シーフードのタグまとめ

シーフード」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはシーフードに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「シーフード」タグの記事(116)

  1. レストラン、ヘリンボーンにお邪魔。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    レストラン、ヘリンボーンにお邪魔。

    最終日の夕食はこちらにお邪魔しました。場所はインターナショナルマーケットプレイス。シーフードレストランのヘリンボーンです。アメリカンダイナー。アメリカ人大好きなアウトサイド席です。メニュー。日本語標準装備。外が見えて気持ちが良い。この季節、外で食事が出来るのがハワイの凄いところですね。ビールをついでもらう。これはアサヒのドライ。わてはワイキキ・ブルワリー・ゴールデン・エール。かんぺ~。灯がと...

  2. さすがの"クラムチャウダー" - パサデナ日和

    さすがの"クラムチャウダー"

    水族館やキャナリー・ロウから海岸線を北側に向かっていくと、オールド・フィッシャーマンズ・ワーフ ( Old Fisherman’s Wharf)にたどり着く。有名なサンフランシスコの”フィッシャーマンズ・ワーフ”に比べると、はるかにサイズが小さくて、こじんまりとした感じのモントレーの港町だが、活気があるので寂れた感じはしない。むしろ観光地化され過ぎているサンフランシスコの”フィッシャーマンズ...

  3. 鮭のクリームシチュー - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鮭のクリームシチュー

    今年のサンディエゴは寒い!おかげで最近1ヶ月の電気・ガス代が高い!(サンディエゴは電気とガス代は一緒に支払います。)こんなに高いのは近年まれに見るのでは?と調べたら、去年の方がもう少し余分に払っていました。毎年寒さが厳しくなり、従って光熱費もかかると思い込んでいただけなのでした。年々寒さがこたえるのは単に年のせいかもしれませんね。(認めたくはないですが。)さて、寒い日は体の中から温まるシチュ...

  4. ロブスターでお祝い - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロブスターでお祝い

    気がつけば1月も6日。娘夫婦は2日の早朝に帰ったものの3日は合唱の練習で仕事始め。というのも5日に屋外での演奏予定が入っていたからです。ところが当日は雨。やむなく延期になりました。1月は一応雨季ですが、それにしても晴天の多いサンディエゴで雨に祟られるとはついていないです。そんなこんなで元旦の夕食を今頃アップします。お昼にたっぷりお節料理をいただいたので、夕食は蒸したロブスター。やはりご馳走が...

  5. 苺の小さいタルト - やせっぽちソプラノのキッチン2

    苺の小さいタルト

    体調が悪く、恒例のフルーツケーキ作りもせずおとなしくしていたものの、やはりクリスマスにデザートがないのは寂しい。そこで、冷凍庫に一つだけ残っていた小さなタルトにマスカルポーネと生クリームを詰めて、苺を飾ってデザートにしました。マスカルポーネはふるった粉砂糖と一緒に泡だて、ホイップした生クリームとバニラエッセンスを加えました。お一人様のクリスマスディナーは今年もクラブケーキ。自家製マヨネーズと...

  6. ハマチのカルパッチョ&セヴィチェ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ハマチのカルパッチョ&セヴィチェ

    先日、日本から空輸のハマチのお刺身が安売りをしていました。ハマチはメキシコ湾でも獲れるのでアメリカのお魚屋さんでもお刺身として売られていますが、日本からの空輸のものは案外鮮度が良いのです。日本の方がお魚の扱いが上手いのかもしれません。さて、サクで買い求めたハマチ、最初は普通にわさび醤油でお刺身に。半分は塩麹に漬けて次の日にいただきました。サクの半分の半分はレモンとオリーブオイルをかけてカルパ...

  7. マリネしたオヒョウのソテーマンゴーサルサ添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    マリネしたオヒョウのソテーマンゴーサルサ添え

    先日のテレビ番組「ガッテン!」でもコレステロール値を下げるには魚、特に青魚を食べると良い、と放映していましたが、私のかかりつけのお医者さんも同じことを言います。サバやイワシ、アジ、サンマ。サンディエゴでは手に入りにくいお魚なので、他のお魚を買ってきます。でも、アメリカはお魚が高いのです。いつも同じものでは、と思い先日買ってきたオヒョウ(Hulibat) は一人分、180gくらいで10ドル も...

