サトイモ科のタグまとめ

サトイモ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサトイモ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サトイモ科」タグの記事(29)

  1. ゴールデンウィークその4 - 紀州里山の蝶たち

    ゴールデンウィークその4

    皆さん、おはようございます。連休最終日です、って言うか2日経てばまた週末の連休ですけれど。初夏の蝶が出始めているので今日もMFへGo-予定です。

  2. 菖蒲 - 南都☆花模様

    菖蒲

    サトイモ科の菖蒲(ショウブ)です。これからの時期は菖蒲というので混乱しますね。まず菖蒲(アヤメ)、菖蒲園(しょうぶえん)等で咲いている花菖蒲(ハナショウブ)、花が似ている杜若(カキツバタ)。これらは、アヤメ科アヤメ属で々仲間です。今日の画像はサトイモ科のショウブ、菖蒲湯とは端午の節句の日に、ショウブ(菖蒲)の根や葉を入れて沸かす風呂のことです。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪...

  3. 武蔵鐙 - 南都☆花模様

    武蔵鐙

    サトイモ科の植物はユニークです。鉢植えだけれどもほったらかしで毎年咲いてくれる、ムサシアブミ以下過去に色々なところで撮ったサトイモ科緑色の武蔵鐙浦島草雪餅草蝮草画像は見つからなかったけれど座禅草裏庭で雑草に紛れて勝手に咲いている烏柄杓(カラスビシャク)別名は狐の蝋燭とか蛇の枕♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪❁.。.:*:.。.✽.。.:*:.。....

  4. サバジメ - 日々の皿

    サバジメ

  5. お正月みたい - 日々の皿

    お正月みたい

  6. 消えたと思っていたが強かです - 南都☆花模様

    消えたと思っていたが強かです

    ▼烏柄杓(カラスビシャク)別名は半夏(はんげ)、狐の蝋燭(きつねのろうそく)、蛇の枕(へびのまくら)。花言葉🌸心落ち着けて人気ブログランキング

  7. マイヅルテンナンショウ - Mag's DiaryⅢ

    マイヅルテンナンショウ

    マイヅルテンナンショウ(舞鶴天南星)サトイモ科テンナンショウ属鶴が舞っているように見えるのを探した。なかなか、鶴はいないよ。まだ子どもの鶴だね、今からS字状に曲がっていく。

  8. 武蔵鐙 - 南都☆花模様

    武蔵鐙

    サトイモ科の植物はユニークといえばユニークです。人気ブログランキング

  9. ミズバショウが花盛り - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    ミズバショウが花盛り

    スギ花粉が飛散する時期には何でもなかったのに、2、3日前から急に鼻水が出るようになってしまいました。ヒノキの花粉にでも反応しているのでしょうか? そう言えば、先日、NHKのテレビ番組の “ガッテン” を見ていたら、花粉症の症状を和らげる方策として、鼻の穴にワセリンを塗ると効果があると紹介されていました。それを思い出したので、すぐにドラッグストアへ行って、店員さんに「ワセリンを下さい。」とお願...

  10. ミズバショウ - 源爺の写真館

    ミズバショウ

    もともと広島県では自生してないものでしょう。しかし、植栽されたものも元気に育っているようです。

  11. 烏柄杓 - 南都☆花模様

    烏柄杓

    カラスビシャク雑草と言えば雑草。勝手に育っています。サトイモ科はユニークな形をしています。人気ブログランキング

  12. いち日は一日でもなく - 日々の皿

    いち日は一日でもなく

  13. マムシグサ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    マムシグサ・・・

    サトイモ科テンナンショウ属の植物で、同属にはテンナンショウやウラシマソウ、ユキモチソウなど好事家が収集するような仲間が結構多い。茎(偽茎か?)に毒へびのマムシに似たまだら模様があるのでこの名前がついたという。時鳥庵とその周辺にはいたって普通にあって、小さいのは40㎝くらいだが、大きいのは90㎝にもなる。まあ、どこでも普通にある植物なのだろうが、ちょっとおもしろい花だ。ミズバショウなんかもそう...

  14. カタクリ山公園へ行ってきました。 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    カタクリ山公園へ行ってきました。

    3月最初の週末に、栃木県の星野へセツブンソウを見に行って来ましたが、そこで偶然、あしだち(足立・自然にふれあう会)の知り合いと出会ったことがキッカケで、那珂川町のカタクリ山公園へ山野草観察に出掛けることを思い立ちました。昨年4月8日に行ったところ、どんぴしゃりのタイミングで満開のカタクリを観察できましたから、4月7日(土)に実施する予定で何人かに声をかけたところ、私のステップワゴンの乗車定員...

  15. 武蔵鐙 - 南都☆花模様

    武蔵鐙

    ムサシアブミサトイモ科の植物はユニークな形をしていますね…

  16. ヒロハテンナンショウ - こんなものを見た2

    ヒロハテンナンショウ

    ヒロハテンナンショウ Arisaema ovale var. sadoense2017年6月7日、厚沢部町撮影時は急いでいたので満足に撮れず、また後日ゆっくり撮ろうと思っていましたが、次に訪れた時には倒されてしまっていました・・・。

  17. カラスビシャク - こんなものを見た2

    カラスビシャク

    カラスビシャク Pinellia ternata2017年5月20日、厚沢部町

  18. 10月10日(火)晴れ29/18すする - 日々の皿

    10月10日(火)晴れ29/18すする

  19. 7月1日(土)くもり空に小雨がぱらぱら25/23℃ - 日々の皿

    7月1日(土)くもり空に小雨がぱらぱら25/23℃

  20. ムサシアブミ - みちくさメモ

    ムサシアブミ

    ムサシアブミ(武蔵鐙):サトイモ科テンナンショウ属不気味な格好と名前ですが,園芸植物としても流通しているようです。葉の大きさとつや,そして葉よりも背丈の低い花茎が印象的です。鐙(あぶみ)は乗馬の際取り付ける足を乗せる馬具。花部周囲の仏炎苞の形が鐙に似ていて,かつて武蔵の国がその名産地であったことが名前の由来だそうです。同属のカラスビシャクやテンナンショウ類は塊根がそれぞれ半夏(はんげ),天南...

総件数:29 件

似ているタグ