サイのタグまとめ

サイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サイ」タグの記事(11)

  1. LOOPWHEELER スウェット 2 - 自立神経失調症フルコース

    LOOPWHEELER スウェット 2

    皆さんは雑誌をどのくらいの頻度で見ますか?僕は月に1回程度、本屋さんに行って興味のあるジャンルだけササッと立ち読みする程度。買う時もあれば買わない時も。ただ、現代は探すならネットのほうが断然早い。見つけたらそのままポチッて完了ですもん。早ければ翌日の午前にはポストに入ってる。そりゃ本屋さんは厳しいわけです。人によってはキンドルとかタブレット、スマホで読んでいる人もいるでしょう。12月だったと...

  2. 大型草食動物に餌やり - 動物園放浪記

    大型草食動物に餌やり

    今回の訪問では「サファリキャラバン」のツアーに参加しました。このツアーにはキリンとシロサイの餌やりのイベントがセットされていたので、これらの動物への餌やりを楽しむことができました。キャラバンのバスがキリンやシマウマなどがいるエリアの中に入っていくと、1頭のオスのキリンが近づいてきました。キリンに大接近。首を伸ばして近づいてきたキリンに、岩で囲まれたサークルの中から、餌の木の葉を与えることがで...

  3. SCYE BASICS より、春の定番服 - addictな日々

    SCYE BASICS より、春の定番服

    こんにちは。今日も元気に営業中です。外は、とっても寒いですが店内は温かくしてお客様のお越しをお待ちいたしております。本日は、今すぐにでも活躍してくれるであろう。という、アイテムのご紹介です。Scye\38880-(リネン高密度タックシャツ)\28080-(サンホアキン綿×ムラ糸2タックテーパードパンツ)品格を保ったワークボトム。ハリコシがしっかりとしており、テーパードの利いたクロップド丈。○...

  4. 「マロ」のゴロン、ゴロン - 動物園放浪記

    「マロ」のゴロン、ゴロン

    西園にいるヒガシクロサイのオス「マロ」くん。展示場の中をゆっくりとゆっくりと歩き回って、地面に片足をつけました。いきなりひっくり返り、地面に背中を擦りつけて、ゴロン、ゴロン。反対側を向いてゴロン、ゴロン。気持ちよさそうに砂浴びを続ける「マロ」。そして、砂浴びの後は、角で丸太を突いて遊ぶヒガシクロサイの「マロ」です。人気ブログランキング人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただ...

  5. 暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア - 動物園放浪記

    暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア

    天候に恵まれて、風もなく暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア。最初に出会えたのは、いつもの通りヒガシクロサイの「ニル」くん。この日は奇数日で、オスのエランドが1頭出ていました。チーターは、専用の展示場に1頭、そして、エランドやキリンなどがいる広い放飼場に1頭出ていたようです。グラントシマウマも1頭出ていました。オスの「ソウシ」くん。そして、3頭いるキリンたち。「エマ」さんと「カルメン」さ...

  6. 霊獣サイ - 動物園のど!

    霊獣サイ

    神秘的な登場・・・・★東山動植物園 サイ江戸時代あたりでは、サイは未知の動物であり、霊獣「水犀」とされていました。日光東照宮などの彫刻で見ることができます。牛の四肢と馬の体、背中にカメの甲羅といういでたちでした。鼻のところに角が生えていて、水を浄化したり・・・といった能力を持っていたようです。ハクビシンも雷獣でしたね。キリンやバクも有名ですが、探せば、まだまだ出てきそうです。今日も記事を読ん...

  7. 恐竜登場 - 動物園のど!

    恐竜登場

    こうやってみると、サイって、ホント恐竜だなって思うときがあります。格好いいです。★東山動植物園 サイサイの皮膚は、動物の中で最硬と言われています。肉食獣の爪や牙を容易に通しません。それよりも知らなかったのですが、夜行性または薄明薄暮性なんですね。よく昼間、ぐでぇ~ってしていることが多いのは、敵がいないので怠けているのかと思っていました。そもそも、夜が活動のメインだったんですねぇ。今日も記事を...

  8. サバンナゾーンの仲間たち - 動物園放浪記

    サバンナゾーンの仲間たち

    「アフリカサバンナ」ゾーンで暮らす動物たち。ダチョウのオスの「ダン」くん(左)は、今日も、メスのダチョウを引き連れて運動場の中をパトロール。ダチョウたちと一緒に暮らしているバーバリシープの「タハト」くん(もしかしたら、息子の「アイル」くんの方かもしれません)。この日は、天気がよくて日差しが強い日でした。日光浴をするミナミシロサイの「ヨシコ」さん。一昨年の5月26日にオスの「ガンテツ」くんが亡...

  9. 南紀白浜のゴールデンターキンたち - 動物園放浪記

    南紀白浜のゴールデンターキンたち

    アドベンチャーワールドにいるゴールデンターキンの一家。ゴールデンターキンがいるエリアにはブラックバックが一緒に暮らしています。一家のお父さんである「シュウ」くん。お母さんの「アン」さん。「シュウ」と「アン」の間には、2015年から3年連続で赤ちゃんが誕生しています。体が一番小さなこの子は、今年の3月26日に生れた女の子です。(まだ雨が降っていた午前中に、ケニア号の車窓から撮ったため、はっきり...

  10. 上野動物園2 - photophobia

    上野動物園2

    イソップ橋から望む不忍池。「高層マンションからは動物見放題なんだろうな、うらやましい」「臭いんじゃない」なんて会話が聞こえてきました。確かにタダで見ることができるでしょうけど、一番たくさん見えるのはヒトで、次はカラスかな。東京中どこに行っても同じだね(笑)。私に顔を見せてくれた数少ない動物。サイ。楽しみしていたカバもやっぱり背中を向けたまま動かねえ。

  11. 再びインドサイのペアリング - 動物園放浪記

    再びインドサイのペアリング

    10月の上旬にインドサイの「ター」くん(オス)と「ナラヤニ」さん(メス)がペアリングを行っているのを見ました(その写真は→こちら)が、先週の土曜日に、再度ペアリングが行われていました。「ナラヤニ」さん(左)は、前回よりも更に積極的であるようです。そして、今回もちょっと腰が引けているような様子の「ター」くん(右)。逃げようとしているのか、プールから出て行こうとしている「ター」を、「ナラヤニ」が...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