シジミチョウ科のタグまとめ

シジミチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシジミチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シジミチョウ科」タグの記事(49)

  1. 2年ぶりのゴマシジミ(2018年8月16日) - みき♂の虫撮り友人帖

    2年ぶりのゴマシジミ(2018年8月16日)

    8月11日は日本チョウ類保全協会の保全活動に初めて参加した。当日は6時半に高尾駅でピックアップしてもらい、現地までは車で向かう。現地集合の方も含めてこの日は総勢6名で、ゴマシジミ生息地の草刈りをしたり食草のワレモコウの植え替えなどを行う。撮影会ではないので撮影チャンスがあるかどうか分からなかったけれど、1匹だけ姿を見せてくれた成虫を撮る機会があった。写真1〜7はゴマシジミ。ゴマシジミは昨年撮...

  2. 県内小遠征 - 紀州里山の蝶たち

    県内小遠征

    蝶友さんと遙々県外からジョイント蝶友さんらと紀南へ小遠征しました。例年探索するルーミスポイントは、昨日より気温が下がり湿度も低かったので出足は不調でした。でも後半、2頭がいつものポイントで出てきてくれました。(汗)そしてこの時期、イワタバコも見頃でした。次に、第3化発生情報があるミカドポイントへ転進しました。午後1時過ぎという時間帯にかかわらず、オガタマノキで産卵中のミカドアゲハと出会いまし...

  3. 戦場ヶ原でチョウ観察 - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    戦場ヶ原でチョウ観察

    立秋は過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きます。今年の夏は酷暑の記録と豪雨の被害が続き、おまけに台風襲来も重なって、異常気象という表現が当たっているような状況です。ウンザリするような日々が続いていますが、先日仕事を終えて帰宅途中に、通りがかった民家の植え込みの中から、涼やかな虫の声が聞こえてきました。毎日、暑い暑いと思っていましたが、季節は進んで秋の気配が漂うようになってきました。酷暑の夏もも...

  4. ゴイシシジミ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ゴイシシジミ・・・

     時鳥庵とその周辺ではゴイシシジミをよく見かける。小さなシジミチョウだが、翅の裏面は白地に黒い碁石模様をちりばめていて、そのコントラストは印象的だ。ただ翅表は一様に黒くて地味だ。このチョウの幼虫はササやタケに寄生するアブラムシ類を食べて育つ肉食性だ。この辺りにはアズマネザサやメダケが多いので、そこで発生しているのだろう。年4~5回くらいは発生しているようだ。 (7DMarkII; Macro...

  5. 2018上高地旅行編 その3(2018年7月28日) - みき♂の虫撮り友人帖

    2018上高地旅行編 その3(2018年7月28日)

    すっかり更新をサボってしまった(大汗)。暑くてさっぱり写真を撮りに出かけていないが、せめて上高地のつづきくらいは載せておかないと手抜きブログの謗りを免れまい。写真1〜3はコヒョウモン。岳沢を下山中にクガイソウにきていた。▼写真1 コヒョウモン その1a 飛翔中(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)▼写真2 コヒョウモン その1b(2018年7月23日、上高地)▼写真3 コヒョウモン...

  6. 神の島へ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    神の島へ

    広島でトンボ学会の後、ミヤジマトンボの保護地へのエクスカーションがあったので参加した。ミヤジマトンボは日本で最も分布が狭いトンボだ。心配した台風も学会中に通過して、暑い一日となった。フェリーで島に渡り、ビジターバースからチャーター船に乗り、生息地の沖まで行く。そこで小舟に跳び移って上陸。ちょっとしたアドベンチャー気分。撮影以上に楽しかった。マーキングされた個体もいる。メスは少なかった。保護地...

  7. 2018 猛暑日の連続 - 紀州里山の蝶たち

    2018 猛暑日の連続

    夏の高校野球選手権が始まりました。開会式はいつ見ても感動します。猛暑日が続いていて、その影響かMyPCがクラッシュしました(大汗)。漸く、リカバリーして回復しましたが、Eメールの住所録をバックアップしてなくて腐心しています。恐れ入りますが、当方宛に空メールの送信をお願いできないでしょうか。拙宅の猫の額ほどの裏庭でヤマトシジミがテリハリしていました。

  8. 2018年08月03日 - 愛野緑の撮影記録

    2018年08月03日

    夕方から激しい雷雨になり1時間に20mmほど降ったようだ。台風以来の降雨だな。昼間は35度越の猛暑日だった。引きこもっていてもつまらないので蝶の様子を見に行った。日蔭はさすがに涼しく感じられる。樹液にはカナブンの他カブトムシ、スズメバチ、チャイロスズメバチ、蝶ではルリタテハが来ていた。ヤマトシジミが沢山飛んでいて、交尾ペアに絡む個体がいた。葉に止まっているのは交尾ペアだが絡んだ個体に隠れ見え...

  9. 2018上高地旅行編 その2(2018年7月27日) - みき♂の虫撮り友人帖

    2018上高地旅行編 その2(2018年7月27日)

    今回の上高地旅行のお目当てはタカネキマダラセセリであった。2013年にオオイチモンジは撮れているので、今回はチャンスがあればオオイチモンジも撮れればいいなくらいに思っていた。あとは運次第であるがヤリガタケシジミやコヒオドシが撮れれば万々歳と言ったところか。旅程二日目も上天気で、河童橋から目指す岳沢を見てみるとこんな感じであった(写真1)。▼写真1 河童橋から穂高連峰を望む(2018年7月23...

