シロチョウ科のタグまとめ

シロチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシロチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シロチョウ科」タグの記事(20)

  1. イチモンジチョウの交尾シーン(2018年5月25日) - みき♂の虫撮り友人帖

    イチモンジチョウの交尾シーン(2018年5月25日)

    もう10日も前になってしまったがウラゴマダラシジミを見に行った東京郊外の河川敷でイチモンジチョウの交尾シーンが撮れたので載せておく。写真1はイチモンジチョウの交尾シーン。このカップルは交尾したまま後方から飛んできて私を追い越し、向こうの桜の木にとまったので慌てて追いかけて撮った。▼写真1 イチモンジチョウの交尾シーン その1a(2018年5月15日、東京郊外)写真1ではやや大きく見える左側が...

  2. 遠征 その1 - 紀州里山の蝶たち

    遠征 その1

    蝶友さんと甲信越などへ遠征しました。天候に恵まれ、現地のコンディションも最高でした。しばらくは遠征ファイルをUPします。はじめに初見のヒメシロチョウです。まだ眠りから覚めていないヒメシロチョウです。

  3. ツマキチョウ♀がいっぱいの日(2018年4月26日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ツマキチョウ♀がいっぱいの日(2018年4月26日)

    サカハチチョウと遊んだ21日は実際にはツマキチョウ日和で、ツマキチョウだけで数百枚の写真を撮った。と、その前にウスバシロチョウを少し。写真1は朝のウスバシロチョウ。すぐ近くをゆっくりと飛んでいったウスバシロチョウを眺めていると頭上にとまったので撮ってみた。▼写真1 ウスバシロチョウ その1a(ノートリミング、2018年4月21日、東京郊外)少しだけ角度を変えて緑背景も撮っておく(写真2)。▼...

  4. ツマキチョウ・・・ - 時鳥庵晴耕雨読

    ツマキチョウ・・・

     時鳥庵の温室横にツマキチョウのメスがひっそりと翅を休めていた。ツマキチョウは飛んでいるとモンシロチョウやスジグロシロチョウとそれほど違わない。よく見ていると分かるのだが、はばたき方が少し違うし、少し小さい。しかも翅の裏には独特の唐草模様があって、何とも趣がある上、前翅の先端がヤマキチョウのように尖っているのだ。オスはその前翅先端の表側が黄色をしているのだが、飛んでいるとその斑紋はほとんど目...

  5. ツマキチョウ - きまぐれに蝶・トンボ

    ツマキチョウ

    今年も同じところで出会えました。同じ花(ムラサキケマン)に止まります。2018.04.13.吉野町。

  6. 嵐の前に - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    嵐の前に

    週末は春の嵐になるとのこと。そこで土曜午前中にあまり遠出せず撮影。実は今年になってニコン1 V3を手に入れた。高くてすぐに手がでなくて様子を見ているうちに、製造中止となり後継機の発表がない。最近になって当初の半値まで下がって来たので、本当に遅ればせながら購入。開翅しない蝶をベストモーメントキャプチャーモードで飛翔写真を撮ろうとするもなかなか使いこなせず、コツバメの季節も終わろうとしている。今...

  7. 2018年04月12日  茅野市のヒメギフは - 愛野緑の撮影記録

    2018年04月12日 茅野市のヒメギフは

    23年ぶりだと思っていたら、記録を見ると11年前にも行っていた。この時に比べると、桜は満開だし期待通り発生しているはずだ。長野県に入る前までは日差しもたっぷりだったが、現地に到着すると、上空は薄雲が広がりその下には黒い雲が流れ風も冷たい。こりゃだめかな~と、以前卵を確認した所へ行ってみると良い感じで芽吹いていたので、時期は外していないはず。一時間程すると太陽が時々顔を出すようになり、ヒメギフ...

  8. ツマキチョウとムラサキケマン(2018年4月12日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ツマキチョウとムラサキケマン(2018年4月12日)

    ウスバシロチョウを1匹だけ見かけた後はアサギマダラの幼虫を見に行った。幼虫観察の前に路傍に咲くクサイチゴ、ムラサキケマンなどを眺めているとクサイチゴにはベニシジミやスジグロシロチョウが、ムラサキケマンにはツマキチョウがきていた。ツマキチョウはクサイチゴより明らかにムラサキケマンが好きなようであった。ムラサキケマンの花が三つ並んだところにきたツマキチョウ♂はかなり長いこと吸蜜していた。最初は右...

  9. ウスバシロチョウ今季初撮り(2018年4月11日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ウスバシロチョウ今季初撮り(2018年4月11日)

    早朝から春の大物蛾や渓流方面のトンボの羽化などを狙って遠征した4月10日。狙いのものは何一つ見つけられずにすごすご引き返した(苦笑)。帰る途中で久し振りにフィールドで石川会長とお会いして立ち話。少し下流でコツバメやトラフシジミを撮ってきたという。おかしいな、そこは3時間くらい前に通ったのに…。いや考えてみればその時間はまだ気温が低くて蝶たちは活動していなかっただけか。山麓の朝6時半頃は6度と...

  10. 目覚める虫たち - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    目覚める虫たち

    自宅近辺では桜の季節も過ぎて、ハナミズキの季節となった。山に入るとミスジチョウの幼虫が大きくなっていた。突起も顕著になっており、1回脱皮して終齢になったと思われる。この個体の周囲の新芽に食痕はなかったが、越冬から覚めると摂食前に脱皮することもあるらしい。これは別個体。近くの若葉に食痕があった。ここまで足を延ばして食べたのだろう。しばらく様子を見たが、越冬巣から離れて食事に出かける気配はなかっ...

