シーフードのタグまとめ

シーフード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシーフードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シーフード」タグの記事(123)

  1. 海老のソテーガーリックチップスと塩レモン添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    海老のソテーガーリックチップスと塩レモン添え

    新鮮なお魚が売られていないので、仕方なく買ってきた海老。どんな風に調理しようかと料理本をひっくり返して見つけた「PINTXOS」からの一品。ガーリックチップスと塩レモン、ピメント・エスプレットのコンビネーションが素晴らしく合い、とても美味しくできました。(レシピは下に書きました。)そのほかのメニューはマグロとアボカドの柚子胡椒風味のセヴィチェとアルグラの花のガーリックソテー。今日(3月10日...

  2. ひな祭りの海鮮ちらし丼 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ひな祭りの海鮮ちらし丼

    3月3日のひな祭りにはたとえ一人でもお寿司でお祝いをしたくなります。でも、先日友達のお誕生祝いに五目ちらし寿司を作ったばかりなので、今回は鮪、鯛、イクラの海鮮ちらし寿司にしました。前日の土曜が忙しかったので、金曜日に日本食料品店からお刺身類を買って、鮪は塩麹にマリネ、鯛は昆布締め。普通にすし飯の上に並べただけでは、ひな祭りらしくないので、お刺身を花のようにしてみました。薄くそぎ切りにしたお刺...

  3. 私のぶり大根 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    私のぶり大根

    ぶり大根という料理を知ったのはサンディエゴに来てからです。東にいた時はぶりが手に入りませんでしたし、私の母のぶり料理は煮付けと決まっていました。今までのぶり大根は大根は美味しいのですが、ぶりはパサパサしてしまいます。ネットでレシピを探してもどれも同じように大根とぶりを一緒に煮込みます。というわけで、私なりのレシピを考えました。ぶりは塩麹に1日マリネして使います。下味がついているので、ぶりが煮...

  4. サーモンバーガー和風味の野菜ソース添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    サーモンバーガー和風味の野菜ソース添え

    大分前の夕食の紹介で気が引けますが、生鮭でバーガーを作り、和風味の野菜ソースをたっぷり添えました。(レシピは下に書きました。)鮭は健康食品ですし、どこでも手に入る便利な食材なので、ほぼ週に1回は食卓に乗ります。でも、グリルかソテーとパターンが決まってしまいがちです。少し目先を変えたい時はこんな料理も良いと思います。ソースには野菜も沢山入れるので、あとは簡単な和風サラダ。水菜、大根、アルグラの...

  5. モロッコ風魚のオーブン焼き&クスクス・サラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    モロッコ風魚のオーブン焼き&クスクス・サラダ

    淡白な白身魚、rockfishという魚のフィレを買ってきました。ロックフィッシュとは名前の通り、岩場で獲れる魚の総称のようです。淡白なので少しパンチのあるモロッコ風のスパイスにマリネして、オーブンでベイクしてみました。(レシピは下に書きました。)付け合せのサラダはクスクス。パッケージの手順に従ってクスクスを調理し、ドライフルーツ、ミニトマト、ミニパプリカ、パセリ、オリーブ、アーモンドスライス...

  6. 春らしいお刺身サラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    春らしいお刺身サラダ

    昨年の11月以来ご無沙汰していた知野ファームをやっと訪れることができました。冬は他の季節に比べると種類が少なく、また最近は雨ばかり降っていたせいもあり、思ったような野菜はなかったのですが、それでも綺麗な野菜をいくつか買うことができました。知野ファームの後は”鹿児島フェアー”を催していた日本食料品店へ直行。カンパチのサクを買ってきました。塩締にして半分はお刺身。残りの半分は知野のお野菜でサラダ...

  7. アスパラとジャガ芋のクリームスープ&グリルした鮭・フェンネルとリンゴのサルサ添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    アスパラとジャガ芋のクリームスープ&グリルした鮭・フェ...

