シュンランのタグまとめ

シュンラン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシュンランに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シュンラン」タグの記事(40)

  1. 20210407 公園散歩 - 鳥撮り散歩

    20210407 公園散歩

    ぽちぽちと花を探して公園散歩です。「サクラ」「コデマリ」「シロハラ」「シュンラン」「フデリンドウ」「イカル」「ホウチャクソウ」「ヒトリシズカ」

  2. 春の加曾利貝塚 - 花と葉っぱ

    春の加曾利貝塚

    撮影:3月26日(千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)工事中は園外の臨時駐車場でしたが、工事が終わり園内の駐車場が使えるようになった。園内の周回道路は使えますが、肝心な草原広場が遺跡発掘のために柵で囲まれていて入れない。中はショベルカーで掘り返され、赤土が剝き出しになっている。今日は発掘調査をしていなかった。周回道路とその側道などを草花を探しながら、のんびりとした散策を楽しんだ。青空が見え隠れす...

  3. センダイヤザクラ - Magnolia lane 3

    センダイヤザクラ

    センダイヤザクラセンダイヤザクラ(仙台屋桜)という名は 植物学上の和名ではなく、牧野博士が高知市内の仙台屋という屋号の商家の店先で見つけて命名したものです。センダイヤザクラの成木は日本では数少なく、親木は既に枯死しています。牧野記念庭園にあるセンダイヤザクラは、日本では一番の大木とされていることから、庭園のシンボルとなっています。植物学上の和名は、オオヤマザクラあるいはベニヤマザクラといい、...

  4. 隙間から - いや、だから 姉ちゃん じゃなくて ネイチャー・・・ その2

    隙間から

    ひと月ぶりに万葉植物園に行ってきました確実に季節が進んでいました咲き始めたシュンランを見つけましたが撮影には厳しい場所で手前の葉っぱの間から狙ってみました

  5. ラッパ水仙 - うまこの天袋

    ラッパ水仙

    玄関先に置いてある植木鉢がふと気になって・・・葉っぱをかき分けるといくつも蕾を発見そして・・・開いている花発見シュンランです。うつむいて咲くのでうまく撮れませんけど暖かい日が続くので乙女ツバキが花盛りですちょっといっぺんに咲きすぎてますよ。重なってい花をすかしましょう。摘んだ花を水に浮かべました豪勢ですね♫~ラッパ水仙も咲きそろってきたのでこちらも豪勢ですよ♬~同じ花をたくさん花瓶に生けるの...

  6. もりの観察会 - つれづれ日記

    もりの観察会

    3月になりました。早くも一週間過ぎ、そしてコロナの緊急事態宣言も、またもや延長されました。それでも、春はやってきました。シュンランが咲いています。

  7. 春の香りⅡ - 旅のかほり

    春の香りⅡ

    春の花が一斉に咲きだしてきましたリュウキンカ意外とどこでも咲いています林床では早くもシュンランが咲きだしていますムラサキハナナ(オオアラセイトウ)もうす群落になりますいつもの池ではカワセミ上を飛ぶ猛禽類か気になります2羽いるんです下が成長した子供?親子かなコロナ禍のなかでもカワセミさんはいつでも元気です

  8. シュンラン春蘭 - 里山の四季

    シュンラン春蘭

    ラン科シュンラン属別名ホクロ広葉樹と杉の林床に今年もシュンランの花が咲きました。2021.3どの株も斜面に生えていて写真を撮る足場が心もとなくて、汗・・花の構造ガク片3個花弁3個ずい柱(雄しべと雌しべが合体したもの)ずい柱の先に葯帽をかぶった花粉塊があります。唇弁の赤紅色の斑点をホクロに見立てて別名ホクロ子房は花柄にあります。

  9. 森へ~ - 山庭居 ~庭に居ます~

    森へ~

    今年になってWord、Excelを使う仕事を少しだけしています。パソコンは苦手です。ブログもスマートフォンのアプリがほとんどです。カメラ画像を載せる時のみ、PCから後付けします。キーボードは、打ち間違いや誤変換ばかりであやーっという感じ。もう少しちゃんとできていたはずなのに、指先も目もひどい衰えです。息を詰めて前屈みになり、気づけば半日などすぐです。息子たちを含め、世の中の働く人はこの事と無...

  10. シュンラン - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シュンラン

    山歩きで見付けた、シュンラン・春蘭地味だけれど可愛い山野草。

  11. 5月11日の大万木山⑥ - 清治の花便り

    5月11日の大万木山⑥

    ⑤から続き5月11日の大万木山最終回新緑に鳥の声あり相思鳥新緑の森を飛びふ外来種歩地爺・シャッター押すの止めようと思ったが・・・押してしまった^^・地蔵尊から宍道湖・イカリソウとショウジョウバカマ・春蘭の唯一点に光かな歩地爺・避難小屋通過・萌黄色権現滝の水の色歩地爺・薫風や木洩れ日の色萌黄色歩地爺・コンロンソウ・大万木山往きも帰りも崑崙草歩地爺・羅生門葛と言へぼ龍之介羅生門葛綱の落としし鬼女...

