シジミチョウ科のタグまとめ

シジミチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシジミチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シジミチョウ科」タグの記事(104)

  1. 都会の傍で - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    都会の傍で

    関西に行く機会があったので、午前中に短時間シルビアシジミを見に行った。房総半島の一部でも知られているが、ここのシルビアも食草転換の結果、シロツメクサやヤハズソウを食べて育つという。歩き始めて20分ほどで運よくいいポイントを見つけたのだが、ほかの場所を探して無駄に時間を費やしてしまったのがまずかった。初めの場所に固執すればよかった。その場所は河川敷の土手。本来の自然など全く残っていない。やや背...

  2. 白樺峠はチョウも一杯 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    白樺峠はチョウも一杯

    タカ渡りを観察するため、長野県の白樺峠へ行ってきました。9月23日(日)の午前中は、タカがさっぱり飛ばなかったので、待っている間の時間が長く持て余してしまいました。でも、足元にはマツムシソウがたくさん咲いていて、チョウの仲間が吸蜜に集まってきてくれました。今回は、そこで撮影したチョウの仲間を紹介します。まず最初はクジャクチョウです。濃いオレンジ色の地に、大きな目玉模様がありますから、まさにク...

  3. ブログ開設4周年 - 紀州里山の蝶たち

    ブログ開設4周年

    皆さん、こんばんはー。また、台風24号が西日本に接近しています。9月4日の台風21号なみの勢力だそうです。明日中に風雨対策をしなくては・・・。お陰様で拙ブログが9月30日に開設満4年を迎えます。今後ともよろしくお願いします。今年7月中旬に訪れた中信の高原で出会ったヒメシジミをUPします。何回見直しても、アサマシジミには見えません。

  4. ムラサキツバメの羽化シーン(2018年9月28日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ムラサキツバメの羽化シーン(2018年9月28日)

    順番からすると9月23日に撮影した彼岸花&黒系アゲハを載せるところなのだが、例によって連写しすぎてかなりの枚数を撮影してしまい、整理が追いつかない(苦笑)。よって二日後に撮影したムラサキツバメの羽化シーンを先に載せておく。9月11日に真っ黒になったムラサキツバメの蛹を早朝に2時間ほど見守ったけれど、粘りきれず7時には撤収してしまった(その記事は→こちら)。再掲載になるが、その際に見つけた蛹が...

  5. 久しぶりの良い天気 - 紀州里山の蝶たち

    久しぶりの良い天気

    台風が連続して接近したり、北海道では直下型地震が発生するなど大変な2週間でした。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。久しぶりに週末、天気に恵まれた(残暑)ので、クロツの生息地を探索しました。新鮮なクロツやウラナミシジミなどと対面できました。

  6. 身近な蝶2種 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    身近な蝶2種

    今回も身近な蝶です。キバナコスモスに来たアゲハ。夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。早くもヒガンバナが咲き始めていた。

  7. 県内小遠征 - 紀州里山の蝶たち

    県内小遠征

    蝶友さんと遙々県外からジョイント蝶友さんらと紀南へ小遠征しました。例年探索するルーミスポイントは、昨日より気温が下がり湿度も低かったので出足は不調でした。でも後半、2頭がいつものポイントで出てきてくれました。(汗)そしてこの時期、イワタバコも見頃でした。次に、第3化発生情報があるミカドポイントへ転進しました。午後1時過ぎという時間帯にかかわらず、オガタマノキで産卵中のミカドアゲハと出会いまし...

  8. 戦場ヶ原でチョウ観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    戦場ヶ原でチョウ観察

    立秋は過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。今年の夏は酷暑の記録と豪雨の被害が続き、おまけに台風襲来も重なって、異常気象という表現が当たっているような状況です。ウンザリするような日々が続いていますが、先日仕事を終えて帰宅途中に、通りがかった民家の植え込みの中から、涼やかな虫の声が聞こえてきました。毎日、暑い暑いと思っていましたが、季節は進んで秋の気配が漂うようになってきました。酷暑の夏もも...

  9. ゴイシシジミ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ゴイシシジミ・・・

    時鳥庵とその周辺ではゴイシシジミをよく見かける。小さなシジミチョウだが、翅の裏面は白地に黒い碁石模様をちりばめていて、そのコントラストは印象的だ。ただ翅表は一様に黒くて地味だ。このチョウの幼虫はササやタケに寄生するアブラムシ類を食べて育つ肉食性だ。この辺りにはアズマネザサやメダケが多いので、そこで発生しているのだろう。年4~5回くらいは発生しているようだ。 (7DMarkII; Macro ...

  10. 神の島へ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    神の島へ

    広島でトンボ学会の後、ミヤジマトンボの保護地へのエクスカーションがあったので参加した。ミヤジマトンボは日本で最も分布が狭いトンボだ。心配した台風も学会中に通過して、暑い一日となった。フェリーで島に渡り、ビジターバースからチャーター船に乗り、生息地の沖まで行く。そこで小舟に跳び移って上陸。ちょっとしたアドベンチャー気分。撮影以上に楽しかった。マーキングされた個体もいる。メスは少なかった。保護地...

