ジオラマのタグまとめ

ジオラマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジオラマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジオラマ」タグの記事(179)

  1. Break time 2 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    Break time 2

    果てしない不安な闇夜がやってきた。一筋の光が見えたが、またすぐに消える。こんな時はBOSSを頼ろう。大きく見える存在「プレミアムボス ブラック」*ロケ地/ネイリーマン諸島 イエローレッドサンド地帯という感じで撮ってみました。闇夜の荒野/Break time 2下の写真は、1作目から引き続き、写真家 新藤修一氏が行っている月例展 2作目の投稿です。写真家 新藤修一氏 月例展:https://s...

  2. STAY HOMEで「REYS HOME」 - マルタカヤ模型

    STAY HOMEで「REYS HOME」

    STAY HOMEで「REYS HOME」こんな時こそプラモデル。過去の製作した作品を紹介していきたいと思います。SWワンメークで製作しましたジオラマ「REYS HOME 」の紹介です。映画スターウォーズエピソードⅦでの最も印象的で好きな映画のシーンをジオラマに。惑星ジャクー、ATATの残骸がレイの住処です。生活の場を立体化してみました。スケールは1/48、ATATはスチレンボード.スタイロ...

  3. Break time -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    Break time

    「歩く、ひたすら歩く、太陽が雲に入り光がフラットになった。乾いた大地、喉を潤す ジョージア 香るブラック」ロケ地/ネイリーマン諸島 イエローレッドサンド地帯にて。という感じで、以前に使ったセットに缶コーヒーを乗せて撮ってみました。今回は、写真家 新藤修一氏が行っている月例展に参加するために撮った作品です。題材はコンビニでも買える「ジョージア香るブラック」を撮ると言うことで、僕も参加してみまし...

  4. 外に出ない... -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    外に出ない...

    ステイホーム!/Stay home!Polar bear!外は濃霧なのか雪煙なのかサッパリ分からないが、どうやら晴れているようだ。しかし、真っ白で周りはまったく見えない。こんな事は初めてだ。薄っすらと遠くの景色が見えることもあるが、こんな状況がずっと続いている。ステイホーム!/Stay home!Polar bear!ここが安全かどうかも判らないので、出て移動したいけれど、これではちょっと難...

  5. 離島から出る救助艇 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    離島から出る救助艇

    脱出する救助艇/Escape rescue boat急遽 救助用に改造した船が、離島から避難して来た。島は「思ったよりも、酷い事に成っている…」と船員は話している。吹き出しているものは「どんどん広がっているようだ…」と言っていたが、溶岩とは違うようで、何なのかよく解っていない。離島から脱出する救助艇/Rescue boat escaping from a remote islandこの目で確...

  6. 散歩道☆花以外の楽しみ - さんじゃらっと☆blog2

    散歩道☆花以外の楽しみ

    ☆散歩道の楽しみ☆2020年4月3日買い物がてら自転車道路に回り道。自転車道路の横には畑が多いので、新鮮な野菜をgetすることもできます。そんな畑の片隅にほっとする空間、楽しいジオラマの世界が広がっています。いつも同じではなく、時々変化しています。今回は横にチューリップが植えてありました。(まだ開花していないので撮影せず。)郊外のスタバ?芝桜も綺麗。こんな感じでいつも楽しませていただいて感謝...

  7. リリエンタールのグライーダー -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    リリエンタールのグライーダー

    朽ちたグライダー リリエンタール号/Rotten glider Lilienthalイエローシルクフィールド(Yellow Silk Field)と言われている高原に、朽ちて骨組みが残ったリリエンタール号(Lilienthal glider)が有った。「かなり昔から有る…」らしいが、調べてみると、鳥の飛翔を研究していたオットー・リリエンタール(Otto Lilienthal)は、1890年代...

  8. 万世橋駅 - summicron

    万世橋駅

    万世橋は明治45年に完成したそうです銀座線にも幻の万世橋駅が地下にあったそうですよ

  9. 滑走するランボルギーニ ムルシエラゴ -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    滑走するランボルギーニ ムルシエラゴ

    この前は、噴火している溶岩流へ行って来たので「涼しいところに行きたい…」と言ったところ連れてこられたのが、氷点下のこの湖だ。涼しくはないが「超寒い!」両極端なガイドだ。「氷結を滑走するムルシエラゴ/"Murcielago" runs on ice」ランボルギーニ ムルシエラゴ LP670-4 スーパーヴェローチェ/Lamborghin MURCIELAGO LP670-4...

  10. 青く凍る湖 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    青く凍る湖

    シャイ・コツウ湖/shi-kotu lakeここはネイリーマン諸島北の島、標高約3,000m地点にあるシャイ・コツウ湖(shi-kotu lake)で「絶えず凍っている」と言う言語の名が付いた湖だ。夏には溶ける場所もあるそうだが、通年通してほとんど凍っているようだ。青く凍るシャイ・コツウ湖/”Shi-kotu lake” which freezes blue氷の下は、不純物も少なく「青く澄ん...

  11. 噴火! -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    噴火!

    母なる大地/Mother Groundすっかり星空になってしまったが、上流に進むと山と言うより大地が絶えず小さな噴火を繰り返している「凄い!」光景だ。それにしても溶岩流が凄まじい。母なる大地/Mother Ground今いる「ここの場所なら平気、大丈夫だよ!」とガイドは気軽に言いながら説明するが、島は「ここから生まれた…」と言う説が強く、地元では「母なる大地」と呼んでいる。僕には、母が「怒っ...

