職業・仕事ジャンル×シニアのタグまとめ

シニア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシニアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シニア」タグの記事(1024)

  1. ロッテルダムの日本食 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    ロッテルダムの日本食

    ここで3人で宴会をした。ユトレヒトの夫婦は日本が大好きなので、昔を思い出しリーマンの親父っぽく会をリードして見せた。適応してくれてしまって、周りはお洒落な日本食を食べているローカルさん達なのに大騒ぎになり、まるで雰囲気を読めない駐在員の宴会のようになってしまった。この夫婦は関西人的な陽気さがある。絶対に日本社会に適応するなと思った。来年の初秋には日本に来るそうだ。晩秋は私が再渡仏するし、、、...

  2. 余りのオランダの行程が円滑なので、立方体の家も見学できた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    余りのオランダの行程が円滑なので、立方体の家も見学できた

    なんと帰りのバスが時間通りに来た。絶対に夕方運休していて遠くの幹線にあるバス停まで歩くはめになると予測していた。結果、1時間以上の余裕が出来たので、市街に戻り立方体の家に行った。

  3. キンデルダイクでは、誰でも絵になる写真をたくさん撮影した - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    キンデルダイクでは、誰でも絵になる写真をたくさん撮影した

    平原と運河の舞台に立つ完成されたオブジェ、強い陰影が出る太陽の角度で、柔らかいタッチの出る薄曇だった。これではどんな素人でも写真を失敗しない。

  4. キンデルダイクへは、以外とあっさり行けた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    キンデルダイクへは、以外とあっさり行けた

    1)ロッテルダム駅に10分遅れで着いた。1日券を買う余裕が無くなって焦ったが、目についた券売機であっさり買えた。オランダ人のシステムは合理的で無駄な装飾が無くとても分かりやすい。2)地下鉄もとても分かりやすい。2回の乗り継ぎも分かりやすくバス乗り場のある駅まで1分遅れだけで到着した。けど初めての場所で読み方が独特に感じて不安になって、腹が痛くなった。3)バス乗り場もきちんと並列に並んでいて分...

  5. 北駅でスタミナ補給だ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    北駅でスタミナ補給だ

    今からロッテルダムに行く。無茶してキンデルダイクまで地下鉄とバスを乗り継いで行く。オフシーズンの日曜日という最悪の選択だ。観光用ルートが全滅状態だ。たどり着いたら良しとする。

  6. 色々と楽しかった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    色々と楽しかった

    ストラスブール駅中のモノプで待合せして一日券を買ってからプチフランスを徘徊した。ドイツの木造建築構造にフランスの装飾が入った美しさがあった。パリの婆さんが居候姉妹とはしゃいでおねだりしていたソーセージもピスタチオ入りだけ買った。あいつらが最近は面倒臭い。ノートルダム大聖堂の威厳を越えた美しさに心を打たれた。観光地から離れた地区に日本食寿司レストランがあった。15年前に結婚して居着いた日本人女...

  7. ストラスブールってとても綺麗な所だった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    ストラスブールってとても綺麗な所だった

    ノートルダム大聖堂がこんなに荘厳で綺麗だとは。

  8. 今からストラスブールに行く - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    今からストラスブールに行く

    パリから2時間で着くから近いといえば近い。日帰りだ。でも安い汽車は朝が早いのでしんどい。お婆ちゃんからはじゃがいも入りのソーセージとピスタチオ入りのソーセージを頼まれたが、私は全く興味が無い。ただストラスブール大学に入学した男子にお祝いとして急須とお茶を渡し、日本食を奢る為だけに行く。出張だ。綺麗な場所らしいがひとり旅の爺さんにとってはどうでも良い。しかし満席なのに私の隣は空いている。こんな...

