サスペンスのタグまとめ

サスペンス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサスペンスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サスペンス」タグの記事(122)

  1. 映画「愛がこわれるとき」 - ブログするために一念発起

    映画「愛がこわれるとき」

  2. 「エミリーの窓」Windows  (1980) - なかざわひでゆき の毎日が映画三昧

    「エミリーの窓」Windows (1980)

    監督:ゴードン・ウィリス製作:マイケル・ロベル脚本:バリー・シーゲル撮影:ゴードン・ウィリス音楽:エンニオ・モリコーネ出演:タリア・シャイアエリザベス・アシュリージョセフ・コーテスケイ・メドフォードマイケル・ゴリンリック・ペトルセリアメリカ映画/96分/カラー作品

  3. アングスト/不安(1983年) - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    アングスト/不安(1983年)

    この夏、札幌に映画館がひとつ復活した。ススキノのスガイディノスが旧・東宝プラザ跡地を改装して狸小路5丁目に”サツゲキ”となって戻ってきたのだ。うれしい。コロナ真っ只中で予定より遅れ、客足はすぐに戻らず当初は苦戦したに違いない。そういうわたしも、気になってエントランス見学に行きつつも利用はせず、やっと久しぶりに観たのが本編だった。8月の終わりのこと、4か月ぶりの劇場観賞だった。影の暗黒映画大国...

  4. アド・アストラ(2019年)太陽系の彼方に消えた父 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    アド・アストラ(2019年)太陽系の彼方に消えた父

    自分探しの旅を、宇宙でやってみただけの、どこか既視感ぬぐえない凡作。地球外知的生命体の探求に人生を捧げ、太陽系の彼方で消息を絶った父(トミー・リー・ジョーンズ)の行方と、彼をめぐる人類の存亡に関わる大いなる謎を追って自ら宇宙へと旅立つ主人公(ブラッド・ピット)を描く。時おり、ドキッとするようなアドベンチャー的作りはあるものの、いたって凡庸。非凡であるのは、50代後半とは俄かに信じがたい老いて...

  5. KAFKA/迷宮の悪夢(1991年) - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    KAFKA/迷宮の悪夢(1991年)

    実在の作家フランツ・カフカが、悪夢的な恐怖の迷宮に巻き込まれてゆくーという独創的フィクション。監督は若き日のスティーヴン・ソダーバーグ。『1984』『華氏451』のような全体主義的悪夢をコミカルに描く。1919年の混沌とした暗黒のプラハ。新進気鋭であるが偏執症に悩まされている作家のカフカは、友人の溺死の調査中、官僚社会の破壊を目的とするアナーキストたちに巻き込まれる。全ての謎を解く鍵がある丘...

  6. Deadly Premonition (デッドリープリモニション) - OVERBOARD

    Deadly Premonition (デッドリープリ...

    Deadly Premonition (デッドリープリモニション)はい、どうも。ちょっと更新していませんでしが、今回は先日10年ぶりの続編が発売されたDeadly Premonitionの1作目について書きます。今から10年前にXbox360/PS3で「Red Seeds Profile(レッドシーズプロファイル)」として発売したゲームですが、その後コンプリート版が発売したり、スイッチでも海...

  7. 影の軍隊(1969年) - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    影の軍隊(1969年)

    1942年ドイツ占領下のフランス。密告からゲシュタポに捕まったジェルビエ(リノ・ヴァンチュラ)は、辛くも脱走、レジスタンスと合流して裏切り者の抹殺任務に当たる。やがてジェルビエは、ド・ゴールに会うためロンドンへ向かうがー。ジャン=ピエール・メルヴィル監督による晩年のレジスタンス映画。敬愛するワイダの抵抗三部作とはまたすこし違う、淡々と任務遂行していく至極冷徹なフランスの感性が140分の長尺に...

