サツマシジミのタグまとめ

サツマシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサツマシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サツマシジミ」タグの記事(17)

  1. サツマシジミ10月16日 - 超蝶

    サツマシジミ10月16日

    今日は、またまた休日仕事の代わりのお休み三重県のサツマシジミに会いに行って来ました。お天気は薄曇りで、やや肌寒い感じ・・・朝の薄日の中で、開翅するサツマシジミに出会えました\(^o^)/!!!毎年癒される景色です。おまけのお魚

  2. サツマシジミ5月1日高知市にて - 超蝶

    サツマシジミ5月1日高知市にて

    高知市の展望台のある公園の続きミカドアゲハを待っている間の事少し大きめの表翅が薄紫の蝶がコデマリに止まりました。近づいて見てみると(^ω^)・・・おっと、サツマシジミでした。おまけにヤクシマルリシジミも来ました!私の故郷、南国土佐の5月初旬蝶撮りスポットは、こんな所

  3. 2017年をふりかえる(参) - 不思議の森の迷い人

    2017年をふりかえる(参)

    今年の振り返り、三日目のテーマは国内遠征です。海外の蝶に興味を持ってしまってから、国内がちょっと疎かになっています。<ハヤシミドリシジミ2017.7.24函館山>7月下旬に北海道新幹線に乗って函館に行きました。夜景で有名な函館山ですが、夕方近くになるとたくさんのゼフィルスが飛び交っていました。そのほとんどが夕刻に活動するハヤシミドリシジミです。<ハヤシミドリシジミ2017.7.24函館山>始...

  4. 室戸岬へ(台風の翌々日2) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風の翌々日2)

    道路脇は少し前に下草刈りが行われたようです。ツワブキはそう多くありません。そこで、道路脇のツワブキの花が比較的多い場所を選び、200m位の間をサツマシジミの吸蜜する姿を探して何度も何度も往復しました。サツマシジミは吸蜜中は翅を閉じているようです。山側の道路脇ですから背景が綺麗でないのが残念ですが、今日はツワブキでの吸蜜シーンを何度も目にする機会がありました。やはり逆光の方がサツマシジミらしい...

  5. アサギマダラ撮影のあれこれByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    アサギマダラ撮影のあれこれByヒナ

    今回はアサギマダラ撮影の際のトピックスをまとめて紹介。オオカマキリとニアミス。撮影時には気が付きませんでしたが、オオカマキリとニアミスしてました。前日アサギマダラが捕らえられているところを見ましたが、この子はセーフ。無事通り過ぎました。オオカマキリの居る所に止まっていたらアウトだったでしょう。アサギマダラの合間に、サツマシジミの飛翔撮りにチャレンジ。1枚だけ撮れました。これは完全にまぐれです...

  6. 秋晴れ~サツマシジミその2 - チョウ!お気に入り

    秋晴れ~サツマシジミその2

    前回の続きです。動きのある写真も何枚か撮れたので記載します。この日は幸運なことに花に執着する個体がいたのでしばらく撮影にお付き合いしてもらうことができました。この個体は道路わきの陽の当らないヨメナで吸蜜しており、少し飛んでもまた戻ってくるという動きでした。陽の当る所でも花は咲いているのですがそちらには全く行きません。他の場所では陽のあたるセンダングサで吸蜜する個体が良く見られたのとは対照的で...

  7. 室戸岬へ(台風翌日の海岸で) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風翌日の海岸で)

    昼食後、レンタカーを走らせ国道55号線を岬の海岸へ。中岡新太郎像の近くの駐車場へ車を留めました。中岡新太郎は坂本龍馬と共に海援隊で活躍した明治維新の勤王の志士です。像の背中側に展望台があります。ここが二つ目の「恋人の聖地」でした。しかし、月曜日の午後、恋人たちの姿はありません。代わりに付近には多数のオオキンカメムシが発生していました。去年、和歌山でも見かけた大型の鮮やかなカメムシです。海岸に...

  8. 秋晴れ~サツマシジミその1 - チョウ!お気に入り

    秋晴れ~サツマシジミその1

    10月は週末ごとに天気が悪く、久しぶりのフィールドとなりました。証拠写真は撮れているもののまっとうな写真が無いサツマシジミがお目当てです。道沿いの黄色い花に来ているアサギマダラを撮影しようと車を止め近付くといきなりサツマシジミです。少々擦れてはいるものの幸先よいスタートとなりました。久しぶりの撮影とあってシャッターを押しすぎで写真の整理ができていません。ひとまず第一弾です。アサギマダラにひか...

