ゴジラのタグまとめ

ゴジラ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゴジラに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゴジラ」タグの記事(64)

  1. 『GODZILLA/決戦機動増殖都市』 - 【徒然なるままに・・・】

    『GODZILLA/決戦機動増殖都市』

    アニメ版「ゴジラ」三部作の第二部。ソフトが発売されたので、こちらも再観賞。第一部のソフト発売は第二部の公開後だったが、今回の第二部は第三部公開前に発売された。それが正解だろう。前作ではゴジラを倒したかとぬか喜びしたのもつかの間、もっと強大な真のゴジラが出現する、というところで幕を閉じた。今回は一敗地に塗れた主人公たちが如何にゴジラに反撃していくかに焦点を絞っているため、アクション要素は前作よ...

  2. 『GODZILLA/怪獣惑星』 - 【徒然なるままに・・・】

    『GODZILLA/怪獣惑星』

    ニメ版「ゴジラ」三部作の第一部。完結編の公開が近付いてきたので見直しを敢行。「ゴジラ」をアニメにしたって面白くなるもんかなあと思いながら見ていたもので、やっぱり面白くはないなあというのが偽らざる感想。遠い未来を舞台に怪獣たちに、いやゴジラに蹂躙された地球を取り戻そうと戦う人類の生き残りの物語、というのはSFアニメの題材として決して興味を惹かれないという訳ではないが、何も「ゴジラ」という手垢付...

  3. ゴジラ生誕 - ♉ mototaurus photography

    ゴジラ生誕

    誕生日おめでとう!でも、ゴジラは観たことがない...

  4. 『ゴジラ/FINALWARS』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴジラ/FINALWARS』

    11月3日は「ゴジラの日」。なので「ゴジラ」です。どうせ見るなら派手なのを、ということで、長らく文字通りに「ゴジラ」最終作だった「ファイナル・ウォーズ」を持ってきました。ゴジラ、モスラ、ラドン、アンギラス、ミニラ、マンダ、キングシーサー、クモンガ、エビラ、カマキラス、ヘドラ、ジラ、ガイガン、カイザーギドラと怪獣がいっぱい出てきます。「海底軍艦」轟天号にX星人、妖星ゴラスまで出てきます。しかし...

  5. 『ゴジラ電撃大作戦』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴジラ電撃大作戦』

    <東宝チャンピオンまつり>用にお色直しをした「ゴジラ」映画の第五弾、ではなく第六弾。第五弾はモスラをゲストに、ゴジラがエビラと戦うという「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」ですが、ここはこれまでの流れを汲んでキングギドラが登場するこちらを。富士の裾野で地球怪獣連合軍がキングギドラと対峙するという絢爛豪華な娯楽編です。さて、この作品も短縮再編集されてるワケですが、それだけじゃなくタイトルも...

  6. 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 地球最大の決戦』

    <東宝チャンピオンまつり>用のお色直し版「ゴジラ」第4弾。キングコングと戦い、モスラと戦い、ラドンとタッグを組んでキングギドラと戦ったゴジラは、今度は名タッグに更にモスラを加えてキングギドラを迎え撃つ。これまたタイトル変更。オリジナルは「三大怪獣 地球最大の決戦」だったけど、ゴジラ・モスラ・キングギドラ…ってラドンは?本来の「三大怪獣」はゴジラ・ラドン・モスラで、彼らが地球最大の決戦を行う相...

  7. 『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『怪獣大戦争 キングギドラ対ゴジラ』

    <東宝チャンピオンまつり>用のお色直し版「ゴジラ」第3弾。キングコング、モスラに続く対戦相手はキングギドラで、ラドンをパートナーに迎えた変則タッグマッチ。前二作と違いタイトルまで変更しちゃってるのはちょっとズルい。新作映画だと騙されて映画館へ来ちゃった子供たちも少なくなかったろうに(それが狙いなんだろうけど)。ちなみに時代設定が<オリジナル版>の「196X年」から「197X年」にちゃっかり修...

  8. 酒井ゆうじ造型工房キンゴジ・スチールバージョン - ゴジラだらけ

    酒井ゆうじ造型工房キンゴジ・スチールバージョン

    原型:酒井ゆうじ。25センチサイズレジンキャストキット。マルサン商会のプラモデルのパッケージにも使われた、有名な写真を立体化した作品。 パッケージでは写真が裏焼きされたため左右が反転しているが、この作品では元の形に戻している。スチールの角度からはもとよりどのアングルから見てもキンゴジになっており、さすがとしか言いようがない。酒井氏の代表作のひとつと言えよう。<製作&塗装>ブレークリーンで洗浄...

  9. 浅井造型シンゴジラ胸像 - ゴジラだらけ

    浅井造型シンゴジラ胸像

    原型:浅井篤、全高20センチレジンキャストキット第4形態の1/100、120cmサイズ頭部モデルとして造型された胸像。とにかく圧倒的なディティールと存在感。牙を含めた口元の再現度は随一。祟られそうな禍々しさを感じさせる造形物である。<製作・塗装>ブレーキクリーナーとスクラビングバブルで洗浄後、ガイアマルチプライマーを筆塗り。何故かマルチプライマーは筆塗りのほうが食いつきが良い。塗装はMRカラ...