  9. 明日、オランダにはサンタがやって来るそうだ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    明日、オランダにはサンタがやって来るそうだ

    ユトレヒトの夫婦から連絡が来た。Sinterklaas と言って馬に乗っているそうだ。こっちにいると時差がないのでチャットが夜に長引いてしまう。?、おかしな追伸が来た。サンタは12月5日まで滞在したらスペインに帰るそうだ。それからドイツ語のサンタが来るそうだ。何がなんだかさっぱりわからん。

  10. パリは15時に雨からミゾレになった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    パリは15時に雨からミゾレになった

    もはや隣のカフェにさえ行く気がしなくなった。外は気温3度だ。今夜は相当に冷えるぞ。

  11. 郊外はパリでも平凡で退屈だ - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    郊外はパリでも平凡で退屈だ

    さっきまでロケしていたシテ島と大違いだ。しかし写真は郊外の素材の方が私のアートがしやすい。パリ市内は構図もディテールも完成され過ぎている。誰が料理しても同じになる。

  12. 死ぬ気で生肉を食べてみた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    死ぬ気で生肉を食べてみた

    サンジェルマンだし、金持ちラテン系常連しか客がいないし、雪が降る晩秋だし、タルタルを死ぬ気で頼んでみた。二度と食べない。

  13. 月曜日深夜の運休の告知はあった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    月曜日深夜の運休の告知はあった

    少しでもフラ語を勉強していて良かった。これがドイツ語だとお手上げだ。しかしこれじゃやっぱりわからん!!。

  14. どこかの住民が飼っている猫 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    どこかの住民が飼っている猫

    時々勘違いして、窓を開けろ、入れろと要求してくる。

  15. メトロ1号線っていつから無人運転だったのだ? - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    メトロ1号線っていつから無人運転だったのだ?

    今さら知った。怖かった。

  16. 明後日のカレーパーティーの為に米を買い出しに行った - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    明後日のカレーパーティーの為に米を買い出しに行った

    オペラのKマートに行った。現地に住んでいる邦人にはお馴染みの日本と韓国の食材のスーパーだ。客は女子ばっかりだった。現地と韓国と中国の女子だった。この米はコシヒカリらしい。それをイタリアで栽培して名前を変えて販売している。1kgの真空パックで5.35ユーロだ。安いよね。食べるのが楽しみだ。

  17. グリーフケアが完了しているので、亡妻のお気に入りだったケーキ屋に入った - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    グリーフケアが完了しているので、亡妻のお気に入りだった...

    10年前にこのパッサージュにあるケーキ屋に亡妻とよく通った。確かその頃にアメリカ人姉妹で開業したてだったと記憶している。ひとりで紅茶とケーキを食った。近くのクレープ屋は廃業していた。こうやって振り返ると亡妻とは良い想い出ばかりだな、、。というか、良くサービスしていたな。普通の主婦よりかなり恵まれているよな。この後でサンクレール寺院をモチーフに街の写真を撮影していたら若いカップルが、そのオレン...

  18. お婆ちゃんがベッドから転げ落ちた - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    お婆ちゃんがベッドから転げ落ちた

    額にタンコブができただけで済んだ。昨晩深夜の事で良く寝れずにいたそうだ。代わりにお使いに行った。ひとりで年をとるのは不安だと感じた。

  19. ウッディアレンがロケした?、知らんがな - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    ウッディアレンがロケした?、知らんがな

    フランス語でミッドナイトインパリをロケしたと書いてある。ああ、あのショボい映画か、、、。この年寄りユダヤ男は70年代のアニー・ホールで終わったんじゃなかったの?。あんなアメリカ人が何なの?。こんな事で宣伝しなくてもあんたの店は最高だよ。大衆食堂の鏡さ。ここのしょっぱい牛肉のワイン煮付けと安いワインがあれば天国だ。

  20. 写真表現についてブレてしまった - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    写真表現についてブレてしまった

    日本人びいきのギャラリーに挨拶に行った。オーナーさんが不在だったのでアシスタントの女の子と喋った。合展をしていた。そのセレクションが銀塩技法を追求したいのか、80年代の日本の写真を紹介したいのか、人間にフォーカスしたいのか、全く理解できなかった。なんかブレているなと感じた。同時に自分の心もブレてしまった。この一年はもう一度、自分のスタイルを再構築しよう。今日、駅ピアノを久しぶりに弾いて、音楽...

総件数:1024 件

似ているタグ