サクラ前線のタグまとめ

サクラ前線」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサクラ前線に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サクラ前線」タグの記事(5)

  1. サクラ前線の終着地・・・20205月11日 - かるさんの日々

    サクラ前線の終着地・・・20205月11日

    3月21日に、めずらしく東京から始まった「2020年サクラの開花宣言」でした。時節がら愛でる人も無く、南へ北へ、はたまた西や東とさ迷いながら、ひたすら北を目指した「サクラ前線」でした。4月の20日前後に津軽海峡を越えて、北の地に上陸した前線です。それからおよそ20日間をかけて昨日5月10日、最終地の「釧路と稚内」に到着しました。今年の「サクラ前線最終到着地」は釧路と稚内の2都市同時となり、「...

  2. サクラ前線が上陸したものの・・・2020年4月21日 - かるさんの日々

    サクラ前線が上陸したものの・・・2020年4月21日

    先週の16~17日ころ、青森・弘前公園で開花したサクラでした。津軽海峡を3日ほど掛かって昨日20日、函館近くの「松前公園」に上陸しました。昨年より2日早く、統計を取り始めた1982年以降、2008年と並んで3番目の早さとのことです。町は新型コロナウイルスの感染予防のため、25日から松前公園で開催を予定していた「松前さくらまつり」を中止し、来訪も呼び掛けておらず、例年数万人の花見客が訪れるとこ...

  3. サクラ前線? - 鯵庵の京都事情

    サクラ前線?

    花冷えの京都である花冷えの夜は群青の空でもあるしかし、それゆえにサクラの花は冴える冴えるという言葉はキレイだったソメイヨシノの後継のサクラが今取りざたされていて早く咲くとか・・花が艶やかであるとか・・が大事である今までどおりソメイヨシノでいいのではないかという人も多いがサクラは本来交配が盛んな植物であるがソメイヨシノは辛いことはクローンであるそれゆえに寿命が短い、60年とも70年とも言われる...

  4. 【オシドリ、芽吹き 格別の春もうすぐ開花】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【オシドリ、芽吹き 格別の春もうすぐ開花】

    4月の初めには関西出張があり、堺市に滞在していてサクラ満開を味わっていて、なおそれから半月。寒暖の落差はいかんともしがたく、北海道はまだ寒い。それでもようやくにして、春の気配が強まってきました。わたしも一時期の住所不定状態から、ようやく家に戻れて本格的引っ越しはまだですが、起居は住み慣れたわが家でしています。でもいろいろスケジュールがあって、朝の散歩はままならない。ときおり行けるときもある、...

  5. サクラ切る人 - 鯵庵の京都事情

    サクラ切る人

    今年のサクラは3月中に満開になってしまって予定が狂った人もいるかもしれない特にソメイヨシノは葉が出てくる前に満開になるその瞬間の短さが日本の春の景色を作っている日本列島、北に向かってサクラを追いかけていく人もいるソメイヨシノは近世に作り出された園芸品種である挿し木・接ぎ木でしか増えないクローンだから、極めて老化が早い寿命は60~70年と言われるこのサクラも今精一杯咲いているのだろーな、とは思...

総件数:5 件

似ているタグ