  12. スーパーホットリバー -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    スーパーホットリバー

    スーパーホットリバー溶岩流/Super hot river,lava flow島の成り立ちが「分かる…」と言う事で、今も噴火活動をしている火山地帯へ行ってみた。途中、溶岩流の「スーパーホットリバー」を通ると、なんとハイエナ2頭が「立ち往生している…」ではないか。スーパーホットリバー溶岩流/Super hot river,lava flow/ハイエナ/Hyenasここには獲物も居ない場所「逃げ...

  13. 海中の不思議な鉱石 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    海中の不思議な鉱石

    やはり気になるので数日後、夕暮れ時に行ってみた。イタチザメを避けて海に入ってみたが、日差しが当たらないからなのかカラフルさは失われている。今度は酸素ボンベを持ってきた…笑。しばらく進むと何やら光を放っている。例のダイヤのような鉱石だ「浮いている…」。海中の不思議な鉱石〜ミンアノウ海岸(MinnAno Coast)島に来てから見たのは「何度目だろうか…」と、気付いたら水中なのか陸地なのか、上下...

  14. いずれ陸地になる海底 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    いずれ陸地になる海底

    先日「かつては、海だった…」と話していた村人に、陸地になる前の海中を「見る事が出来るよ…」と気軽に言うので、案内してもらい潜ってみた。海岸の岩場に沿って海へ入って行くのだが、透明度が高く、すぐにカラフルな場所が見えて来た。いずれ陸地になる海底〜イタチザメ(Tiger Shark/Galeocerdo cuvier)まるで「海と陸が逆転したかのような…」光景に目を見張った。水深が浅く日光も届く...

  15. 海の谷(Sea valley)の黒豹/ブラックパンサー(Black panther) -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    海の谷(Sea valley)の黒豹/ブラックパンサー...

    1「海の谷〜Sea valley」村で珍しい「谷がある…」と聞いて来てみたが、なんとも素晴らしい眺めだ!かつては「海だった…」と話していたが、本当なのだろうか。入り口付近から見るだけで「奥には行かないほうがいい…」と何度も言われたが、危険は感じない。なので、せっかく来たから「入ってみよう…」と思う。海の谷〜Sea valley昔の人は「海が死んで谷となった」事から「死海の谷」と言って恐れてい...

  16. 星空と三日月と岩山のブルーロックス -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    星空と三日月と岩山のブルーロックス

    高い所は夜になり少し寒いが、晴れた日のネイリーマン諸島の夜空は綺麗だ。オリックスは、これを眺めるために登ったように見えるが、そんな事は無いので、単純に「高い所に登って見たかったのでは…」と思う。動物にしか分からない「何かがある…」のかも。僕も高い所は怖いけど嫌いでは無い、同類か〜笑。星空と三日月と岩山のブルーロックス(Blue rock’s)/Oryx gazella気付くとじーっと、こっち...

  17. アイベックスではないようだが… -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    アイベックスではないようだが…

    アイベックスではないようだが…凄いぞオリックス!青い岩の柱が立ち並ぶ「ブルーロックス」を案内され、そこに多種多様の動物が登って行くと説明も受けた。ヤギ属のアイベックスが岸壁を登る写真などは見たことがあるが、ヤギ属でもないオリックスが登って行くのは非常に驚いた。ブルーロックス(Blue rock’s)を登る彼らウシ科の彼らが「なぜ登るのか…」解らないが、現地の人も言うように、極たまに見かける「...

  18. 高島屋東別館(大阪市浪速区) - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    高島屋東別館(大阪市浪速区)

    昨年、国の有形文化財に登録され、リノベーションも完了した「高島屋東別館」を見てきました。道中もいろいろ。御堂ビル(竹中工務店大阪本店)外壁の渋い色調のタイルがいい。カクカクっとした表情もまたカッコイイ!「大塩平八郎終焉の地」碑少し前に「大塩平八郎」関係をまとめて巡ったけど、ここで〆。民を救い、政治腐敗の根源を絶とうとして決起した、大塩平八郎の乱。今も彼の想いが語り継がれている。信濃橋大阪の中...

  19. 転生の砂丘3〜神秘的な光景 -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    転生の砂丘3〜神秘的な光景

    転生の砂丘3〜神秘的な光景Reincarnation dunes 3 - at Minnano village夜の砂丘を観光がてら例の場所を探してしばらく歩くと、朽ちた牛の姿を偶然にも見つけた「ごく稀に…」と聞いていたので、これは珍しに違いない!ましてや骨は「消えずに有るではないか…」晴れた夜空は星も綺麗で、月明かりを「神秘的だな〜」と観ていたら、急に雲が現れ、突然、驚くような光景を見てしま...

  20. 転生の砂丘1〜ミンアノウ村にて -   木村 弘好の「こんな感じかな~」□□□ □□□□ □□ □ブログ□□□

    転生の砂丘1〜ミンアノウ村にて

    砂丘のあるミンアノウ村で興味深い話を聞いた。極稀に自らの寿命を知り得た動物は群れを離れ、なぜだか解らないが、この砂丘を目指と言う。(薄雲の中、砂丘でお日様に照らされる朽ちた動物の骨)砂地にゆっくり横たえると「彼らはそのまま静かに息を引き取るのだ」と話す。休んでいるような姿は「まるで生きている様に見える…」らしいが、やがて朽ちて骨になってゆく、が、しかし、数日すると「骨は跡形もなく消えているよ...

総件数:179 件

似ているタグ