シドニーのタグまとめ

シドニー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシドニーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シドニー」タグの記事(56)

  1. アート旅行に行こう!その32 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その32

    デボラのお家でシドニー最後の夜をすごし、(おふたりの好きな日本料理を作りました)(日本から持って来た寿司太郎です!)ほんとうにいつもびっくりするのですがお酒飲んで普通に運転しますよね、こちらの方々。ちょうどオーストラリアへ行く前にテレビで偶然『あなたの知らないオーストラリア事情!』みたいな番組がありまして『お酒を1杯程度なら飲んで運転しても良い』というのをやっていまして、「またまた〜!」こう...

  2. 金栄堂サポート:ビーチバレーボール・長谷川徳海選手ワールドツアーシドニー大会ご報告&インプレッション! - 金栄堂公式ブログ TAKEO's Opt-WORLD

    金栄堂サポート:ビーチバレーボール・長谷川徳海選手ワー...

    金栄堂サポート:ビーチバレーボール・長谷川徳海選手より先日行われましたワールドツアーシドニー大会のご報告ならびにインプレッションを頂きましたので早速ご紹介させていただきます!■金栄堂/SPORTSEYESサポート選手:長谷川徳海選手いつも応援ありがとうございます。今季初戦のワールドツアーシドニー大会に参戦しましたのでご報告させて頂きます。今大会はワールドツアー1スターから5スターまでランク分...

  3. アート旅行に行こう!その31 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その31

    ナショナルアートスクールの監獄らしさを満喫し、オックスフォード・ストリートでバス待ち。しかしどこもかしこもイギリスの地名なのがびっくりです。まあ、歴史的に見てあたり前の事なのですが検索するときに、どちらかの国かを明記しなくてはならないのがまた不思議というか醍醐味というかおもしろさがありますね。オックスフォード・ストリート(シドニー)を検索するとゲイ、レズビアン、おしゃれな街、LGBTQ、高級...

  4. アート旅行に行こう!その30 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その30

    ニューサウスウェールズ州は東シドニーの『ナショナルアートスクール』編終わらなかったです!もう少しだけ続きます。とにかく見所が盛りだくさんだったので今更ながらに写真の量に驚いています。監獄巡りって日本でもありますもんね。それがまたアートと融合しているようなしていないような不思議な空間となっていました。前回より監獄の監獄らしさ満喫です。こちらは一般にも公開しているところも多く(今回の写真の中には...

  5. アート旅行に行こう!その29 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その29

    ナショナルアートスクールの学校見学そんなわけでまだまだ続くのですがなんだか学校を思い出して懐かしかったです。まあ、こんな高度な絵は描いていませんでしたが(汗コラージュ・キャンプで出会ったうら若き女性、アラーナがまさかのココで先生をしていて更にシドニーに滞在するなら学校見学へぜひにと誘ってくれたのです。なんという棚ボタオブ渡りに船状態。アートを巡ろう!がテーマの今回の旅にピッタリです。そう、今...

  6. アート旅行に行こう!その27 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その27

    オペラハウス美しかった〜!!!や〜、ね!やっぱり世界的な建築物ってどれだけ写真でなんども見ていようがなんだろうが実物を見たらその美しさ、形の複雑さに感嘆が漏れます。こればっかりは生で見て欲しい! 〜世界の建築編〜 私監修。に堂々のランクインです。え、ほかのラインナップ?広島県尾道市の瀬戸内海を望む小高い丘の上にある礼拝堂「リボンチャペル(Ribbon Chapel)」設計:中村拓志。も最高で...

  7. アート旅行番外編☆動画の旅02 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行番外編☆動画の旅02

    本日は動画のブログです。撮りためた動画をちょっとずつyoutubeにアップしました。カメラワークが悪いと評判ですが(特にパンが早くて見づらいと酷評です)おヒマのあるときに覗いていただけたら幸いです。ホステルのドミトリールーム(共同部屋)ってどんなところ?と気になっている方、こんなところです!↓↓↓↓シドニーのビッグホステルおしゃれなネーミングラベンダー・ベイのシークレットガーデン『ウェンディ...

  8. アート旅行に行こう!その25 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その25

    冒頭に出て来た『ドルフィンロール』すごいですよね。エビ巻いちゃうんだ。ものすごい変化球。そこまで海苔のこと嫌なんだなってつくづく思います。でも飛び子(トビウオの卵)をまとった『カリフォルニアロール』なんてもうずいぶんと昔から海苔の代役を果たしていますもんね。あれは日本人には生み出せない傑作のような巻き寿司です。飛び子の軍艦をリピする私にとっても至福の一品です。さてさてそうそうパーティー!行っ...

  9. アート旅行に行こう!その23 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その23

    カンガルー肉の味を調べたところ、食通の間では、密かにカンガルー肉が好まれるということをご存知ですか?鶏肉よりも低カロリーで、さっぱりとした味は一度食べたら止められないと言われています。食感は柔らかく、家畜に比べて濃厚な味が楽しめます。野生の個体を捕獲して生産されているので、ジビエ料理に近い味わいですね。とはいえ、猪肉のような強い臭みはありません。鶏肉のようにさっぱりとしています。(キリストン...

  10. アート旅行に行こう!その22 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その22

    泊まっているホステルから割と近くにある中華街、横浜(とつい比べてしまう)中華街をすいぶんスッキリと細身にさせたカンジでまあ、雰囲気は思う存分楽しめます。そうそう、ケーキってあんな形がガラっと変わるものなのですね。日本の一般的なスーパーで売られているのと同じくスポンジケーキの層が分厚く、まわりが生クリームでコーティングされた家庭用ケーキ。これが一歩中華街を出るとタルト生地タイプの焼き菓子に様変...

