ショベルのタグまとめ

ショベル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはショベルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ショベル」タグの記事(443)

  1. 火曜日の授業風景~巷で使われていないものはその理由があるのね~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~巷で使われていないものはその理由があ...

    1979 FLH 1340Dさんのショベルヘッド今回、ハンドクラッチ、フットシフトからポリスハンドチェンジ、フットクラッチ(シーソー)にコンバート。オーナーであるDさんにクラッチレバーを握る左手に負傷ありで、フットクラッチ化するというもの。問題点は純正プライマリー周りでスターターモーター付き、T/Mはロータリートップという事で、オープンプライマリー、キックオンリー、ラチェットトップだったら楽...

  2. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939 WLD 750OさんのWLD前回大体のところまでカットしておいたバルブシート。新品バルブが手に入り、今回擦り合わせし灯油漏れチェック。仕上げに60度部カットしあたり幅調整しシートカット擦り合わせ完了。バルブァ仮組してバルブスプリングセット長計測。一部シム調整予定。またバルブスプリング圧力チェックしバルブ周りの作業完了。作業はフィード側のオイルポンプへ。40年以前のWLフィード側オイ...

  3. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1960 TRIUMPH T120Sさんのトライアンフギアボックスの組付け作業で、まずはレイシャフ周り組付け。軸受け部が摩耗していたレイシャフトは新品に交換。軸受けブッシュはニードルベアリングにコンバート。嵌め代チェックしベアリングをケース側、インナーカバー側に圧入。新品スラストワシャーは少々加工し取り付け。新品レイシャフトとニードルベアリングの場合、クローズド側ベアリングのシャフト端面が干...

  4. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッド前回製作したキックシャフトブッシュを圧入したところで終わり。今回その続き。圧入し縮んだブッシュをホーニングし内径加工。シリンダーゲージ組み立て中にダイヤル落とし、ダイヤルの修理から始まる。キックシャフトブッシュを適正クリアランスにしたあと、クランクギアをくみつけエンドプレイチェック。キックシャフトを新品に変えたので、エンドプレイ過大になっている。キッ...

  5. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1977 FLH 1200去年、41mmロングフォーク、ナロー化、ハンバーガードラム化したIさんのショベルヘッド。フォーク周りの手直しごとと、リアホイール、スイングアーム、リアブレーキ周りの作業で再びVMSへ。アウターチューブダンパーマウント部からのオイル漏れがあったため、新たにシール製作し組付け。弱かったハンバーガードラムのリターンスプリング交換。ダストカバー取り付け組付け。リアホイールス...

  6. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1948 TRIUMPH 5TKさんのトライアンフ49年以前のトライアンフのギアボックス49年以前のギアボックス周りの新品パーツは手に入りずらいらしく、レイシャフトブッシュ単品製作。旋盤講習しKさん自ら製作。無事失敗無く完成。21”ハンバーガードラムS君はハンバーガードラムに21”リム取り付け、リム組み振れとり。ホイールの振れとり。縦方向、横方向ともに0.5mm程度の振れまでもっていきO.K...

  7. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッド前回キックカバーブッシュホールの真円加工をし今回ブッシュ製作。キックシャフトも新品にし寸法とり製作。失敗無くブッシュ完成。カバーに圧入、次回ブッシュ内径加工。1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッドバナナキャリパーの上下ピン交換しマウント側ブッシュ交換、ホーニング済ませ、車体に組付け。トランスミッションをフレームに搭載。パーツ待ちだったピニオ...

  8. 月曜日の授業風景~年明け一発目の授業~ - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景~年明け一発目の授業~

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベルスプロケットシャフトベアリングレースをクランククランクケースに圧入。嵌め代は0.05mmで良好。ダミーシャフト取り付けエンドプレイチェック。元々付いているスペーサーは厚すぎでエンドプレイ多め。研磨機でスペーサー厚み調整。攻めすぎ少なくなったので、製作してあるシムを使い調整。ピニオンシャフトベアリング取り付け、クランクケース仮組。ピニオンシャフ...

  9. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッド前回フロントキャリパー、リアキャリパー取り付けてその後のお話。フロントブレーキはブレーキホース取り付け、フルード入れエア抜き。ガタが多かったリアバナナキャリパーはピン交換。キャリパー側のピンカシメ部削り取り、抜き取り新しいピン取り付け。ブレーキサポート側のブッシュ交換。1979 FLH 1340Dさんのショベルヘッドプライマリーのドレンボルトネ...

  10. 火曜日の授業風景~1966FLH クランク芯だし完了~ - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景~1966FLH クランク芯だし完了~

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベルクランクバランスどりが終わり、組付け、コンロッドがスプロケットシャフトナットに干渉問題などありつつ、無事クランク芯だし終了。途中ドライブサイドほぼ〝0”タイミングサイド0.01mmまで聞きましたが、最終的にクランクピンナット270N.m以上、ロックタイトの添付した状態でドライブサイド0.01mmタイミングサイド0.01mmの振れに落ち着きまし...

