シジミチョウ科のタグまとめ

シジミチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシジミチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シジミチョウ科」タグの記事(117)

  1. 平成30年ファイナル - 紀州里山の蝶たち

    平成30年ファイナル

    皆さん、おはようございます。いつも拙ブログにアクセスして頂きまして、ありがとうございます。今年も蝶友さんの的確な場所選定と撮影現場でお会いできた釣友さんの支援を得ながら、数々の蝶との出会いがありました。皆さん、良いお年をお迎えください。今年最終のブログ更新となります。そして、来年もよろしくお願いします。

  2. 初冬の陽光 - 蝶の縁

    初冬の陽光

    12月5日、晴れ。昼下がり、外出ついでに近場のポイントをぶらり。風はそこそこ冷たいものの、日差しがあるおかげで場所によってはそれなりに暖か。そんな中、ヤマトシジミが数頭チラチラしていました。とまったところで周りの環境も含めてパチリ。**********今回、数頭のヤマトシジミの他に確認できたのは、遠くにチラチラ飛ぶキタキチョウが1頭のみ。週間予報では雪マークも出始め、いよいよ冬の到来を感じる...

  3. 落ち凪 - 紀州里山の蝶たち

    落ち凪

    皆さん、こんにちはー。昨晩は地元蝶の会に出席して先輩方からの貴重な情報などで大いに盛り上がりました。また、今夏の「ミカドアゲハノ3化」について、専門的知見による分析を頂きました。この場をお借りしてお礼を申しあげます。明日から天気が下り気味ということで先輩から頂いた情報で早速ヤクルリを探求してきました。やや擦れたヤクルリ♀と対面できました。

  4. 都心の公園小春日和 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    都心の公園小春日和

    都心の公園にムラサキツバメを探しに出かけた。なかなか出てきてくれなかった。というより1時間以上蝶影は全くなし。やっとのこと家内がムラツを見つけた。地面で吸水中。よく見つけたものだ。これに気付いてくれなかったらヌルだった。地面での吸水シーンは初めて撮った。それにしても超新鮮!最近羽化した5化なのだろうか。日も当たっているので開始を期待して待つもまったくその気なし(泣)。ストロボを当ててもLED...

  5. 今年一番の冷え込み - 紀州里山の蝶たち

    今年一番の冷え込み

    皆さん、こんにちはー。全国的に今年一番の冷え込みのようでした。でも、午後からは風も弱く、穏やかな気候でした。近場の土手では、コセンダングサの花弁が弾けて、ヒッツキムシだらけ。コセンダングサの上空をシャープに飛ぶのはウラナミシジミ、根本辺りをチラチラ飛ぶのはヤマトシジミ。いよいよ終盤です。

  6. 2018年11月16日 狭山丘陵だより 初めてのウスタビガ - 愛野緑の撮影記録

    2018年11月16日 狭山丘陵だより 初めてのウスタビガ

    少し時間が開いた。11月3日、朝自宅から駅に行く間、ヒメヤママユが落ちていた。そのフサフサとカワユさと綺麗さに感動。そしてヤママユガ科にはまってしまったのかもしれない。11月13日、曇っていて寒かったが、ウスタビガが見られるかもしれないと街灯を見廻った。夜は飲んでしまうので、朝方。ただ、所用が終わってからなので9時頃からになってしまったのだけれど。しばらく探して何も見つけられずあきらめかけた...

  7. 秋晴れ - 紀州里山の蝶たち

    秋晴れ

    昼前から雲が切れ始めたので近場のフィールドへいざ出陣。まだまだ綺麗なクロツがあちこちで開翅してくれました。もうすぐ満開のツメレンゲのてっぺんでも開翅してくれました。

  8. いよいよ終盤 - 紀州里山の蝶たち

    いよいよ終盤

    蝶友さんをお誘いして、県南へ小遠征しました。幾分雲が多めでしたが、日差しに恵まれました。待ち合わせ場所の駐車場でご挨拶をしている間に早々とサツマシジミの飛翔に歓迎されました。雌の擦れ具合から見て最盛期から一週間くらい過ぎたような感じでした。いよいよ終盤です。

  9. 晴れの特異日 - 紀州里山の蝶たち

    晴れの特異日

    今日11月3日は「晴れの特異日」だそうで、当地も違わず晴天です。早朝から地元行事の作業を終えて、束の間、堤防道路で探索しました。ルリシジミかヤクルリの♀か同定に自信がありません。コウゾリナにミヤマモンキと言いたいところですが、センダングサにモンキチョウです。いよいよ終盤です。明日も晴れたら良いのになぁー。

  10. あちこちに - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    あちこちに

    やはり10日ほど前になるが、福岡に行く機会があった。撮った写真は↓のみ。クマソは今年も各所に侵入しているようだ。後翅が大きく破損しているが他にも複数目撃した。あたりに蘇鉄は全く見当たらなかった。

  11. 天気が回復 - 紀州里山の蝶たち

    天気が回復

    寒冷前線が通過して、天気が回復しました。拙宅ベランダのツメレンゲが咲き出したので、そろそろクロツバメシジミも第4化発生じゃないかなぁー。近場のMFへ出陣しました。先ずは、セイタカアワダチソウで吸蜜中の「敏感な」ムラサキシジミと出会いました。ツメレンゲの周りでは交尾中のクロツバメシジミと出会いました。ツメレンゲはまだ開花前でした。

  12. 2018年10月25日 狭山丘陵だより  今年初撮影だったか?ウラナミシジミ - 愛野緑の撮影記録

    2018年10月25日 狭山丘陵だより 今年初撮影だ...

