シーフードのタグまとめ

シーフード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシーフードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シーフード」タグの記事(341)

  1. 甘鯛の昆布締めチラシ丼 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛の昆布締めチラシ丼

    一晩昆布締めにした甘鯛を削ぎ切りにして、チラシ丼にしました。酢飯に炒り白胡麻を混ぜ、上には大葉と昆布の千切り。昆布締めの漬かり具合がちょうど良い感じです。前の日に作った甘鯛の頭の骨蒸しを温め直し。トビウオのおすまし。煮出したトビウオの頭や中骨をせせって身を取り出しましたが、トビウオの出汁は美味しいけれど、身はそれほどでもないことが分かりました。多分甘鯛と一緒に食卓に載せたので、甘鯛の上品な身...

  2. 甘鯛の松笠焼き(ポワレ)・バルサミコソース添え&トビウオのお茶漬け - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛の松笠焼き(ポワレ)・バルサミコソース添え&トビウ...

    今回の甘鯛は鱗付き。三枚におろすとき、包丁の入る側面だけ鱗を取ると良いと知りました。確かに包丁が入りやすかったです。この日の甘鯛はフレンチ。まずはバルサミコソースを作ります。バルサミコ酢を鍋に入れたところで、ポートワインを加えることを思い立ちました。バルサミコ酢の5分の1くらいの量のポートワインを加えて、中火と弱火の間くらいの火加減で半量になるまで煮詰めて出来上がり。冷めると固くなるので要注...

  3. 3月の魚のお取り寄せ#2♪炙り鰆のカルパッチョ&トビウオ3品♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    3月の魚のお取り寄せ#2♪炙り鰆のカルパッチョ&トビウ...

    3月は日本からの魚は2回のお取り寄せができました。2回目なのでスモールサイズ+鰆の切り身を頼んでみました。上から鰆、トビウオ(コチ、九州ではアゴ)、赤甘鯛(今回は鱗付き!)、ホウボウ。鰆は切り身ですが、生食も可能ということなので、一切れは炙ってカルパッチョ、残りは粕漬けと西京漬にしました。皮目に塩をパラリと振り、バーナーで炙り、少し厚めに切りました。丁寧にも皮はついていながら中骨は取ってあっ...

  4. 蛍烏賊のアヒージョ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    蛍烏賊のアヒージョ

    オイル漬けにしたホタルイカの最後の料理はアヒージョ。ホタルイカと一緒に漬けた胡桃とガーリックを取り出し、大匙6までオリーブオイルを足し、小鍋で煮立てます。塩を少量加え、アスパラガスと蛍烏賊、胡桃、ガーリックを入れたら蓋をして20秒。すぐに食卓に運んでしまっても大丈夫です。でも、油が跳ねますから要注意。グツグツしている油が収まったら蓋をとって、アツアツを戴きます。ホタルイカは酢味噌和えかアヒー...

  5. 蛍烏賊と空豆のペペロンチーノ&黒メバルの干物 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    蛍烏賊と空豆のペペロンチーノ&黒メバルの干物

    オイル漬けにした蛍烏賊と走りの空豆でペペロンチーノを作ってみました。空豆はまだ小粒で、香りも高くありませんが、蛍烏賊と春の組み合わせです。お取り寄せ、最後のお魚は黒メバルの干物。5cmほどの昆布を入れた5.6%の塩水に1時間漬け、水分を拭いて笊にのせ、ラップをせずに冷蔵庫に二日間。朝晩2回ひっくり返します。程よく水分が抜けたらきちんとラップして冷蔵庫で保存。自家製干物なので、なるたけ早く食べ...

  6. 小さい春みっけ&「耳のり」♪ - 笑う門には福来たる

    小さい春みっけ&「耳のり」♪

    余市町 柿崎商店さんの駐車場で,フキノトウを見ーつけたっ♪ (≧∀≦)春が近付いてるー❤︎(≧∀≦)こんな隙間からも,めんこいのが顔を出そうとしています!食べ頃のフキノトウを採りに行けるのは,もう少し先になるかな??(^-^)さてさて柿崎商店さんでは,お目当ての「耳のり」を見つけました♪りっぱなタコ足とマゾイのお刺身も買いましたが,イチバン欲しかったのがこの「耳のり」!正式にはアカバギンナン...

