シロチョウ科のタグまとめ

シロチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシロチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シロチョウ科」タグの記事(106)

  1. 公園内の畑にて - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    公園内の畑にて

    4月2日はコムラサキの越冬幼虫を見つけた公園へ行く。越冬から覚めた幼虫は見つからなかった。高い枝先に移動したのかもしれない。これといった成果はなかったが、新鮮なスジグロシロチョウが撮れた。イチゴ畑で吸蜜するオス。のらぼう菜の畑に産卵にやって来たメス。のらぼう菜は主に多摩地方で栽培されている野菜。江戸時代の飢饉の際人々を飢餓から救ったという記録が残っているらしい。ちゃんと産卵場面を撮ったのは初...

  2. 春来たる - 蝶の縁

    春来たる

    3月19日、晴れ。買い物ついでにいつものフィールドへちょっと寄り道。春の彼岸を迎えだいぶ穏やかな陽気になってきました。虫たちも本格的に活動を始める頃合いでしょうか。越冬明けのタテハ類もあちこちでテリ張りする姿が見られました。この時期らしい少しくすんだ翅色のクジャクチョウ。それでも綺麗なチョウです。期待していたモンシロチョウもいくつか見られました。他にルリシジミも数頭確認、新生蝶も出始めいよい...

  3. 水戻る - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    水戻る

    前後するけど14日、冬の間干上がっていた河川敷へ。前日の雨のせいか窪地は水を湛えていた。近くの林ではオツネントンボを何頭も見かけた。やはり越冬明けのテングチョウやキタテハも。この日はまだ観察できなかったが、もう晴れた日にはオツネンの産卵が始まっているに違いない。最後に車を止めた場所の近くで撮ったモンキチョウのメス。

  4. 春分雀始巣その2 - 紀州里山の蝶たち

    春分雀始巣その2

    皆さん、おはようございます。昨日は、シーズン到来のポカポカ陽気で初見の蝶に出会えました。ツマキチョウはヒラヒラ飛び回ることなく、撮影に応じてくれました。蝶に限らず、春の山野草も出揃いました。これから忙しくなりそうです・・・汗。

  5. 啓蟄蟄虫啓戸その3 - 紀州里山の蝶たち

    啓蟄蟄虫啓戸その3

    皆さん、こんにちはー。休憩時間に近くの土手を探索しました。モンシロチョウとモンキチョウの♂が吸蜜中でした。春蝶シーズン突入ですね。スプリングエフェメラル初見情報がてんこ盛りです。

  6. 新レンズで新生蝶を - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    新レンズで新生蝶を

    しばらくぶりにレンズを新調した。PENTAXの70-210mm F4で、タムロンのOEMらしい。F4だけに、より高価な70-200mm F2.8なんかよりずっと軽量。今もっている300mm F4やSIGMAの180mmマクロよりひと回り軽い。また最大撮影倍率0.32倍まで寄れるという点が魅力だった。さっそく狭山丘陵に出かけた。僕の知る限りこのあたりでは最も早くモンキチョウの発生する丘に登る。...

  7. 深まりゆく秋 - 蝶の縁

    深まりゆく秋

    11月16日、晴れ。秋型のツマグロキチョウに会うためポイント訪問。いくつか姿を見せてくれました (^ ^)ここは10年ほど前からこの蝶を観察しているポイントです。その間、なぜかぱったりと姿を消してしまい一頭も確認できなかった年が続いたこともありましたが、ここ3年ほどは再び姿を見せてくれています。実はここから数キロ離れたポイントでも、一度まったく見られなくなった後に復活を確認している場所もあり...

  8. ヒメシロチョウ - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ヒメシロチョウ

    撮影日2020年08月01日遠征3日目最終日です。赤いチョウにするか白いチョウにするか悩みましたが、しばらく会えていない白いチョウを撮影することに。少し県境を越えたポイントへ行きました。そこに行けば簡単に出会えると思っていましたが、これが大間違い。炎天下で1時間程探してようやく見つけることができました。これで最終日の目標も達成です。続きます。

  9. 北海道遠征(1) - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    北海道遠征(1)

    6月19日、他府県への移動自粛が解除された。そこでかねてから計画していたHさんとの北海道遠征に出かけてきた。実行するかだいぶ悩んだが、その後再び東京の感染者数が急増し、「不要不急の他県への移動は控えて」と知事が言い始めたり(国の方針と齟齬があるが)、離島では首都圏からの旅行者を断る宿泊施設が出始めたりしているようなので、行くタイミングとしてはよかったと思う。しかし北海道は梅雨がないとは大嘘で...

  10. オオモンシロチョウ - こんなものを見た2

    オオモンシロチョウ

    オオモンシロチョウ Pieris brassicae ♀2020年3月18日、道内浜を歩いていたところ、陸寄りの漂着物溜まりから飛び立ったので気付くことが出来ました。飛び方は弱々しく、翅はまだ柔らかいようだったので、羽化して間もないのかもしれません。越冬タテハ類を見ないうちに新成虫を見ることになるとは思っておらず、とてもビックリしました。だいぶ早い確認だと思ったため、所属する同好会の掲示板へ...