  11. アート旅行に行こう!その21 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その21

    あれは小学生か中学生かそんなに小さな子供ではない頃の記憶です。豊田市の山奥の河原で夕日に光りながらピチピチ跳ねる小魚の群れを見たのは。あのとき、その小魚ピチピチエリアへは大きな川を渡らなければならずその川を渡って歩いているときに足元を大きなマゴイがぬるりと体当たりしてゆきすっかり恐怖にかられてそのエリアへの到着はならず、とても悔しくて、その日の夜もあくる日の夜もそして大人になってからも時々あ...

  12. アート旅行に行こう!その20 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その20

    橋を渡りきるところまで書きたかったのですが師走に忙殺されるいちサラリーマンハーバーブリッジにたどり着いたところまでで続きはあけましておめでとうからになります。最初にタイトルを考えるのでブログタイトルと若干誤差が生まれることがありますがご了承ください。いや〜年末ですね〜そういえば泊まったホステル(Big Hostel)はエリザベス ストリートにあり、セントラルステーションにも近く、とてもいい立...

  13. アート旅行に行こう!その19 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その19

    猫の写真入りの肉を見てまさかの猫肉!?と、慌てたのは日本では猫は肉より『魚』のイメージが強いからかもしれません。そこでふと思い出したのはタイのキャットフード会社が日本進出しようと日本に来て調べたら「なんと日本の猫は魚を食べるらしいぞ!」とびっくりしたと。確かに猫科の動物は基本肉食で魚は補助的な食料なのでメインが魚みたいになっているのはお魚くわえたドラ猫って歌が作られるほどの日本ならではの逸話...

  14. アート旅行に行こう!その18 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その18

    なかなか更新できなくて申し訳ないです。や〜〜もっとブログ作る時間増やしたいなーと切実に思っております。これから旅はどんどん面白くなっていくので書きたいことが溢れてやまないです。客観的に見たらちょっとつまらないかもですが個人的な旅の記録、今回は超長編を暇潰し感覚でたまに見ていただければ幸いです。前置きはこれくらいにしまして以前に『オーストラリアは西から太陽昇るし!』って書きましたがおおいなる間...

  15. アート旅行に行こう!その17 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その17

    シドニーはど真ん中のセントラルステーションそれを眼前にひかえたビッグホステル(安宿)そこに留まってしばしシドニーの植物とアートを巡る旅と洒落込んだわけです。私は初ホステル、共同生活なのでどんなもんかと興味津々でいましたがこういったものも慣れると一定の基準ができるものだなとそれはまた後の話なのですが初なのでドキドキのワクワクです。でも誰もいない部屋に入り拍子抜けを食らうところからこの旅はどんど...

  16. アート旅行に行こう!その16 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その16

    初のホステルの共同部屋です!ホステル自体も初ですが。タイのゲストハウス(1日100円)なんかにはしょっちゅう泊まったりしていましたがゲストハウスは安いとはいえ個室です。共同部屋は初めてです!さてさて今後どんな『共同』であるがゆえのあれやこれがあるのでしょうか?未知なる体験はいつも私をワクワクさせます。それがたとえ『不快』を催すものであったとしても別の意味でいえば『私の知らない新しい世界による...

  17. アート旅行に行こう!その5 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その5

    と、いうわけでようやくシドニー2日目です。日本を出発して3日目…。先が長くなりそうですね〜そう、シドニーの夜は『ビルズ』で食事でした。メニュー見た瞬間の「え!ビルズ?あの東京にいっぱいある?」ってなりあれこれまた例の「東京の人に東京のものを紹介する的なあれかしら?」と疑心暗鬼になってしまったこと深く、深くお詫びいたします。ビルズはシドニー発だったんですね!もう無知の地ならぬ無知の恥です。すみ...

  18. アート旅行に行こう!その4 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その4

    海外旅行で立ち寄るスーパーマーケットの楽しさは格別です。まず、謎のお菓子とかありますしね。あとは野菜や果物もコレはそういう味のなんなんだろうってのがひとつやふたつはあるものでそれが「知らない世界」の醍醐味でもあります。でもついうっかり長時間見てしまうのが『日本料理』や『日本の調味料』コーナー。日本のものをそのまま売っているものや、ちゃんとパッケージし直して売っているもの様々ですがやはりお値段...

  19. アート旅行に行こう!その3 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その3

    確かに私は東京23区と言えども毎回、木造家屋だったり鉄筋コンクリート造でも築50年だったり駅から徒歩20分だったりなにかしら安物件には住んでいますともええ。でも、それでも家賃を聞いた愛知県出身の姉は「ええっ!ココそんなに高いの!?」と驚いてくれたんです。ね。それがシドニー価格と比較しちゃうと「東京ってそんなに安いの!?」に変わるんですから世の中何があるかわかりません。絶対的な価値観とか『普通...

  20. アート旅行に行こう!その2 - お料理王国6  -Cooking Kingdom6-

    アート旅行に行こう!その2

    木の電信柱な自体なつかしく親しみがあるのですがこのバンクシアグリーン(私命名)がまた!ね、今更言い訳にもなりませんが私は先々を計画するとか旅行先を調べるといったことを好みません。ええ、それにより多大な迷惑を(今回の被害者はせいかちん)かけることはうっすら把握はしています。そういえば昔、すーみん(地元の友達)を「軽井沢に行こう!」とこちらから散々誘っておいて行き方(電車やバスの乗り降りや予約含...

総件数:56 件

似ているタグ