シロサイのタグまとめ

シロサイ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシロサイに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シロサイ」タグの記事(52)

  1. 埼玉・東武動物公園に来年、台湾からシロサイがやってくる! - ごきげんよう 犀たち

    埼玉・東武動物公園に来年、台湾からシロサイがやってくる!

    9/22「世界サイの日」に、東武動物公園に来年、台湾からシロサイのメスが導入されることが発表された。参照:https://youtu.be/lta1pewP83c 台湾の英語のTVニュースでのf報道民視英語新聞 Formosa TV English News日本に来るシロサイはは台湾でホテルなどを運営するLeoFoo レオフー・ツーリズムグループ経営のテーマパーク「六福村」内のサファリで飼育...

  2. 2020年6月白浜パンダ見隊その9 - ハープの徒然草

    2020年6月白浜パンダ見隊その9

    草食獣エリアに出てきました

  3. 2020年1月白浜パンダ見隊その31彩浜☆ - ハープの徒然草

    2020年1月白浜パンダ見隊その31彩浜☆

    大人シロサイs

  4. シロサイとバイソンのじゃれ合い - アニマル情報202X

    シロサイとバイソンのじゃれ合い

    『バイソンとシロサイの小競り合い』アメリカバイソンとシロサイ、恐らく知り合い同士のちょっとしたじゃれ合いの様子をとらえた動画。肩の高さは大差ないが、平均体重では、シロサイはバイソンの2倍以上になる。なお、生息地が異なるので野生では両者が実際に遭遇する事はない(アメリカ大陸とアフリカ大陸)。https://www.youtube.com/watch?v=ANg7zmXMEDo

  5. さすが、草原の重戦車 - 動物園のど!

    さすが、草原の重戦車

    どーん!さすが、草原の重戦車。ぶつかっても動じない。シロサイは温和な性格なので、オス同士が角を突き合わせることもありますが、激しい争いになることは、まずないと言われています。確かに、追い回しているのはみたことはありますが、ガシガシしているのは見たことないかも。本当に必要なときしか力を使わない・・・さすがです。動物園でよく見るシロサイは、「ミナミ」シロサイです。ということは、北がいるということ...

  6. 二頭のシロサイとライオンの群れ - アニマル情報202X

    二頭のシロサイとライオンの群れ

    『ライオンを追い払うシロサイ』シロサイ達がライオンの群れを追い払った動画。2-3頭の少数のライオンでは、二頭ものシロサイには敵わなかったと思われる。https://www.youtube.com/watch?v=26s4zC-rcZs

  7. クロサイとシロサイの争い - アニマル情報202X

    クロサイとシロサイの争い

    『力比べをする二種類のアフリカのサイ』角と角を合わせて、お互いの力量を確かめ合う野生のシロサイとクロサイ。動画を見る限り、クロサイの方がシロサイよりも肩の高さがあるのには少し驚く(普通はシロサイの方が高いはず)。成獣と成獣の比較なら、シロサイはクロサイの概ね二倍もの体重がある。もしかしたら大型のクロサイと小型のシロサイの対決だったのかも知れない。https://www.youtube.com...

  8. 国内最高齢シロサイ死亡@伊豆 A.K - ごきげんよう 犀たち

    国内最高齢シロサイ死亡@伊豆 A.K

    2020年1月31日伊豆アニマルキングダムのシロサイ、プー♀が死亡していた。推定年齢49才、国内最高齢のシロサイと言われていた。参照記事:ありがとう。プーちゃん (公式ブログ) www.izu-kamori.jp/blog/2020/02/post-472.htmlⒸ伊豆アニマルキングダム上記参照記事によると、1月20日頃から体調を崩し、バックヤードで治療中だったが、31日の早朝、死亡が確認...

  9. 台湾で人工哺育で育てられた初のシロサイが出産 - ごきげんよう 犀たち

    台湾で人工哺育で育てられた初のシロサイが出産

    台湾初の人工保育のシロサイが出産したそうだ。写真は参照記事より。3月15日に母親となったシロサイの「妮妮」は2011年、台湾の動物園生まれだが、誕生直後からの母親の育児放棄により完全な人工哺育で育てられた。その後も他のシロサイたちと馴染めず単独でいることが多かったが、年齢の近いオスとの組み合わせが成功して、今年3月15日に出産となった。生まれた子は体重は85kgのビッグベイビー!出産当初の妮...