  11. 2018猛暑日の連続 - 紀州里山の蝶たち

    2018猛暑日の連続

    夏の高校野球選手権が始まりました。開会式はいつ見ても感動します。猛暑日が続いていて、その影響かMyPCがクラッシュしました(大汗)。漸く、リカバリーして回復しましたが、Eメールの住所録をバックアップしてなくて腐心しています。恐れ入りますが、当方宛に空メールの送信をお願いできないでしょうか。拙宅の猫の額ほどの裏庭でヤマトシジミがテリハリしていました。

  12. 2018年08月03日 - 愛野緑の撮影記録

    2018年08月03日

    夕方から激しい雷雨になり1時間に20mmほど降ったようだ。台風以来の降雨だな。昼間は35度越の猛暑日だった。引きこもっていてもつまらないので蝶の様子を見に行った。日蔭はさすがに涼しく感じられる。樹液にはカナブンの他カブトムシ、スズメバチ、チャイロスズメバチ、蝶ではルリタテハが来ていた。ヤマトシジミが沢山飛んでいて、交尾ペアに絡む個体がいた。葉に止まっているのは交尾ペアだが絡んだ個体に隠れ見え...

  13. 2018信州遠征その8 - 紀州里山の蝶たち

    2018信州遠征その8

    地元の蝶友さんの案内で保全された里山で探索しました。真っ昼間という悪条件で初見のムモンアカシジミと出会いました。地元蝶友さんに感謝です。そして、蝶友さんのバイタリティーには敬服です。

  14. シーズン後半へ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    シーズン後半へ

    猛暑の中、東信にあるM社のオオムラサキ観察会へ。受付をしているとヒメオオさんがやって来て、観察会の前半をご一緒させていただく。そもそもここに来たのはヒメオオさんのブログを拝見して興味がわいたからだ。冬にふもとの町でも氷点下10℃以下の日が続いたり、最近の猛暑のせいだったりしてか、今年は発生が早くて数も少ないらしい。遠くにとまったメスの証拠写真を撮っただけだった。ここにはムモンアカシジミがいる...

  15. 2018信州遠征その3 - 紀州里山の蝶たち

    2018信州遠征その3

    高原から高度を下げて、夏真っ盛りの里山で探求しました。クヌギ林でオオムラサキがテリ張りしていました。木陰に入ると初見のミヤマカラスシジミやオナガシジミが避暑中でした。

  16. 2018信州遠征その1 - 紀州里山の蝶たち

    2018信州遠征その1

    蝶友さんと信州【中信・東信】へ遠征しました。初めて訪れた中信の高原は夏本番でした。ヒメシジミが最盛期のようでした。

  17. ホシチャと遊ぶ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ホシチャと遊ぶ

    海の日の3連休は初日だけ北関東に遠出した。最初の林は初めての場所で、何がいるかは事前情報なし。ジョウザンミドリシジミ?と思われるゼフが活動していた。ここではアイノミドリシジミもいてこちらの方が新鮮だった。いずれも開翅のいいものは撮れなかったけど、数が多そうなので機会があれば来年また訪れたい。場所を変えた高原に着いたのは正午過ぎ。カシワやナラガシワを叩いて回ってもゼフはほとんど飛び出さない。前...

  18. 2018年07月03日 新潟県のクロシジミ - 愛野緑の撮影記録

    2018年07月03日 新潟県のクロシジミ

    このところ、クモツキ、キマルリと二連敗・・。ワールドカップは負けたけど、クロシジミで負けたら私は三連敗・・。負けるわけにはいかない。ポイントは分かっているので、不安なのは時期だけだ。これだけクリア出来ればなんとかなるか。今年は春から引き続き発生が早いようなので、以前に撮影した時よりも20日ほど早めに行ってみた。クロシジミ♂の開翅を期待して。フライング気味かとも思ったが発生していて良かった。綺...

  19. 秋ヶ瀬公園のミドリシジミ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    秋ヶ瀬公園のミドリシジミ

    6月の最終週に入りましたが、東京ではずっと晴れの天気が続き、気温も30度前後になっています。まるで梅雨が明けたような日々が続いていて、テレビの気象予報でも関東地方の梅雨明けが、西日本より早まるということを言っていました。ジトジトの天気が続くのは嫌ですから、早く梅雨明け宣言を出してもらいたいところですが、そうすると熱暑の日が続くことになります。これもまた有難くない話になってしまいます。(-_-...

  20. 2018年06月26日山梨県都留市にて - 愛野緑の撮影記録

    2018年06月26日山梨県都留市にて

    梅雨明けを思わせる良い天気。尾状突起が4本あるチョウを探しに行ってみた。尾状突起が無い個体は多かった。EOS 5D Mark IIIEF100mm f/2.8L Macro IS USM部状突起が2本ある個体も幾つか見られた。EOS 5D Mark IIIEF100mm f/2.8L Macro IS USMEOS 5D Mark IIIEF100mm f/2.8L Macro IS USM...

総件数:104 件

似ているタグ