シチリア菓子のタグまとめ

シチリア菓子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシチリア菓子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シチリア菓子」タグの記事(34)

  1. トラーパニのクリスマス菓子『イチジクのビスコッティ』 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    トラーパニのクリスマス菓子『イチジクのビスコッティ』

    今日も祝日のイタリア。C氏のマンマと3人のお昼ごはんでした。今日はお肉のブロードを取って。プリモはそのブロードでパスタを茹でた「パスタインブロード」。セコンドは、ブロードをとったお肉「ボッリートミスト」と付け合わせにキノコ、野菜の料理を数種。軽め、、、ではありませんが、シチリアのお祝いゴハンとしては、軽い感じにしてみました。今日もパネットーネ、と思っていたら、マンマが地元の美味しいパン屋さん...

  2. 12月13日はクッチーアを食す - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    12月13日はクッチーアを食す

    今日は12月13日、サンタルチアの日。先日のブログにも書いたように、今日は粉モノを食べない日。(理由は「イタリア菓子図鑑」でどうぞ!)一昨日から作り始めたサンタルチアの日のシチリア伝統菓子「クッチーア」、今日出来上がりましたっ!麦は約1.5日浸水。写真ではわかりにくいですが、しっかりと水分を吸って柔らかくなると、麦が丸々としてきます。そしてしっかり1時間、柔らかくまで茹でると、、、。はちきれ...

  3. サンタルチアの日の準備を始めました - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    サンタルチアの日の準備を始めました

    12月13日はサンタ ルチアの日。「サンタ~ル~チィア~♪サンタ~~~~ルチィア~~~♪」そう、あの有名なナポリ民謡の「サンタルチア」は、「聖ルチア」と歌っているのです。シチリアではこの日は「粉モノを食べない日」(その理由は、「イタリア菓子図鑑」の200ページにてご覧くださ~い)その代りに食べるのが、粉になっていない「麦」、若しくは「お米」。シチリアでは「クッチーア」というドルチェか、おなじ...

  4. 12月8日はスフィンチェの日 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    12月8日はスフィンチェの日

    12月8日から始まるクリスマスシーズンになると、トラーパニの家庭で作られ始めるのが、「スフィンチェディナターレ」ジャガイモと粉で作った生地を発酵させて作る揚げ菓子です。毎年、だらかが作って12月8日の家族ランチに持ってきてくれるのですが、今年は、家で2人だけ。私が作らなければない、、、ということで、朝に思い立って作りました。トラーパニでは真ん中に指でスリスリしながら穴を作って揚げて、ドーナツ...

  5. オレンジの皮をたっぷり!シチリア産アーモンドのビスコッティ - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    オレンジの皮をたっぷり!シチリア産アーモンドのビスコッティ

    超簡単なのに、誰でも間違いなく美味しく作れるこのビスコッティ。今日はオレンジがたっくさんあったので、レシピの2倍以上のオレンジの皮をすりおろしてつくりました。イタリア菓子図鑑ではこんな感じに仕上げました。↑ベースの生地は一緒です。今日はアーモンドを乗せましたが、シチリアのパスティッチェリアに行くと、本当に色々な形のアーモンドのビスコッティがあります。シチリアはアーモンドの名生産地。私が行く食...

  6. クリスマスのお菓子『スフィンチェ』〜もうすぐクリスマスが始まります - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    クリスマスのお菓子『スフィンチェ』〜もうすぐクリスマス...

    イタリアでは12月8日からクリスマスシーズンが始まります。8日になると家庭ではクリスマスのお菓子を作り始めます。パスティッチェリアやパン屋さんにもクリスマスのお菓子が並び始めます。毎年「パネットーネ修行」に忙しい我が家ですが、クリスマスのお菓子はパネットーネだけではなく。イタリア全土で数えきれないほどのクリスマスのお菓子があります。それくらい、キリストの誕生を祝うクリスマスはイタリア人に大切...

