ゴッホのタグまとめ

ゴッホ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはゴッホに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ゴッホ」タグの記事(36)

  1. 【展覧会】ゴッホ展を見に行く - 美的生活研究所

    【展覧会】ゴッホ展を見に行く

    ゴッホ展を見に来ました。上野の森美術館にて、1月13日まで開催。インテリアのきほんとコツで、素敵な暮らし。埼玉県のインテリアコーディネーター/ライフオーガナイザー🄬のやましたです。インプットも大事!ということで、インテリアだけではなく、時間を見つけて色々と「美しいもの」を見に行くようにしています。私が勉強したインテリアの学校では、LOOK!LOOK!LOOK!が合言葉...

  2. 「At Eternity's Gate」を観ました - Малый МИР〔マールイ・ミール〕

    「At Eternity's Gate」を観ました

    映画「永遠の門 ゴッホの観た未来」を観ました。個人的にはルネサンスやらバロックやら、私のようなビンボウ庶民には手が届かない天上世界の絵画が好みなのですが。一方で画家の感情や類い希な匠の技をのせながら、人、風景、時代、思想などを後世にまでいきいきと伝えてくれる革命的な作品も大好物。・・・フィンセント・ファン・ゴッホ。はじめてオランダに旅したときに、ゴッホ美術館を訪れました。同じ時代を生きていた...

  3. 土曜日の昼の映画鑑賞 - バイオリンクの片隅から

    土曜日の昼の映画鑑賞

    昨日の土曜日も朝から大学に出勤した。その日は急ぎの用事がなかったので、昼休みに学外に食事に出かけたのだが、ふとある映画のことを思いついて、大学の近くのイオンシネマへ見に行くことにした。それは前日に封切られたばかりの「永遠の門 ゴッホの見た未来」という作品である。小生は、最近あまり映画館へ行っていないが、前日にこの作品のことをインターネットのニュースで知って、久しぶりに行く気になったのである(...

  4. 2019年 11月  「ゴッホについて」 - May&woo's Blog

    2019年 11月 「ゴッホについて」

    僕の中でゴッホというと、超人です。人を超えてます。わずか8年で描いた枚数、桁が違う。僕がゴッホだったら拳銃自殺する前に頭痛・貧血・過労で確実に死んでます。生きたいならば、この生活から抜け出すために、筆を折ります。人とは思えない。エネルギー量が違いすぎる。若くして亡くなったのはそのためなのか?その疑問はずっと今も疑問のままです。ゴッホの眩い色彩はアルルで得たものです。二日に一枚のペース。しかも...

  5. 薄利多売 - モルゲンロート

    薄利多売

    アマゾンで注文したマウスパッドが届きました。FMVのおまけがお気に入りで、長年(30年ぐらい?)使いつづけてきましたが、さすがに一部、表面がはがれてきて。それにしても、送料込みで299円――1枚売っていったいいくらの儲けになるのか。不思議な世界です。(^_^;)

  6. ゴッホ - 薬漬け医療の功罪

    ゴッホ

  7. 高級娼婦@パリ (PART 1) - デンマンのブログ

    高級娼婦@パリ (PART 1)

    高級娼婦@パリ (PART 1)(shofu02.jpg)(shofu01.jpg)(june901.jpg)(june001.gif)デンマンさん。。。最近、パリへ行って高級娼婦と遊んだのですか?うふふふふふふ。。。(kato3.gif)やだなあああァ~。。。僕は草食系の日本男児なのですよ。。。パリで高級娼婦と遊んだら、魂を抜かれて地獄へまっさかさまに落ちてしまいますよ。。。うへへへへへへ...

  8. その後のひまわり - グリママの花日記

    その後のひまわり

    ご訪問ありがとうございます先週の「絵のように」のひまわりは今こんな姿に・・・ゴッホの『ひまわり」はあまりにも有名ですが数年前にオランダの美術館で観たゴッホのひまわり枯れたひまわりを描いたものが印象的でした↓ポストカードを買っていたことを思い出して・・・もっともっと暗い色合いのひまわりがありましたもう一度みてみたくなりましたオランダは遠いなぁ日本で開催されるゴッホ展には枯れたひまわりやってこな...

  9. オランダ・ベルギー紀行(1) クレラー・ミュラー美術館 - ご無沙汰写真館

    オランダ・ベルギー紀行(1) クレラー・ミュラー美術館

    オランダで最初に訪れたのは、ゴッホの作品で有名なアムステルダム郊外のクレラー・ミュラー美術館でした。穏やかな紳士の像が美術館の庭で迎えてくれました。目に染みるような新緑の季節でした。見上げると緑一色でした。思わず360°カメラで雰囲気を収めました。せっかくなので美術品を少しだけ紹介します。ゴッホの「夜のカフェテラス」の印象的な色合いが感動でした。ゴッホがお手本にしたスーラの点描も間近に見まし...

