コーデイネートのタグまとめ

コーデイネート」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはコーデイネートに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「コーデイネート」タグの記事(81)

  1. 週末のコーディネート - ダイアリー

    週末のコーディネート

    週末に予定が入っていなければ夫は私の専属運転手になり、スーパーへでも何処でも行ってくれます。今週末はグルメな食材を総合的に扱う店で欲しい物があり、それを目的として一緒に出掛けて貰いました。夫は料理にも買い物にも興味無はないけれど、私がそれで機嫌がよければ彼も其れが良いと思っているのでしょう。出掛けついでにランチもしてブイヤベースと魚介類のグリルにアルザス地方の白ワインを楽しみました。(グラス...

  2. 小物でアップデートするコーディネートの提案 - ダイアリー

    小物でアップデートするコーディネートの提案

    きっと誰しも持っている白シャツ、チャコールグレーのパンツ、黒いカーデガンとても地味なアイテムだけれど有ると便利でも、地味でツマラナイ印象を作らない様に小物でアップデートするコーディネートを考える。普通だからこそ単品で素材は良いものを選んでおくと何処へどう組み合わせて着て行ってもキチンとして見えると思う。シルクのトロリとした風合のシャツ黒リブ編みのカーデガンウールツイートの幅広パンツCHANE...

  3. 我が家の百人一首と今日のコーディネート - ダイアリー

    我が家の百人一首と今日のコーディネート

    子供の頃のお正月の思い出は沢山ありますが、毎年の楽しみの一つは家族の女性だけで行う百人一首でした。いちばん小さな私は何時も勝つことが出来ません。それでも、皆で一緒に何かをするという団欒が好きでしたし楽しみでした。詠み手は母で、私は母の横にベッタリと常に鎮座していました。何時も札を取るのが鈍間な私に代わって札を取ってくれた母それを握りしめてチョッピリ嬉しさを隠せずにニヤニヤしていた事が思い出さ...

  4. 黒のニットツーピースドレス - ダイアリー

    黒のニットツーピースドレス

    相変わらず黒の多い今年の冬北京オペラ…京劇のご招待を頂き、出掛けた時のコーディネートです。アシメトリーなラインのニットのセット素材はしっかりとしたメリノウールトップのニットはボートネック風で肩の部分のアシメトリーなラインとスカートが気に入っています。余計なアクセサリーは付けません。後ろから京劇は好きです。まるで日本の歌舞伎のルーツの様…。左の役者さんはまるで中国の海老蔵さん観劇の後はデイナー...

  5. 黒プラスのコーディネート - ダイアリー

    黒プラスのコーディネート

    黒のセーターに黒のパンツと黒のロングコートも良いがグレージュ色のビッグシルエットのコートを合わせてみた。どうかしら?これは妄想コーディネートで実際に着るかどうかは未定です。

  6. 黒とキャメルカラーのコーディネート - ダイアリー

    黒とキャメルカラーのコーディネート

    単品ではごく普通に見えるアイテムのコーディネート。ずーっと以前から持っているキャメルカラーのウール100%のスカートは殆ど着たことがなくクローゼの中で新品でスタンバイ状態。似た様な色で厚手メリノニット、丈の違い等4着程持っている。縁が有って同時に買ったけれど、あまりにもデザインが真面目過ぎて私に似合わない、ちょっと昔の教師(私が子供の頃の)のイメージがある。今年の秋冬のセリーヌのコレクション...

  7. お散歩 - ダイアリー

    お散歩

    ヨーロッパには夏時間と冬時間が有ります。時計の針を冬時間に合わせたら気分もすっかり冬になるそして午後四時ともなればなるべく早く家路に着きたくなるのです。 雨が降り易く、落ち葉も積もり足元が濡れ、滑り易い地面の森への散歩には何時ものゴム長靴と風を通さないキルテイングステッチのジャケットが便利お気に入りのお散歩アウトフィットです。

  8. ファッションがartになった時 - ダイアリー

    ファッションがartになった時

    謎の京都在住でない京女NTさんの食パンアートに再現される私の服飾コーディネートは何れも驚くばかりの小さな皿の上で細密化されて再現されている。布地の色、柄、だけで無く、ウールやコットン等の材質の違いすら見事に表現されて只々、シャポウ!インスタグラムもなさっているそうで、私はインスタのアカウントが無いので拝見できず、専らエキサイトブログにて拝見させてもらっています。インスタ アカウントをお持ちの...

  9. ハロウィン - ダイアリー

    ハロウィン

    Trick or treat 子供達が小さな頃は、我が家でもハロウィンは欠かせない行事でした。そんな時は先日アップしたニットのアシメントリーなワンピースが活躍しました。私? 勿論魔女です。

  10. ジーンズ - ダイアリー

    ジーンズ

    初めてのジーンズは小学生の頃、未だ日本にジーンズが一般的でない頃だった。アメリカの雑誌のseventeenやTV、奥さまは魔女などで知って アメリカンラングラーのジーンズを買って貰った。以来、ジーンズ好きは現在に至る中学生の頃、サロペットが流行り、その後ベルボトムと言われる裾が広がったデザイン、その後はファッションジーンズと呼ばれた物や、ヒップのステッチが猿のお尻の様なモンキーパンツ、ハイヒ...

