サギ類のタグまとめ

サギ類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサギ類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サギ類」タグの記事(7)

  1. bird*86  ゴイサギとツバメ - primary feather

    bird*86 ゴイサギとツバメ

    いつもの橋、たくさんのサギが集まってきてました。サギを眺めてたらゴイちゃん現る。久々に成長見る事が出来たので嬉しい。ダイサギツバメ

  2. bird*80 - primary feather

    bird*80

  3. 亜種チュウダイサギが、夏鳥として観察される - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    亜種チュウダイサギが、夏鳥として観察される

    .あっハハハハハ、腰折れを一句 【 白南風や 老鷺一閃 雑魚を食む 】 --- 百画 ( ももえ )..体長は 90 cm ほどで、アオサギと並ぶ最大級のサギ。全身の羽毛が白色。白鷺の一種。日本では、亜種チュウダイサギが夏鳥として(日本で繁殖して冬は南方へ渡る)、亜種オオダイサギが冬鳥として( 中国東北部で繁殖して冬に日本へ渡り越冬する )それぞれ観察されます。.最寄りの鳥見ポイントにて( ...

  4. アオサギの英名は、グレー ヘロン 「 Grey Heron : 灰色のサギ 」 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    アオサギの英名は、グレー ヘロン 「 Grey Her...

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 アオサギの英名はグレーヘロン 「 灰色のサギ 」 だが、日本人は青色と見た。体長約95cm と国内最大のサギ。これまで集団繁殖地は北海道などに散在していた。最近では関東以南でもよく見られるが、繁殖確認されている地域は少ない。このような大型種の動向は、注意深く見守る必要があろう。』.アオサギは夏季、北海道に繁...

  5. 熊本県水前寺公園に生息するササゴイは道具を使って狩りをする - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    熊本県水前寺公園に生息するササゴイは道具を使って狩りをする

    【 けさの鳥 】 文:山岸 哲、写真:田中光常、久保敬親、金子 進、吉野俊幸 より『 ササゴイは、全長約50cm のサギの仲間。熊本県水前寺公園とその近くに生息するものは「 昆虫やミミズ 」「 木の実、葉、小枝 」「 羽毛 」などを水辺に撒いて、そこに寄ってくる魚を捕らえるという。釣り人になぞらえればそれぞれ「 生き餌釣り 」「 疑似餌釣り 」「 フライフィッシング 」にあたるかもしれない。...

  6. 主に日本で繁殖( 夏鳥 )冬季になるとフィリピン方面へ南下 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    主に日本で繁殖( 夏鳥 )冬季になるとフィリピン方面へ南下

    ミゾゴイ、先月の撮り置き画像から掲載します。この日以来、ちょくちょく林道を通過するのですが姿を見ませんから、すでに移動したようです。残念。..ウェブ検索より『 ミゾゴイは、およそ標高1,000m以下の平地から低山帯の広葉樹林及び針広混交林に生息し、ほぼ日本でのみ繁殖するサギ科の夏鳥です。冬季になるとフィリピン方面へ南下し越冬しますが、台湾や日本( 九州、南西諸島 )でも少数が越冬します。』....

  7. いつかある日、どれか一枚を大容量のままで掲載 - THE LIFE OF BIRDS --- 野鳥つれづれ記

    いつかある日、どれか一枚を大容量のままで掲載

    まどろむように堰堤で佇む、ゴイサギ一羽。まったく動きませんので、一旦、上流のヤマセミ・ポイントへ向かい、しばらくして戻りましたけれど同じ姿勢で立ち尽くしたまま・・・いったい何を想っているのでしょう。.ヤマセミは坊主、でっ、ゴイサギの飛び出しを狙って我慢比べしました。狭い道ですが、この場所はかろうじて駐車できます。皆さん、いつも迷惑かけてすみません。何となくですよ、モゾモゾ・モジモジが感じられ...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