シカのタグまとめ

シカ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシカに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シカ」タグの記事(67)

  1. 犯人の正体を聞く - ののち幾星霜

    犯人の正体を聞く

    もう10年以上は経つでしょうか。秘密の場所で拾ってきた銀杏(ギンナン)を植えておいたんです。芽が出ました。そしてゆっくりですが大きくなりました。今は、私の背丈の倍ほどです。このまま順調に巨木になれば、隣の松の木とガチンコになりますね。そんな未来まで考えもしなかったけれどその頃には、この木に銀杏がなるのかならぬのかオスかメスか判るだろうと思います。生きてるかな、私。🌳家...

  2. 大きくなった赤ちゃんたち - 動物園放浪記

    大きくなった赤ちゃんたち

    2019年10月24日に生まれたシタツンガのメスの赤ちゃん(小さい頃の写真は→こちら)。大きくなってお母さんと一緒に展示場に出て青草を食んでいました。お母さんと同じように背中にきれいな模様があります。2019年6月20日に生まれたアメリカバイソンの女の子「リカ」ちゃん(小さい頃の写真は→こちら)。小さい頃は体の色が赤褐色でしたが、すでにお母さんの「アメリ」さん(左)と同じ色になっていました。...

  3. 今年2頭目のキョンの赤ちゃん - 動物園放浪記

    今年2頭目のキョンの赤ちゃん

    5月21日に続いて8月11日に、今年2頭目のキョンの赤ちゃんが誕生しました。赤ちゃんのお父さんは「ノゾム」くんで、お母さんは「ユメ」さんです。「ユメ」お母さんにお尻を嘗めてもらっている赤ちゃん。背中の鹿の子模様がかわいらしいキョンの赤ちゃん。ときどき展示場の中を元気に走り回ります。柵のすぐ近くまで出てきて笑顔(?)を見せてくれました。一方、こちらは以前写真を掲載した(記事は→こちら)5月21...

  4. シカの食害 - 四季のうつろい

    シカの食害

    僅かに残っている古平の農家でも、シカの食害対策で電気柵を張っているところが目立つようになった。我家の家庭菜園は、敷地の広さの割にはまさに猫の額ほどで、シカだって目もくれないだろうと思っていたのだが、なんと今年はピーマン、ナス、シシトウの葉、トマトの実(未熟のものも)、菜類など一晩でたいらげた。まああの程度の量なら、通りがかりに朝飯前だったのだろが。春に目立っていたヤマグワの若葉の食痕はまたこ...

  5. しかときじ - Mag's DiaryⅢ

    しかときじ

    ブッポウソウを観察しているときに、キジの母さんが子どもを連れて道を渡る場面に出くわした。母さんの後を追って、速足で大急ぎ。次の子も速足で。最後の子は、カメラを見てちょっと躊躇し、飛んでった。判断力がきちんとついているようです。で、後ろを振り向いたら、鹿の親子が道を横断中( ゚Д゚)わあお!次は熊が出る?

  6. キョンの赤ちゃん - 動物園放浪記

    キョンの赤ちゃん

    5月21日にキョンの赤ちゃんが生まれました。角がある方がお父さんの「ノゾム」くんで、赤ちゃんと同じ展示場に出ていた角のない方のキョンが、お母さんの「ハルカ」さんです。赤ちゃんはまだ建物の中にいて、この日は展示場に出てきませんでした。今度、大森山動物園に出掛けるときには、お母さんと一緒に展示場に出ている赤ちゃんの姿を見ることができるかもしれません。

  7. 白い妖精がいっぱい - 動物園放浪記

    白い妖精がいっぱい

    「白い妖精」ともいわれるシロイワヤギ(マウンテンゴート)。国内の動物園には、現在は「ペンケ」さん1頭しか暮らしていませんが、かつては金沢動物園の屋外展示場や、獣舎や室内展示場でたくさん見ることができました。2007年12月10日の時点では8頭いたのですね。「ペンケ」さんには長生きしてほしいものです。この当時、同園にはケニアボンゴの「ガンコ」さん(メス、1996年12月16日生まれ、2009年...

  8. 春のキョン - 動物園放浪記

    春のキョン

    厳しかった冬の季節が終わり、暖かな春の日差しを浴びながら展示場の中を歩き回る小型(体長47~70cm)のシカ・キョン。オスのキョンには、内側に湾曲した短い角と牙(上顎犬歯)があります。こちらは、のんびりと草を食むメスのキョン。オスのような角や牙はありません。木洩れ日の中を歩き回るメスのキョン。鹿の子模様があるように見えますが、オスもメスも体色は茶褐色。斑点模様はありません。

  9. グラフかごしま9月号方言講座 - 制作業績

    グラフかごしま9月号方言講座

    ごぶさたしてます。遅くなりましたが怒濤の年度末が落ち着いたので、去年の制作物をぼちぼちアップしていきますね!グラフかごしま9月号、「鹿児島の方言講座」のイラストです。「あらんばらあ」とは、屋久島の方言で「あらあらまあまあ」という意味です。屋久島のイラストは色が難しく、描いてるのは木なんだけど苔色だ、と気付くのに時間がかかりました。シカがかわいい★

  10. 雪の海岸を走る気動車- 2020年・根室線 - - ねこの撮った汽車

    雪の海岸を走る気動車- 2020年・根室線 -

    こんばんは日曜日の朝、釧路から約100キロ…アイスバーンの根釧国道を走って目指した場所は道東のさらに東端の海岸線を気動車が走る風景。波静かな入り江、1両だけの気動車は…雪の斜面の上をとことこ走ります。2020/2/2別当賀→落石キハ54単(画をクリックすると大きな画が開けます)今日の気動車は粉粒よりはちょっと大きい豆粒サイズですけどバックの森に溶け込んでしまいました…画面真ん中の上寄り、がん...