  11. ムートンのロングコート - ダイアリー

    ムートンのロングコート

    今年の冬は復活させる服がいくつかある。ムートンのロングコート裾と袖は裁ち切りで軽目にデザインされている。気に入って買ったので大事にしまっていた。もうひとつは シルク52%、ウール48%のタック入りパンツ今年の冬のファッション雑誌のページを開いて、思い出した一着。復活させます。

  12. 秋のコート のコーディネート - ダイアリー

    秋のコート のコーディネート

    今日のパセリさんの骨董通りのレポートでマックスマーラのショウウインドウに目がいきました。ウインドウの似たような色のコート(テディベア タイプで無くて一重仕立)を持っているので早速自前の服でコーディネートをしてみます。この様な色は黒と組み合わせる事が無難かなと思っていたところでしたから。中に着ているカーディガンもコートと同色です。実はノースリーブとカーディガンのセットアップこのタイプのブルーが...

  13. アシンメトリーなワンピースドレス - ダイアリー

    アシンメトリーなワンピースドレス

    リトルブラックドレスや、黒のワンピースドレスはいくつか持ってはいるが形やコーディネート、小物に気を付けないと、私が着たら普通のつまらぬ服になる。どんなに布地が良くてもシンプルなデザインならば喪服の様。なので、大体何かどこかの部分で遊びを入れます。しっかりとしたメリノウールで出来ているアシメトリーなニットのワンピースドレスはお気に入りのひとつ。シンプルなタートルネックで裾がアシメトリー。シンプ...

  14. いつものトラッドスタイル - ダイアリー

    いつものトラッドスタイル

    気が付いたら10月も既に第2週目を迎えている。今日は久し振りに半日自由時間。パウンドケーキを焼いて、おひとり様のアフタヌーンコーヒーを楽しむ。ラム酒に付けたレーズン、干し無花果、胡桃をたっぷりと入れました。お茶時間の後に秋のカジュアルな服装を組合せて遊んでいます。以前、息子に買ったRLのウールの紺色ブレザーは一度も袖を通さぬまま小さくなってしまった。サイズが160cm用。現在彼は確か...1...

  15. 此の季節に着たい服 - ダイアリー

    此の季節に着たい服

    ずーっと何年もの間遠ざかっていた素材に興味が再び向いた。今年の春にアルマーニで見つけたレザージャケット数年前まで流行っていたらしいライダースジャケットには全く興味が湧かず、何故皆が着たがるのか不思議だった。80年代後半から90年代前半に活躍したデザイナー達の特にクロードモンタナやチュエリーミュグレーetcの構築的なデザインで上等な革を使ったジャケットは美しいと思った。その後はトム フォードの...

  16. ある日のアクセサリー - ダイアリー

    ある日のアクセサリー

    ジュエリーを含むアクセサリーはドレスダウンしても自由に着けれる物が好い。カジュアルな場合、こんな風なジェムストーンや水牛の角なんて物を選びがちだけれど普通過ぎるように思う夫の仕事の同窓生とカップルで毎年会ういつもは、グレードの高いホテルやレストランでのデイナーだが今年は幹事がもっとカジュアルな場所を提案した。夜風の気持ち良い日だったのでコットンのワンピースにGジャンを持って出掛けたアクセサリ...

  17. 秋を待つバッグ - ダイアリー

    秋を待つバッグ

    春から夏にかけてずーっと普段着のバッグとして使っている籠バッグ専門店が出来るほどの数を持っているが秋になったら使いたいクロコダイルのショルダーバッグ形はオーセンティックでスポーティーなスタイル秋を待つローファーと共に出番を待っている

  18. 3通りのコーディネート - ダイアリー

    3通りのコーディネート

    夫が仕事で再び1週間程留守お留守番の私は再び休暇をもらった様で気分はのんびりムード。クローゼットの整理をしながら、忘れていた服を又見つけた。2年位前に買ったヴァレンティノのコットンギャバジン?のタックスカート。布をたっぷり使ってタックがギャザー寄せて入っている風が入って涼しげだけれどトップに合わせるもの次第でツマラナイコーディネートに成りがち…。それで御蔵入りしていた。ところが、今日は突然閃...

  19. てるてる坊主 - ダイアリー

    てるてる坊主

    クロエのフード付きシャツは大好きな花弁のフリフリに魅せられて買ってしまったが……。実際には袖を通していない。そんなことで、コーディネートを考える。よくよく考えると、まるでてるてる坊主。

  20.  スタイル アイコンLinda Wright のバッグ - ダイアリー

    スタイル アイコンLinda Wright のバッグ

    彼女はスタイルアイコンと呼ばれているリンダ ライトパリのアメリカ人自然体で年齢を重ね、独自のスタイルは力が抜けていてそれでいてカジュアルでエレガント。70歳前後と思われるけれど、写真の修正無し、厚いメークアップも無し彼女の文章も知的なセンスが見え隠れして、決して彼女中心ではない。独自のブランドをお持ちの様だが押し付けがましい売らんかなの文句は全く無い。このバッグを見た時に直ぐに気に入った。早...

総件数:81 件

似ているタグ