シューベルトのタグまとめ

シューベルト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシューベルトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シューベルト」タグの記事(31)

  1. 真夏の朝聴く「冬の旅」 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    真夏の朝聴く「冬の旅」

    2019年8月3日(土)朝の一曲大好きなペーター・シュライアーの「冬の旅」が今朝のNMLで配信されている。伴奏がスヴャトスラフ・リヒテルとは、これまた豪華。早朝から蝉の鳴き声がより激しさを増す真夏の朝。「冬の旅」を聴く。。。冬の旅 Op. 89, D. 911Winterreise, Op. 89, D. 911作詞 : ヴィルヘルム・ミュラー - Wilhelm Müllerペーター・シュ...

  2. シューベルト/即興曲集Op.90 & Op.142 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/即興曲集Op.90 & Op.142

    No.183:器楽曲シューベルトは、その生涯に100曲以上ものピアノ曲を作曲していますが、その最後を飾るのが2組の「即興曲集」です。この2組は、4曲ずつ作品90と作品142としてまとめられていて、どの曲もシューベルトらしい旋律の美しさを楽しめる佳曲だと思います。私は『ヴィルヘルム・バックハウス最後の演奏会』のアンコール曲として録音された盤で初めて、作品142-2の即興曲を聴きました。1969...

  3.  ジャケットに魅かれて。。。12 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて。。。12

    2019年7月18日(木)SCHUBERT, F.: WinterreiseRoderick WilliamsChristopher Glynn13-15 February 2017, St. Silas Church, Kentish Town, London, England, UK「美しき水車小屋の娘」の前に、「冬の旅」を先に収録していた。伴奏は歌のレパートリーを専門とするフリーランス...

  4. ソフトなバリトンの歌声 - 気楽おっさんの蓼科偶感

    ソフトなバリトンの歌声

    2019年7月18日(木)Roderick Williamsロードリック・ウィリアムズのソフトなバリトンの歌声を久々に聴いた。イギリス人の父、ジャマイカ人の母の間に生まれたウィリアムズも今年もう54歳になる。この録音は昨年7月のちょうど今頃に行われた。NMLの新着配信で今朝耳にするが、この人のバリトンはどちらかといえばテノールの音域に極めて近い声質に思う。5年前の暮れ、軽井沢大賀ホールでバッ...

  5. 學びて時に之を習う〜「理論と実践」 - Akitoku's Blog 『指揮道を歩む』

    學びて時に之を習う〜「理論と実践」

    [學而第一]子曰わく、學びて時に之を習う、亦説ばしからずや。聖賢の道を学んで、ときに応じてこれを実践し、その真意を自ら会得することが出来るのは、なんと喜ばしいことではないか。朋遠方より来る有り、亦樂しからずや。共に道を学ぼうとして、思いがけないく遠方から同志がやってくるのは、なんと楽しいことではないか。伊與田覺《仮名論語》より2018年夏に続き、音楽学者・丸山桂介先生をお迎えして、出雲芸術ア...

  6. シューベルト;白鳥の歌より「セレナーデ」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;白鳥の歌より「セレナーデ」

    「歌曲の王」シューベルトの晩年の歌曲集「白鳥の歌」より、代表曲の「セレナーデ」。シューベルト。枯葉、梅毒に罹患していた。31歳の若さで死去したのもそれが原因。梅毒がシューベルトの評価を貶めるものではないが、一見、真面目そうなシューベルトが梅毒とは直接、結び付け難い。「白鳥の歌」は、シューベルト晩年の歌曲集。その中の「セレナーデ」は秀逸である。

  7. Schubert: P-Sonata#21,D960 Etc@Marc-André Hamelin - MusicArena

    Schubert: P-Sonata#21,D960 ...

    ハイペリオンからのリリースで、マルク=アンドレ・アムランが弾くシューベルトの最晩年ピアノ作品集。https://tower.jp/item/4688916Schubert:Piano Sonata No.21 in B flat major, D960Ⅰ. Molto ModeratoⅡ. Andante SostenutoⅢ. Scherzo: Allegro Vivace Con Del...

  8. シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト:ピアノ五重奏曲「鱒」

    「歌曲の王」シューベルトの面目躍如たる作品。ピアノ五重奏曲「鱒」。第4楽章の旋律は独立した歌曲として歌われる。中学生の頃、音楽の授業で観賞した思い出がある。FranzSchubert。偉大な音楽家で、Beethovenの後のロマン派音楽を発展させた功績は大きい。ピアノ五重奏曲「鱒」を掲載しておく。Schubertの才能の素晴らしさよ!!!今回は第4楽章のみである。

  9. シューベルト;ロザムンデ序曲 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;ロザムンデ序曲

    「歌曲の王」として讃えられるシューベルト。intelligenceに富んだ風貌。相当の天才に違いない。WienにはSchubertHausがあり、是非とも訪問したい場所。今回は「ロザムンデ序曲」を掲載。才能の一端が、こういう音楽にも表出している。シューベルトは、どんな音楽でも一流なのである。心が浄化されてしまう。

  10. シューベルト;ロザムンデ;間奏曲第3番 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;ロザムンデ;間奏曲第3番

    シューベルトの「ロザムンデ」も有名である。FranzSchubeltシューベルトも歌曲以外にも多くの音楽を残している。若くして亡くなるのは、天才としての宿命だったか。「ロザムンデ」の間奏曲第3番の旋律は泣ける程に美しい。感動出来る。時間を越えて永遠に残る、芸術作品である。まさに、名曲。シューベルトも天才なのである。

  11. シューベルト;魔王 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;魔王

    小学校時代の音楽室には主な音楽家の肖像画が掛けられていて、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルトの髪が異様に見えたが、それらがカツラであることを知ったのは長じてからである。シューベルトの肖像画もその中にあったが、付いていた称号が「歌曲の王」。シューベルトが「歌曲の王」ならば、ここでは、歌曲を掲載しなければなるまい。シューベルト。FranzSchubelt、彼は38歳で亡くなっている。「魔王...

