サイのタグまとめ

サイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サイ」タグの記事(101)

  1. 上野動物園2018年夏その4 - 動物園のど!

    上野動物園2018年夏その4

    上野動物園の西園のつづき。西園には、ハシビロコウやアイアイとかがいますが、なんといっても、オカピ・キリン・サイは、中心的存在でしょう。とくに、キリンやサイは、子供たちの人気絶大です。でも、前々から気になっていたのですが、屋内に入るのが早いんですよねぇ。キリンは、サバンナの大草原にいるイメージが強く、暑さに強いんじゃないかとおもっていました。屋内に入られると、近くていいのですが、暗めで、しかも...

  2. 夏城崎 - 速くなくてもいい、強くなくてもいい ただ自転車に乗りたい

    夏城崎

    2015年https://elekku.exblog.jp/22018395/2016年https://elekku.exblog.jp/23417618/2017年https://elekku.exblog.jp/25327246/ワンウェイ輪行で個人的に好きなルート…気付けば、もう3年続けて真夏に行っている。となると続けたい、そう途切れるまでは(笑)お盆休みの頃にも行きたかったんだけど、...

  3. 真夏の「アフリカのサバンナ」ゾーン - 動物園放浪記

    真夏の「アフリカのサバンナ」ゾーン

    「アフリカのサバンナ」ゾーンにあるライオンの屋外展示場で、口によだれをつけて暑そうな様子で歩き回る「フク」くん。こんな暑い夏の季節には、冷房が効いていさそうな室内展示場にいるメスの「ニノ」さんの方が、快適そうで過ごしよさそうです。オスのキリンの「ハクナ」くんは、2頭のメスのキリンと離れて、高い位置にあるバスケットの中の青草を食べていました。日陰を歩き回るグラントシマウマ。チーターは水飲み場の...

  4. 3月の多摩動物公園~眠りに誘われて - 続々・動物園ありマス。

    3月の多摩動物公園~眠りに誘われて

    インドガンと一緒にお昼寝中のインドサイ「ナラヤニ」さん3月下旬の多摩動物公園より穏やかな寝顔でありますヤクシカちびっ子と目が合いました♪爆睡中のアムールトラ「シズカ」さんくつろぎのボルネオオランウータン「ボルネオ」殿この日は朝からよく晴れ渡り、汗ばむほどの陽気おかげで、皆さんおくつろぎモードですオオカミたちも・・・サブ放飼場で、ひとり起きていたネロコアラ館にてフクロモモンガですたぶんタイチま...

  5. 動物園は朝がいい - 動物園放浪記

    動物園は朝がいい

    午前9時の開園時刻直後のインドサイ舎では、「ブンタ」くんが木陰にになっているプールの中で気持ちよさそうに水浴中です。「ニルギリ」さんは背中にカラスを乗せて獣舎の戸口に立っています。カラスのことは気にならないようです。そして、「セラ」くんは朝食の真っ最中。おいしそうに青草を食べています。コビトカバ舎に立ち寄ると、「コウメ」ちゃんがプールの中をぐるぐると円を描くようにして泳ぎ回っていました。お昼...

  6. お昼寝中 - 動物園のど!

    お昼寝中

    いい陽気ですねぇ。★上野動物園サイこの季節は、開園間際を狙っていかないと、お昼寝に入ってしまう動物が多いです。こちらのサイも11時でしたが、お昼寝に入っていました。ちょうど朝ごはん食べ終わって運動した後ですからね。動物園に行くなら早めがおすすめです。今日も記事を読んでいただきありがとうございます。イイねって感じられたら、クリック応援よろしくお願いしま~す動物園・サファリパークランキング

  7. アフリカ園の動物たち - 動物園放浪記

    アフリカ園の動物たち

    サバンナの景色を模したアフリカ園では、アフリカゾウ、カバ、クロサイ、キリン、アビシニアコロブス、フラミンゴなどの約8種類の動物を見ることができます。オスのアフリカゾウの「ベン」くん(推定1989年生まれ)。おやつの時間に飼育員さんから餌を貰う「ベン」。長い鼻を巻きつけるようにして顔の上に乗せているのは、下方(空堀の中)から飼育員さんが投げ入れる餌を口で受け取りやすいしているのではないかと思わ...

