サトイモのタグまとめ

サトイモ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはサトイモに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「サトイモ」タグの記事(12)

  1. 消毒を済ませて... - やさい畑につかまって The Catcher in the Yasai-fields!

    消毒を済ませて...

    天気予報の雨マークが消えて...消毒に出かけました! 心配はカボチャの”うどん粉病”と...ズッキーニの”灰色かび病”です!どれを獲ろうかと迷いましたが...この2本に!インゲン、ナス、トマト、ピーマンにも掛けてから...次は...とサトイモを見ると...アブラムシ!アブラムシは該当がないので手で潰して...さらに良く見ると...セスジスズメの幼虫だ!これも手で排除!トウモロコシには...と...

  2. アンスリウム・ルクスリアンス #2 - Blog: Living Tropically

    アンスリウム・ルクスリアンス #2

    Anthurium luxurians[サトイモ科/コロンビア 原産]葉っぱもほとんど落ちないし元気そうではあるんですが、購入してから未だ動きがないです。もしかして本当にプラスチック製なのでは…。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm Aspherical F0.95)

  3. めざせ上農! - 農と自然のさんぽみち・やまだ農園日記

    めざせ上農!

    上農は草を見ずして草をとり中農は草を見て草をとり下農は草を見て草をとらずという農業にまつわることわざがあります。さて、サトイモ畑を一面の草原にしてしまったやまだ農園…就農一年目から下農にはなりたくない!何とか中農に踏みとどまろうと、ここ数日は、草取りに必死です(汗)下の写真の「三角ホー」という道具を使って、草を削り取っていきます。やまだ農園は、雑草・野草を生かした農業を目指しているので、徹底...

  4. アモルフォファルス・ペンデュルス #7 - Blog: Living Tropically

    アモルフォファルス・ペンデュルス #7

    Amorphophallus pendulusTK160716 Matang, Sarawak, Borneo Isl., MALAYSIA[サトイモ科]葉っぱが出た後は目に見えて生長が見えるわけでもないのがコンニャク栽培。しかしながら過去記事と比較すると更新ごとにちゃんと生長しているのがハッキリわかりますね。葉の分岐が増え、購入当初はぼんやりしていた赤ラメ線もハッキリ入るように。いやー尊い...

  5. 強風のこととそのほかに... - やさい畑につかまって The Catcher in the Yasai-fields!

    強風のこととそのほかに...

    雨は上がったけど...午後になって強い風が吹き出した!なかなか止みそうにないぞ! トンネル掛けは大丈夫なんだけど...トミーさんも風対策の手当中!背が伸びたトマトの紐を...高い位置にやり替えて...ついでに脇芽も摘みました!このあたりで結んであれば...この強い風にもガンバって貰えそう!小玉トマトのこの脇芽は...2本立ち仕様に残します!キュウリの紐も少し高い位置へ...結び直して...こ...

  6. もうひとつ芽を出しました! - やさい畑につかまって The Catcher in the Yasai-fields!

    もうひとつ芽を出しました!

    昨日は31℃まで上がった気温が...今日は20℃で、地温は24.5℃ありました! 畑は「ほとんど変化なし」ですが...温度計を挿したサトイモのマルチから...「竹の子芋」(北側)が芽を出しました!エダマメ(初だるま)と同じ4月5日の定植ですから、18日目になります!そのエダマメも...本葉が出てきて元気です!トウモロコシ(しあわせコーン)も...スクスク!スクスク!!レタスの畝の...ズッキ...

  7. 塩鯖・青煮・煮っころがし - KICHI,KITCHEN 2

    塩鯖・青煮・煮っころがし

    塩を振り、ただ焼いただけの鯖の塩焼き。なんとなく鯖が食べたくなったはいいが、この時期の鯖は、もうおいしく無い(笑)鯖は味噌煮も美味しいけれど、この簡単な塩焼きが一番好きです。福岡ではしめ鯖が多く好まれますが、我が家にはやや青魚アレルギーさんが居るので、体調が万全で、火を通した状態で無いと食べられません。本人は〆鯖が食べてみたくてたまらないらしいのですが…アレルギー…これって非常に厄介ですよね...

  8. さといも植え付け - 畑であそぶ ~のんびり家庭菜園・畑しごと~

    さといも植え付け

    3月24日念願の里芋植え付けです!!じゃがいもおと同じく、ビニールかけてっと。ここで、冬から植えていた、スナップエンドウとソラマメに動きが・・ソラマメ急激に成長してる~春、ですねぇ。

  9. アンスリウムの1種(bullatus) - Blog: Living Tropically

    アンスリウムの1種(bullatus)

    Anthurium sp. (Sold as A. bullatus)[サトイモ科/産地不明]Anthurium bullatusという名前で購入したアンスリウムです。で、そんな名前の種は存在しないっていうね…。南米ガチャ、再び。というわけで調べてみました。まず、この個体を購入したEquaflor-Aではなく、EcuageneraでA. bullatus(ないしはA. 'bullatus')...

  10. アンスリウム・オバティフォリウム - Blog: Living Tropically

    アンスリウム・オバティフォリウム

    らん展2018購入品その⑤×蘭じゃないAnthurium ovatifolium[サトイモ科/コロンビア、エクアドル、ペルー 原産]ぱっと見エキノドルスみたいなアンスリウム。葉は革質でかなり分厚いです。このおかげでだけど、なんとなく強健そう。葉はそんなに大きくないのに他の購入したアンスよりもやたら重くて、おかしいなーと思って包み紙を外してみたら直径5cmはあろうかという極太根茎が出てきました...

  11. アンスリウム・コルガータム - Blog: Living Tropically

    アンスリウム・コルガータム

    らん展2018購入品その④×蘭じゃないAnthurium corrugatum (Sold as A. aff. rugulosum)[サトイモ科/コロンビア~エクアドル 原産]これも違う名前で入ってきた例。いや、昨年購入して夏まであんなに快調だったアンスのルグローサムですが、そのまま謎の食害によりSATSUGAIされてしまったんですよね。虫が憎い…憎いぞ…!というわけでまた買おうと思って注...

  12. アンスリウムの1種(Sect. Semaeophyllium) - Blog: Living Tropically

    アンスリウムの1種(Sect. Semaeophyll...

    らん展2018購入品その③×蘭じゃないAnthurium sp. (Sold as A. pittieri)[サトイモ科/産地不明]葉が深裂するアンスリウムです。A. pittieriとして購入したものですが、該当する種を検索してみてもInternational Aroid SocietyやPlantsillustrations.orgで出てくるのは切れ込みのないシンプルな葉のものばかり。ど...

1 - 12 / 総件数:12 件

似ているタグ