  7. 修道女のトルタはニャンズもお好き♩ - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    修道女のトルタはニャンズもお好き♩

    今年の初夏にはまって、何度も何度もリピしていた「Torta delle monache(トルタデッレモナケ)=修道女のトルタ」。オリジナルのレシピはレモン汁とレモン皮のすりおろしをたっぷり、、、でしたが、オレンジの季節が始まったので、オレンジ汁とオレンジの皮すりおろし、そしてオレンジの皮を小さくカットしたものをたっぷりと入れて焼き上げてみました。レシピはナイショ(笑)材料は非常にシンプルです...

  8. 死者の日のお菓子「フルッタマルトラーナ」は和菓子そっくり? - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    死者の日のお菓子「フルッタマルトラーナ」は和菓子そっくり?

    11月2日は死者の日。イタリア語では『Festa dei morti(フェスタデイモルティ』。この日のお菓子といえば、シチリア名物『フルッタマルトラーナ』。シチリアを旅行した人なら一度は見たであろうこのお菓子、今では名物となり通年あちらこちらに並んでいますが、元々は死者の日のお菓子なのです。ベースはマジパン。マジパンというと、『あの甘くて美味しくないもの、、、』と思う方も多いと思いますが、シ...

  9. 今日のお土産、シチリア銘菓の巨大カンノーリ。 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    今日のお土産、シチリア銘菓の巨大カンノーリ。

    今日のお土産、巨大カンノーリ。C氏が帰ってきたときに、「はい、これ」と渡された細長い包み。最初は、時計でも買ってきたか?と本気で思ってしまった私。が、裏返してみたら、、、カンノーリかい!(爆)まぁ、時計よりはカンノーリの方が嬉しいですが(笑)トラーパニ近郊には『カンノーリが美味しいBar』が3つあります。そのうちのひとつの巨大カンノーリ。25cm以上もあります。どのBarも田舎に存在していて...

  10. 魅惑のプロフィッテロール - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    魅惑のプロフィッテロール

    自粛生活が始まって以来、食べるお菓子はほぼ自分で作っています。が、時折、どーしても、他の人が作ったお菓子が食べたくなる、、、。先週、そんな日が訪れ、『プロフィッテロールが食べたい‼️』と、お昼の時に叫んでいたら、夕方、『プロフィッテロールはなかったけど、、、』と、小さなビニェが6つ。C氏がお土産にもってきてくれました♪本当は、波が収まっていたら、エトナ山麓に山の幸を味わいにプチ旅に出ようと思...

  11. 鮮やかな緑色!ピスタチオのトルタ - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    鮮やかな緑色!ピスタチオのトルタ

    『ピスタチオのトルタ』を作りました。まだまだ暑いけれど、真夏の猛烈な暑さは越えて。ちょっとだけコッテリしたお菓子が朝ごはんに食べたくなりました。そういえば今はちょうどピスタチオの収穫時期。2年に1回、奇数年にだけ収穫されるピスタチオ。エトナ山麓のブロンテのピスタチオは、鮮やかで、風味も濃く、焼き菓子にしてもしっかりと香りが残り絶品!久しぶりにバターを使ったピスタチオのトルタを焼いてみる事にし...

  12. 今日は久しぶりのBar朝ごはん🥐 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    今日は久しぶりのBar朝ごはん🥐

    今日は久しぶりのBar朝ごはん🥐夏休み週間、あまりにもなーんにもしていないから、何かしよう、と思ってまずはバールへ。今年の夏は、どこかに、、、と思っても、10時を過ぎれば人がワンサカいるシチリア。どこにも行く気が起きない。でも、Barに朝ごはんを食べに行くだけで、ちょっと気分が良くなる私。なんと安上がりな。Barの楽しみカッフェ。イタリアにはご当地焙煎がたくさんある。...

  13. イタリア菓子図鑑、ようやくシチリアに到着! - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    イタリア菓子図鑑、ようやくシチリアに到着!

    ようやく『イタリア菓子図鑑』がシチリアに到着しました❣️約1カ月の長旅、、、お疲れ様でした。校正にあたり、PDFを自分で出力したものは、穴が空くほど見てきましたが、ようやく製本された、本物に会うことができました❤️「おいしそうだにゃー、かじってみよう」「なんの味もしないにゃ~」紙の本にはデジタルでは味わうことができない楽しみがあります。紙の質感、インクの香り、手でページをめくる時のワクワ感、...

  14. イタリア菓子図鑑、ついに本日、書店にて発売です! - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    イタリア菓子図鑑、ついに本日、書店にて発売です!