  8. 壁にぶち当たったら、どうします? - 動物園のど!

    壁にぶち当たったら、どうします?

    人生、壁にぶち当たることはあります。「神さまは、乗り越えられる試練しか与えない。」わたしは、この言葉をある人からいただきました。今も、胸に刻みながら過ごしています。今の自分の力でできるのか?成長すればできるのか?できないなら、どうやって周りを動かすのか?どうしたら動いてくれるのか?ま、そんな感じに諦めないようにしています。★上野動物園サイ今日も記事を読んでいただきありがとうございます。イイね...

  9. 「ター」と「ナラヤニ」のペアリング (三回目) - 動物園放浪記

    「ター」と「ナラヤニ」のペアリング (三回目)

    3月16日(月)の午前中に、インドサイのオスの「ター」くん(手前)とメスの「ナラヤニ」さん(後方)がペアリングを行っていました。この写真では「ナラヤニ」の方が体が大きく見えるかもしれませんが、体が大きいのは、体の大部分が水中に没している「ター」の方です。「ナラヤニ」は、「ター」に斜め後方から近づいていって、上唇でツンツンとつついているようですが、「ター」は無反応です。今度は、「ナラヤニ」が「...

  10. 姫路から城崎温泉へ - 速くなくてもいい、強くなくてもいい ただ自転車に乗りたい

    姫路から城崎温泉へ

    今日は姫路スタートこの時をトレースするコースhttps://elekku.exblog.jp/24188734/そう、幹線道なんて走らない天気も良いし長閑だし…(何より走り易い)こんなに快適で良いのか?と思う程アゲインストだけは要らんけどね…まぁいつも北風と西風が基本になるからなぁ北上コースはダメなのは分かってる筈(^^;木々の間を走るのも良いし川沿いを走るのもイイ和田山からも交通量の多いい...

  11. 暖かな日サイとカバ - 動物園放浪記

    暖かな日サイとカバ

    暖かそうな日差しの中で気持ちよさそうに眠り続けるクロサイの「メトロ」くん(右)と「マキ」さん(左)のカップル。お昼過ぎになって「メトロ」が起き出しました。暫くして「マキ」も起きてきました。「マキ」は長くて鋭い角がとても立派です。やがて、角をつき合わせて力較べを始める「メトロ」(右)と「マキ」(左)。「メトロ」に押されてズルズルと後退していく「マキ」。喧嘩ではありません。仲のよいカップルです。...

  12. LOOPWHEELER スウェット 2 - 自立神経失調症フルコース

    LOOPWHEELER スウェット 2

    皆さんは雑誌をどのくらいの頻度で見ますか?僕は月に1回程度、本屋さんに行って興味のあるジャンルだけササッと立ち読みする程度。買う時もあれば買わない時も。ただ、現代は探すならネットのほうが断然早い。見つけたらそのままポチッて完了ですもん。早ければ翌日の午前にはポストに入ってる。そりゃ本屋さんは厳しいわけです。人によってはキンドルとかタブレット、スマホで読んでいる人もいるでしょう。12月だったと...

  13. 大型草食動物に餌やり - 動物園放浪記

    大型草食動物に餌やり

    今回の訪問では「サファリキャラバン」のツアーに参加しました。このツアーにはキリンとシロサイの餌やりのイベントがセットされていたので、これらの動物への餌やりを楽しむことができました。キャラバンのバスがキリンやシマウマなどがいるエリアの中に入っていくと、1頭のオスのキリンが近づいてきました。キリンに大接近。首を伸ばして近づいてきたキリンに、岩で囲まれたサークルの中から、餌の木の葉を与えることがで...