  11. 春分雀始巣 - 紀州里山の蝶たち

    春分雀始巣

    皆さん、こんにちはー。少し肌寒い天候でした。墓参を済まして郷里のMFへ立ち寄りました。例年のことに自生クレソンを摘み取っているとセイヨウカラシナなどで吸蜜行動のスジグロシロチョウと出会いました。同時に初見のモンシロチョウとルリシジミとも出会いました。一気に春めいて来ました。

  12. 越冬明けの蝶と新生蝶(2020年3月15日) - みき♂の虫撮り友人帖

    越冬明けの蝶と新生蝶(2020年3月15日)

    コツバメミヤマセセリを撮影した丘陵方面で見かけたそのほかの蝶を載せておく。 写真1はテングチョウ。この時期はテングチョウがたくさん見られる。まったく今までどこでどうしていたのか。 ▼写真1テングチョウ開翅(ノートリミング、2020年3月11日、東京郊外) 越冬明けのルリタテハもテリ張りに忙しい(写真2、3)。近づくと威嚇するように顔の近くを飛んだりする。 ▼写真2ルリタテハその1(ノートリミ...

  13. 春の訪れ - 蝶の縁

    春の訪れ

    3月13日、晴れ。暖かな春の日、午後から近場のポイントへ。この冬は随分と暖かく降雪もほとんど無し、異常なほどの暖冬でした。そのため蝶が出始めるのもさぞ早かろうと思い、2月のうちから特に暖かな日にはポイントの様子を見に来ていましたが、結果的に今シーズン初確認となったのは、3/9でキタキチョウが1頭。特段早いわけでもなく、まずまず想定の範囲内でした。それから数日、割と暖かめの陽気が続いていたので...

  14. 丘陵散歩他 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    丘陵散歩他

    新型コロナウイルスの市中感染が始まってしまったようです。公私共に私たちの日常生活に影響が出てきそうです。一日も早い流行の終焉を祈りたいです。今日は気温も上がり風も弱いとの予報。家内と所沢の丘陵をのんびりと散歩した。梅が満開だった。新生蝶はモンキチョウだけだったが、2月なのでこんなもんだろう。あとキタテハとテングチョウも飛んでいた。玄関先の植木鉢、カタバミは極小の葉ばかりになっている。しばらく...

  15. 寒中の新生蝶 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    寒中の新生蝶

    土曜日は東京でも雪が舞って寒い一日だった。今日の東京は最高気温が9℃で、昼から曇るとの予報であったが、あまりにもいい天気なので以前banyanさんから教えていただいた川越のポイントに出かけた。今年は記録的な暖冬のせいか、ここではモンキチョウが年越しをして、14日まで生存が確認されている。車を降りるとき確か8℃だった。河川敷は風もなく、土手にはたっぷりと日が当たり暖かい。多分10℃くらいだろう...

  16. 初冬の昼下がり - 蝶の縁

    初冬の昼下がり

    12月14日、晴れ。気温はようやく10℃に達するくらい、決して高くはないものの、日差しはじゅうぶんあり風も弱い。これなら何か観られるかもしれないと思い、いつものポイントを少し散策。まずはキタテハが姿を見せてくれました。そろそろ冬ごもりの準備でしょうか。さらに歩を進めると、不意に道端の草むらから黄色い蝶が飛び立ち、奥の藪の中へ・・・とまった辺りを探してみると、枯葉にちょこんとツマグロキチョウ(...

  17. ツワブキに集まる蝶たち - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    ツワブキに集まる蝶たち

    今週末は天気が悪いですね。そんなわけで、先週末行った都区内の公園。ツワブキが満開だった。広い公園内でここがいちばん蝶の集まる場所だった。トイレに隣接しているので長居するにはちょっと勇気のいる場所だったけど、花を撮る人もちょくちょく立ち止まってくれたので・・・。まだきれいなウラナミシジミ。新鮮なアゲハだけど翅が大きく破損していた。東京の真ん中でもテングチョウがいるんだ。ヤマトシジミとヒメアカタ...

  18. ボタニックガーデンで ~遅い秋の花や虫~ - 星の小父さまフォトつづり

    ボタニックガーデンで ~遅い秋の花や虫~

    今日も昨日に引き続き、訳ありで新作は撮れなかったので在庫からの写真の登場ってことで行くね。ちょっと前にアンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンで撮った花や虫の写真が未発表のままだったのでこの際賞味期限も切れていないことだし堂々と登場してもらおう。見逃したら損ですぞぉ~‼ なぁ~んて言ってしまっても許されるかな???この姿を見るとオイランソウという名を使いたくなる。霜がまだ降りないから、ダリ...

  19. 当てが外れて苦し紛れにいろいろと - 星の小父さまフォトつづり

    当てが外れて苦し紛れにいろいろと

    昨日 ( 10/28 ) は、日中は晴れたことだし、もうマガモたちがエクリプスだろうが来ていると踏んで、太田市にある「ぐんまこどもの国」に行ってみた。運が良ければオシドリにだって逢えるカモ?なんて欲がらみもあったりしてね。着いてみてビックリしたのは駐車場がいつになく満杯。そうか、10月28日は『県民の日』だったのだ。月曜日でも学校が休みになり、親子連れが押しかけてきていたのだ。一番奥まった高...

  20. 嵐過ぎ去りし後 - 蝶の縁

    嵐過ぎ去りし後

    10月16日、晴れ時々曇り。外出ついでに近場のポイントを少し散策。早速チラチラと現れた黄色い蝶。キタキチョウにしては何か違和感を覚え、とまったところを近づき確認するとツマグロキチョウでした。さらに道を進むと地べたに黄色い集団。この場所でキタキチョウのこんな集団を見るのは初めて。台風の雨の影響で何か染み出ているのでしょうか?キタキチョウの中にまた別のツマグロキチョウの姿も。集団から少し離れたと...

総件数:106 件

似ているタグ