    待ちに待った日が来ました!7月14日、いよいよ全国書店にて「イタリア菓子図鑑」が発売されます!============================================イタリア菓子図鑑お菓子の由来と作り方佐藤礼子著誠文堂新光社写真在本彌生スタイリング曲田有子 デザイン望月明秀+境田真奈美(NILSON)編集至田玲子お菓子を通して、イタリアやヨーロッパの歴史、キリスト教とお菓子の...

  15. 街のバール朝ごはんとイタリア人の列 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    街のバール朝ごはんとイタリア人の列

    久しぶりに、街のバールへ行ってみました。写真のような、「ミニョン」と呼ばれるプチフールがどうしても食べたくなり。一つの種類をドーン!と食べたいならば自分で作るけれど、ちっこいのをちょこちょこつまむならパスティッチェリア併設バールが一番♪久しぶりなのでショーケースの中の写真を撮っていたら、、、。気が付けば私の後ろに列ができていた、、、💦「あ、どうぞ、私注文終わっているの...

  16. 「ジェノバ風」という、シチリアのお菓子 - Cucina ACCA(クチーナ・アッカ)

    「ジェノバ風」という、シチリアのお菓子

    2020年6月2日(火)シチリア島の有名な観光地、Erice(エーリチェ)で初めて食べた素朴なお菓子、Genovese(ジェノヴェーゼ)ジェノヴェーゼといえばバジリコで作る緑色のソースを連想しますが、これはれっきとしたシチリア菓子。作りやすい材料で独自にアレンジしたサクサク生地の中には、カスタードクリームが詰まっています。パレルモにある修業先のお店ではリコッタチーズのクリームが主流でしたが、...

  17. イタリア菓子の本。出版します! - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    イタリア菓子の本。出版します!

    嬉しいお知らせです!ところ、ずーっとお菓子ばっかりアップしていて、うすうすお気づきの方もいらっしゃったかと思いますが、、、。この度、この1年、手塩にかけて執筆してきた本が7月に出版されます!「イタリア伝統菓子図鑑」(誠文堂新光社)イタリア伝統菓子図鑑はその名の通り、イタリア菓子の図鑑です。誰でも知っているメジャーな菓子から、こんなのあったの?というマニアックな菓子、北から南まで107品。お菓...

  18. いよいよ明日から本格的に規制緩和@イタリア - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    いよいよ明日から本格的に規制緩和@イタリア

    3月10日に発令した外出禁止令。69日が経ってようやく明日から本格的規制緩和が始まるイタリア。明日からは、今まで携行しなければならなかった「外出自己申告書」(名前、住所、どこからどこまで、なんのために、、、等書かれている書類)も、携行しなくてOK。州の外には出れないけれど、州内ならどこに行ってもOK。そして、やっと友達のところに行ってもOK。レストランもバールも美容院も、、、開きます。外出す...

  19. ピスタチオのトルタは目が覚めるような緑! - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    ピスタチオのトルタは目が覚めるような緑!

    今日のおめざはピスタチオのトルタ。シチリア東部のブロンテのピスタチオは目が覚めるほどの緑。生地にも、飾りにもたっぷりのピスタチオが贅沢。久しぶりにシチリア菓子を作ったが、北の菓子がボソボソしているものが多いのに対して、南の菓子はしっとりしたものが多いことに気がついた。それは木の実やドライフルーツをふんだんに使った菓子が多いからであろう。地中海の温暖な気候がもたらす恵みだ。北は北の、南は南の美...

  20. 2人っきりの復活祭 - 幸せなシチリアの食卓、時々にゃんこ

    2人っきりの復活祭

    「2人っきりの復活祭」、、、こう書くとなんだかロマンチックですが(笑)そういうわけでもなく、ご存知のように、イタリア外出禁令発動中。家族で集まるわけにはいかず。私たちも家で2人の復活祭でした。トラーパニにきて15回目の復活祭、初めての出来事です。おそらく多くのイタリア人達が初めてのミニマム復活祭を過ごしていることと思います。2人とは言え復活祭。イタリアではクリスマスと同じくらい、もしくはそれ...

総件数:34 件

似ているタグ