  14. 2018年初展示は・・・ - Hiroko Sato ~日々~

    2018年初展示は・・・

    毎年、恒例になりました神戸元町での展覧会が、今年も開催中です!元町にて、2/6(火)からです。以前、京都にて展示した150号のサイの作品も再登場!さらに加筆し、パワーアップしております。どうぞ、よろしくお願いいたします。ひびis展 神戸vol.3『また、ここで・・・』出展作家佐藤紘子・福本ヒデ・土谷ひろし 2018年2月6日(火)~12日(月・祝)12:00-19:00 (最終日18時ま...

  15. 「マロ」のゴロン、ゴロン - 動物園放浪記

    「マロ」のゴロン、ゴロン

    西園にいるヒガシクロサイのオス「マロ」くん。展示場の中をゆっくりとゆっくりと歩き回って、地面に片足をつけました。いきなりひっくり返り、地面に背中を擦りつけて、ゴロン、ゴロン。反対側を向いてゴロン、ゴロン。気持ちよさそうに砂浴びを続ける「マロ」。そして、砂浴びの後は、角で丸太を突いて遊ぶヒガシクロサイの「マロ」です。人気ブログランキング人気ブログランキングに参加しています。いつも応援していただ...

  16. 霊獣サイ - 動物園のど!

    霊獣サイ

    神秘的な登場・・・・★東山動植物園サイ江戸時代あたりでは、サイは未知の動物であり、霊獣「水犀」とされていました。日光東照宮などの彫刻で見ることができます。牛の四肢と馬の体、背中にカメの甲羅といういでたちでした。鼻のところに角が生えていて、水を浄化したり・・・といった能力を持っていたようです。ハクビシンも雷獣でしたね。キリンやバクも有名ですが、探せば、まだまだ出てきそうです。今日も記事を読んで...

  17. 恐竜登場 - 動物園のど!

    恐竜登場

    こうやってみると、サイって、ホント恐竜だなって思うときがあります。格好いいです。★東山動植物園サイサイの皮膚は、動物の中で最硬と言われています。肉食獣の爪や牙を容易に通しません。それよりも知らなかったのですが、夜行性または薄明薄暮性なんですね。よく昼間、ぐでぇ~ってしていることが多いのは、敵がいないので怠けているのかと思っていました。そもそも、夜が活動のメインだったんですねぇ。今日も記事を読...

  18. 暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア - 動物園放浪記

    暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア

    天候に恵まれて、風もなく暖かな冬のアフリカのサバンナ@ズーラシア。最初に出会えたのは、いつもの通りヒガシクロサイの「ニル」くん。この日は奇数日で、オスのエランドが1頭出ていました。チーターは、専用の展示場に1頭、そして、エランドやキリンなどがいる広い放飼場に1頭出ていたようです。グラントシマウマも1頭出ていました。オスの「ソウシ」くん。そして、3頭いるキリンたち。「エマ」さんと「カルメン」さ...

  19. サバンナゾーンの仲間たち - 動物園放浪記

    サバンナゾーンの仲間たち

    「アフリカサバンナ」ゾーンで暮らす動物たち。ダチョウのオスの「ダン」くん(左)は、今日も、メスのダチョウを引き連れて運動場の中をパトロール。ダチョウたちと一緒に暮らしているバーバリシープの「タハト」くん(もしかしたら、息子の「アイル」くんの方かもしれません)。この日は、天気がよくて日差しが強い日でした。日光浴をするミナミシロサイの「ヨシコ」さん。一昨年の5月26日にオスの「ガンテツ」くんが亡...

  20. 南紀白浜のゴールデンターキンたち - 動物園放浪記

    南紀白浜のゴールデンターキンたち

    アドベンチャーワールドにいるゴールデンターキンの一家。ゴールデンターキンがいるエリアにはブラックバックが一緒に暮らしています。一家のお父さんである「シュウ」くん。お母さんの「アン」さん。「シュウ」と「アン」の間には、2015年から3年連続で赤ちゃんが誕生しています。体が一番小さなこの子は、今年の3月26日に生れた女の子です。(まだ雨が降っていた午前中に、ケニア号の車窓から撮ったため、はっきり...

総件数:101 件

似ているタグ