    メキシコ国境に車で20−30分のサンディエゴにはメキシコで採れた野菜類がたくさん出回ります。メキシコ産の新鮮で立派なオーガニックのアスパラガスを見つけました。1ポンド(450g)の束が約5ドル。メキシコ産はお財布に優しいのです。一人では悠に3回分あるので、1回はジャガ芋と一緒にクリームスープにしました。(レシピは下に書きました。)メインは鮭のグリル。塩胡椒の他にフェンネルシードを振りかけて、...

  8. 塩レモンでマリネした鰈のムニエル - やせっぽちソプラノのキッチン2

    塩レモンでマリネした鰈のムニエル

    「週4日は魚を食べなさい。」というお医者さんの言いつけを守って、なるたけ魚料理を食卓に載せるようにしています。新鮮で種類が豊富なら毎日でも食べたい魚ですが、アメリカではままならず。それでも昨日はsole(鰈)の新鮮なフィレがWhole Foodsで売られており、買ってきました。子供の生徒を教えた後、夜の合唱の練習を前に簡単に作ることのできるムニエルにしました。塩レモンとオリーブオイルに10分...

  9. 練り味噌を使って四品 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    練り味噌を使って四品

    アメリカの中西部から東にかけては記録を更新するほどの低温が続いています。シカゴでは零下25.5度C。ウィスコンシンのマディソンでは体感温度が零下 44.4度Cの歴史的な気温になりました。日本でも寒い日が続いているようですが、いかがお過ごしでしょうか。寒い地域にお住いの方には申し訳ないほど、サンディエゴは暖かです。朝の8時現在で13度C。今日は18度まで上がる予報です。元気の良い子供たちは私の...

  10. レストラン、ヘリンボーンにお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    レストラン、ヘリンボーンにお邪魔。

    最終日の夕食はこちらにお邪魔しました。場所はインターナショナルマーケットプレイス。シーフードレストランのヘリンボーンです。アメリカンダイナー。アメリカ人大好きなアウトサイド席です。メニュー。日本語標準装備。外が見えて気持ちが良い。この季節、外で食事が出来るのがハワイの凄いところですね。ビールをついでもらう。これはアサヒのドライ。わてはワイキキ・ブルワリー・ゴールデン・エール。かんぺ~。灯がと...

  11. さすがの"クラムチャウダー" - パサデナ日和

    さすがの"クラムチャウダー"

    水族館やキャナリー・ロウから海岸線を北側に向かっていくと、オールド・フィッシャーマンズ・ワーフ ( Old Fisherman’s Wharf)にたどり着く。有名なサンフランシスコの”フィッシャーマンズ・ワーフ”に比べると、はるかにサイズが小さくて、こじんまりとした感じのモントレーの港町だが、活気があるので寂れた感じはしない。むしろ観光地化され過ぎているサンフランシスコの”フィッシャーマンズ...

  12. 鮭のクリームシチュー - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鮭のクリームシチュー

    今年のサンディエゴは寒い!おかげで最近1ヶ月の電気・ガス代が高い!(サンディエゴは電気とガス代は一緒に支払います。)こんなに高いのは近年まれに見るのでは?と調べたら、去年の方がもう少し余分に払っていました。毎年寒さが厳しくなり、従って光熱費もかかると思い込んでいただけなのでした。年々寒さがこたえるのは単に年のせいかもしれませんね。(認めたくはないですが。)さて、寒い日は体の中から温まるシチュ...

  13. ロブスターでお祝い - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロブスターでお祝い

    気がつけば1月も6日。娘夫婦は2日の早朝に帰ったものの3日は合唱の練習で仕事始め。というのも5日に屋外での演奏予定が入っていたからです。ところが当日は雨。やむなく延期になりました。1月は一応雨季ですが、それにしても晴天の多いサンディエゴで雨に祟られるとはついていないです。そんなこんなで元旦の夕食を今頃アップします。お昼にたっぷりお節料理をいただいたので、夕食は蒸したロブスター。やはりご馳走が...

