シリアのタグまとめ

シリア」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシリアに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シリア」タグの記事(36)

  1. イスラエル軍機がロシア軍機の陰に隠れ、ロシア軍機がシリアの防空システムに撃墜される - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イスラエル軍機がロシア軍機の陰に隠れ、ロシア軍機がシリ...

    19日、イスラエルがシリアを攻撃した際、シリアの防空システムが作動。イスラエル軍機は、ロシア軍機の陰に隠れたため、ロシア軍機が撃墜されるという事件が発生しています。シリア上空は、いろいろな国の飛行機が飛び交い、一触即発です。

  2. 炎熱の彼方に涼風を感じる「聖シメオンの木菟」を読んで - 蝕された記憶

    炎熱の彼方に涼風を感じる「聖シメオンの木菟」を読んで

    先月のことだが、友人からある本を紹介された。詩人であり、仏文学者でもあった、井上輝夫氏が著した「聖シメオンの木菟」という本で、1970年代初頭のシリア、レバノンの旅の紀行だという。井上氏の名前は知らなかった上に、その方の紹介も少し要領を得ないところもあったのだが、私は、すぐにその本を読もうと決めた。シリアやレバノンのことが書かれているというのは、それほど気を惹かれなかったのだが、そのタイトル...

  3. アメリカ有志連合自身も、シリアとイラクの民間人1059人を殺害したことを認める2014年以降 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    アメリカ有志連合自身も、シリアとイラクの民間人1059...

    アメリカ有志連合自身も、シリアとイラクの民間人1059人を殺害したことを認めました。アメリカ有志連合軍の攻撃で、シリアとイラクの民間人1059名が死亡アメリカ主導による対ISIS有志連合軍が26日木曜、報告の中で、2014年からこれまでに、有志連合軍の攻撃により、シリアとイラクで民間人1059名が死亡したことを認めました。先月公表された前回の報告書の中では、アメリカ有志連合軍は、シリアとイラ...

  4. 青山弘之先生講演会 - オリエン太の美術館日記

    青山弘之先生講演会

    6月9日(土)、青山弘之先生の特別講演会シリア内戦はなぜ「今世紀最悪の人道危機」となったのか?を開催しました。たくさんのご参加、ありがとうございました。散発的な報道だけではとてもわかりにくいシリア、中東情勢を、毒舌と皮肉をたっぷりに、楽しく(というのもなんですが・・・)分かりやすくお話しいただきました。オリエント美術館は、中東地域の専門ミュージアムとして、これまでも「シリア内戦」に関する催し...

  5. 出張さあらカフェ!「シリアコーヒーの会」開催報告 - 噂のさあらさんのブログ

    出張さあらカフェ!「シリアコーヒーの会」開催報告

    「さあらカフェ」シリア編を個人宅へ出張で行ってきました。なんとびっくり!お宅に行ってアラビックコーヒー用の鍋を私が出した途端!お土産で以前もらったというまさにアラビックコーヒー用の小さなお鍋がお宅から出てくるという!!(一番右のやつ)きっとどこかでこの鍋がこのシリアコーヒーの会を呼んでくれたのでは!などと出だしから盛り上がってしまった笑雨の中福岡市内のお宅へお邪魔してのシリア編さあらカフェ。...

  6. シリア攻撃、何が問題か??報じられていない国際法の穴 4/14 JazzHIKESHIライブレポpart1 - オトナの社会科・中東からの声を手掛かりに。

    シリア攻撃、何が問題か??報じられていない国際法の穴 ...

    国際紛争解決人・伊勢崎賢治さん×レディオHIKESHIマエキタミヤコさん×スペシャルゲスト山尾志桜里さん×飛び入りスペシャルゲスト井上達夫さんpiano田中利佳さん4/14 JazzHIKESHIライブ@Art×Jazz M'sレポートを数回に分けてお届けします オープンしたての隠れ家的カフェでの豪華ゲストJazz&トークライブは、米軍がシリア攻撃したまさにその日の夜。国際紛争解...

  7. パリに行くのが怖いぞ - 人生は楽しむのが一番!