  10. SHINZEN造型研究所シンゴジラ覚醒バージョン - ゴジラだらけ

    SHINZEN造型研究所シンゴジラ覚醒バージョン

    原型:竹内信善全高20センチレジンキャストキット背びれを発光させ、大きく口を開き、今まさに熱線を吐こうとする劇中シーンがモチーフ。いつもの生物的アレンジは控えめで劇中のイメージに近いところが新鮮かつカッコイイ。<製作&塗装>ブレーキクリーナーとスクラビングバブルで洗浄後に素組。接着はマジックスムースを使用。下地にはガイアマルチプライマーを塗布。基本色は紫発光部分はホワイト+パールパウダー、赤...

  11. 『モスラ対ゴジラ<東宝チャンピオンまつり版>』 - 【徒然なるままに・・・】

    『モスラ対ゴジラ<東宝チャンピオンまつり版>』

    <東映まんがまつり>を参考にして、ゴジラ映画をメインにTV作品から数本をセレクトしてまとめて公開というスタイルで始まった<東宝チャンピオンまつり>だが、春夏冬の年三回の興行で毎回毎回ゴジラの新作を作るのは無理な話。そこで新作は年一本とし、あとは旧作のリバイバルで埋めるという作戦に出た。この作品は1970年冬の目玉作品で、<チャンピオンまつり>版としては70年春の「キングコング対ゴジラ」に続く...

  12. 『シン・ゴジラ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『シン・ゴジラ』

    この映画は2016年7月29日に公開されているので、気が付くともう2年前の作品になってますね。まだまだ色褪せない「同時代性」を保ち続けてる作品ではありますが、庵野監督の話題は先ごろ発表された2020年公開予定の「エヴァンゲリオン」新作(完結編)の方へ行っちゃってますが。怪獣映画としてだけでなく、ポリティカル・フィクションとしても楽しめますが、その一方でギャグ映画でもありますな。エゴ剥き出しで...

  13. なんかゴジラっぽい。 - ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2018)

    なんかゴジラっぽい。

    毛糸とじゃれるおいなりちゃん。なんかゴジラっぽい。

  14. 東京ミッドタウン日比谷よりも・・・ - 色、いろいろ

    東京ミッドタウン日比谷よりも・・・

    日比谷の新名所、東京ミッドタウン日比谷オープン初日に覗いてきましたけれどう~ん・・・・・・・・興味があるのは、やはりレストラン???だけ?あとはね~、ここでなくてもいいかな・・・的なそれでも混んでるんですよ、奥さん!!!だからあまり近寄らないようにしているんですがもともとあまり混雑してるところは苦手なものででも、面白いもので数寄屋橋にできた東急プラザが当初激混みでしかし、いまは、か~な~り~...

  15. 『GODZILLA/決戦機動増殖都市』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『GODZILLA/決戦機動増殖都市』(2018)

    **ネタバレあり**三部作として作られるアニゴジの第二作。前作「GODZILLA/怪獣惑星」はかなり絶望的な状況で終ったが、今度は主人公たちが反撃開始!遺棄されたメカゴジラが2万年の時を経て進化。都市スケールに増殖し、メカゴジラ・シティと呼ぶべきスケールに。ここを拠点にゴジラを倒そうというのだが…。結局メカゴジラは名前だけで姿を見せないし、協力関係にあるはずの地球人とビルサルド、エクシフも一...

  16. 三匹の機龍 - 憲法改正反対!国際法違反の現行憲法凍結!大日本帝国憲法再生!

    三匹の機龍

    三匹の機龍楽韓webさんのブログです。http://blog.livedoor.jp/rakukan/archives/5371336.html引用アニゴジ見てきましたよ。「おまえ出てこないんかーい!」っていう。全体に虚淵玄脚本と東宝怪獣シリーズへのリスペクトを感じますね。引用以上 あの三つが「おまえ」だと、私は思いました。飛行ユニットを付けて、尾っぽを壊された「おまえ」だと(ムリクリ)思...

  17. 日比谷公園 - 風に吹かれて

    日比谷公園

    久しぶりに日比谷公園近くに出かけた。穏やかな陽射しの中、久しぶりに日比谷公園を歩きチューリップと藤の花を写した。近くの日比谷ミッドタウン(日比谷映画街)には以前から有ったゴジラの像が一回り大きくなって、新たなゴジラ(GODZILLA)が展示されていた。

  18. 新・ゴジラ像 - 5W - www.fivew.jp

    新・ゴジラ像

    PHILLIPS(フィリップス)東京オフィス近く日比谷シャンテに「日比谷ゴジラスクエア」がオープンしました

  19. 『キングコング対ゴジラ<東宝チャンピオンまつり版>』 - 【徒然なるままに・・・】

    『キングコング対ゴジラ<東宝チャンピオンまつり版>』

    1969年12月に始まった<東宝チャンピオンまつり>、翌年3月の第二回興行の柱となったのはこの作品。年三回興行全てに新作をアタッチするのは不可能。新作は年一本で、残り二回はリバイバルで乗り切る。その第一弾に選ばれたのが「キングコング対ゴジラ」でした。タイトル前にいきなりクライマックスのゴジラとコングの激突シーンを持ってきて本編スタート。掴みはOK、というワケですね。そして物語はハイテンポでサ...

  20. 『ゴジラ×メガギラス/G消滅作戦』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴジラ×メガギラス/G消滅作戦』

    神聖不可侵な「ゴジラ」第一作。部分的ながらその一作目をなかったことにして作られているのがこの作品で、誕生から46年、シリーズ24作目にして初の快挙。といっても流石に完全否定には至らず、1954年に東京にゴジラは現れたものの、オキシジェンデストロイヤーは存在せず、よってゴジラも退治されることなくその後も1966年、1996年と出現。その結果日本の首都は大阪へと移転し、併せて原発の永久放棄を決め...

総件数:64 件

似ているタグ