ショスタコーヴィチのタグまとめ

ショスタコーヴィチ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはショスタコーヴィチに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ショスタコーヴィチ」タグの記事(8)

  1. 新盤☆秀盤NO28ヤルヴィの創った故郷のエストニア祝祭管弦楽団でショスタコーヴィチの「悲愴」を聴く - のんきなとうさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO28ヤルヴィの創った故郷のエストニア祝祭...

    2018年9月1日(土)今日から9月いよいよ巨匠の領域に達しつつあるパーヴォ・ヤルヴィ。彼が創った故郷におけるオーケストラ、エストニア祝祭管弦楽団とのショスタコーヴィチを聴く。ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 ロ短調 Op. 54Symphony No. 6 in B Minor, Op. 54エストニア祝祭管弦楽団 - Estonian Festival Orchestraパーヴォ・ヤルヴ...

  2.  第九伝説その3ショスタコーヴィチの9番 - のんきなとうさんの蓼科偶感

    第九伝説その3ショスタコーヴィチの9番

    2018年2月13日(火)歴代の作曲家のなかで、誰が多くの交響曲を書いたか。ハイドンとモーツァルトは別格だが、ベートーヴェンより後の作曲家で2桁以上を書き残した人を列挙していくと・・・ラフ(1822~1882スイス)11曲、 ブライアン(1876~1972イギリス)32曲、ミャスコフスキー(1881~1950ロシア)27曲、マリピエロ(1882~1973イタリア)17曲、ヴィラ=ロボス(18...

  3. クラシック鑑賞 6 (PART 1) - デンマンの書きたい放題

    クラシック鑑賞 6 (PART 1)

    クラシック鑑賞 6 (PART 1)(dmitri02.jpg)(music987.jpg)(ireba03.jpg)(laugh16.gif)(ohta03.png)デンマンさん。。。、最近、クラシックにハマっているのですかァ~?(kato3.gif)僕はクラシックは、どちらかと言えば苦手なんだよ。。。それなのに、どういうわけで、最近オイラとたびたびクラシックを鑑賞するのですか?オマエは不...

  4. クラシック鑑賞 6 (PART 2) - デンマンの書きたい放題

    クラシック鑑賞 6 (PART 2)

    クラシック鑑賞 6 (PART 2)【レンゲの独り言】(manila07.gif)ですってぇ~。。。これまで、デンマンさんは太田さんについてずいぶんと記事を書いてネット上にアップしたので、太田さんも次のサイトで抗議録を公開したのです!(kogiroku9.png)■『実際の抗議録』(デンマン注:しかし太田将宏が上の抗議録を掲載したサイトは消滅してしまいました!)デンマンさんも上の抗議録を読ん...

  5. ショスタコーヴィチ交響曲第8番使徒7章54節~56節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ショスタコーヴィチ交響曲第8番使徒7章54節~56節

    書店前での古本市には掘り出し物がありますねいくつか買いましたが、この本が時系列で新約文書を簡明に紹介してあり、とてもいいなと思いながら読み始めてますさてステファノが議会に召喚されて、大弁論を展開しました最後はとうとう、「あなた方は裏切り者だ云々・・」というわけで、新しいパラグラフに入りました「ステファノの殉教」使徒の行動7章54節から適当な段落までの雑感です7:54口語訳人々はこれを聞いて、...

  6. ショスタコーヴィチ/交響曲第13番使徒7章33節~34節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ショスタコーヴィチ/交響曲第13番使徒7章33節~34節

    横浜美術館のコレクションは写真可肘掛け椅子で眠る女不気味な絵が多い中、この絵の大らかさがとても気に入りましたドラマールとか美人さんの恋人が多い中、このモデルさん誰でしょう?シュールとリアルさは紙一重ですねさて今日のパラグラフは「ステファノの説教」使徒の行動7章33節から適当な段落までの雑感ですミディアンの地に長い間お世話になってうちにエジプトのことはモーセの心の中に生き続けていたんでしょうか...

  7. ショスタコーヴィチ交響曲第7番使徒7章11節~12節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ショスタコーヴィチ交響曲第7番使徒7章11節~12節

    寒波のせいか、空気の表情が面白いですこちらは朝焼けの港冷気に対比して海が穏やかに感じられますこちらは、夕方飛行機雲と思われる一条のラインが輝いてました冷え込んできたせいか、氷のように固まって見えるんですよね(笑)さて今日のパラグラフは「ステファノの説教」使徒の行動7章11節から適当な段落までの雑感ですヘブル語聖書の物語要約が続きます暗唱してるんでしょうね7:11口語訳時に、エジプトとカナンと...

  8.  続・指揮者100選☆5コンドラシン - のんきなとうさんの蓼科偶感

    続・指揮者100選☆5コンドラシン

    2017年1月27日(金)NMLでロシア最大のレーベルMelodiyaの追加96枚が配信された。よく見ていくと3人の指揮者をまだ書いていないのに気がついた。コンドラシン、スヴェトラーノフ、そしてキタエンコ。今回はまずそのいちばん先輩格であるキリル・コンドラシン(Кирилл Петрович Кондрашин, ソ連1914~1981)からである。モスクワで生まれた彼は、最初マールイ小劇場...

総件数:8 件

似ているタグ