    パリに行くのが怖いぞ

    ■なぜフランスが実態的な標的か?□イスラム過激派との戦闘・マリ/イラクへの軍事介入、ISIS有志連合空爆参加、ペルシャ湾上航空母艦派遣、シリア化学兵器工場攻撃□イスラム教北アフリカ移民の貧困と被差別・社会疎外された若者の戦闘員化■なぜユダヤ人が大義名分な標的か?□経典解釈の差・両聖書における"約束の息子"が相違□聖地のユダヤ国化・第二次世界大戦後、ユダヤ人国家がイスラエル...

  8. シリア攻撃開始、、やばいな - 人生は楽しむのが一番!

    シリア攻撃開始、、やばいな

    6月のパリ行きを中止しようかな、、。戦場に行くようなもんだ。フェット・ドゥ・ラ・ムジーク当日がやばいぞ。

  9. カナダは米英によるシリア攻撃に参加せず - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    カナダは米英によるシリア攻撃に参加せず

    カナダは米英によるシリア攻撃に参加せず。今回の化学兵器騒動は、シリア政府軍がほぼ東グーダ地区を制圧したのと同じくしておきています。化学兵器が使われたのはけしからんが、まずはスウェーデンが安保理で提案したような化学兵器禁止機関による調査でしょう。米英のような攻撃は国連憲章違反であり、トランプのやり方はアメリカの国内の法的な手続きも無視している。

  10. アメリカに見捨てられたくないサウジアラビアが「トランプの変心」の背景に? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    アメリカに見捨てられたくないサウジアラビアが「トランプ...

    ほんの数日前まで、シリアからの撤退をほのめかしていたトランプ。しかし、化学兵器事件を契機にシリア攻撃に舵を切り始めています。その背景には、サウジアラビアが、アメリカに「金を出すからシリアにいてくれ」と懇願したことがあったようです。アメリカのシリア攻撃の可能性が高まるトランプ大統領一部の情報筋が、今後数時間のうちにアメリカがシリアを攻撃する可能性が高まっていることを明らかにしていますが、ホワイ...

  11. 「シリアで英国兵、初の死者」という記事から思うこと - ”はるもにあ” 醸す生活、葛力と日々考えていることを綴ります。

    「シリアで英国兵、初の死者」という記事から思うこと

    新聞に、”シリアで英兵 初の死者”とありました。シリアで3月29日に、英兵一人、米兵一人が路上に仕掛けられていた爆弾により死亡。英兵らは米軍と、IS(イスラム国)掃討作戦の一環で行動を共にしていた。シリア北部で夜間作戦を実行中だった。私がこの記事を読んで言いたいことは、察しがつきますよね。自衛隊が憲法改正により、違憲状態から合憲になれば、今の政権はなんの障害もなく、堂々と喜んで米兵と行動を共...

  12. シリアに行ったことのない私がシリアについて話す理由 - 噂のさあらさんのブログ

    シリアに行ったことのない私がシリアについて話す理由

    シリア。そこは私にとって留学したいと思っていた憧れの場所です。美しい自然と素晴らしい恵に満ち、美味しい食事と心豊かな人々の暮らし。アラビア語を学ぶだけでなく、その場にいるだけで心が豊かになるようなそんな先生方や人々の心に魅了され、今なおシリアが大好きな人たちもたくさんいます。結果的に私には留学ではなく、結婚という道を用意してくださっていたアッラーから、この日本で素晴らしいシリア人たちの出会い...

  13. クルド、遠のく自治拡大トルコのシリア侵攻米「黙認」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    クルド、遠のく自治拡大トルコのシリア侵攻米「黙認」

    ISが倒れたあとは、董卓暗殺後の三國志状態のシリア。董卓=IS打倒に最も「活躍」したとされるクルド人勢力は、今度はトルコには攻撃され、アメリカ政府には「ハシゴ」を外される。そういう状況です。アメリカも無責任と言えば無責任ですが、昔からそういうことを平気でするのです。

  14. トルコ大統領、クルド人支援中止を米に要求/トルコの戦闘機がシリア北部で墜落、「董卓暗殺直後」状態のシリア - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    トルコ大統領、クルド人支援中止を米に要求/トルコの戦闘...