  8. コロナ禍に観た邦画 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    コロナ禍に観た邦画

    『影踏み』(2018)篠原哲雄監督と山崎まさよしのコラボ作品は何度目になるだろう。役者としてのまさやんは好きだから起用がうれしい。しかも共演陣が安定の演技派揃い。未読の原作は横山秀夫の同名連作ミステリー。忍び込み専門の凄腕ノビ師・真壁修一は、侵入した家で放火を目撃する。現場に現れた刑事に逮捕され刑務所送りになってから2年、出所した真壁は彼を慕う若者・啓二(北村匠海)とともに、不可解な点が多い...

  9. 傑作探偵ミステリー - 良爺(白崎良治)ノンジャンルブログ

    傑作探偵ミステリー

    〝このミステリーがすごい!〟海外ミステリー2年連続1位、なるほど。小学生の時に、シャーロック・ホームズ「緋色の研究」で、本格探偵小説にズッポリハマってしまった私なんかには堪らない作品でしたな。面白かった。やっぱり〝フーダニット〟ものが好きなんだな。アンソニー・ホロヴィッツ、おそるべし!

  10. ウェイバック-脱出6500km- (2010年) - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ウェイバック-脱出6500km- (2010年)

    実在のポーランド人兵士、スラヴォミール・ラウイッツの回顧録『脱出記シベリアからインドまで歩いた男たち』を名匠ピーター・ウィアーが映像化。原案だとしたほうがよいくらい、脚色だらけの本編。約一年に及ぶ脱出劇ゆえ134分の長丁場でさえ展開が早い。何より質が悪いのはコリン・ファレル演じるならず者や夜盲症の青年など、原作にはまったく登場しないキャラクターが加わって、いかにもありがちな凡作映画に陥ってし...

  11. THE GUILTY(デンマーク作品) - ないものを あるもので

    THE GUILTY(デンマーク作品)

    【家ごもり】お勧め映画を教えて!別のDVDに予告が付いていて芋づる式に観ました。とても感心しました。主人公は、警察の音の窓口である通報センターにいるオペレータ。日本なら110番を受ける人です。ネタバレが大嫌いなので、詳しくは書きません。ともかく、大変よく書けた脚本です。難癖を無理やりつけるなら、よく書け過ぎていることか。細部まで、憎らしいくらいです。姿で出演するのは通報センターでヘッドセット...

  12. コンテイジョン(2011年)恐怖はウイルスより早く感染する - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    コンテイジョン(2011年)恐怖はウイルスより早く感染する

    未知の致死性ウイルスが猛烈な勢いで世界中に拡散していく中、各国関係当局の懸命の対策もむなしく、恐怖と混乱が人々を支配していくさまを、科学的な考証とシミュレーションをベースとした圧倒的なリアリズムによる緊迫感溢れるドキュメンタリー・タッチの筆致で描き出していくー。新型コロナウイルスの流行で注目されている、スティーヴン・ソダーバーグ監督によるパンデミック・ムービー。使われている言葉、事態の成り行...

  13. 特捜部Qカルテ番号64(2018年)人気シリーズ第4弾 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    特捜部Qカルテ番号64(2018年)人気シリーズ第4弾

    『恋に落ちる確率』のクリストファー・ボー監督×ニコライ・リー・コスが再びタッグを組んだ、特捜Qシリーズ第4弾。前作は未見のまま、いきりなり本編を観たというのに面白かった。過去の未解決事件を専門に扱う特捜Qはコペンハーゲン警察の新部署である。「Q」が今回挑むのは、80年代に起こったナイトクラブのマダムの失踪事件。調査によるとほぼ同時に5人もの行方不明者が出ているという。カール警部補は大事件の匂...

  14. GWAXNミステリーチャンネルマダムウィーク! - 越劇・黄梅戯・紅楼夢 since 2006

    GWAXNミステリーチャンネルマダムウィーク!