  11. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939 WLD 750OさんのWLガタが多かったピニオンシャフトブッシュ製作オイル溝製作、位置決めしてオイル穴製作。ビッグエンド部へのオイル圧送穴なので大事な穴です。ダウエルピン穴開け、治具使いカバーに圧入。ケース自体のガイドホールの寸法も良く、狙い通り圧入後寸法はシャフトに対し0.03mm~0.04mm。サイズ選択済みのローラーを取り付け、シャフト回りっぷりチェックし問題なし。カムギア4...

  12. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1954 FL 1200Uさんのパンヘッドまずトップカバーボルト雌ネジ部のヘリサート加工。1/4”-24UNSネジ部に1/4”-20UNCネジがぶち込まれていましたので、垂直セットしヘリサート加工。ケースの加工が終わり、ブッシュ製作へ。使う新品シャフトとギアに合わせラチェットギアブッシュ単品製作。初めての旋盤作業。旋盤講習しまずは一個目完成。お次はキックシャフトブッシュなのですが、キックカバ...

  13. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1958 VELOCETTE VENOMベロセットのIさんエンジンオーバーホール終わり遂に卒業。今回も色々とドラマがありましたが無事この日を迎えました。ハーレーやトライアンフと違い、プロショップも少なく、この辺りの車両を維持し乗り続けて行くためには、自らの知識、技術を高める必要があります。オーナーのIさんも長い事このベノムを所有していまして、その事を実感していてVMS入学を選んだのだと思いま...

  14. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1978 FXS 1200Mさんのショベルヘッドフットペダル周りのどの辺りに付けるか、ブレーキ・チェンジペダルの位置をどうするか?などなど考えつつ、オイルライン取り付け、オイルホースバンド製作、レギュレーターマウントやらペダルマウントやら、もろもろ小物取り付け。ネジなどを一新しながらの作業でそれなりに時間がかかる。1959 PARILLA 175Mさんのパリラ張替えしたブレーキライニング取り...

  15. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1977 FLH 1200Iさんのショベルヘッド前回、トップブリッジに角度を合わせたヘッドライトバイザー用ステーを位置決めまで終わり、今回本付け。フロントフォークにシール取り付け本組。オペレーティングカムに干渉していたブレーキシューのリタースプリングは干渉しないものに交換。本組し41mmフォークロング&ナロー化、ハンバーガードラム化終了です。Iさんお疲れ様でした。あとは乗った後の手直しですね...

  16. 月曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景

    1939 WLD 1200OさんのWLD状態が悪かったタイミングカバーは良品中古に交換。計測しカムブッシュ寸法は状態良くそのまま使用。ピニオンブッシュはそれなりに広がっているので抜き取り計測。製作したケース側カムブッシュにダウエルピン穴をダミーを使い製作。クランクケースにブッシュ圧入。圧入後ブッシュ寸法はシャフトに対し0.02mm程度で少々渋い感じ。ラインだしラッピングしスルスルさんに。それ...

  17. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1975 XLH 1000Tさんのアイアンスポーツ分解作業が終わり、今回はタイミングギア周り、トランスミッション周りの計測作業。カムギアシャフトは問題なし。以前に交換されているであろうタイミングカバー側ブッシュは#2カムブッシュ以外は状態良し。タペット周りはタペット自体は以前に交換されているようで、ほぼ摩耗無し。タペットガイドは少々減っているので交換予定。カムベアリングは全交換で抜き取り、ト...

  18. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1966 FLH 1200Kさんのアーリーショベル前回タイミングサイドのフライホイールバランスどりが終わり、今回はドライブサイド。元々穴が開いている部分が軽すぎるため、穴部分にネジを切り、ボルト製作し取り付け。螺子の重さでなるべくバランスを取り、そのほか微調整で穴あけ。8方向何処でも止まるようにまりO.Kクランク組付け作業へ。1954 FL 1200Kさんのパンヘッド前回T/M分解し今回計測...

  19. 火曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    火曜日の授業風景

    1958 TRIUMPH 6TNさんのトライアンフフレーム周りの分解作業。製作した治具を使い、スイングアームピボット部のスピンドルをフレームから抜き取り。フレーム清掃後計測。片減りしているスピンドル交換とともにブッシュもガタありで交換します。フロントフォークも分解し清掃。次回計測。1965 TRIUMPH TR6Oさんのトライアンフ前回エンジン始動したトラインフ。タイミングライトを使い点火時...

  20. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1975 XLH 1000Tさんのアイアンスポーツクランク周り分解し軽く清掃し計測作業。以前にクランクまで手が入れられているエンジンで、ビッグエンドローラーオーバーサイズが入っていまして、コンロッドワッシャーも交換されている。少々ガタがあったスモールエンドブッシュは抜き取り。クランクシャフトの振れっぷりチェック。シャフトは問題なし。1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッド車体周りの組...

総件数:443 件

似ているタグ