サカハチチョウのタグまとめ

サカハチチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサカハチチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サカハチチョウ」タグの記事(62)

  1. 秋のチョウ~ミドリヒョウモン、ヤマトシジミなど - チョウ!お気に入り

    秋のチョウ~ミドリヒョウモン、ヤマトシジミなど

    秋の林道を歩いてみました。最近鹿害で草花の数が激減している場所が多いですが、幸いここは残っているようです。訪花で目立つのはミドリヒョウモンです。複数頭が吸蜜している姿があちらこちらで見られます。他にはサカハチチョウもいます。足元のミゾソバではコミスジや、ヤマトシジミが吸蜜していました。未舗装の林道の轍にできた水たまりではスジグルシロチョウやキタキチョウの集団吸水も見られました。ミドリヒョウモ...

  2. スズムシバナ - Mag's  DiaryⅣ

    スズムシバナ

    スズムシバナが咲いていた。ちょうど見ごろ。おまけはサカハチチョウ。スズムシバナに止まるのを待ったけれど、止まってくれなかった(=_=)

  3. カンバ類自生地 - 飛騨山脈の自然

    カンバ類自生地

    シラカンバ・ダケカンバが生えるところはキベリタテハやエルタテハが発生する地域である。彼らに会いたくて出かけた。地表にいたエルタテハが高い位置の枯れたササで開翅した。少し待っていたらウダイカンバの幹に止まってくれたがやはり遠い。別の個体が壁に止まってくれた。きれいなサカハチチョウが1♂だけ見かけた。シータテハが少し古い獣糞に来ていた。標高が高いのでもう秋型になっている。残念ながらキベリタテハは...

  4. 安房峠散策 - 飛騨山脈の自然

    安房峠散策

    災害で安房峠が車で通行できないので歩くことにした。焼岳登山口までは通行可能で車が50台以上止まっている。ゆっくり歩るっているとキツリフネが目についた。薄暗い環境でも黄色は良く目立つ。サカハチチョウが飛んでいたが♀なのでカメラを向けた。ソバナが所々で涼しげな様子で咲いていた。これは少し色が薄い、白花とまでいかないがアルビノと言っても良いのかな?少し破損しているスジボソヤマキ♂が見られた。メタカ...

  5. ツマミヤガラス(TMG)-1322020.08.29記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1322020.08.29記

    【ミヤマカラスアゲハ・サカハチチョウ他】今回は、前回同様とあるキャンプ場で撮影したものを紹介する。今回も時系列ではまとめず種類別でまとめて紹介する。【アゲハチョウ】前回同様、クサギのポイントにはミヤマカラスアゲハなどがやっていた。中旬はそのアゲハの飛ぶ量が減り、そして奥の方で訪花していたこと。正直それで撮影はしづらくなってしまった。それでも、一部はそれなりに近くにもやってきた。その後、下旬に...

  6. 普通種たち(2020/08/01) - Sky Palace -butterfly garden- II

    普通種たち(2020/08/01)

    本当はスミナガシを見に来たのですが、樹液が全然出ていません。スミナガシはおろか、ゴマダラチョウやルリタテハも見かけません。仕方ないので、普通種撮影に切り替えです。まずは新鮮なダイミョウセセリです。日差しが強く、葉の裏に隠れてしまいます。何度か追いかけまわしたら翅を閉じたところも撮影できました。■ダイミョウセセリDaimio tethysサカハチチョウの夏型です。少し擦れていたので、もう少し発...

  7. 集団吸水 - 飛騨山脈の自然

    集団吸水

    林道を走っていると時々チョウの集団を見かけることがある。獣糞であったり小動物の遺体であったり、単に地表に流れ出た水分補給であったりする。サカハチチョウが道路わきに集まっていた。6♂もいた。1mと離れていない草のない所にはコムラサキが8♂吸水していた。こちらは獣糞のような塊があるので吸汁が妥当だろう。コムラサキから2m離れたところでシータテハが獣糞で吸汁していた。夏型だが割と綺麗な個体だ。3種...

  8. やっと見つけたアカセセリに苦戦 - 蝶超天国

    やっと見つけたアカセセリに苦戦

    8月1日つづきヒョウモン達を撮影しながらも狙いのアカセセリを探していました。何回か見かけても直ぐに見失い苦労しましたが数カット撮れました。こちらは♀ですが・・1カットで逃げられました。ここではヒョウモンチョウも見つかりました。ここにもミドリヒョウモンが集っていました。他にはキバネセセリも見られました。綺麗なサカハチチョウも見ることが出来ました。もう一箇所のアカセセリポイントでは・・・・姿を見...

  9. ツマミヤガラス(TMG)-1312020.08.12記 - ツマミヤガラス(TMG)

    ツマミヤガラス(TMG)-1312020.08.12記

    【サカハチチョウ・ミヤマカラスアゲハ他】今回は、とあるキャンプ場で撮影したものを紹介する。なお、時系列ではまとめず種類別でまとめて紹介する。【アゲハチョウ】最初は、別の昆虫を探しに林道を歩いていた。すると、偶然立ち寄ったところにクサギが生えていた。それがきかっけで、このキャンプ場のポイントを知ることとなった。そんなクサギのポイントにはミヤマカラスアゲハなどがやっていた。中でも最終日に出会った...

  10. 晴天の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    晴天の湯の丸高原

    久し振りに朝から晴天の1日でした。午前11時頃、湯の丸高原に出かけて来ました。アサギマダラはかなりの個体数が集結して来ました。普通に見られる様になったクジャクチョウヒメキマダラヒカラ何だ、何だ、これぞウラギンヒョウモンだと言わんばかりの凄い裏銀だった。オオチャバネセセリヤナギランを食草にするイブキスズメガの幼虫ベニヒカゲのメスが発生していないかと2ヶ所を散々探したけど、今日は見つけることが出...

