゃんの講座があるよ。・食についての学びを展開中・お米屋さん「すえひろ」で米ぬかをもらえる。無農薬、減農薬米をたくさん取り扱っている。・幼稚園には畑がある。親がつくったもの。作業もPTAで行う。★さだ・マンションのベランダのため場所がない。土嚢ぶくろでコンポスト...

  16. 山小屋の冬仕事落ち葉掻き【くらし部門】 - YUKKESCRAP

    山小屋の冬仕事落ち葉掻き【くらし部門】

    厳冬の中、森の山小屋へ。室内でも2度。慌ててストーブに火をつけてもしばらくはダウンが脱げません。水道は留守の間、11月下旬には毎年水道管が破裂しないように、水抜きをして水道管にヒーターをつけていく。今回も、水が無事に出て、凍結していなくて良かったけど、毎回ドキドキする。いつもどおり、近所の温泉でじっくり温まったら、恒例のおでんの会。保温調理なべに仕込んで温泉に行っている間に出来上がっていると...

総件数:16 件

似ているタグ