    《クリックしてYouTube公式チャンネル予告編をみる》大好きなAXNミステリーチャンネルで、さらに好きなマダム主人公のミステリー特集。巨匠アガサ・クリスティのミス・マープルシリーズ2作、近年熱い《ヴェラ 信念の女警部》9シリーズまでの32話、日本から《家政婦は見た!》正味25話。アッパー主体のミス・マープルは実は得意ではなくて、特に原作に近いと言われるジョーン・ヒクソン版はミス・マープルが...

  15. ラストサマー - 志津香Blog『Easy proud』

    ラストサマー

    パッケージこわー❗(笑)やっとちゃんと見れた、早く2手に入れないと💿ちょっと💧あはは❗Nissyを呼んで❗(笑)

  16. LOST - from the nest

    LOST

    15年くらい前の海外ドラマ「LOST」今1シーズンの16話を観てます。フローネみたいなアドベンチャーものかと思ったらサスペンスあるいはホラー?まだまだずっと先だけど、最終話のの着地点がまったく想像できない。花瓶の桜はもう満開。桜のごく淡い香りが漂っています。次男が運動不足だというので、一緒にいつものプールに行こうと思ったら、高校生以下は3月中は入館禁止になっていました。別のところにいったので...

  17. 暗い日曜日(1999年)禁じられた旋律 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    暗い日曜日(1999年)禁じられた旋律

    またひとつ大好きな映画が増えてうれしい。文句なく完璧な素晴らしい作品だった。1930年代、陰鬱で美しいシャンソンの名曲『暗い日曜日』を聴きながら自殺する者が続出したーーそんな逸話を元に、第2次大戦直前のブタペストで、2人の男とひとりの女の激しくも切ない愛を描く。ユダヤ人のラズロ(ヨアヒム・クロール)と恋人のイロナ(エリカ・マロジャーン)がオープンしたレストランは美味しい料理とイロナの美貌と、...

  18. パラサイト 半地下の家族(2019年)寄生ファミリーの死活問題 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    パラサイト 半地下の家族(2019年)寄生ファミリーの...

    エンタテイメントの巨匠ポン・ジュノ監督が、ついにアカデミー作品賞とパルムドールのW受賞を遂げた、笑いあり凄惨ありのコメディ&サスペンス。半地下の薄暗い貧乏アパートで暮らすキム一家は、父親ギテク(ソン・ガンホ)と妻チュンスク、大学受験に失敗続きの息子ギウ(チェ・ウシク)と、美大を目指す娘のギジョンの4人暮らし。ある日、ギウのもとに家庭教師の話が舞い込み、IT企業の社長パクとその家族が暮らす高台...

  19. アンダー・ユア・ベッド(2019年) - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    アンダー・ユア・ベッド(2019年)

    不器用な純粋さが裏返って、<覗く>という変態行為にはしってしまう主人公の映画が好き。『愛に関する短いフィルム』『アンナと過ごした4日間』『恋人たちのアパルトマン』『仕立て屋の恋』など、嫌悪感を過ぎたところに愛おしさを感じるから、一連の作品は人気がある。同じ系譜を期待した本編は、似て非なるもの。高良健吾氏でなければとても観られなかった。主人公・三井(高良)は孤独な男。大学時代、喫茶店で珈琲を飲...

  20. 中英ミステリー特集【AXNミステリーチャンネル】 - 越劇・黄梅戯・紅楼夢 since 2006

    中英ミステリー特集【AXNミステリーチャンネル】

    《周新 》CLICKしてみる《ヴェラ 新年の女警部》第9シーズン日本独占放送 AXNミステリーチャンネルは好きなケーブルテレビ局なのですが、そこで以前からファンの大女優ブレンダ・ブレッシン主演の《ヴェラ 信念の女警部》最新作全4話、また珍しい中国時代劇ミステリー《周新》全40話を放送とのこと。これは楽しみ! 第1シーズンから故人ながら存在感のあったヴェラの父ヘクター、なんと今シーズン...

総件数:122 件

似ているタグ