  11. 黒滝峰(4/4)【岩登りコース】(高知市) - 茶凡遊山記

    黒滝峰(4/4)【岩登りコース】(高知市)

    「工石山」に一番最初に登ったのは、何歳の時のことだったろう。中学校に入学してから高知市で生活してきたが、高校のお別れ遠足で「梶ケ森」(大豊町)に登った以外は登山とはとんと無縁で、磯釣り一辺倒の海派であった。子供たちと山登りをしていたのが2000年頃までで、その後一時遠ざかっていた山登りを再開したのが2012年の春。これまで最も多く登ってきたのは「工石山」であった。初めの頃はそれほど思わなかっ...

  12. 黒滝峰(3/4)【黒滝峰ピストン】(高知市) - 茶凡遊山記

    黒滝峰(3/4)【黒滝峰ピストン】(高知市)

    「黒滝峰」へ南壁から直登する「岩登り」コースは断念したが、「黒滝峰」の山頂に立つだけなら、「樫山峠経由三辻山登山道」の途中にある、「黒滝峰ピストン」登山道を歩けばいとも簡単に立つことができる。もちろん「樫山峠経由三辻山登山道」そのものに特段の危険個所はなく、とても植生豊かな稜線歩きなので、「工石山」に登られた時にはついでに「三辻山」も、あるいは初めから「三辻山」オンリーで登られてはどうだろう...

  13. 黒滝峰(2/4)【樫山峠のシカ】(高知市) - 茶凡遊山記

    黒滝峰(2/4)【樫山峠のシカ】(高知市)

    「黒滝峰」の南壁からの直登は断念したが、南壁の真下までの登山道は確認できたし、ウエブサイトで見たロープが架けられた白骨樹までは到達できた。春になってヒカゲツツジが咲き始めると、きっとウエブ上にいくつか新情報がアップされるはず。岩登りの直登は、もう少し情報を収集してからということにしよう。それでは、本日のもう一つのお目当て、「樫山峠」の「木に登るシカ」に会いに行き、そのまま道なりに「樫山峠経由...

  14. 黒滝峰(1/4)【登頂断念】(高知市) - 茶凡遊山記

    黒滝峰(1/4)【登頂断念】(高知市)

    高知市と土佐町の境にある「県民の森工石山」に登られた方には、ご記憶にあるかたも多いことと思う。「赤良木峠」を挟んで「工石山」の東にある「三辻山」から東へ、嶺北地方と高知市との旧往還道の「樫山峠」へとなだらかに伸びる稜線の途中に、見事な岩峰「黒滝峰」が聳えている。この「黒滝峰」の山頂へは、「樫山峠」経由の「三辻山」への登山道にある、通称「黒滝峰ピストン」分岐点から容易に立つことができるのだが、...

  15. 京都に行ってきました。その3 - 自然がいっぱい4は終了しました。

    京都に行ってきました。その3

    カワセミを見送った後、しばらく歩くと真っ白の子が登場しました。アヒルでしょう。つがいかなあ、二人仲良く泳いでいましたよ。で、そろそろ別の目的地に行こうと出口付近を目指して歩いていたのですが、何と道路に大きな動物が現れたんです。奈良では神獣ですが、こちらではどうなんだろ。ちなみに、我が家周辺では害獣と言われてます。シカさんでした。けっこう大人に近いと思いますが、まだまだお子様ですな。絵を描いて...

  16. シカの新種 - アニマル情報202X

    シカの新種

    『羽のある新種のシカ』インドのカーナで発見された美しい羽根を持つ新種のシカ。www.catersnews.com

  17. 白鹿 - 動物園放浪記

    白鹿

    ファロージカ(別名ダマシカ)は南ヨーロッパから小アジア(トルコ西部)に分布するホンシュウジカと同じくらいの大きさのシカ。オスには手のひら状に広がった立派な角があります。夏毛は赤褐色で白い斑点があり、冬毛は灰褐色で斑点がなくなります。ただし、宇都宮動物園のファロージカは白変個体であるため、とても綺麗な白い色をしています。

  18. シカ - 暮らしの中で

    シカ

    シカがいた。すぐにこちらに気が付いたけど立ち止まって見ていたら危害は加えられないと思ったのかそこで草を食べてから山へ登って行った。

  19. シカシカ - アデレードの片隅で2

    シカシカ

    最近、ホントに暖かいので、仕事が午後にある時は仕事場の途中まで歩くようにしてる。で、歩いてるとバスに乗ってる時より身近に春を感じることが出来る。例えば、花が満開だったり、道端にもこんなに可愛い花が咲いてたり、猫が寝転んでたり、カモが親子連れだったり、(猫とは違う日に写真撮ってます)今週末は土曜&日曜とも25℃まで気温が上がるらしい、、、って、すでに初夏じゃん。なので、どっかに出かける予定、、...

  20. キョン! - 動物園放浪記

    キョン!

    キョンは、プーズーよりは体が大きいけれども、体長47~70㎝、肩高40~50㎝ほどの小さなシカです。1枚目の写真のように、オスには短い角と牙があります。こちらがメスのキョンです。角や牙はありません。キョンは、中国東部や台湾に生息するシカですが、日本では動物園で飼育されていた個体が逃亡して野生化し、繁殖力が強いため千葉県では約5万頭に増加し、伊豆大島にも多数生息しているそうです。とても可愛らし...

総件数:67 件

似ているタグ