    ISはシリアではひとまず打倒されましたが、誰が敵で誰が味方かさっぱり分からない状態。三國志で言えば董卓が暗殺されたあと、各地で群雄が割拠しているような状態です。トルコ軍がアメリカ軍(クルド人を支援に入っていた?)の兵士を殺したのが事実とすれば、一昔前なら考えられないことです。シリアのアサド政権は、自らを正当な政権とする建前からトルコであろうがアメリカであろうが入ってくるのは面白くないという立...

  15. 番外篇*愛しのシリア 1990第4回 - 折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

    番外篇*愛しのシリア 1990第4回

    グズグズしているうちに2018年の新年が明けてしまいました。そこにまたきな臭いニュース。イラン各地で反政府デモが起きている、ということが、世界中のマスメディアでニュースになっています。最初は百人ぐらいのデモだったのに、新年にはアメリカの大手TV、新聞では、トップニュースみたいな扱いで報じていました。これにトランプ大統領がツイッターで反政府デモに支持を表明しました。アメリカの民主党寄りの多くの...

  16. 番外篇*愛しのシリア 1990第3回 - 折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

    番外篇*愛しのシリア 1990第3回

    シリア砂漠にはところどころ、灌漑をして整然と開墾されたオリーブ畑や果樹園があった。Damascus ウマイヤドモスクで。シリアの国外難民550万人、国内避難民650万人(2017/6 国連発表)。シリアの人口が1800万人(2014)だから、これはものすごい数である。そして国民の半数以上が住む家を失った。死者は30万人以上、行方不明者をいれると43万人(シリア人権監視団という反政府軍側の組織...

  17. 【年の瀬に講演会】シリアの難民問題 - 役立つニッチなセミナー案内(名古屋)

    【年の瀬に講演会】シリアの難民問題

    年の瀬に対人地雷関連の講演会を開催します。シリアからヨルダンに逃れた難民の問題を現地で支援をしているNGOが語ります。・講演名シリアの「復興」で残される難民の問題・演者内海旬子(JCBL理事、JIM-NET海外事業担当)・日時2017年12月23日(土)午後2時〜4時・場所名古屋市東教育センター第2集会室・資格12歳以上・参加費無料・申し込み

  18. 番外篇*愛しのシリア第1回 - 折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

    番外篇*愛しのシリア第1回

    スーク(市場)/アレッポ日々、シリアの惨状をニュースで聞き、ユーチューブで瓦礫と化した町まちを見るにつけ、言葉にならない思いと、悲しみ、怒りが押し寄せる。ISIS(アイシス/イスラム国)が首都と定めていたラッカが、シリア民主軍(SDF)という得たいのしれない軍隊によって陥落した。街は爆撃で瓦礫の山、もう街として機能しないくらい完全に崩壊している。勝利側は、アメリカ軍の空爆、武器支援を受けた、...

  19. 一生に一度だけの旅 GRANDE 極上の世界旅行 - 旅はコラージュ。~心に残る旅のつくり方~

    一生に一度だけの旅 GRANDE 極上の世界旅行

    表紙の海岸はどこでしょうか?とっても気になる!本にはここがどこなのか記載がないのだならば、ナショナルジオグラフィックに聞いてみよう!するとご返事が返ってきた「問い合わせの件でございますが、『タンザニア、ザンジバル島のジャンビアニビーチ』です。書籍の帯に記載がございますので、あわせてご確認をいただけましたら幸いです。」帯に書いてあったんですね。どっかへ行ってしまいました。すみません・・・ここに...

  20. 【シシピ公開】シリアの定番焼き菓子♪「バスブーセ」は2度美味しい! - 噂のさあらさんのブログ

    【シシピ公開】シリアの定番焼き菓子♪「バスブーセ」は2...

    「バスブーセ」はセモリナ粉を使った定番の焼き菓子で、トルコやエジプトでも多少使うものが異なりますが、「バスブーサ」と呼ばれ人気があります。アラビア語にも方言があって、シリア弁は語尾がよく「え」に変わることが多く、このバスブーセもシリアっぽい発音だなぁ~と思うことの1つです。いつも作ってもらってばかりなので、自分でも覚えたくて再度習ってきました。ーーーーーーーーーーーーー用意するもの*家庭で目...

総件数:36 件

似ているタグ