  7. 甘鯛の糸作り、西京漬、粕漬け&鯛めしのお茶漬け - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛の糸作り、西京漬、粕漬け&鯛めしのお茶漬け

    今回の甘鯛は残念ながら鱗がとってあったので、半身は昆布締め、残りは西京漬と粕漬けを半分ずつ作りました。今まで昆布締めは2−3日そのままにしていたのですが、昆布締めが一番美味しいのは締めて4−5時間。最長一日。それ以上は昆布を外しておいた方が美味しいと知りました。確かに、長く昆布に挟んだままにしておくと、水分が必要以上に抜け、色も黄色くなってしまいます。浸かり過ぎなのです。黒メバルを4時間半昆...

  8. 鯛で三品♪鯛めし、焼き霜造り、潮汁♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鯛で三品♪鯛めし、焼き霜造り、潮汁♪

    黒メバルのアクアパッツァと昆布締めの記事をすでに書いていたのですが、なんだかんだと家のことをやっていて、気がついたら、アップするのを忘れていました。黒メバルより昨日作った鯛の料理がとても美味しかったので、こちらをアップすることにしました。いつもより小さめだった鯛の半身は頭をつけたまま鯛めし。おこげを作りたかったので、炊飯器でなく土鍋で炊きました。お米は研いで、酒、みりん、白醤油(全て適宜)を...

  9. イサキのポワレとカルパッチョ&蛍烏賊とアスパラのバター醤油 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    イサキのポワレとカルパッチョ&蛍烏賊とアスパラのバター醤油

    お取り寄せの魚二日目はイサキ。この日は洋風に仕立てたく、ポワレとカルパッチョにしました。頭を外し、三枚におろした皮のついた半身をポワレ、もう一方の半身は皮を引いてカルパッチョ。頭で出汁をとり、ポワレのソースに使いました。煮詰めた出し汁に生クリームと粒マスタードを加えたソースで、添えたジャガ芋のガレット共に、とても美味しくできました。ポワレはこの方のYouTubeを参考にしました。カルパッチョ...

  10. 魚のお取り寄せ_2021年3月&そして、10年 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    魚のお取り寄せ_2021年3月&そして、10年

    今月の日本からは待ちに待ったホタルイカを頼むことができました。まだ小ぶりですが、富山産です。ぷりぷりのホタルイカ、春ですね。300gのホタルイカの目と口と周りの黒いところ、軟骨を取るのは一苦労ですが、その甲斐は十分に報われます。日持ちするようにオイル漬け(下処理したホタルイカを1分茹で水分を取り、胡桃、半分に切って芯を取ったガーリックと一緒にオリーブオイルにつけます。)、野菜と一緒にピクルス...

  11. ピンチョス風の夕食 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ピンチョス風の夕食

    カンパーニュを焼いた日の夕食はパンを使ったピンチョス風。お刺身で食べられる冷凍帆立は解凍して、横に二つに切り、片面をバーナーで炙り、塩胡椒。自家製オレンジジャムを白ワインで伸ばしてトッピング。市販のオレンジマーマレードでは甘すぎるので、使わない方が良いかもしれません。先日頂いたオレンジの一種、ハニーベルはとても美味しく、調子に乗って1個食べてしまったら、案の定持病の逆流性食道炎が悪化しました...

  12. お取り寄せの魚の最後三日間の食卓♪粕漬け&干物二種♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    お取り寄せの魚の最後三日間の食卓♪粕漬け&干物二種♪

    干物を入れても6尾のお魚を一人で冷凍せずに食べるのは、かなりチャレンジングでした。黒ムツも熟成が効くというので、昆布締めにした残りの半身は粕漬けと塩麹漬けにしました。両方とも3日間漬けました。塩麹は少し浸かり過ぎ(身が締まり過ぎ)でしたが、粕漬けは美味しくできました。豆腐と青梗菜、きのこたっぷりの汁物はアラでとった出汁です。新わかめは塩抜きした後、梅干しと醤油と水、桜エビで薄味に仕立てたもの...

  13. 甘鯛と黒ムツの昆布締め丼&ちらし寿司 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛と黒ムツの昆布締め丼&ちらし寿司

    昆布締めにした甘鯛と黒ムツはお昼に丼にしました。酢飯に炒り胡麻を混ぜ、板ずりにした胡瓜、隠れていますが、カイワレも敷きました。甘鯛は丸一日、黒ムツはほぼ二日昆布締めにしたものです。両方とも昆布の味が染み込んで、とても美味しかったです。次の日のお昼は、残った甘鯛の昆布締めと冷凍してあった錦糸卵とちらし寿司。(酢飯も前日の残りです。)両方とも自家製甘酢生姜を添えて。ちなみに胡瓜は8日経ったもの、...

