ゴシックのタグまとめ

ゴシック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゴシックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゴシック」タグの記事(46)

  1. Ambeon - Hepatic Disorder

    Ambeon

    Ambeon / Fate of a Dreamer2001年、Transmission Records。オランダ。Vo,Gt&Key,Ba,Dr。AyreonのArjen Anthony Lucassenによる、当時14歳の女性Vo、Astrid van der Veenをフィーチャーしたゴシック・メタル・プロジェクトの1st。アトモスフェリックな雰囲気ものタイプのゴシックメタルで...

  2. Swallow the Sun 6th - Hepatic Disorder

    Swallow the Sun 6th

    Swallow the Sun / Songs from the North2015年、Century Media。フィンランド。Vo,Gt×2,Ba,Dr,Key。メロディック・ドゥーム/ゴシック・メタル・バンドの6thアルバム。DrがJuuso Raatikainenにスイッチ。2時間半にも及ぶ3枚組のアルバムです。3枚にはGloom,Beauty,Despairとそれぞれタイトルがつけ...

  3. Helevorn 3rd - Hepatic Disorder

    Helevorn 3rd

    Helevorn / Compassion Forlorn2014年、BadMoodMan Music。スペイン。Vo,Gt×2,Ba,Dr,Key。ゴシック・ドゥーム・メタル・バンドの4年振り3rdアルバム。2ndアルバム「Forthcoming Displeasures」が良作だったのですが、今作もなかなか良い内容。今作もJens BogrenはMasteringで関わっています。Dra...

  4. Black Tape for a Blue Girl (ゴシック) - ピンキージャンク

    Black Tape for a Blue Girl ...

    昔はタイトルとかアーティストとかアルバム名、ジャンルとか全く書かずに書いてたけどどうやらそんなのあんまり興味無い人が多いようだ。まあ、一般的な音楽の事書いてないし。今日はタイトルとアーティストとジャンル入れたけど、今後は俺の気分をタイトルにしようか、と思案中だ。別に知りたけりゃ勝手にぐぐってこれるだろうしね。一応そこは気を使ってたんだよ。さて、このアーティストは前に載せた事あったと思うけども...

  5. 時給自足の生活 - ピンキージャンク

    時給自足の生活

    事アンビエントに関してだけどね。確かに他のアンビエント作る人達には参考にさせてもらってる部分もあるけど、別に無理して作品を買わないといけない、って事もないかな、ってのが始まり始めたって感じ。まあ、高々CD-R5枚分が気に入ってる、今後発売する、って程度だけど俺が好きな浮遊部分ってのを着目して一番気持ちの良いものをやろう、って思って作ってるから自分のポイントが網羅されてるから気持ちいいんだよ。...

  6. Dead Can Dance - Summoning Of The Muse(ゴシック) - ピンキージャンク

    Dead Can Dance - Summoning ...

    いつもは耽美的な音だな、と思って聴けるけど今日は駄目だ。今日は、と書いたけど結局俺は無理をしてクタクタでね。実は以前と状況が変わったでしょ?って思われてそうだけど、心は修復不能な程疲れ切っているのは自分でよく分かってるんだよ。喋りたくない奴とでも割と喋れる人だからこの人はクタクタだとかは思われてないみたいだけど、ずっと虚しいし、何をやっても駄目なんだよ。本当はね、褒められて伸びる人なんだけど...

  7. 浮遊感にとことん拘る - ピンキージャンク

    浮遊感にとことん拘る

    10代の頃からずーーーっと浮遊感のある音が好きでね。ピアノしてた時もそんなメロディーとかリバーブかけて弾くのが好きだったんだよ。歌も同じように浮遊感あるポップスが好きだったし。暫くは過去の【無駄】な時間を取り返すべく様々なアンビエント系統をメインに作って行くとは思うけど、俺はいつもアーティストに対して、ああ、もっと浮いてくれよーって思っててね。ので俺が気持ちが良い、って思った音源だけを詰めて...