  12. 4月28日の三瓶山 - 清治の花便り

    4月28日の三瓶山

    4月28日翌日の昭和の日はひょっとして混雑すると嫌だから三瓶山久々に北の原ー(姫逃池コース)ー男三瓶山ー西の原登山口ー(中国自然歩道)ー北の原・芽吹きから若葉へ新緑の森を歩く・風に揺れ光の如し花木五倍子歩地爺・朝の森光り輝く若葉かな歩地爺・どうしても光が使いたくなるのです・見上ぐれば落葉松新芽青き空歩地爺・黒文字の花も輝いて・四阿にひとひらふたひら散る桜葉桜や人見ぬ登山清清し歩地爺・背丈が伸...

  13. 序での草花 - 風任せ自由人

    序での草花

    探蝶の際に出会った草花シュンラン神奈川ギフを探して歩いていた山道沿いに咲いていたシュンラン。以前はたくさん見られたが、数が減ってしまい、ここ数年見ていなかった。今年は3つ見つけた。双子のタンポポ馬酔木ポイントに隣接した畑の道に咲いていたタンポポだが、1つの茎から2つの花を咲かせていた。マムシグサこれも神奈川ギフを求めて歩いた山道沿いに咲いていたもの。フキ神奈川ギフを里のマメザクラで撮影した時...

  14. 道中に - Mag's DiaryⅢ

    道中に

    モミランを探すのだから、上ばかり見て歩くのだけれど、時々は下も見なくっちゃね。咲き始めのスミレや、ヒトリシズカ、終わってしまったケスハマソウ、花を閉じているミヤマカタバミ・・・。シュンランが咲いていた。あまりハタザオらしくないシコクハタザオがいつものところに。シロバナショウジョウバカマが咲いていた。黄色い花もあった。キバナショウジョウバカマと言いたいよ。帰り道に寄った場所のシロバナショウジョ...

  15. 第12候春雷轟き始める - Wind Tribe Story

    第12候春雷轟き始める

    シュンラン私の中ではこの子こそスプリングエフェラメル今年も出会えたことに感謝また来年も会えれば良いなぁ昨日はなごり雪なんとも変な時期になごってくれたもんだコロナ騒ぎがまだ静まらない全く迷惑な奴だなぁ・・・・手洗いうがいをしっかりと良き1週間をお過ごしください蒼の刻

  16. ■春の草花 (2)20.3.14(シュンラン、フッキソウ、ヒトリシズカ) - 舞岡公園の自然2

    ■春の草花 (2)20.3.14(シュンラン、フッキソ...

    朝からの冷たい雨、気づいたら大粒の雪になって降りしきっていた。休日だが「学習支援」をしてやった孫たちが"1か月遅れの" 「じいじの誕生日のお祝い」をしてくれた。その後「ゆーきやこんこ」と庭で遊んでいた。ひさしぶりに行った小谷戸の里で、春の草花が咲き進んでいた。シュンラン20.3.13FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO1250 1/1250,F8フ...

  17. 春蘭と二輪草 - 里山の四季

    春蘭と二輪草

    シュンラン春蘭ラン科シュンラン属里山の小さな切り通しの崖にシュンランを見つけました。たった一輪の小さな株微小な種が飛んでこの地に根付いてどれだけの時間を費やしたでしょうか?やっと花をつけるまで成長したんだね。ニリンソウ二輪草キンポウゲ科イチリンソウ属群生するにはもうすこし待たなければなりません。フライング気味の気の早い数株が開花していました。日陰の湿った場所で真っ白い花が幽玄名前のとおり二輪...

  18. 3月森の観察会 Ⅱ - つれづれ日記

    3月森の観察会 Ⅱ

    花粉さえ飛んでいなければ森は最高の場所。シュンラン。テングチョウ。ヤブコウジ。

  19. 新春 - 気ままな生き物撮り 弐

    新春

    春蘭

  20. 惹かれる可愛さ「マヤラン」 - 花と葉っぱ

    惹かれる可愛さ「マヤラン」

    撮影:7月20日(千葉市・県立中央博物館生態園)先日、加曾利貝塚公園で7月のサガミランを見ました。生態園では見たことがありません。近縁のマヤランは生態園で毎年同じころに咲きますが、加曾利貝塚公園ではまだ見たことがありません。雨が時折り落ちてくるような暗い空、マヤラン撮りに午後から出陣。蒸し暑い!散策路の端の方にポツン、、、ポツンと一株ずつ散らばって咲いています。うっかりすると踏んでしまいそう...

総件数:40 件

似ているタグ