  14. カサゴの煮付け&ワカメの茎のきんぴら - やせっぽちソプラノのキッチン2

    カサゴの煮付け&ワカメの茎のきんぴら

    2尾入っていた小さい方のカサゴは、オーソドックスに煮付けにしました。カサゴは熟成がきくということなので、最後の方の調理になりました。煮付けもいろいろなレシピがあります。「吉兆味ばなし」の湯木貞一さんは、ごく新鮮なものなら酒と隠しみりんと醤油だけでパーっと煮ます。でも、これはピチピチ跳ねているような新鮮な魚に限るそうです。同じ煮付けといっても、魚の種類やアラ煮とはまた違った調味の量になります。...

  15. 甘鯛の松笠揚げ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    甘鯛の松笠揚げ

    今まで何回か甘鯛がお取り寄せに入っていましたが、いつも丁寧に鱗がとってありました。でも、今回は私の願いを聞き入れてくださり、鱗がついたままでした。甘鯛の鱗は薄いので食べられるというのを知ったのは、最近のことです。さて、甘鯛は身が柔らかく骨は固く、鱗をつけたまま3枚におろすのはかなり難しかったです。いくつかYouTubeを見て参考にしましたが、見るのと実際とは大違い。時間がかかりましたが、なん...

  16. ハシ金目鯛 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ハシ金目鯛

    ハシ金目鯛、初めて聞くお魚です。お魚と一緒にもらったメモには、ハシ金目鯛:金目鯛と似た味。煮付けがおすすめ。良い出汁が出るので、汁物も良い。刺身、干物。と書かれていました。なるほど。かなり大きいのでお昼と夕食と干物で3回分になりました。お昼にはお刺身。2枚におろした半身のその半分と昨夜の残り物のお味噌汁と副菜で。豪華なお刺身定食です。金目鯛よりコリっとした食感で、癖がなく、とても美味しい。骨...

  17. 魚のお取り寄せ_2021年2月 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    魚のお取り寄せ_2021年2月

    今月の日本からの魚のお取り寄せです。左上からハシ金目鯛、カサゴ2尾、右上からホッケの開き、赤甘鯛、黒ムツ。そのほか鱈の白子、新茎わかめ。どんな順番でどのように料理するか、頭を悩ませるのも楽しみの一つ。この日は夜7時から全豪オープンで大坂選手とセリーナ選手の試合があったので、それまでに夕食を済ますことができるように、簡単に大きい方のカサゴ1尾を料理しました。頭を外し、三枚におろしたカサゴの身は...

  18. ネギトロ丼&蛸と胡瓜の梅干し和え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ネギトロ丼&蛸と胡瓜の梅干し和え

    先日、急に鉄火丼が食べたくなり、3ヶ月ぶりに訪れた美容院の帰りに、日本食料品店に行ってみました。ここも最後に訪れてから2週間以上経っています。鮪のお刺身は思ったより高めのお値段だったので、美味しそうな中落ちを買ってきました。丁寧に筋を取り除き、たっぷりの刻み葱、煮切り醤油、山葵。熱々のご飯に炒り白胡麻、茹でて細かく切った大根の葉っぱを混ぜて。最後にもみ海苔を乗せて、美味しくできました。殊に、...

  19. 毛糸を使い切りたい③ & ホッケ尽くし - 笑う門には福来たる

    毛糸を使い切りたい③ & ホッケ尽くし

    2/10 ニットの日♪間に合ったー(^◇^;)着々と毛糸が減っていくのを見るのも,気持ちがいいわー(^-^)ビタミンカラーも残り少なくなってきた☆靴下とは対照的な色合いのメニューは,先日の夕飯です♪左:ホッケのつみれバーグ下:ホッケの皮のカリカリ焼き右:ホッケの骨揚げホッケをたくさんいただいたので,ホッケ尽くしの夜でした❤︎╰(*´︶`*)╯♡つみれを作りましたホッケの身をまな板の上で包丁...

  20. 帆立丼 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    帆立丼

    大分前のことですが、残ったお刺身のキジハタを胡麻ペーストや出し汁、醤油にさっと浸けてお茶漬けにしたことがあります。それを思い出し、横半分に切り、片面をバーナーで炙った帆立を、胡麻ペースト、醤油、擂り胡麻、酒に浸けて丼にしてみました。熱々のご飯の上にもみ海苔と貝割れを乗せ、つけ汁と一緒にホタテを乗せ、最後に大葉の千切り。大葉も保存法を考えると、とても長持ちするということがわかりました。茎の下を...

総件数:341 件

似ているタグ