  14. 苺の小さいタルト - やせっぽちソプラノのキッチン2

    苺の小さいタルト

    体調が悪く、恒例のフルーツケーキ作りもせずおとなしくしていたものの、やはりクリスマスにデザートがないのは寂しい。そこで、冷凍庫に一つだけ残っていた小さなタルトにマスカルポーネと生クリームを詰めて、苺を飾ってデザートにしました。マスカルポーネはふるった粉砂糖と一緒に泡だて、ホイップした生クリームとバニラエッセンスを加えました。お一人様のクリスマスディナーは今年もクラブケーキ。自家製マヨネーズと...

  15. ハマチのカルパッチョ&セヴィチェ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ハマチのカルパッチョ&セヴィチェ

    先日、日本から空輸のハマチのお刺身が安売りをしていました。ハマチはメキシコ湾でも獲れるのでアメリカのお魚屋さんでもお刺身として売られていますが、日本からの空輸のものは案外鮮度が良いのです。日本の方がお魚の扱いが上手いのかもしれません。さて、サクで買い求めたハマチ、最初は普通にわさび醤油でお刺身に。半分は塩麹に漬けて次の日にいただきました。サクの半分の半分はレモンとオリーブオイルをかけてカルパ...

  16. マリネしたオヒョウのソテーマンゴーサルサ添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    マリネしたオヒョウのソテーマンゴーサルサ添え

    先日のテレビ番組「ガッテン!」でもコレステロール値を下げるには魚、特に青魚を食べると良い、と放映していましたが、私のかかりつけのお医者さんも同じことを言います。サバやイワシ、アジ、サンマ。サンディエゴでは手に入りにくいお魚なので、他のお魚を買ってきます。でも、アメリカはお魚が高いのです。いつも同じものでは、と思い先日買ってきたオヒョウ(Hulibat) は一人分、180gくらいで10ドル も...

  17. ロックフィッシュのソテーレモンと生クリームとバターのソース - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロックフィッシュのソテーレモンと生クリームとバターのソース

    メバルやカサゴの一種らしいアメリカではロックフィッシュと呼ばれるお魚があります。岩と岩の間に住んでいるお魚、という意味でロックフィッシュと呼ばれるそうで、種類も様々なようです。淡白で、身は薄めです。いつもはアーモンドの粉をまぶしてソテーするのですが、今回はレモンと生クリームとバターで少し濃厚なソースを合わせてみました。(アメリカの料理サイト、food networkを参考にしました。)さっぱ...

  18. メカジキのグリル西京味噌と柑橘類のソース添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    メカジキのグリル西京味噌と柑橘類のソース添え

    お魚が好きなので毎日でも食べたいのですが、なかなか新鮮な魚を買うことは難しく、しかも毎日買い物に行くこともできません。それで、その日のうちに食べないお魚は味噌や塩麹に漬けておきます。swordfish(メカジキ)のステーキをWhole Foodsで買い求め、味噌(赤味噌、酒、味醂)に半日漬け込みました。味噌漬けにした時には和食をイメージしていたのですが、作る時になって急に趣旨替えをしました。...

  19. ロマネスコのオーブン焼き - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロマネスコのオーブン焼き

    スーパーで新鮮なロマネスコを見つけました。形と色が綺麗なので、生のままサラダにしようと思って買ったのですが、作る時になって気が変わり、オーブンで焼くことにしました。というのも、メインを丸のままの魚のパピヨットにしたので、同じオーブンで焼けるものをと考えたからです。ロマネスコは小房に分けてから更に縦に半分に切ります。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、切り口を下にして並べます。軽く塩胡椒した後、...

  20. 鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え

    ラスヴェガスで美食の後はやはり和食が恋しくなり、日本食料品店へ走りました。お刺身の種類はあまりなかったのですが、鯛の柵を買い求め、丸一日昆布締めにして丼に。すし飯に炒った白胡麻を混ぜるのはsyunさんの以前のブログで教わりました。白胡麻の香ばしさとプチプチ感がとても美味しいです。さっと湯がいた三つ葉と自家製酢取り生姜を添えて。知野ファームで求めた葉付き生姜は皮をむいて熱湯に1分。熱いうちにた...

総件数:123 件

似ているタグ