シマアオジのタグまとめ

シマアオジ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシマアオジに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シマアオジ」タグの記事(11)

  1. 想い出II - 趣味の野鳥撮影

    想い出II

    この野鳥は絶滅種に属したようです。北海道にいる友人が今季のシマアオジは遠くにいたのを確認出来たそうで、近くで観察できなかったそうです。私も5月末に出掛けましたが、姿を見ることは叶いませんでした。もう一度しっかり観察し撮影出来たら‥の願いはむなしかった。来年は‥と思いましたが、あきらめざるを得ません。4年前の遠くのショットをトリミングです、♀と出合えたのは感動でした。右下後ろ姿はオオジュリン。

  2. 絶滅種。 - 季節の野鳥~Wildbirds archives

    絶滅種。

    2019年3月に発表されたフィンランド版レッドデータブックに拠れば、シマアオジは絶滅種とされました。2007年を最後に、フィンランドでは観察例がないためとのこと。北海道でも2018年は1地域25番いの繁殖しか確認されませんでした。今年はやっとやっと、遠くに1羽が見られました。トリミングをする気にもならないはるか先でした。実態はどうなっているのでしょう。行く末が案じられます。

  3. 花は、見ごろなんだけど・・・シマアオジ。 - 野鳥のさえずり、山犬のぼやき

    花は、見ごろなんだけど・・・シマアオジ。

    アカシアの花に続き、湿原の花がらみに挑戦しに行きましたが・・・。花は、おかげさまでエゾカンゾウもコバイケイソウも今が見ごろでした。。。。が、目論見のシマアオジが・・・・姿を見せてくれるものの・・・。花に停まってくれません(´;ω;`)かろうじて・・・またも、エゾカンゾウのつぼみに・・・いつものソングポスト現着したのが5時半・・・すでに、さえずりが聞こえてきましたが、立ち会うのに一歩遅かった。...

  4. 北海道遠征10シマアオジ - 比企丘陵の自然

    北海道遠征10シマアオジ

    サロベツ湿原ではシマアオジを始めコヨシキリやホオアカさらにオオジシギのディスプレイ飛翔等を写すことができました。写したと言っても証拠写真程度で満足のいくものではありません。今季はシマアオジの出が好いと云う情報が有ったので行ってみたけどそれ程好くは無かったです。それでも写せなかったCMが多い中写せただけでもラッキーでした。本来はコバイケイソウの花に止まって欲しかったのですが今季は葉っぱだけで花...

  5. ホッと胸を・・・・・・・ - カシャカシャblog

    ホッと胸を・・・・・・・

    今年もシマアオジを・・・・・。早朝出発し、現地に着いたのが午前11時過ぎでした。すでに10数名のCMさんが待機中。話を伺うと、今年のシマアオジの出はあまりよくないとのこと。この日は朝夕に一度ずつ。2日目は午前3時半に起き4時出発。駐車場の朝は早いですね。あちこちの車からCMさんたちが準備しています。木道で待機していると、遠くにシマアオジが登場!あっという間に草むらの中に姿が消えました。しばら...

  6. 寒いと思ったら・・・シマアオジ。 - 野鳥のさえずり、山犬のぼやき

    寒いと思ったら・・・シマアオジ。

    連日寒い道北地方・・・はい、家の中では6月中旬になるのに。。。ストーブ炊いてます。T^T原野に向かう道中も・・・5度!予想通り・・・エゾカンゾウもコバイケイソウも寒さにやられていました><;・・・・が、不思議なことにこの日は、ポカポカ陽気^^;着くとすぐに現れてくれていました。エゾカンゾウは、大打撃を受けていましたが・・・なんとか成長不足のコバイケイソウで・・・オオジシギも元気いっぱい。ホオ...

  7. とりあえず道北事情を・・・シマアオジ。 - 野鳥のさえずり、山犬のぼやき

    とりあえず道北事情を・・・シマアオジ。

    そろそろ気になっている方もいるようなので、道北事情を報告に・・・。すでに、私を含めて5組の観察者が早朝よりシマアオジを待っていましたが・・・。夜明けから待てど暮らせど、さえずりが聞こえてきません・・・。午前八時を過ぎたころ?鋭い地鳴きの瞬間、背後からいつものソングポストへ・・・。二週間前に撮影した場所とまさに、同じ場所・・・。立ち位置がベンチ側でしたので距離がありますが・・・ここのソングポス...

  8. 今や昔の至近距離・・・シマアオジ。 - 野鳥のさえずり、山犬のぼやき

    今や昔の至近距離・・・シマアオジ。

    2週間ぶりに行ってきたシマアオジの地。目に見えるほどの植物の成長は、なかったのですが・・・・。この距離で撮影できたのが・・・最短でした。10m~20mの草むらにダイビングすること4回ほどありましたが・・・。植物の密集度の差なのでしょうが・・・見つけることができませんでした。・・・・ということで今や懐かしい地走りのシマアオジです。地鳴きでさえずっていました・・・・もう、こんな出逢いはないのでし...

  9. 北の主役の大本命・・・シマアオジ。 - 野鳥のさえずり、山犬のぼやき

    北の主役の大本命・・・シマアオジ。

    ハヤブサの親子と会ったあと・・・その足で、その日のうちに北上。夕方、現地に着くと・・・遠くからその声を確認したものの、遠くに居る姿だけ。でも今年も来てくれていたので、まずは一安心。朝目覚めると雨模様の曇り空・・・遠くから聞こえる存在を確認しているとそのお祭りが始まりました。500mにAPSで1.5倍でこの距離は、10mです。かなりの至近と言っていい距離。最初は、後ろ向き姿のまま長い時間が続い...

  10. シマアオジ - 野鳥フレンド  撮り日記

    シマアオジ

    木道には花見の観光客が多くて、シマアオジを半ば諦めて車から向かいました。車の中ではシマアオジの囀り聞き分けの予習をしてました。現地に着くと何やらそれらしい囀りが後ろの方から聞こえて来ます。ナ、ナント!シマアオジが20m先の小枝に止まって囀ってます。去年は苦労しました、ホテルの朝食を弁当に変えて早朝から探しました、そして待ちに待ってワンカット・・・今年は何と運が良いことか、着くや否や待っててく...

  11. シマアオジ - 野鳥フレンド  撮り日記

    シマアオジ

    今回の主目的は、シマアオジとギンザンマシコ。どちらも会えなくて当たり前!ましてや急ぎ足の鳥撮り行では万に一つ、に等しい位の確率です。せめて朝から晩まで一日掛けて撮りたかったのですが、休みが思うように取れない状況では致し方ありません、贅沢は言えません。ワンカットでも撮れれば良い!若いカメラマンやバーダーサンたち10人ほどが少し前に見たと言う、私は鳥の囀りを頼りに一人先へ足を運ぶ、数十メートル先...

総件数:11 件

似ているタグ