  9. 室戸岬へ(台風の翌日2) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風の翌日2)

    時間を2時間ほど巻き戻した9時45分頃、地上1m程の1枚の葉にサツマシジミを見つけました。まるでスポットライトのようにここだけ陽が当たっているのです。いつもカメラ任せのオートで撮っているので、真っ白な写真になってしまいました。そこでPCで調整してみましたがこのくらいが限界です。スポットライトを浴びたサツマシジミは翅の表を少しだけ見せてくれました。サツマシジミは同じ葉の上で向きを変えました。頭...

  10. 室戸岬へ(台風の翌日1) - 不思議の森の迷い人

    室戸岬へ(台風の翌日1)

    歩き始めて10分もしないうちに、サツマシジミは見つかりました。陽の良く当たる木の上にとまっていました。サツマシジミは木の上から降りてきません。まだ太陽の位置が低いため、木の下の方は陰になっているためでしょうか。しばらく道路の端を歩いて行くと、1本の木の前を通ったとき小さな蜂や虻が一斉に飛び立ちました。その常緑樹らしい木には目立たない小さな花がたくさん咲いているのです。花を探すとサツマシジミが...

  11. 晩秋その2 - 紀州里山の蝶たち

    晩秋その2

    無事にサツマシジミを撮影して、転進しました。以前の勤務先のMFでもサツマシジミやムラサキツバメなどと出会うことができました。アサギマダラも移動前の栄養補給に熱中していました。

  12. 晩秋 - 紀州里山の蝶たち

    晩秋

    10月中は台風が2個も接近などしたことから、MFへ出られませんでした。久し振りの秋晴れ、蝶友さんと紀南地方へGo-。少しばかり最盛期が過ぎたようで、♂はスレが目立ちました。でもそこそこ楽しめました。

  13. フジバカマに来たチョウ達 - おらんくの自然満喫

    フジバカマに来たチョウ達

    アサギマダラ以外にもフジバカマは蝶を呼ぶタテハチョウ類シジミチョウ類はフジハカマに良く来ます。イシガケチョウこのイシガケチョウは後翅が破れています。こちらはもっと新鮮です。秋型になると鱗粉が薄くなり、半透明になります。テングチョウテングチョウは鼻に見える下唇髭が長いので天狗に見立てて名付けられています。この蝶は5,6月頃羽化した後、夏は涼しい場所で過ごし、秋になると盛んに活動し越冬します。春...

  14. ヒヨドリバナとサツマシジミByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ヒヨドリバナとサツマシジミByヒナ

    ヒヨドリバナシリーズの最後はサツマシジミです。ヒヨドリバナやフジバカマはシジミチョウも多く集まります。この日はサツマシジミだけでしたが、別の日にはウラナミシジミやヤクシマルリシジミ、ムラサキシジミやムラサキツバメなどを見掛けました。開翅を見たいのですが、吸蜜中は開きません。サツマは半逆光で翅が透けて見えるように撮るのが好きです。越冬する蝶以外を見られるのはあと少し。出来る限り会っておこうと思...

  15. サツマシジミ10月27日 - 超蝶

    サツマシジミ10月27日

    2週連続の休日台風の様相・・・今日は、振休でしたのでサツマシジミに会いに南伊勢町へ昨年より10日遅れだったので心配でしたがわちゃわちゃと現れ、かつ極美でした\(^o^)/なんとか今季も来れましたこの景色もまた来年おまけのお魚(笑)

  16. 南へ! - チョウ!お気に入り

    南へ!

    最近体力の無さを実感するようになり、まだ動けるうちに遠い所から訪れようと思うこの頃です。チョウの撮影では初の四国遠征です。天気予報では晴れのはずだったのに、それがいつのまにか曇りのち晴れに変わっていて、現地到着時には曇り空。昼前にようやく青空が広がったものの出足をくじかれた形になってしまいまいた。それでも太陽が出るまで散策した渓流沿いの照葉樹林は自然の豊かさを感じさせてくれるには十分でした。...

  17. 伊勢神宮のサツマシジミ(三重県伊勢市、20170521) - Butterfly & Dragonfly

    伊勢神宮のサツマシジミ(三重県伊勢市、20170521)

    5月21日(日)、ミカドアゲハに会いに伊勢神宮を訪れたことはご報告のとおりですが、伊勢神宮の外宮では、サツマシジミにも出会うことができました。昨年、サツマシジミの撮影を一番の目的として和歌山を訪れた際には、1頭も見ることができませんので、今回が初見・初撮影となります。サツマシジミに出会ったのは、樹々の間から陽の光が射しこむ、涼しく、気持ちの良い場所でありました。Canon EOS 5D Ma...

総件数:17 件

似ているタグ