  10. サイに襲い掛かるハイエナの群れ - アニマル情報202X

    サイに襲い掛かるハイエナの群れ

    『野生の厳しさ』明らかに健康状態に問題があるシロサイに執拗に攻撃を加えるブチハイエナの群れ。本来、ライオンの群れでさえ敵わない事が多いシロサイですら不健康な個体なら話は別だ。仲間のシロサイがハイエナを追い払おうとしても、貪欲なハイエナは弱ったシロサイの傷口に噛り付く。https://www.youtube.com/watch?v=Euw4zVu37iw

  11. シロサイとアフリカスイギュウの力比べ - アニマル情報202X

    シロサイとアフリカスイギュウの力比べ

    『シロサイに挑むスイギュウ』恐らく角が切り取られている個体とはいえ自分より遥かに大きいシロサイに真っ向勝負を挑む向こう見ずなアフリカスイギュウ。しかしながら、あまりに大きな体格差は如何ともし難く、アフリカスイギュウはシロサイにひっくり返され追い払われる事になった。因みに雄対雄で両者の体重差は約3倍にも達する。https://www.youtube.com/watch?v=YPQ69C1Tmn...

  12. ヨシコ - シズカ日記             The Diary of Shizuka

    ヨシコ

    シロサイのヨシコが展示中止とアナウンスされていたので心配していました公開してはいませんでしたが、無事な様子は確認できました元々活発に動くことは少なかったので、元気がないのかどうか判断できませんでした

  13. 日本の名前が付けられたウガンダのシロサイの赤ちゃん! - 親愛なる犀たちへ

    日本の名前が付けられたウガンダのシロサイの赤ちゃん!

    2020年1月7日放送のテレビ朝日の「世界の村で発見!!こんなところに日本人」の番組で、、ウガンダを訪れたお笑いコンビ "千原兄弟” の千原せいじさんが、Ziwa Rhino Sanctuary というサイの保護区で赤ちゃんサイの親子に遭遇。そのサイの赤ちゃんは丁度、名付け親を募集中だったので、千原せいじさんが、5千ドル(約60万円)の命名料をポケットマネーで支払い、SEIJI と...

  14. インドサイとシロサイ - アニマル情報202X

    インドサイとシロサイ

    『シロサイとインドサイの大きさの比較』インドサイとシロサイの視覚的な比較。両者ともに、肩の高さは約180cm(人は約180cm)。アフリカ最大のサイとアジア最大のサイの比較となる。※上記画像の灰色の帯の幅は約100cm。『インドサイの体格データ』(1)飼育個体で、肩の高さは、雄1.72m、雌1.6m、体重は、雄2300kg、雌1800kg。データの詳細は以下のとおり。12頭の大人の雄の体重は...

  15. クロサイとシロサイ - アニマル情報202X

    クロサイとシロサイ

    『クロサイとシロサイ』シロサイ(約180cm)とクロサイ(約160cm)の大きさの比較。人の身長は約180cm。シロサイの肩の高さは、150-180cm(5 -6 ft)、体重は1800-2700kg(4,000 – 6,000 lbs)になる。www.rhinoresourcecenter.com専門家が引用するデータでは、高さ188cmの個体がある(雄、165-188cm、雌155.6-...

  16. シロサイvsライオン - アニマル情報202X

    シロサイvsライオン

    『ライオン対シマウマ』シロサイの集団がライオンらを追い払う。https://www.youtube.com/watch?v=25O_cep720I

  17. ゾウvsサイ - アニマル情報202X

    ゾウvsサイ

    『シロサイ対アフリカゾウ』アフリカゾウがシロサイを一蹴。https://www.youtube.com/watch?v=9LITVqyKcN8

  18. キタシロサイの受精卵のうち2個が胚に成長 - 親愛なる犀たちへ

    キタシロサイの受精卵のうち2個が胚に成長

    8月下旬にイタリアのクレモナにあるAvantea 研究所で、ケニヤ、ドイツ、チェコの合同チームのもとに体外受精に成功したキタシロサイの7個の受精卵のうち、2個が胚に成長したことが9月中旬に確認された。ブログ内関連記事:「体外受精によるキタシロサイの受精卵の作成成功」(2019.9.03)現在、胚は液体窒素の中に保存されていて、近く代理母となるミナミシロサイの子宮に移される。7個の受精卵には、...

  19. 体外受精によるキタシロサイの受精卵の作成成功 - 親愛なる犀たちへ

    体外受精によるキタシロサイの受精卵の作成成功

    2018年3月に、地球最後のキタシロサイのオスのスーダンが死亡。キタシロサイは絶滅を待つばかりと言えるが、今、絶滅回避に向けての少しばかりの希望が芽生えている。スーダン亡き後、ケニヤのオルペジェタ保護区には地球最後の2頭のキタシロサイのメス、スーダンの娘と孫が暮らしている。写真の左が、娘のNajin(30才)右が、Najinの 娘のFatu(19才)。(C):the Ol Pejeta Co...

  20. 2019年4月のんほいパークその1新ゾウ舎 - ハープの徒然草

    2019年4月のんほいパークその1新ゾウ舎

    久しぶりに豊橋に来ました

総件数:52 件

似ているタグ