ゴイシシジミのタグまとめ

ゴイシシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゴイシシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゴイシシジミ」タグの記事(12)

  1. キベリタテハとツマジロウラジャノメ - 自然を楽しむ

    キベリタテハとツマジロウラジャノメ

    8/11,19と2週続けてキベリタテハとツマジロウラジャノメが住む峠へと出かけてみた。どちらかというとツマジロウラジャノメが主目的で、8/11は発生を確認できず、1週間後に再挑戦ということになった。8/11にいつもの場所で見かけたキベリタテハ。ここは数は多くはないが、自宅から気軽に出かけられて出会える確率も比較的高い場所。今年は2頭見かけることができた。8/19に確認できたツマジロウラジャノ...

  2. ゴイシシジミやヒカゲ3種など - 蝶超天国

    ゴイシシジミやヒカゲ3種など

    8月12日 つづきヤマキチョウを求めてあちこち移動する間に撮影したチョウを紹介します。まずは林内に笹が多い場所では・・・例年ゴイシシジミが飛んでいる場所があります。広大に広がる笹なので、ゴイシシジミの発生場所は毎年変わります。笹の葉の裏にアブラムシが大量に発生している一画で・・・この新鮮な♀1頭だけが産卵の時を待っているようにジッと佇んでいました。♀は翅は丸みがあり♂とは区別できます。場所に...

  3. 2年ぶりの再会 - 不思議の森の迷い人

    2年ぶりの再会

     酷暑の夏でした。そして雨の日も多く、近所の里山を歩くのも本当に久しぶりです。30℃に届かず、少しだけ秋の気配が混じった日曜の午後、里山のほんの入り口の道端で2年ぶりの出逢いがありました。ゴイシシジミです。 駐車場の脇の草むらにはベニシジミが。どの個体も翅が擦れています。厳しい夏を乗り切ったのでしょう。 同じ草むらにはツバメシジミも見つかります。この個体は雌のようです。 こちらはツバメシジミ...

  4. ゴイシシジミ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ゴイシシジミ・・・

     時鳥庵とその周辺ではゴイシシジミをよく見かける。小さなシジミチョウだが、翅の裏面は白地に黒い碁石模様をちりばめていて、そのコントラストは印象的だ。ただ翅表は一様に黒くて地味だ。このチョウの幼虫はササやタケに寄生するアブラムシ類を食べて育つ肉食性だ。この辺りにはアズマネザサやメダケが多いので、そこで発生しているのだろう。年4~5回くらいは発生しているようだ。 (7DMarkII; Macro...

  5. 高山蝶以外の五目撮り - 蝶超天国

    高山蝶以外の五目撮り

    7月15日 つづき 高山蝶を観察した山では・・・いろいろなチョウが沢山見られたので少しご紹介します。まずはコヒョウモンモドキですが今年は数も多めでした。ヒョウモンチョウも色々な花で吸蜜していました。笹の周りではゴイシシジミも見られました。笹の葉の先に静止したところを・・・広角の青空バックで・・・・クロヒカゲはそこらじゅうで見られます。ここではフタスジチョウを狙いたいところですが・・・、なかな...

  6. ゴイシシジミ(2018/07/16)東信遠征⑤ - 里山便り

    ゴイシシジミ(2018/07/16)東信遠征⑤

    小出しにしましたがいよいよ最終便です。 大分仲間を待たせてしまいましたが、急ぎ足で下山の途につきます。 笹の群生の前に来ると、忘れ事を思い出した。 帰りに撮ろうと思っていたこの子たちです。 「皆さん、今しばらくお待ちください」と心の中で思いながら撮影です。ゴイシシジミ(碁石小灰蝶)The Forest pierrot [Taraka hamada]気持ちがやや焦っているので思っているよう...

  7. 中信の蝶-2(ミヤマモンキチョウ他:2018/7/10) - 小畔川日記

    中信の蝶-2(ミヤマモンキチョウ他:2018/7/10)

    いつものミヤマシロチョウのポイントに着くと、ミヤマシロチョウの姿がない。代わりにクジャクチョウが出てきてくれた。ニコンD500 ニッコール70-200途中の道ではコヒョウモンがよく見られた。ニコンD500 ニッコール70-200ニコンD500 ニッコール70-200吸水している個体がいたけど、コヒョウモンの吸水は初めて撮影した。ニコンD500 ニッコール70-200ミヤマシロチョウは出てこな...

  8. ゴイシシジミ・・・森の道化師 - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゴイシシジミ・・・森の道化師

     いろいろとたてこんで狙いの鳥撮りにいけないまま、シジミチョウの盛りを迎えてしまった。高原では、ゴイシシジミやゼフィルスが出ているのではないかとシジミ巡りに行ってきた。標高1800m近い高原は、下界が32℃なのに21℃と涼しい。少し早かったか?と思いながら探し歩くと、白いチョウがヒラヒラと舞い笹の葉に。新鮮なゴイシシジミだ! ゴイシシジミ (碁石小灰蝶 forest pierrot) ゴイ...

  9. ☆ ヒョウモンチョウ・ヤマキチョウ 他 ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ ヒョウモンチョウ・ヤマキチョウ 他 ☆

     今回は、コヒョウモンの裏翅を写す事が出来ませんでした。1枚だけコヒョウモンらしきものを、写しました。♀? ヒョウモンチョウは、何回か撮影のチャンスに恵まれました。 ムシトリナデシコの花は、チョウ達に人気があります。ヒョウモンチョウも来ていました。 ムシトリナデシコに白いチョウが来ました。モンキチョウのつもりで写すと橙紋が見えて、スジボソヤマキチョウだと思いました。その場所に2頭いましたが、...

  10. ゴイシシジミ・オオムラサキ (2018/06/19) 比企丘陵 - 里山便り

    ゴイシシジミ・オオムラサキ (2018/06/19...

    再度 'オオムラサキ' の羽化を撮りに出かける。 今日はギャラリーが沢山羽化の瞬間を撮らえようとスタンバッテいた。 三脚を並べての位置取り、此方はポジションが取れない、テンションが一気に下がります。 取りあえず羽化前の証拠撮りです。オオムラサキ♂(大紫)The Great purple emperor [Sasakia charonda]羽化まで大分時間がありそうなので、付近を探索し...

  11. ゴイシシジミ 6月22日 - 超蝶

    ゴイシシジミ 6月22日

    北上した高原の道路際のクマザサを探索すると、ぽつりぽつりとゴイシシジミが現れました。生態は肉食で獰猛の様ですが見た目にはとってもキュートです。

  12. オオムラサキの羽化、ゴイシシジミ、ルリシジミ - SAMARAwの花鳥風月(Photolog)

    オオムラサキの羽化、ゴイシシジミ、ルリシジミ

    2018年6月19日 オオムラサキの羽化を見たくてまた出かけました、3度目にして5時間待ってやっと見ることができました。オオムラサキ蛹 10時ごろ14時53分ごろ開き始めました。♂のようです、早い時期は主に雄が、遅くなると雌が羽化するのだそうです。糞をしています15時11分 飛び立つにはまだ時間がかかります。ゴイシシジミルリシジミ産卵中ホシベニカミキリ

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