  11. シジミチョウ科五目撮り(2018年4月6日) - みき♂の虫撮り友人帖

    シジミチョウ科五目撮り(2018年4月6日)

    前日ギフチョウの里方面では花粉症が酷くてギブアップ寸前だった。翌日も好天なので頑張って丘陵方面へ出かける。今日も花粉が酷いのかと恐る恐る行ってみるとそうでもなかった。やはり山の方と丘陵では花粉の量が違うのだろうか。この日はヤマトシジミがようやく今季初撮り(写真1)。と言っても撮れたのはこの1カットだけで、すぐにロストしてしまった。▼写真1 ヤマトシジミ♂(2018年4月3日、東京郊外)近くで...

  12. ツマキチョウ今季初撮り(2018年4月2日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ツマキチョウ今季初撮り(2018年4月2日)

    春に見られるツマキチョウは都心でも郊外でも見られる蝶で、さほど珍しい蝶というわけでもない。にもかかわらず、なかなか思うように撮れない。多分見かけても飛び回ってばかりで、じっくり撮る機会が思いのほか少ないからだろう。春先にあちこち出かけている自分でも毎年1、2個体撮るのがせいぜいで、うっかりすると飛翔中の証拠写真を撮っただけという年もある。今季は拙宅前の公園でかなり粘って狙ってみた。写真1は今...

  13. ベニシジミ&ルリシジミ今季初撮り(2018年3月28日) - みき♂の虫撮り友人帖

    ベニシジミ&ルリシジミ今季初撮り(2018年3月28日)

    丘陵遠征ではベニシジミも今季初撮りとなった。写真1、2はベニシジミ。草地で見かけた個体は撮り損なってしまったけれど、日当たりのよい斜面をチェックすると見つけることができた。そういえばベニシジミの卵がまだ撮れていない。いつになったら撮れるのだろうか…。▼写真1 ベニシジミ その1a(2018年3月24日、東京郊外)▼写真2 ベニシジミ その1b 半開翅(2018年3月24日、東京郊外)※写真1...

  14. 春の強風と戦う、モンシロチョウ。 - 堺のチョウ

    春の強風と戦う、モンシロチョウ。

    今年、初撮影のモンシロチョウです。実は、その前の週18日にモンシロチョウを初見として確認していました。ですが、訪花することもなく飛んでいたので、撮影できませんでした。写真は、春の強風と戦うように地面に降り立った個体です。この日は、天気が良かったのですが、風の強い日でした。モンシロチョウは、もう産卵するように地面近くを飛行していました。食草を探していたようです。食草を見つけ、何度も葉の裏に腹部...

  15. ツマキチョウ、初見。 - 堺のチョウ

    ツマキチョウ、初見。

    過去4年ほど里山に出かけていますが、今年のツマキチョウの初見は、ダントツに早いです。通年は4月に入ってからでないと、ここ堺では見かけないのですが、今日の暖かさは特別なのか、ツマキチョウに出会えました。ですが、撮影しようとすると、なかなか花に止まってくれない。トホホホ…。さんざん追い掛け回して、タンポポに止まったところをそっと近づいて、息を殺して撮影した1枚です。それ以外にも、撮影はできなかっ...

  16. 2018 春が来た その3 - 紀州里山の蝶たち

    2018 春が来た その3

    少し肌寒いお天気ですが、行かねば・・・。ルリシジミ狙いでMFへ出かけました。渓流沿いでは、初見のスジグロが出迎えてくれました。ルリシジミは、証拠写真になりました。

  17. 暖かさに誘われて - 蝶の縁

    暖かさに誘われて

    3月15日、晴れ。暖かだった前日にも増して気温が上昇、初夏のような陽気の中いつもの場所へ。いくつか見られた越冬組からテングチョウを一枚。キタキチョウも活動再開の様子。これだけ暖かいなら新成虫も出ているかもしれない、との予想通り、モンシロチョウも一頭確認できました。ただ、春先出始めの個体にありがちな、チラチラ飛び回り続けまったくとまってくれず・・・。そうこうしているうちに線路を挟んだ向こう側へ...

  18. 2018 春が来た その2 - 紀州里山の蝶たち

    2018 春が来た その2

    モンシロ初見のために散歩を兼ねて探索しました。大根の葉っぱで休憩中の新生モンシロと出会いました。近くの桜並木では、昨日からの陽気で一気に桜の蕾が膨らみ加減でした。スプリング ハズ カム ですね。

  19. 河川敷のモンキチョウ、ほか(2018年3月4日) - みき♂の虫撮り友人帖

    河川敷のモンキチョウ、ほか(2018年3月4日)

    好天の3月2日は東京郊外の河川敷に出かけてみた。一番の狙いは晩冬、と言うより早春のフユシャク、フチグロトゲエダシャクなのだが、ついでにモンキチョウでも見られればラッキーだ。現地のポイントに着いてみると、なんと河川敷は綺麗に整地されていた…。昨年まではコセンダングサの枯れ枝がたくさん残っていて、歩きにくいことこの上なく、その中を苦労して探したものであった。河川敷はとても歩きやすくなっていたけれ...

  20. 菜の花にモンキ@横浜 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    菜の花にモンキ@横浜

    今日は暖かくなりそうだ。横浜でもモンキチョウがでているに違いないと思い、去年より9日早いけど行ってみた。10時半を過ぎるとあちこちでモンキが飛び始めた。ホトケノザも咲いていたが、吸蜜は間一髪の差で撮り逃がした。モンキの多い土手を過ぎると一面にアブラナの咲く斜面がある。去年撮れなかったアブラナの吸蜜が撮れた。9日早かったからか、去年見られたモンシロチョウとベニシジミは見つからなかった。夕方予定...

1 - 20 / 総件数:20 件

似ているタグ