  11. 夏型のサカハチチョウとトラフシジミ - 風任せ自由人

    夏型のサカハチチョウとトラフシジミ

    共に夏型のサカハチチョウ2匹とトラフシジミ1匹に出会った。その場所はベニヒカゲを撮影した後に訪れた花が群れ咲く場所。サカハチチョウトラフシジミこんな新鮮なトラフシジミ夏型に出会ったのは初めて。

  12. 標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2020/06/mid) - 里山便り

    標高の高い所でクモガタヒョウモン、タテハチョウ達(2...

    目的の蝶を探しながら少しずつ高度が上がってきた。幾つかのカーブの先に手頃な草葉が広がっていて、'ヒョウモン達' が行きかっていた。今期、平地、低山地と尽く撮影機会を逃してきた、 'クモガタヒョウモン' が何頭か目に入る。よく見ると皆新鮮個体達でした。..........POTD.........I・TA・DA・KI・MA~SU!!嬉しいですね。--...

  13. スミナガシの産卵など - 蝶超天国

    スミナガシの産卵など

    5月30日つづきベニモンを探している時に見つけた他のチョウを紹介します。ミヤマハハソに産卵するスミナガシを撮影することが出来ました。暫くミヤマハハソの周りを暫く飛んでタッチングしていましたが・・・葉の裏に止まるとわりと短時間で産卵します。日陰の葉の裏なので・・・少しISO感度を上げてブレ防止が必要でした。連写した最後の写真を拡大すると・・お尻の部分には卵も確認できました。卵は真白でタテハの特...

  14. 季節の進みが一月遅れの林道 - 風任せ自由人

    季節の進みが一月遅れの林道

    誰も来ないであろうやや標高の高い所に出かけて、林道を車で走りながら蝶を探した。季節の進みは完全に一月遅れの感じだった。最初に見つけたのはサカハチチョウだった。夢中になって撮影したが、後でもっときれいな個体が見つかった。次は嬉しい今年初のクモガタヒョウモン。それからアサギマダラも林道沿いに飛んできて短時間だったが、吸蜜をしてくれた。カラスアゲハは数匹目撃した。最初に撮影したのは左前翅に少し欠け...

  15. アサギマダラの産卵行動他 - 風任せ自由人

    アサギマダラの産卵行動他

    やや標高の高い場所で蝶を探した。アサギマダラがふわふわと飛んでいるのを見つけた。どうした訳かそこに生えているまだ若い草に拘っているようだった。そのうち産卵らしい様子も見せたが、本当に卵を産みつけたのかは確認できなかった。その植物はアサギマダラの食草であるイケマなのかな?とは思ったが、その場では分からず、帰宅後、webで調べた。ところがこんな棒だけのようなものなのでなかなか分からなかった。その...

  16. アオバセセリ - 自然を楽しむ

    アオバセセリ

    自粛生活が続き、このままだと精神的にも良くないので、久しぶりにカメラを持って出かけることにした。最初に向かったのは、ミツバウツギの咲く渓流。目的は時期的に少し遅いとは思われたが、この花にやってくるアオバセセリ。ポイントに10時頃に着くと、ミツバウツギは満開の状態。数頭のスレたウスバシロチョウとスジグロシロチョウ、サカハチチョウなどが吸蜜に夢中で、時々やってくるオナガアゲハは吸蜜をすることなく...

  17. アカシジミ他 - 風任せ自由人

    アカシジミ他

    「てくてく写日記」のbanyan10さんが既に埼玉のアカシジミ発生の記事を書かれている。同じ場所だろうと思うが、本日、私もその発生を確認できた。確認できたのは2個体のみ。最初に見つけた1匹はすぐに樹上に飛んでしまい、撮影が叶わなかった。その後、かなり探したがもうダメかなと諦めかけた時、2匹目が見つかった。撮影している時は気がつかなかったが、帰宅後PCでその写真を見たら、斑紋に乱れのある個体だ...

  18. 5月13日今日のチョウ - Mag's DiaryⅢ

    5月13日今日のチョウ

    モンキアゲハがいた。トイレに立ち寄った道の駅の植え込みに。山の中で出会いたかったなぁ。サカハチチョウはちゃんとした渓谷で。キアゲハの産卵。この植物は何だっけ、花がないので名前が思い出せないょ。えっ、花があっても思い出せないんだろっ・・だって?!てへっ、そうかもね(=_=)

  19. ウスバシロチョウ5・11 - はっぴいでいず

    ウスバシロチョウ5・11

    昨日(5/11)撮ったウスバシロチョウです「またか!?」ってとこかな?でも今回はちょっと工夫してボケを入れたり、背景を青空にしたりしました・・・・・・あんまり変わらんけど(^_^;)普通の蝶は年に数回発生しますが、この蝶は春に一度だけでもう直ぐ見られなくなります撮れる内に撮っておこうとも思っていますサカハチチョウ夏型の羽に逆八の字(この写真だけ過写)イロハモミジハンカチの木写真を撮っている...

  20. サカハチシジミ春型(2020/5/5) - Sky Palace -butterfly garden- II

    サカハチシジミ春型(2020/5/5)

    遠出を自粛して、近場でチョウ探し。そういえば最近春型のサカハチチョウを見ていないなと思い、サカハチチョウ狙いで出かけました。これまではメインのついでに撮るサブ扱いだったので、今回は気合を入れて撮影。あまり長い時間遊んではくれませんでしたけれども。小さいですが、複雑で綺麗なチョウですね。後翅の縁に断続的な線状の青色紋がある個体(写真後半)もいましたが、よくある個体差でしょうか。■サカハチチョウ...

総件数:62 件

似ているタグ