    ヤマトシジミは沢山飛び回っている。その中で大きめで素早く飛んでいる個体があった。おっと、ウラナミシジミか!今年はウラナミシジミにお目にかかれないまま終わってしまうのかと思っていたのだが。止まってもかなり敏感。カタバミに止まったところを撮影出来た。アカボシゴマダラの幼虫も幾つか見つけ、ゴマダラチョウの幼虫も一つだけ見つけられた。ヤマトシジミに混じってベニシジミも見られ、産卵行動らしき動き。しば...

  13. 2018年10月22日 狭山丘陵だより クロコノマチョウ秋型とホワイトバンド - 愛野緑の撮影記録

    2018年10月22日 狭山丘陵だより クロコノマチョ...

    いやいや、やっと晴れた休日。日差しも強く気温も上がりさわやか。秋の蝶を探しに。最近インスタグラムを始めたので画像を1:1にトリミングしている。ヒョウモンチョウ類が見られるかな?しかしアザミはほとんど終わり後翅の大破したツマグロヒョウモンがいるだけ・・。セイタカアワダチソウがまとまって咲いている所へ行ってみると、テングチョウが沢山。キタテハもそこそこ見られた。なかでもこの個体は翅縁が白く目立つ...

  14. 秋晴れ - 紀州里山の蝶たち

    秋晴れ

    当地は秋晴れでやや肌寒い天候です。自宅近くのノイバラが自生している堤防沿いを探求しました。今季はヤクルリがどうも不作なようです。代わりに羽化直後のベニシジミがあちこちで見受けられました。チャバネセセリもセイタカアワダチソウで吸蜜中でした。

  15. 都会の傍で - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    都会の傍で

    関西に行く機会があったので、午前中に短時間シルビアシジミを見に行った。房総半島の一部でも知られているが、ここのシルビアも食草転換の結果、シロツメクサやヤハズソウを食べて育つという。歩き始めて20分ほどで運よくいいポイントを見つけたのだが、ほかの場所を探して無駄に時間を費やしてしまったのがまずかった。初めの場所に固執すればよかった。その場所は河川敷の土手。本来の自然など全く残っていない。やや背...

  16. 白樺峠はチョウも一杯 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    白樺峠はチョウも一杯

    タカ渡りを観察するため、長野県の白樺峠へ行ってきました。9月23日(日)の午前中は、タカがさっぱり飛ばなかったので、待っている間の時間が長く持て余してしまいました。でも、足元にはマツムシソウがたくさん咲いていて、チョウの仲間が吸蜜に集まってきてくれました。今回は、そこで撮影したチョウの仲間を紹介します。まず最初はクジャクチョウです。濃いオレンジ色の地に、大きな目玉模様がありますから、まさにク...

  17. ブログ開設4周年 - 紀州里山の蝶たち

    ブログ開設4周年

    皆さん、こんばんはー。また、台風24号が西日本に接近しています。9月4日の台風21号なみの勢力だそうです。明日中に風雨対策をしなくては・・・。お陰様で拙ブログが9月30日に開設満4年を迎えます。今後ともよろしくお願いします。今年7月中旬に訪れた中信の高原で出会ったヒメシジミをUPします。何回見直しても、アサマシジミには見えません。

  18. ムラサキツバメの羽化シーン(2018年9月28日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ムラサキツバメの羽化シーン(2018年9月28日)

    順番からすると9月23日に撮影した彼岸花&黒系アゲハを載せるところなのだが、例によって連写しすぎてかなりの枚数を撮影してしまい、整理が追いつかない(苦笑)。よって二日後に撮影したムラサキツバメの羽化シーンを先に載せておく。9月11日に真っ黒になったムラサキツバメの蛹を早朝に2時間ほど見守ったけれど、粘りきれず7時には撤収してしまった(その記事は→こちら)。再掲載になるが、その際に見つけた蛹が...

  19. 久しぶりの良い天気 - 紀州里山の蝶たち

    久しぶりの良い天気

    台風が連続して接近したり、北海道では直下型地震が発生するなど大変な2週間でした。被災者の方々には心よりお見舞い申し上げます。久しぶりに週末、天気に恵まれた(残暑)ので、クロツの生息地を探索しました。新鮮なクロツやウラナミシジミなどと対面できました。

  20. 身近な蝶2種 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    身近な蝶2種

    今回も身近な蝶です。キバナコスモスに来たアゲハ。夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。早くもヒガンバナが咲き始めていた。

総件数:117 件

似ているタグ