  8. ロックフィッシュのソテーレモンと生クリームとバターのソース - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロックフィッシュのソテーレモンと生クリームとバターのソース

    メバルやカサゴの一種らしいアメリカではロックフィッシュと呼ばれるお魚があります。岩と岩の間に住んでいるお魚、という意味でロックフィッシュと呼ばれるそうで、種類も様々なようです。淡白で、身は薄めです。いつもはアーモンドの粉をまぶしてソテーするのですが、今回はレモンと生クリームとバターで少し濃厚なソースを合わせてみました。(アメリカの料理サイト、food networkを参考にしました。)さっぱ...

  9. メカジキのグリル西京味噌と柑橘類のソース添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    メカジキのグリル西京味噌と柑橘類のソース添え

    お魚が好きなので毎日でも食べたいのですが、なかなか新鮮な魚を買うことは難しく、しかも毎日買い物に行くこともできません。それで、その日のうちに食べないお魚は味噌や塩麹に漬けておきます。swordfish(メカジキ)のステーキをWhole Foodsで買い求め、味噌(赤味噌、酒、味醂)に半日漬け込みました。味噌漬けにした時には和食をイメージしていたのですが、作る時になって急に趣旨替えをしました。...

  10. ロマネスコのオーブン焼き - やせっぽちソプラノのキッチン2

    ロマネスコのオーブン焼き

    スーパーで新鮮なロマネスコを見つけました。形と色が綺麗なので、生のままサラダにしようと思って買ったのですが、作る時になって気が変わり、オーブンで焼くことにしました。というのも、メインを丸のままの魚のパピヨットにしたので、同じオーブンで焼けるものをと考えたからです。ロマネスコは小房に分けてから更に縦に半分に切ります。耐熱皿に薄くオリーブオイルを塗り、切り口を下にして並べます。軽く塩胡椒した後、...

  11. 鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鯛の昆布締め丼 & 柿と春菊の胡麻和え

    ラスヴェガスで美食の後はやはり和食が恋しくなり、日本食料品店へ走りました。お刺身の種類はあまりなかったのですが、鯛の柵を買い求め、丸一日昆布締めにして丼に。すし飯に炒った白胡麻を混ぜるのはsyunさんの以前のブログで教わりました。白胡麻の香ばしさとプチプチ感がとても美味しいです。さっと湯がいた三つ葉と自家製酢取り生姜を添えて。知野ファームで求めた葉付き生姜は皮をむいて熱湯に1分。熱いうちにた...

  12. 盛りだくさんだったお誕生日 - やせっぽちソプラノのキッチン2

    盛りだくさんだったお誕生日

    私の大好きな料理研究家、Dorie Greenspanさんがこれまた大好きな知野ファームを新しい本の全米キャンペーンの一環として訪れました。10月23日発売になった新しい本を携えて、Dorieさんに会いに行きました。こんなことは初めてです。なんだかティーンエイジャーになったような気分で知野ファームを訪れました。写真で見た通りの素敵な女性でした。大ファンであること、週1回くらいDorieさんの...

  13. 旬の果物を使って♪林檎と葡萄とエンダイブ&柿と鮪のセヴィチェ♪ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    旬の果物を使って♪林檎と葡萄とエンダイブ&柿と鮪のセヴ...

    夏時間が終わり、夕方5時を過ぎると暗くなり、体内時計がなかなか適応できずにいます。11月に入っても最高気温が25度に上がることもあるサンディエゴでは、5時過ぎに暗くなることで秋の訪れを実感するのも確かですが。そして、もう一つ秋の訪れを感じさせてくれるのはお店に並ぶ果物の種類です。”new crop”と表示された林檎、赤や緑の葡萄、柿、葉っぱのついた蜜柑等々。これら秋の果物を使って料理してみま...

  14. 今度はお洒落なシーフード-The Big Ketch, Roswell - アメリカ南部の風にふかれて

    今度はお洒落なシーフード-The Big Ketch,...

