シダのタグまとめ

シダ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシダに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シダ」タグの記事(21)

  1. プラティケリウム・フラ・ハンズ #2 - Blog: Living Tropically

    プラティケリウム・フラ・ハンズ #2

    Platycerium Hula Hands[ウラボシ科/交配品種?]エロ写真シリーズ第3弾。どうやらビカクは可愛いだけではなかったようです。展開中の貯水葉の縁の反り、うっすら見える脈、曲線、滑らかな質感。ははぁ、こんなに素敵な植物やったんやな。厚みがありあまり透けて見えない実葉も、光を当てればこの通り。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOK...

  2. ギンシダ #2 - Blog: Living Tropically

    ギンシダ #2

    Pityrogramma calomelanos (帰化種)EG-05032017-f2 Baturiti, Tabanan, Bali Isl., INDONESIA[イノモトソウ科/中南米 原産]ライティングしてみた写真シリーズ。普段は自然光や水槽から漏れた光で撮影しているのですが、たまにはちゃんとかっこよく、そしてエロく撮ってあげようという趣旨です。今日からしばらく続きます。半日陰では...

  3. ケルティックアート - la maison de SŒURS

    ケルティックアート

    久しぶりにケルティック模様を刺しました。参考にしたのはこちらの本デザインの向きを収まりの良いように変えて‥‥。元のデザインはこちら先史時代にそのルーツを持つシダが、ケルティックアートに上手く絡んでいます。さてさて、縫製をいつもご訪問くださってありがとうございます。バナーをクリックして頂けたらとても嬉しいです。*Please click here. Thank you !*Cliquez su...

  4. ブレクナム・ブラジリエンセ #4 - Blog: Living Tropically

    ブレクナム・ブラジリエンセ #4

    Blechnum brasiliense[シシガシラ科/南米 原産]今シーズンはずっと屋外に出しっぱなしでしたがまーーーーーーー強い強い。アンスリウムとかが大ダメージを受けた猛暑もへっちゃらでしたね。すごいぞブレクナム、つよいぞブラジリエンセ!屋内での新芽よりもやっぱり綺麗に色づきますね。ブレクナム…やっぱり好き…。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländ...

  5. プラティケリウム・フラ・ハンズ - Blog: Living Tropically

    プラティケリウム・フラ・ハンズ

    Platycerium Hula Hands[ウラボシ科/交配品種?]あれ?ビカクシダってもしかして可愛い植物なのでは…???(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

  6. ホウビカンジュ - Blog: Living Tropically

    ホウビカンジュ

    Nephrolepis biserrata垣花樋川, 南城市, 沖縄県[ツルシダ科]石灰岩上から大きなネフロレピスがわさわさ。よく見なくてもホウビカンジュでした。ネフロレピスって根茎が這い回るものだとずっと思っていたのですが、うちで栽培しているものを見て勘違いしていたことに気付きました。根茎は短く直立、匍匐枝すなわちランナーを多数出してその途中にまた生長点をつける。上の画像でもその性質がなん...

  7. ダナエア属の1種 個体E(ペルー産) - Blog: Living Tropically

    ダナエア属の1種 個体E(ペルー産)

    Danaea sp.tanakay2017 PERU[リュウビンタイ科]複葉で青光りするダナエア。個体Cとは葉の形も結構違いますが個体Dとは似ているかも。青の構造色が分かりやすい写真はこれ。肉眼ではこれよりももう少し青く見えます。透かしたときの脈の様子。くるくるは紫色の鱗片に覆われていますが、かなり薄いためほぼ地色の緑色です。…と、ここまで昨日の個体Dとほぼ同じ文章です。そう、めちゃくちゃ似...

  8. ダナエア属の1種 個体D(エクアドル産) - Blog: Living Tropically

    ダナエア属の1種 個体D(エクアドル産)

    Danaea sp.tanakay2017 ECUADOR[リュウビンタイ科]複葉で青光りするダナエア。個体Cとは葉の形も結構違いますね。青の構造色が分かりやすい写真はこれ。肉眼ではこれよりももう少し青く見えます。透かしたときの脈の様子。くるくるは紫色の鱗片に覆われていますが、かなり薄いためほぼ地色の緑色です。

  9. ダナエア属の1種 個体C(コロンビア産) #2 - Blog: Living Tropically

    ダナエア属の1種 個体C(コロンビア産) #2

    Danaea sp.tanakay2016 COLOMBIA[リュウビンタイ科]複葉のダナエア。最近は特に生長速度が速いように感じます。かなり乾燥に弱く、常湿環境に置くとみるみる萎れていくのですがこの辺は根の充実具合による違いかな?青みなどはほとんど無いです。見た感じの葉の質感は個体Bが一番近い気がします。透かしたときの脈の様子。くるくるは濃紫の鱗片に覆われています。ダナエアの鱗片は紫色って...