  8. ラフィンノーズと俺 - ピンキージャンク

    ラフィンノーズと俺

    俺が最初の聴いたのがメジャーいってからの2枚だったからそれが俺にとっての彼らのイメージであったりする。ん?パンキッシュだけど俺のイメージしたパンクではない。次のもちょっと粗削りだけど、パンクってイメージじゃない。そして、彼らが流行ってた時には無数のコピバンが居たのも事実で俺も本位では無いけどその世界に居た。パンクのきょうパンクのきょうさん別に原爆反対とか戦争反対って一般レベルでは思ってたけど...

  9. 史上最高のゴシックアンビエントらしい - ピンキージャンク

    史上最高のゴシックアンビエントらしい

    友達補正無しでそう言っててね。今回のゴシックアンビエントは強烈なのを2本作ったから瞑想性もあり、ゴシックだしって言う物をブレンドしたものを作ったけど、割に良く出来てるとは思ってるんだけどね。とはいえ、連日レコーディング作業でああでもない、こうでもない、って言いながらやったんで思ってるより時間かかってしまってね。流石に本来しなきゃならない事が出来なくなってるのでレコーディングはするけどちょっと...

  10. ループが上手くできん - ピンキージャンク

    ループが上手くできん

    コーラス部分をループずっとさせようと思って作ったものの、音の波形が合わないのかぶつ、っと一瞬切れる。15秒程度のコーラス部分なんだけど、30分もあるゴシックアンビエント作ってたらそうなったんで色々ぐぐってて、結局解決策が見つからない。買い出しも行かないといかんかったし、灯油タンクのキャップは潰れるわ(ダイソーに電話したら置いてた)曲をずっと作ってめまいがして落ちるわ、このループさえ終わればト...

  11. Listening Mirror (この曲はゴシックアンビエント) - ピンキージャンク

    Listening Mirror (この曲はゴシックア...

    本来もう少しダークなアンビエントを作っているユニット、と言うよりListening Mirror=ジェフ・ストーンハウスのプロジェクト2013年まで作品はリリースされていたがそれ以後はリリースされていない。内2枚のCDを所持してるけどもうちょっと重い感覚かな。このテイクは知らなかったけど幽玄でか細い。ヴォイスと弱そうなドローンとピアノが入り、リバーブかけてほぼ終わりな作り方で、派手じゃない分...

  12. Sembler Deah (ゴシック/ダークアンビエント) - ピンキージャンク

    Sembler Deah (ゴシック/ダークアンビエント)

    非常に繊細な感覚を持ったゴシックアンビエントで(ダークアンビエントと呼んでもいい)全体が霧に包まれたようなアトモスフィアな音。空中に漂ってるイメージで深淵ならアンビエントな趣でかなり好きなんだよ。ベルギーのアーティストで俺は持ってないけどこういったアンビエントを作りたいな、と思っててね。今エフェクターいじってるんだけど、極力静かに、主にディレイやリバーブ辺りを使うんだけど、全体として深く入っ...

  13. Imperia 3rd - Hepatic Disorder

    Imperia 3rd

    Imperia / Secret Passion2011年、Massacre Records。ノルウェーなど。Vo,Gt,Ba,Dr。元Trail of TearsでAngelでも歌っている女性ボーカリストHelena Michaelsenのシンフォニック・ゴシック・メタル・バンドの3rdアルバム。Keyが脱退したようで、前作でもプロデュースに関わっていたEveronのOliver Phil...

  14. こんな事をやってみた、り? - ピンキージャンク

    こんな事をやってみた、り?

    今年にブログで載せたテイクだけど、何故かもう一個別のテイクを持っててね。そっちは極悪ノイズなリミックスで同じAndrew Lilesという人がやってんだけどカオスなんだよ。こっちのテイクは割に大人しい、というか宙に漂うようなリミックスでね。俺がやったのはカオスの方なんだよ。まんまこれでは無いんだけど恐ろしい世界の音楽を作ってみたんだよ。もっともテストなんだけどね。素材を集めてカットアップ、コ...

