ショベルのタグまとめ

ショベル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはショベルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ショベル」タグの記事(155)

  1. 1981FXS1340 クランク芯だし、組み付け - Vintage motorcycle study

    1981FXS1340 クランク芯だし、組み付け

    Sさんのショベルヘッドドライブサイド、タイミングサイドともに組み付け前のシャフトの振れ、フライホイールの振れチェック。クランク組み付け芯だし作業。フライホイールが同じ方向に傾くパターンの振れ方をしたので、少々苦戦しつつ無事振れとり完了。スプロケットシャフトベアリングレース取り付け、ベアリングのスラストチェック、シムの圧みで調整。ピニオンベアリングは前回選択済みのものを取り付け、クランクケー...

  2. 1981FXS1340 クランクバランス - Vintage motorcycle study

    1981FXS1340 クランクバランス

    今日はSさんのショベルヘッド、クランクバランスコンロッドスモールエンドブッシュ交換、ビッグエンドベアリングレースラッピング、コンロッドワッシャー交換が終わりバランスどり作業。まずは現状(もともと付いていたピストン)でのバランスファクター計測。バランスファクターは61%で純正パーセンテージ。問題は左右フライホイールのアンバランス。70年代中期ごろからメーカーでは両フライホイールを組んだ状態でバ...

  3. 1981FXS1340 タイミングギア周り - Vintage motorcycle study

    1981FXS1340 タイミングギア周り

    今日はSさんのショベルヘッドタイミングギア周りのお話。まずはクランクケースの修正ごとから。カムカバーボルト雌螺子にクラックが入っていました。こいつの修正から。螺子穴の深い部分までクラックfが入っていましたので、一旦削りとり溶接肉盛り。ダウエルピンを抜き取り、冶具製作しカムカバー面面研。カムカバーを使い位置出し。カムカバー穴にピッタリなポンチを製作し正確に位置だしして、新たに螺子穴製作。序にナ...

  4. 1981FXS1340 コンロッド周り - Vintage motorcycle study

    1981FXS1340 コンロッド周り

    今日はSさんのショベルヘッドのお話。F側0.03mm、R側0.01mmと楕円があったコンロッドビッグエンドベアリングレース。ラッピングし真円に。スモールエンドブッシュはF側大きいところで0.0mmR側大きいところで0.05mmとガタがありましたのでブッシュ交換。コンロッドスモールエンドブッシュホールは無事。ブッシュ圧入、リーミング&ホーニングしてピストンピンに対し0.025mmのクリアランス...

  5. 1976FXE1200分解作業 - Vintage motorcycle study

    1976FXE1200分解作業

    先週も4日間連続で北海道から来ていたHさんのショベルヘッド分解作業が終わりましたので、まとめブログ。エンジン腰上分解。ピストンは.010”オーバーサイズピストンが入っており、シリンダーもピストンに対し0.08mm~0.09mmと状態は悪くない。写真を撮り忘れてしまったが、ヘッド周り分解バルブガイドとバルブステムのクリアランスは0.09mm~0.1mmと大きめ、リアEXは大分変形があり大きいと...

  6. 1978FXE1200 オイルポンプ - Vintage motorcycle study

    1978FXE1200 オイルポンプ

    今日はMさんのショベルヘッドオイルポンプのお話もともとついていたオイルポンプはアイドラギアシャフトがテスポ・・・。ボディー内壁にもキズがありますのでオイルポンプを交換することに。使うオイルポンプボディーは80年以降の純正オイルポンプ良品。80年以降のオイルポンプはリリーフバルブ不圧穴の経路が以前のモデルと違いますので、冶具を使いケースにドリル加工。何時ものやつです。フィード側、リターン側のギ...

  7. 1976FXE1200ブッシュ周り製作 - Vintage motorcycle study

    1976FXE1200ブッシュ周り製作

    今日はHさんのショベルヘッドなんやかんやブッシュ製作。バルブガイド傷が入ってしまったバルブガイドホールはリーマーで真円加工済み使うバルブステム径、ヘッド側バルブガイドホール径にあわせバルブガイド外径・内径加工。今回リーマーを一新したため、リーマー加工が随分楽に。カムブッシュ&ピニオンブッシュカムカバー中古良品に交換。カムシャフトは段減りがあったのでセンターを出し研磨。研磨したカムシャフト、カ...

  8. 日・月・火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日・月・火曜日の授業風景

    1973XLCH1000Kさんのアイアンスポーツスイングアームの取り付けが終わり、フロント周りへネックベアリングはバラ球ボールベアリングからテーパーベアリングにコンバートネックカップ径とフレーム径を計り問題なしでベアリングカップ圧入。ベアリング取り付け。フォーク周りはシール交換済み。1”のアンパースプリング取り付け、フォーク組み付け。段減りが酷かったRドラムは新品に交換し組み付け、リアホイー...

  9. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1978FXE1200Mさんのショベルヘッドクランクの芯だし作業が終わり、クランクピンナット本締め。芯が出た後のクランクピンナットのロックタブ位置を出すのが嫌ですね。クランク仮組みして回りっぷりチェックし問題なし。オイルポンプの作業に移ります。もともと付いていたオイルポンプはアイドラギアシャフトが抜けてしまっていた状態でボディー内壁にも傷ありということでオイルポンプボディー交換します。80年...

  10. 土・日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土・日・月曜日の授業風景

    先週の土曜日は授業はお休み頂き、バーベキューパーティーでありました。幸い天気は良く、気温もほどほどとという絶好のバーベキュー日和。何時もながらでございますが、私はお酒を飲んでいるだけ・・・良いサポートメンバーのお陰で良い会となったと思います。有難う御座いました。1964 TRIUMPH SMALL UNITKさんのトライアンフドライブ側カムブッシュは製作し圧入。冶具を使いライン出しラッピング...