  12. シューベルト;アヴェ・マリア - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    シューベルト;アヴェ・マリア

    シューベルトも偉大な作曲家の一人。「歌曲の王」と学校時代には習った記憶がある。シューベルトの交響曲も好きである。シューベルト。ウィーンにある、SchubertHausを機会があれば一度行ってみるといい。シューベルトも夭逝したが、シューベルトもの人生は、真面目そのものであったようである。小生、少年期に映画「未完成交響楽」を観て涙したものである。前回はグノーのアヴェ・マリアを掲載したが、対比させ...

  13. Mitsuko Uchida, Schubert @ Southbank - No Man's Land

    Mitsuko Uchida, Schubert @ ...

    Mitsuko UchidaのSchubertコンサート。演目はSonata in A minor, D.537Sonata in C, D.840 (Reliquie)Sonata in B flat, D.960聴こえてくる音楽が目の前で演奏されていることが信じられない。繊細な美とパワフルなステイトメントと、スタミナ。スタミナ。アーチストというのは物凄い。

  14. シューベルト/弦楽四重奏曲第14番ニ短調D.810「死と乙女」 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/弦楽四重奏曲第14番ニ短調D.810「死...

    No.148:室内楽曲シューベルト晩年の最高の弦楽四重奏曲といわれるこの曲は、全体が悲哀感や憤怒といった暗い色調に覆われた曲となっています。とりわけ第2楽章は、「死と乙女」の由来ともなった彼のリートが主題となっています。4楽章すべてが短調で書かれるなど、死の恐怖が生々しく描かれています。このエントリーで真っ先に挙げたい演奏は、アルバン・ベルク四重奏団のものです。じつはこの団体の1993年来日...

  15. シューベルト/弦楽五重奏曲ハ長調Op.163 D.956 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/弦楽五重奏曲ハ長調Op.163 D.956

    No.147:室内楽曲弦楽五重奏といえば、モーツァルトの弦楽四重奏に第2ヴィオラを加えた編成の曲が有名です。ところが、今日のシューベルトのものはモーツァルトやブラームスの弦楽五重奏とは違って、2挺のチェロという珍しい編成になっています。そのため低音部の充実が著しく、スケールの大きな作品となっています。この弦楽五重奏曲は1828年9月頃に完成したらしいのですが、シューベルトはその年の11月に3...

  16. Schubert: Nacht & Träume@Laurence Equilbey/Insula O., accentus - MusicArena

    Schubert: Nacht & Träum...

    昨冬のエラートのリリースから、エキルベイが描き出す管弦楽編曲版によるシューベルト歌曲集。http://tower.jp/item/4605103/Franz Peter Schubert:1.Schwanengesang, D957: Ⅳ. Ständchen (Orch. Mottl)2.An Sylvia, D891 (Orch. Krawczyk)3.Die Forelle, D550...

  17. Schubert: Trout Quintet@Mutter,Trifonov,Hornung - MusicArena

    Schubert: Trout Quintet@Mut...

    昨秋のDGのリリースから、まず聴くことはないと思っていたムターのアルバムを久し振りに買ってみた。http://tower.jp/item/4604797/Franz Peter Schubert:1. Piano Quintet in A major, D667 'The Trout'Ⅰ. Allegro vivaceⅡ. AndanteⅢ. Scherzo (Prest...

  18. Impromptu in G♭ Major D. 899 No. 3 - 黒猫チッチのひとりごと

    Impromptu in G♭ Major D. 89...

    さて、Shubertの有名なピアノ曲Impromptu in G♭ Major D. 899 No. 3 (Opus 90 No. 3)ですが、原曲は♭が6個つくので、手が広がらなくて指が太い私は、黒鍵の間に指が挟まっちゃうんので、最後まで弾いたことがありません。そこで、これを半音上げたGduaにすると、嘘みたいに弾きやすくなります。かつてはG-Durの楽譜もあったそうです。そこで、今月の課...

  19. シューベルト/交響曲第5番変ロ長調D.485 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/交響曲第5番変ロ長調D.485

    No.102:交響曲シューベルトの交響曲は全8曲ありますが、その中では第9番「ザ・グレート」と第8番「未完成」が名高いです。しかしそれ以外の交響曲もとても魅力的です。第4番以後の3曲は、ウィーンのブルク劇場のヴァイオリニストであったハートヴィッヒ家での、私的なコンサートで演奏するためのものであったらしいです。そのためティンパニやトランペット、トロンボーンは含まれず、室内楽的な小さな楽器編成で...

  20. シューベルト春の信仰使徒7章59節~60節 - 原語から見える聖書のイメージ

    シューベルト春の信仰使徒7章59節~60節

    オフィスビルの並ぶ通りって無機質なことが多いですが、都心のこの小さなビル、ささやかな植え込みの寄せ植えがとても見事こういうガーデニングをしたいなと思いながら、このビルの前を通るのが楽しみですさて今日のパラグラフは「ステファノの殉教」使徒の行動7章59節から適当な段落までの雑感です7章の最後は劇的ですね遠藤周作が書いていましたが、このときペトロはじめ他の使徒はどうしていたのか・・・7:59口語...

総件数:31 件

似ているタグ