  15. Virgin prunes - Caucasian walk (ポジパン) - ピンキージャンク

    Virgin prunes - Caucasian w...

    相当ポップになった彼らの曲。乾いた感じとドラマティックさと執拗に同じフレーズで突き進む曲で割りと好きなんだよね。アルバム、って言うのもおかしいけどシングルなどを順に集めた彼らの最高傑作【New Form Of Beauty】であり、この楽曲が収録されている【If I Die I Die・・】では彼らからすればかなりトリートメントされた体裁だけどね。繰り返されるギターとリズムの快感っていうかね...

  16. Lisa Gerrard - Come Tenderness(ゴシック/耽美) - ピンキージャンク

    Lisa Gerrard - Come Tendern...

    Dead Can Danceのリサの曲でね。昨日リピートしながら寝ててね。歯が痛かったし。CDあるけどwindows10には入れてなくってたかだか空き容量が100GBのHDDに入れる事もないかなって思ってさ。Cドライブは使いたくないから(200GB使ってる)残りの容量がこれではな~って状態で、今7機に繋いでる外付けHDDを抜き差しするのも気が引けるもんで。10は使いにくいわ、やっぱり。ファイ...

  17. Silentivm 5th - Hepatic Disorder

    Silentivm 5th

    Silentium / Amortean2008年、Dynamic Arts。フィンランド。Vo,Vo&Ba,Gt×2,Dr,Key。フィメール・ゴシック・メタル・バンドの5thアルバム。専任チェロが脱退。男性Voのパートはかなり少なくなり、その分女性Vo、Riina Rinkinenがパワフルに歌い上げるスタイルを前面に出した作風になりました。オーケストラ風のKeyを多用する場面で...

  18. Alio Die(ゴシックアンビエント) - ピンキージャンク

    Alio Die(ゴシックアンビエント)

    俺の好きなゴシック寄りなアンビエントを作るのがイタリアのステファノ・ムッソ事Alio Dieだ。今回は2010年にリリースされたアルバム【Aura Seminalis】を書いてみようかなと思ってね。異常にコラボ作が多いアーティストで70作品以上はリリースしてるんじゃないかな?俺はこの作品のCDを持ってなくってね。色々探したけど無かったもんでアマゾンで楽曲購入を2012年だったかにしてね。彼の...

  19. 灯台の聖母トラピスト修道院(函館の建築再見) - 関根要太郎研究室@はこだて

    灯台の聖母トラピスト修道院(函館の建築再見)

    ◆厳律シトー会灯台の聖母トラピスト修道院・・・・明治41年築、建築家・関根要太郎も絶賛した赤煉瓦の美しき修道院函館旅行の初日、上湯川のトラピスチヌ修道院の訪問後、再びシャトルバスに乗り函館駅へ戻った。先程の雲一つない晴天から一転、どんよりとした曇り空になってきたが、午後は道南いさりび鉄道に乗り、北斗市(旧上磯町)渡島当別のトラピスト修道院を訪ねることにした。函館市内からトラピストへ行くという...

  20. Andrew Liles remixes Current 93(アレイスター・クロウリー音楽) - ピンキージャンク

    Andrew Liles remixes Curren...

    同じだったか忘れたけどCurrent93の【Ach Golgotha】って曲をAndrew Lilesがリミックスをしてた別のバージョンがあったような気がするけど、実際あんまり記憶が無いんだよ。でも同じテイクかは分からないけど、このテイクはオリジナルより猛烈だ。ただでさえループさせた呪術音源なのでそれが一段と猛烈なパワーとなってノイズ度もゴシック度も上がったように感じる。この世界の初期(スロ...

総件数:46 件

似ているタグ