  10. ダナエア属の1種 個体B(コロンビア産) #2 - Blog: Living Tropically

    ダナエア属の1種 個体B(コロンビア産) #2

    Danaea sp.tanakay2016 COLOMBIA[リュウビンタイ科]小型で根茎が匍匐するタイプのダナエア。匍匐する根茎の途中から子株を生じます(が、それはなかなか生長しない)青みはほとんどなく、質感も個体Aとは違う感じ。透かしたときの脈の様子。くるくるは薄紫の鱗片に覆われていますが、個体Aに比べるとかなり薄く、軸の緑色が見えるほど(なのですがタイミングが悪く撮れていません。)(O...

  11. ダナエア属の1種 個体A(コロンビア産) #5 - Blog: Living Tropically

    ダナエア属の1種 個体A(コロンビア産) #5

    Danaea sp. (cf. simplicifolia)tanakay2016 COLOMBIA[リュウビンタイ科]実に順調に育っている青ビンタイ。特徴的だったあの青みが薄れてきているのは栽培環境のせいか…。もっと暗くするか、それともいっそ用土に変えてみるか?透かしたときの脈の様子。くるくるは薄紫のぶ厚い鱗片に覆われています。こっちの写真の方が分かりやすいかな?(OLYMPUS E-M5...

  12. ダナエア・ウェンドランディ - Blog: Living Tropically

    ダナエア・ウェンドランディ

    Danaea wendlandiitanakay2016 COLOMBIA[リュウビンタイ科]欲しかったけど手に入れる機会がしばらくなかった南米の透け透けリュウビンタイ、略して透けビンタイ。ようやく手元に来たのですが、不定芽を植えつけたものなのでサイズはハチャメチャ小さいです。なんだかDanaea属のリュウビンタイがどんどん増えていく…、これで5つ目か。大好きだし手もかからないから全然いいん...

  13. フレグマリウルス・ヌンムラリフォリウス #4 - Blog: Living Tropically

    フレグマリウルス・ヌンムラリフォリウス #4

    Phlegmariurus nummulariifolius[ヒカゲノカズラ科/東南アジア 原産]毎日じゃぶじゃぶ潅水しているので素焼き鉢が苔むしています。こういう古びた雰囲気ってかっこいいですよね。プラ鉢には絶対に出せない味。オシャレ業界の用語ではこういった雰囲気のものを「しゃびーしっく」というそうです。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NO...

  14. こぼれ種 - クローバーのLife is cozy

    こぼれ種

    ずっと放たらかしにしていたデッキ今日はすこし(?)掃除しましたこのデッキガーデニングの才能ないなというくらいまとまりのないデッキなんですがどうもオシャレさに欠ける植えてる植物ときたらいつでもフラワーアレンジメントのグリーンに使えるものばかりグリーンだけという、、花はアレンジメントで十分なのよ(汗)コンテナに植えても、雑草が生えてくるんですしかし、こんなものまでシダとアジアンタム育ったと思った...

  15. クルクル - 君に届け

    クルクル

    シダの新芽はこんな風に形状変化しながら成長するんですね

  16. ギンシダ - Blog: Living Tropically

    ギンシダ

    Pityrogramma calomelanos (帰化種)EG-05032017-f2 Baturiti, Kabupaten Tabanan, Bali Isl., INDONESIA[イノモトソウ科/中南米 原産]バリ島で採集してきた帰化種。一株枯らしてしまい手持ちはこれのみ。栽培には通気と湿度が必要らしく、ベランダに移してからはもりもりと新芽を上げるようになりました。(OLYMPUS...

  17. 食べ忘れ - フォトな日々

    食べ忘れ

    高原をぶらぶら彷徨っていたら ワラビを見つけたもう誰にも収穫されることがないはずだから 安心して葉を広げこれからの暑い季節にさわやかな高原の涼を演出してくれるはずだそういえばことしはいつもよりちょっと忙しい春を過ごしていたせいか 機会に恵まれなかったせいかワラビを食べ忘れてしまったことに いま気がついた・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・■ homepage・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

  18. オオクボシダの1種(シボルガ東部産) #2 - Blog: Living Tropically

    オオクボシダの1種(シボルガ東部産) #2

    Ctenopteris sp.HW0517-01 Sibolga東部, Sumatera Utara, Sumatra Isl., INDONESIA[ウラボシ科]勝機が見えた。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

  19. ディプラジウム・トメントーサム #2 - Blog: Living Tropically

    ディプラジウム・トメントーサム #2

    Diplazium tomentosumPeninsular Malaysia, MALAYSIA[イワデンダ科]トメントーサムの新芽。展開中の白さはコルディフォリウムと同じですね。さて果たしてここから青くなってくれるのでしょうか…。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

  20. ヤクシマホウビシダ #3 - Blog: Living Tropically

    ヤクシマホウビシダ #3

    Asplenium filipesGE-07212015 Pucak Manik Water Fall, Sukasada, Buleleng, Bali Isl., INDONESIA[チャセンシダ科]先日のくるくるが綺麗に展開してきています。やはり薄暗いところが好きらしい。(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ+ COSINA Voigtländer NOKTON 25mm F0.95)

1 - 20 / 総件数:21 件

似ているタグ