  10. 2018上高地旅行編 その1(2018年7月26日) - みき♂の虫撮り友人帖

    2018上高地旅行編 その1(2018年7月26日)

    7月22〜24日は二泊三日で上高地に出かけた。この時期恒例の家族旅行だ。上高地は3〜4年振りかなと思って調べるとそうではなく、前回は2013年なので5年振りであった。14時頃バスを降りて宿まで歩き、一旦荷物を置いてから梓川沿いをブラブラする。河童橋手前の河原を見ると何やら石が積んである(写真1)。▼写真1 梓川の積み石 その1a(ノートリミング、2018年7月22日、上高地)拡大してみる(写...

  11. 2018 信州遠征 その8 - 紀州里山の蝶たち

    2018 信州遠征 その8

    地元の蝶友さんの案内で保全された里山で探索しました。真っ昼間という条件下で初見のムモンアカシジミと出会いました。地元蝶友さんに感謝です。そして、蝶友さんのバイタリティーには敬服です。

  12. シーズン後半へ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    シーズン後半へ

    猛暑の中、東信にあるM社のオオムラサキ観察会へ。受付をしているとヒメオオさんがやって来て、観察会の前半をご一緒させていただく。そもそもここに来たのはヒメオオさんのブログを拝見して興味がわいたからだ。冬にふもとの町でも氷点下10℃以下の日が続いたり、最近の猛暑のせいだったりしてか、今年は発生が早くて数も少ないらしい。遠くにとまったメスの証拠写真を撮っただけだった。ここにはムモンアカシジミがいる...

  13. 2018 信州遠征 その3 - 紀州里山の蝶たち

    2018 信州遠征 その3

    高原から高度を下げて、夏真っ盛りの里山で探求しました。クヌギ林でオオムラサキがテリ張りしていました。木陰に入ると初見のミヤマカラスシジミやオナガシジミが避暑中でした。

  14. 2018 信州遠征 その1 - 紀州里山の蝶たち

    2018 信州遠征 その1

    蝶友さんと信州【中信・東信】へ遠征しました。初めて訪れた中信の高原は夏本番でした。ヒメシジミが最盛期のようでした。

  15. ホシチャと遊ぶ - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ホシチャと遊ぶ

    海の日の3連休は初日だけ北関東に遠出した。最初の林は初めての場所で、何がいるかは事前情報なし。ジョウザンミドリシジミ?と思われるゼフが活動していた。ここではアイノミドリシジミもいてこちらの方が新鮮だった。いずれも開翅のいいものは撮れなかったけど、数が多そうなので機会があれば来年また訪れたい。場所を変えた高原に着いたのは正午過ぎ。カシワやナラガシワを叩いて回ってもゼフはほとんど飛び出さない。前...

  16. 2018年07月03日  新潟県のクロシジミ - 愛野緑の撮影記録

    2018年07月03日  新潟県のクロシジミ

    このところ、クモツキ、キマルリと二連敗・・。ワールドカップは負けたけど、クロシジミで負けたら私は三連敗・・。負けるわけにはいかない。ポイントは分かっているので、不安なのは時期だけだ。これだけクリア出来ればなんとかなるか。今年は春から引き続き発生が早いようなので、以前に撮影した時よりも20日ほど早めに行ってみた。クロシジミ♂の開翅を期待して。フライング気味かとも思ったが発生していて良かった。綺...

  17. 2018年06月26日 山梨県都留市にて - 愛野緑の撮影記録

    2018年06月26日 山梨県都留市にて

    梅雨明けを思わせる良い天気。尾状突起が4本あるチョウを探しに行ってみた。尾状突起が無い個体は多かった。EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USM部状突起が2本ある個体も幾つか見られた。EOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS USMEOS 5D Mark III EF100mm f/2.8L Macro IS ...

  18. 真夏日の散歩 - 蝶の縁

    真夏日の散歩

    6月25日、晴れ。真夏日の午後、少し時間が取れたのでフィールドへ。炎天下、夏のルリシジミ。笹藪のそばを歩くと次々に飛び出すゴイシシジミ。他にも様々な蝶が散見でき、久しぶりに歩いたフィールドはすっかり季節が進んでいました。* * * * * * * * * *本来なら早起きしてゼフでも探したい時期ですが、どうやら今シーズンも難しそう・・・( ; ; )

  19. 秋ヶ瀬公園のミドリシジミ - コーヒー党の野鳥と自然 パート2

    秋ヶ瀬公園のミドリシジミ

    6月の最終週に入りましたが、東京ではずっと晴れの天気が続き、気温も30度前後になっています。まるで梅雨が明けたような日々が続いていて、テレビの気象予報でも関東地方の梅雨明けが、西日本より早まるということを言っていました。ジトジトの天気が続くのは嫌ですから、早く梅雨明け宣言を出してもらいたいところですが、そうすると熱暑の日が続くことになります。これもまた有難くない話になってしまいます。(-_-...

  20. ultramarinusの輝き - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ultramarinusの輝き

    Fさんがハヤシを撮りに行くというので、ご一緒させていただいた。途中で雨が降り出したが、曇りのち晴れの予報を信じてポイントに向かう。そこではbanyanさん、Kさん、Wさんが雨宿りしていた。既にオスの開翅が撮れた様で、余裕のご様子。ウラミスジシジミとウスイロオナガシジミも出たとのこと。カシワを叩くとそれなりにハヤシが飛び出すが、低い位置に下りなかったり遠かったりでなかなか証拠写真以上のものが撮...

1 - 20 / 総件数:49 件

似ているタグ