  10. ゴッホの母の肖像 - 原語から見える聖書のイメージ

    ゴッホの母の肖像

    Twitterのゴッホミュージアムを見ていたらゴッホが描いた母親の肖像画がありました穏やかで、気品のあるいい表情なにか包み込まれそうな雰囲気が漂いますあの強烈な自画像とあんまり違うので新鮮なゴッホを見るようです母親と姉妹に新年の挨拶...wish you a prosperous and happy New Year.' Vincent van Gogh, Portrait of ...

  11. 大阪・京都への旅2018京都国立近代美術館『ゴッホ展』 - 『美味しいごはん』

    大阪・京都への旅2018京都国立近代美術館『ゴッホ展』

    確か、東京ではとっくに開催済みの『ゴッホ展』。京都で観ることが出来て嬉しい限りです。以前にも『モネ展』を京都で観ましたけどね。東京にいるとナンダカンダでうっかり見逃してしまうんですよね~。折角の京都なんだから、もっと他へ行けば良いのにとも思いますが。 『平安神宮』でバスを降りて 徒歩4、5分で美術館に やってますね! ‶巡り行く日本の夢″と題した今回の美術展。いつか日本へと夢見ていたゴッホ。...

  12. 1837 星月夜ゴッホのように目を閉じる - 紀本直美の俳句ブログ

    1837 星月夜ゴッホのように目を閉じる

    星月夜は秋の季語です。「星月夜ゴッホのように目を閉じる直美」(ほしづきよごっほのようにめをとじる)〔季語:星月夜(秋)〕

  13. ノートン・サイモン美術館-印象派 - アバウトな情報科学博士のアメリカ

    ノートン・サイモン美術館-印象派

    パサデナのノートン サイモン美術館に行ってきました。 実業家ノートン・サイモン氏の個人コレクションをもとにしている小さな美術館です。印象派のいい作品が結構あります。ポール・ゴーギャンの『タヒチの女と少年』(1899)。ゴッホの『農民の肖像』(1888) 。同じくゴッホ。Portrait of the Artist's Mother (1888). ゴッホのお母さんの肖像画ですね。ル...

  14. 最初の作品① - 本日、デザイン日和

    最初の作品①

    超メジャーな画家は無名時代からすごいことになっています。フィンセント・ファン・ゴッホ「ジャガイモを食べる人々(The Potato Eaters)」1885年クロード・モネ「ルエルの眺め(View from Rouelles)」1858年サルバドール・ダリ「フィゲラス付近の風景(Landscape Near Figueras)」1910年なんとダリが6歳の時に描いたそうです。

  15. 幻のゴッホ展 - Art Museum Flyer Collection

    幻のゴッホ展

    幻のゴッホ展ハウステンボス美術館開催期間:2012年7月29日-10月28日主催:ハウステンボスサイズ:A4

  16. ゴッホとその時代展ゴッホと四季 - Art Museum Flyer Collection

    ゴッホとその時代展ゴッホと四季

    ゴッホとその時代展ゴッホと四季安田火災東郷青児美術館開催期間:1997年9月12日-11月11日主催:財団法人安田火災美術財団/ゴッホ美術館/フィンセント・ファン・ゴッホ財団/テレビ朝日/朝日新聞社サイズ:A4表:ゴッホ<鳥の群れ飛ぶ麦畑>1890年ゴッホ美術館蔵

  17. ゴッホ展空白のパリを追う - Art Museum Flyer Collection

    ゴッホ展空白のパリを追う

    ゴッホ展空白のパリを追う京都市美術館公式サイト開催期間:2013年4月2日-5月19日主催:京都市・MBS・京都新聞社サイズ:A4

  18. 通院と展覧会 - ないものを あるもので

    通院と展覧会

    早起き(当社比)して、マーマレード煮て、(手が痛いひとには過酷。あれ、皮を刻むの大変じゃないですか)仕事ー今日は最終校正ーして、それから、保冷バッグ持って通院して、そこに大枚はたいた注射4本詰めて、(病院統合で間隔空けてくれとのこと)さらにそれから、20時まで開いている美術展に行った。痛い不調の中としてはとても頑張ったので記録しておく。モネ。言わずと知れた睡蓮ですが、ここだけ写真が撮れました...

  19. 昔の部屋 - FIREWATER

    昔の部屋

    左1999.5.30右2017.10.23FABURASU(ファビュラス)というカフェに併設されてるhanaagura(ハナアグラ)というギャラリーのオーナーと知り合いました。絵を見せたら、初期のころの作品を気にいってくれて、こんな感じの絵なら取り扱ってくれるとのこと。僕は作風がころころ変化する。飽きやすいのか、好みが多いのか……。過去の作品を見返すと、自分でも別人が描いたように思ってしまう...

  20. ゴッホ展 - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    ゴッホ展

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング1月20日から京都国立近代美術館で始まった「ゴッホ展」先日やっと行く事ができました。平安神宮の鳥居横にある美術館平日なのに、すごい人!ゴッホが生涯憧れ続けた日本。会場は多大な影響を受けた浮世絵との対比で、展示されています。壮絶な人生を送ったフィンセント・ファン・ゴッホ。こ...

総件数:36 件

似ているタグ