サクランボのタグまとめ

サクランボ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサクランボに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サクランボ」タグの記事(58)

  1. ツインズいちご - がちゃぴん秀子の日記

    ツインズいちご

    Iさんのお庭に植えたイチゴがツインズだったと画像と実物いただきました。かわいい!おやつにツインズ孫っちが喜ぶやろね。夫が絵を描くのを知っていて、画材の提供してくださいます。そのお気持ちが嬉しくて、ペコリです。

  2. 甘い佐藤錦 - miro's daily dining

    甘い佐藤錦

    母の日のプレゼント♪佐藤錦を頂きました★

  3. 迷い悩む、、、 - いととはり

    迷い悩む、、、

    じつはまだ、先日のサクランボとドッグローズ(棘無し野バラ)の苗木を植え付けしていない。ちょっとヒラメキと申しましょうかぁ〜よからぬ事を思いつきまして(^^;;野バラと言えば半つる性だし、ひょっとして夢にまで見た薔薇のアーチを仕立てられるのでは???などと思ってしまったのですよ!!それでこの野バラの素性をしっかり確かめてみようとしたが、、、情報が無い‼︎少ない‼︎ご覧の通り「実がとれる野ばら・...

  4. 再び虎蔵チェック! - いととはり

    再び虎蔵チェック!

    今日は概ね晴れ。気温は17℃〜2℃とだいぶ高低差がある。こんな日に油断し風邪ひくのよね!気をつけよう〜っと。でもここ数年、熱はでても(←知恵熱?)風邪らしい風邪はひかなくなった。これも毎朝のチャイのおかげかしら?なぁ〜んて思っている(^^;;さて、先ほど先週末に注文していた苗木が届いた。蓋を開けるなり私より先に↓此奴が素早くチェックに!!(←寝ていたハズなのに…)手でちょいちょいして枝を噛ん...

  5. 可愛い花を - 花☆枯れました!

    可愛い花を

    あっ!!咲いてるカーテンを開けた瞬間目に飛び込んできたのはサクランボの花でした可愛いですぼーっとしてても花が教えてくれるのです。もう春ですよ。ってね(*´艸`*)1月中頃のツボミはご覧の通り・・・寒さに耐えるようにギュッと締まってほころびが見当たりません。暖かい日差しと風に促されるように花弁を緩めてくるのです。この頃は花弁が淡いピンク色で目にも心にもやさしが溢れます。&#128071...

  6. 久しぶりの良い天気 - 風の吹くまま

    久しぶりの良い天気

    染井吉野の蕾少しだけ膨らんできたようです。開花予報は16日。予報より少し遅れるのではと思っています。小さな樹ですが、見ごろを迎えています。ミツバチさんも一生懸命です。明日は父の一周忌の法事です。昨年の3月10日、父が旅立った日にもサクランボの花をアップしました。この花を見る度に、思い出す花となりそうです。皆様、良い週末をお過ごし下さい。

  7. 開花しました - 風の吹くまま

    開花しました

    ようやくサクランボの花が開花しました。思っていた蕾ではなく、一番高い枝の花でした。しだれ梅は、見ごろとなっています。夕方から予報通り雨となっています。明日は、朝から雨模様。休みの度に天気に恵まれません。

  8. まもなく、開花宣言? - 風の吹くまま

    まもなく、開花宣言?

    本日の我が家のサクランボの蕾。もう、いつ開花してもいい感じ!(^^)!木蓮の蕾はまだ、硬いようです。只今、D750は2回目のシャッター不具合の為、入院中です。購入後、半年でシャッターユニット交換の処置でしたが最近、同じ症状が頻繁に発生の為です。1回目はメーカー保証内。今回は、キタムラの保証で。入ってて良かった、5年保証。しばらくは、X-T2で楽しみたいと思います。

  9. いつの間にか! - 風の吹くまま

    いつの間にか!

    昨日、東京から戻って庭を散策していると、土筆が沢山顔を出していました。早いですね。サクランボの蕾もかなり膨らんで来ました。いつ開花してもおかしくない気温が続いています。

  10. わらしべ長者 - BOSSのひとりごと

    わらしべ長者

    昨年の初夏、我が家の庭でいっぱい採れたサクランボ🍒を次女のケーキ屋さんにお裾分けしたら『グリオッティーヌ』ってやつになって帰ってきました😲半年以上(たぶん)ブランデーに浸けてあって絶妙な厚みのチョコでコーティングされてるからウィスキーボンボンみたいにアルコール味が強すぎず、良いカンジのアルコールの香りとサクランボの甘酸っぱさ、そしてチョコの香ば...

  11. サクランボ山形C12号 - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    サクランボ山形C12号

    山形県が開発したサクランボの大玉新品種山形C12号。大玉でボリューム感があり、酸味少なく、糖度は佐藤錦なみで上品な甘さがあるそうです。まさに、いいことづくめ。そういうことなので、職場の人(兼業農家)も生産者登録の申請をしようとしたんだそうですね。そしたら、既存の園地に苗木を植栽する場合には、佐藤錦を伐採してもらい、その伐根を確認できることが登録条件になると説明されたそうです。伐採した佐藤錦の...