  11. 1978FXE1200 クランクバランス - Vintage motorcycle study

    1978FXE1200 クランクバランス

    今日はMさんのショベルヘッド、クランクバランス。コンロッド周りの作業が終わり、コンロッド、ピストンASSYの重量計測をして、現状の両フライホイールそれぞれの重量バランスを確認。左右フライホイールのバランスを合わせます。また、今回のフライホイールはノーマルのものよりもパーセンテージが低めの状態。オーナーさんと相談し今回は純正60%よりも含めのパーセンテージで両フライホイールのバランスをとること...

  12. 1978FXE1200 コンロッド周り - Vintage motorcycle study

    1978FXE1200 コンロッド周り

    今日はMさんのショベルヘッド、コンロッド周りのお話。分解時、ベアリングのクリアランスがキツくクランクピンからコンロッドが抜けなかった車両です。クリアランスが詰め気味だったコンロッドビッグエンドベアリングレースはラッピングし真円に。コンロッドローラーサイズで調整し適正クリアランスに。小端部の振れっぷりもよい感じです。スモールエンドブッシュはJIMS製のブッシュに交換。リーマー&ホーニング加工し...

  13. 1968FLH1200トランスミッション組み立てその2 - Vintage motorcycle study

    1968FLH1200トランスミッション組み立てその2

    今日はHさんのショベルヘッド、トランスミッションの組み立て続き。メイン・カウンター周り組付けしたトランスミッション、シール関係取り付け、シフター周りの調整、キック周りの組み付けをしていきます。シフター回り組み付け。組み付け後シフター位置チェック。ニュートラルポジションだけではなく、1速から4速それぞれドッグギアの位置を確認。3速・4速時のドッグ位置はO.K1速・2速時のドッグギア位置は微妙に...

  14. 1978FXE1200 タイミングギア周り - Vintage motorcycle study

    1978FXE1200 タイミングギア周り

    今日はHさんのショベルヘッド、タイミングギア周りのお話。クランクケースの清掃、螺子修正作業が終わりなんやかんやと加工ごと。カムカバーピニオンブッシュは良好。カムブッシュは少々ガタがあったのでブッシュ交換。ピニオンベアリングレースラッピングし真円加工。ローラーは.0002”オーバーサイズを入れクリアランス0.03mmに。ピニオンシャフト組み付け回りっぷりチェックし問題なし。カムブッシュは単品製...

  15. 今日のgeemotorcycles は!8/2 - gee motorcycles

    今日のgeemotorcycles は!8/2

    暑いですね〜当店は今日も元気に営業中!!工場にはお揃いFLHが!!エノキングがキャブ調整中です!!こちらの車両はForsale!!気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい!社長が溶接してるのは、E氏のタンク!!カッコ良くなって来ました!楽しみにしてて下さいね!!こちらのパンヘッドは、最終仕上げ中!!慣らしに入ってます!今暫くお待ち下さい!!G氏のエボは車検でお預かり!!ちょっと早めでも昼間乗ら...

  16. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1946WR750カムシャフト軸受けをボールベアリング化したMさんのWRベアリング化したカムシャフトの動きはすばらしい。まだまだ考えるところがあり、今回はアイドラギアのマウント位置考察中。1978FXE1200Mさんのショベルヘッドはロッカー周りの作業。すべたガタがあったロッカーアームブッシュ交換。スピンドル自体は問題なし。予めブッシュ内径拡大しておき、圧入、リーミング、ラッピングしクリアラ...

  17. 1968FLH1200 - Vintage motorcycle study

    1968FLH1200

    ドレンボルトを抜いたときに、オイルは出てこず錆汁だけが出てきたHさんのショベルヘッド、トランスミッション。分解し幸い、ギアのどに酷いダメージは無く一安心。ドレンボルト座面部は痛んでいたので、面研磨。カウンター1stギア、2ndギアはJIMS製のブッシュに交換。それぞれスラストチェック、調整。カウンター3.4THギア軸受け部が痛んでいたカウンターシャフトは交換。楕円は無いものの3.4THギアロ...

  18. 日曜日・月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日・月曜日の授業風景

    1978 TRIUMPH T140ETさんのトライアンフ点火を除く配線引きなおし作業終わり。ガソリンタンクの塗装もあがってきました。1984FXS1340Sさんのショベルヘッド一部問題があったT/Mの手直し、シール交換を終えミッション取り付け。クラッチ周り組み付け。イマイチクラッチの切れが悪いので手直し。1967TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフカスタム作業進行中。1947FL120...

  19. 火曜日・水曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日・水曜日の授業風景

    1976FXE1200Hさんのショベルヘッド燃焼室内徹底洗浄したものの、EX側に傷が入ってしまったバルブガイドホールは専用冶具を使いリーマー通し真円加工。バルブガイドサイズ選定。カムギアサイズチェック、以前にギアが変えられているのか?大分寸法が違うのでピニオンギア交換。その後クランクケース周りの螺子類修正作業。1964XLCH900S君のアイアンスポーツヘッドライトバイザーのマウント螺子がな...

  20. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1937EL1000Wさんのナックルヘッド欠けがあったキックカバーは溶接肉盛後、穴位置を決め穴あけ、ナット座面部整形。キックブッシュ抜き取り、ブッシュ圧入部は大分楕円に変形していましたのでボーリング作業が必要。1976FXE1200Hさんのショベルヘッドガタがあったバルブガイド抜き取り前に剥離剤とHさん持込の重曹ブラストを使い、徹底清掃。1967TRIUMPH TR6Hさんのトライアンフギア...

総件数:155 件

似ているタグ