シューベルトのタグまとめ

シューベルト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシューベルトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シューベルト」タグの記事(3)

  1. 歴史上もっとも傑出したテナー ヴンダーリヒ - ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

    歴史上もっとも傑出したテナー ヴンダーリヒ

    2017年8月24日(木)テノール歌手と言えばいの一番にルチアーノ・パヴァロッティ(1935~2007)、そしてプラシド・ドミンゴ(1941~)やホセ・カレーラス(1946~)を思い浮かべるが、もうひと昔前のファンなら、マリオ・デル=モナコ(1915~1982)ということになるのだろう。ところが実はモナコとドミンゴやパヴァロッティの間にもうひとりの偉大なテノール歌手がいた。ドイツ人歌手のフリ...

  2. シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ イ短調D.821 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/アルペジオーネ・ソナタ イ短調D.821

    No.70 : 室内楽曲 アルペジオーネという楽器は1823年にウィーンのシュタウファーによって発明された楽器で、「ギター・ダモーレ」と呼ばれたこともあったようです。ギターに似た形をし、6本の弦をもつチェロ風の楽器で弓を使って弾いたようです。しかし、当時すでにチェロという楽器が独立性を確保していたこともあり、このアルペジオーネは全く普及せずに消え去ってしまいました。 この曲は、シューベルトが...

  3. シューベルト/交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」D.944 - just beside you Ⅱ

    シューベルト/交響曲第9番ハ長調「ザ・グレート」D.944

    No.66 : 交響曲 シューベルトが作曲した交響曲のうちで、もっとも長大なこのハ長調交響曲は、特別に「ザ・グレート」と、これしかない!という愛称で呼ばれています。そしてシューマンがこの曲の第4楽章を、「天国的な長さ」と評したことでも有名ですが、まさに「ザ・グレート」の名にふさわしく、スケールの大きな交響曲といえます。1826年の作曲ですが、初演されたのはシューベルトの死後10年以上も経った...

1 - 3 / 総件数:3 件

似ているタグ