  12. サクランボ - フィンランドでも筆無精

    サクランボ

    最近ランニングのコースを湖沿いから池沿いに変えたのですが、少し植物園ふうに整備されている池沿いの公園にこんなのを発見!お〜っ?これってもしや?サクランボ?サクランボ!この辺の公園では農薬で除虫などはしないので迷わずパクリ。甘酸っぱくって美味しかったです。だから手の届く範囲のは殆ど残ってなかったのか。

  13. 三笠幾春別芦別27日目 - 空の旅人

    三笠幾春別芦別27日目

    昨夜の寝場所停めた場所で寝ようとするといつまで経ってもエンジン音が消えないカーテンを開けるとキャブコンがアイドリングうるさいので車中泊場所を移動して球場前に目が覚めると雨が降り出し雨脚も強く成るタブレットの警報が鳴る大雨警報が何度も鳴り響く物凄い雨が連続上空を通過して行く移動せず車の中で時間つぶしフジサンから頂いた燻製を網に入れて扇風機で乾燥湿気が有るので乾きは最悪お昼は幾春別の蕎麦屋「更科...

  14. 大好物の - フィンランドでも筆無精

    大好物の

    大好物のサクランボの季節です。同居人セッポの娘のアンナちゃんが果物スタンドでバイトをしているので、美味しいのを選りすぐり買ってきてもらえるので超ラッキー。輸入物ですが、粒が大きめで美味しい。フィンランドにはサクランボ園は無いのかな。摘みに行きたいな〜。

  15. 夏のサクランボ - もるとゆらじお

    夏のサクランボ

    私は夏にサクランボを食べたいとも思いませんし、春のサクランボでもいいお値段ですから食べなくてもいいのですが、写真のサクランボを一昨日いただいてしまいまして、ああ、夏のサクランボがあったんだと驚きました。いままであまり関心がなかったサクランボの再認識です。写真のサクランボは紅秀峰という品種だそうです。なぜ夏のいまの時期に出荷したかったのだろうとつらつら考えるにですね、あれじゃないですかね?お中...

  16. さくらんぼ - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」

    さくらんぼ

    今宵は桜桃を頂きながら一杯上物ではないが完熟で旨しにほんブログ村山形県ランキングオラも応援するのだ♪ハナサケ!ニッポン!

  17. サクランボが好きみたい - 花折々

    サクランボが好きみたい

    庭の木の巣作りに失敗したカラスは何処か違う場所で卵を産んだらしく、庭に来ることなく静かな庭に。きっと卵を育てているんだな~と思っていたら6月に入って、サクランボの実が目立つ頃に再び顔を見せるようになった。卵が孵化したのかなと・・・まだそんなに熟していないのにサクランボの実を啄ばみ中には故意に落としているようにも見える。6月中旬、だいぶ赤い実が増えて来ました。今年はたくさん実が付いたので小粒の...

  18. 小さなゆびぬき&サクランボ - 黒猫屋のにくきゅう

    小さなゆびぬき&サクランボ

    イベント用に小さな加賀ゆびぬきを作っています。 テレビですっごいお高級なサクランボを見ました。ちょっと前には友達が『サクランボ流し』(流しそうめんみたいにサクランボを流して箸で取るイベント)の話をしてたし~で、きょうスーパーに行って買ってきたという訳です。これで流しサクランボ・・・ どこで流す?とか考えながら、美味しくいただいている黒猫屋なのです。ブログランキングに参加しています。ポチっとよ...

  19. 山梨! - 平野部屋

    山梨!

    今日は、山梨からの贈り物。「サクランボ」佐藤錦かも・・・。この中に二つ一体型。ラッキー・・・。おいしい!「信玄餅」これ一個づつ手で縛るんだよね。いつもながら、丁寧なしつらえ。そして、食す。蜜をかけて黄な粉と蜜をこぼす。そして、お餅は「三つ」。それにしても器に余裕がないですね。味は甘くていい。安倍川餅とは味が違います。こぼすのでこれに包んであるのだと思います。なんか今日はまた雨模様。ではまたね。

  20. 紫も白も命の花菖蒲 - 流れる雲のように

    紫も白も命の花菖蒲

    毎年この時期になるとみやぎの義父母が山形までサクランボを買いに行ってそれを送ってもらっていた。今年は未だに届かない。流石に年齢が年齢だけに山形まで車で出かけられなくなったのだろうと察する。とうとうそんな年齢になったのかと否が応でも実感している。たかがサクランボ、されどサクランボなのだ。我が家では…。そんな宮城の様子も知らない東京に入る次女は、「虎屋の羊羹を宮城に送り、その見返りでサクランボを...

総件数:58 件

似ているタグ