シロチョウ科のタグまとめ

シロチョウ科」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシロチョウ科に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シロチョウ科」タグの記事(10)

  1. 新興勢力 - 蝶の縁

    新興勢力

    10月27日、晴れ。秋晴れの午後、前回とほぼ同じルートを散策。アザミで吸蜜のスジグロシロチョウ。好天に恵まれ様々な蝶が見られました。キタキチョウやモンキチョウ、シジミではヤマトシジミが多数にベニシジミ、ウラナミシジミも♂を一頭。それから、私的サプライズではムラサキシジミの♀も一頭確認。それからタテハ類もいくつか。そして、今回も主に期待していたのはヒョウモン類なのですが、前回同様にクモガタなど...

  2. 300ミリで撮ってみたトンボと蝶(2017年10月6日) - みき♂の虫撮り友人帖

    300ミリで撮ってみたトンボと蝶(2017年10月6日)

    既報の通り先月末にオリンパスの300ミリ単焦点レンズを入手した。300ミリ単焦点レンズは昨年末にE-M1 Mark IIボディを買ったときからいずれ入手するつもりでいたのだけれど、大きく重く、なおかつ高いので先延ばしにしていた。E-M1 Mark IIの懸念材料であった蝶やトンボの飛翔シーンも問題なく撮れることが分かったことから、6月にはニコン機のボディ、レンズ、ストロボなど一切合切売り払い...

  3. シルビアシジミとツマグロキチョウ(2017年9月30日) - みき♂の虫撮り友人帖

    シルビアシジミとツマグロキチョウ(2017年9月30日)

    9月下旬の北関東遠征はマダラヤンマもさることながら、シルビアシジミとツマグロキチョウがお目当て。現地について最初に撮れたのは…ヤマトシジミだった(写真1)。わざわざここでヤマトシジミを撮らなくてもいいのだけれど(笑)。▼写真1 ヤマトシジミ♂(2017年9月26日、北関東)※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm...

  4. モンキチョウの求愛シーン(2017年9月16日) - みき♂の虫撮り友人帖

    モンキチョウの求愛シーン(2017年9月16日)

    8月下旬にオミナエシの花にくるオオセイボウを撮ったおり、モンキチョウの求愛シーンを見かけて撮っていた。うっかり忘れていたので載せておく。いちいちキャプションを付けるのも面倒なので省略。念のために言っておくけれど、この写真では黄色い方が♂、白っぽい方が♀である。モンキチョウの♂は黄色、♀は黄色いタイプと白いタイプがある。▼写真1〜16 モンキチョウの求愛シーン(ノートリミング、2017年8月2...

  5. 高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハほか(2017年9月11日) - みき♂の虫撮り友人帖

    高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハ...

    高原遠征の最後はキベリタテハ…じゃなかった(笑)。白樺の幹にとまっていたのは…エルタテハだった(写真1)。▼写真1 エルタテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)ちょっと拡大(写真2)。キベリタテハとは…似てないな。▼写真2 エルタテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO ...

  6. 2017年8月19日  富士山麓と一之瀬高原のチョウ - 愛野緑の撮影記録

    2017年8月19日 富士山麓と一之瀬高原のチョウ

    西多摩昆虫同好会の夏期合宿のため久々に土日連休。お盆時期は高速も混み遠出には不向きだからと、奥多摩で合宿を行っているのだが、その前に富士山麓へ出かけてみた。既に圏央道は、中央道小仏トンネルからの渋滞の影響であきるの辺りまで渋滞。中央道へ出るまでに1時間も掛かってしまった。やはりお盆時期はダメだ。そこは有名ポイントらしく駐車場は一杯。捕虫網を持った数人のオジサン、オバサンたち(私もオジサンだけ...

  7. 上北は秋の気配 - 蝶と蜻蛉の撮影日記

    上北は秋の気配

    青森出張があった。7年前の出張の後はカバイロシジミを探して下北半島の先端まで旅した。今回は既に8月も下旬なので半島の付け根(上北地方)をぶらついた。主として2か所回ったが、成果があったのは最初のポイントだった。見たかったトンボの一つがマンシュウイトトンボ。北海道の道東を主とする限られた場所にしか生息しない。それがなぜか2000年にブラキストン線を超えて上北で見つかった。前回はだいぶ探したけど...

  8. アカセセリ今季初撮り(2017年8月22日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アカセセリ今季初撮り(2017年8月22日)

    8月17日の山梨遠征では、アカセセリが今季初撮りとなった。写真1はちょっと遠くの葉上で開翅していた♂。▼写真1 アカセセリ♂ その1 開翅(2017年8月17日、山梨県)写真2、3は黄色い花で吸蜜していた別個体の♂。▼写真2 アカセセリ♂ その2a(2017年8月17日、山梨県)▼写真3 アカセセリ♂ その2b 開翅(2017年8月17日、山梨県)写真4はウラギンヒョウモンと一緒にアザミの花...

  9. 2017信州旅行編 その3 ヒョウモンチョウ類とスジボソヤマキチョウ(2017年8月1日) - みき♂の虫撮り友人帖

    2017信州旅行編 その3 ヒョウモンチョウ類とスジボ...

    旅程二日目の湿地付近ではヒョウモンチョウ類も少し見られた。写真1はオオウラギンスジヒョウモン♂。この手のセリ科の花は似ている種が多くて困る。▼写真1 オオウラギンスジヒョウモン♂(2017年7月20日、長野県)道路脇の黄色い花にはメスグロヒョウモン♂がきていた(写真2)。メスグロヒョウモンはやっと今季初撮りだ。メスグロヒョウモンの後翅裏にある白帯はオオウラギンスジヒョウモンに比べると不明瞭な...

  10. ミヤマシロチョウ  絶滅の危機 昨年から確認されず - ポータルぢゃないチョウの報道ナビ

    ミヤマシロチョウ 絶滅の危機 昨年から確認されず

    (2017/05/07 毎日新聞)======================================================================== 高山チョウの一種で長野県天然記念物のミヤマシロチョウが、八ケ岳連峰で生息を確認できなくなり、絶滅の恐れが高まっている。このチョウは明治時代に八ケ岳で初めて発見され、諏訪清陵高校(同県諏訪市)が1970年代に精力的に...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