    近所でランチをすることになって、今度は、先日のシーフード店と違ってもうちょっとお洒落と思われる(メニューの値段から~)Downtown RoswellのThe Big Ketchに行くことになりました。気温は低いけれど、空気の澄んだいい天気だったので、デッキでおしゃべりしましょうと言うプランだったのですが、まだテラスでファイアーピットをセットするほどではなく、レストランの中に案内されました。...

  15. 鰹のカルパッチョ&紅茶風味の南瓜スープ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鰹のカルパッチョ&紅茶風味の南瓜スープ

    どこで獲れたものか確認し忘れましたが、フレッシュな鰹のお刺身が売られていました。冷凍を解かしたものでない鰹が売られていることは稀です。小説ブログ「駅西の小さなご飯や」に出てきた塩締めを作ることにしました。ずっと作りたかったのですが、新鮮な鰹が手に入ることはほとんどないので、諦めていたのです。2時間塩締めにした後、皮目を炙って焼き色をつけます。7ミリ位の厚さに切ってガーリックの薄切りを散らし、...

  16. アトランティックサーモン丼 - Cozy Table

    アトランティックサーモン丼

    お教室の生徒さんから「Costcoで売られているアトランティックサーモンってお刺身で食べられますか?」という質問がグループラインでお尋ねがありました。「私は食べたことがないんだけれど生で食べられるの?」と反対に聞き返したところ他の生徒さんからもラインでいろいろ情報が届き結局生徒さんが直接Costcoで質問したら「大丈夫!」とのこと。一番心配したのは寄生虫のアニサキス。しかし養殖のサーモンはア...

  17. シーフード通りにある一軒の店-Bay Breeze, Marietta - アメリカ南部の風にふかれて

    シーフード通りにある一軒の店-Bay Breeze, ...

    とうとう暖房入れました。さすがに朝夕は冷えるようになりました。空気が澄んで山の森の木々も鮮やかになっていっているだろうな~。住居の敷地内の水鳥達の泳ぎが華麗になっています。今日はスマホの写真ばかりです。イカロスの翼を付けたかのような~。ワインのともだちのチーズですが、ハロウィンバージョンです。さて、最近若い日本人の友達ができました。彼女のお子さんが、まさしくウチの子供たちがアトランタに住み始...

  18. 鰆と茸たっぷりのちり蒸し&柿とルッコラの酢の物&アライグマ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    鰆と茸たっぷりのちり蒸し&柿とルッコラの酢の物&アライグマ

    最近では茸類は一年中出回っていますが、茸は秋という季節を感じさせてくれます。鰆の切り身、豆腐、生椎茸、しめじ、平茸でちり蒸しを作りました。昆布の上に上記の具材をのせ、酒を振り、湯気の上がった蒸し器の中で8−10分。最後に三つ葉を加えました。ポン酢でいただきます。今回は即席ポン酢で昆布醤油にレモン汁を加えただけですが、次はきちんと熟成させた自家製ポン酢を添えたいです。季節の果物、柿は湯がいたル...

  19. 生ハムと葡萄とルッコラのサラダ - やせっぽちソプラノのキッチン2

    生ハムと葡萄とルッコラのサラダ

    葡萄が美味しい季節になりました。皮の薄い大粒で甘い種無し葡萄を半分に切って、生ハムとルッコラ、ローストした胡桃のサラダを作りました。ドレッシングは無花果のバルサミコ酢をかけただけです。生ハムと甘い葡萄の相性が良いことを発見。美味しいサラダでした。メインはたっぷりの野菜と鱈を白ワインで蒸し煮にした料理です。鉢植えで頑張っているタラゴンをたっぷり使い、簡単ですが、色鮮やかで美味しい魚料理です。(...

  20. 白身魚のソテーレモンソース添え - やせっぽちソプラノのキッチン2

    白身魚のソテーレモンソース添え

    チリアンシーバス(Chilean Seabass)は南極の近くに棲む大きな深海魚なそうです。アメリカではポピュラーな魚で美味しい白身魚ですが、良いお値段です。先日この切り身を購入し、レモンソースで頂きました。付け合わせはキヌアとインゲンのサラダ。魚自体も美味しかったのですが、このソースがとても美味しかったので、二日後にカレイをソテーして、同じようなソースにしてみました。(レシピは下に書きまし...

総件数:116 件

似ているタグ