ジビエのタグまとめ

ジビエ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジビエに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジビエ」タグの記事(163)

  1. ≪ポケカルプレミアム≫超レア企画!住所非公開店「エレゾハウス」でジビエの本髄を味わえるスペシャルプラン - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    ≪ポケカルプレミアム≫超レア企画!住所非公開店「エレゾ...

    ≪ポケカルプレミアム≫超レア企画!住所非公開店「エレゾハウス」でジビエの本髄を味わえるスペシャルプラン●ジビエを愛する人々だけが集う紹介制というスタイルぜひぜひご予約お待ちしております!

  2. ウェブメディア「未来想像WEBマガジン」に寄稿しました - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    ウェブメディア「未来想像WEBマガジン」に寄稿しました

    2019年12月5日(木)にオープンした、未来特化型のウェブメディア「未来想像WEBマガジン」(↓)。こちらのウェブマガジンに寄稿した最新記事が4月10日(金)に掲載されました(↓)。今回の記事は、“ジビエ、その奥深き世界”。日本でもおなじみになったジビエについて綴っております。ところで、ジビエは英語でゲーム(game)なんですよね。私はフランス語のジビエで先にその概念を知ったので、初めて知...

  3. キンクロハジロとスズガモの見分け方、陸ガモと海ガモの味 - 世話要らずの庭

    キンクロハジロとスズガモの見分け方、陸ガモと海ガモの味

    水鳥いないなーと思って川を眺めてたら、遠くにポツンと並んで泳ぐ三羽を見つけた。おおー、どれどれ。片手に持った双眼鏡で覗く。すると金色に怪しく光る目に黒白のボディ、水色のクチバシが見えた。あれは金・黒・白のカラーリングそのままの名を持つ「キンクロハジロか……」と呟いて、他に見る鳥もいないので、そのまま様子をしばらく追う。それで段々近づいてくるのを見るに、先頭だけが心なしかやや華奢で小柄に見える...

  4. 南魚沼市ジビエ - 家づくり、遊び、そして子育ての日々。

    南魚沼市ジビエ

    今日の夕ご飯は、冷凍庫整理して出てきた南魚沼鹿肉を使っての男のジビエカレー‼獣臭というワケではないですが、微妙に鹿の味がする肉をたっぷり入れすぎてしまったのが、子供達にはちょっと不評でしたが、柔らかく美味しく出来ました‼サバイバル好きなあなた!南魚沼でジビエ生活はいかがですか??☆全国のファースの家の仲間たちのブログも見てね‼☆全国 工務店ブログ|健康住宅【ファースの家】注文住宅ポータルサイ...

  5. 煙で遊んでます - 片手にピストル 心に花束

    煙で遊んでます

    去年、道の駅から連れ帰った燻製器。こんな値札付いてたんです。むぅ〜ん、、、2000円なら買うけどなぁ、、、と小声で言ってみると、、、ええよ!2000円で持ってきぃ〜!言うてみるもんや(笑)四日市の萬古(ばんこ)焼です☆チップで燻す熱燻専用であります。そんなわけで友達から頂いたうり坊(ごめん)のまだ脂ののってないお肉。燻製にうってつけ♪独自のレシピでソミュール液を拵えて。ジップロックに漬けて3...

  6. ようやく新しい店がオープンします。 - 山谷彷徨

    ようやく新しい店がオープンします。

    長らく作っていた店がようやく完成し、この度オープンを迎える事になりました。思えば約4ヶ月・・時間掛かり過ぎですね。(ブログの更新頻度もこれからは上がる・・はずです。)店作りに関わってくれた色々な方に本当に感謝です。令和2年2月2日より峠のCAFE ADAMOの姉妹店「山河喰-SANKAKU-」が長野県佐久市内においてOPEN致します。店名の通りジビエや川魚、山菜、キノコなど四季折々の山河の恵...

  7. 2019年ジビエ料理教室 - あきらや料理録

    2019年ジビエ料理教室

    今回は鹿水餃子が新しいメニュー。中国の方に作っていただきました。皮がもちもちして美味しい。ソーセージ作りは全員で参加。今までで一番よくできたのでは?

  8. 南魚沼産コシヒカリ真鴨 - 家づくり、遊び、そして子育ての日々。

    南魚沼産コシヒカリ真鴨

    南魚沼産コシヒカリを食べて丸々太った、南魚沼の天然マガモの砂肝・レバー・ハツ(1匹分)が手に入ったので、ムール貝の出汁入りガーリックソースソテーに‼予想外にほとんど子供達に喰われてしまいましたが、砂肝はソースの濃さもあり鴨の特別な風味はわからず、ただ触感はコリコリではなくシャキシャキというカンジで新鮮なんだな!というイメージでした‼次に手に入ったら、「南魚沼真鴨のロティと血液を使ったコンソメ...

  9. ジビエ加工施設見学会「土地の命を食べて生きる」 - HIKING

    ジビエ加工施設見学会「土地の命を食べて生きる」

    11月7日回覧板で回ってきた案内ジビエ加工施設見学会「土地の命を食べて生きる」宮津市が開催し知り合いの小山夫妻が先生役電話予約して、仕事は休み指定して…

  10. 鴨パーテー! - 家づくり、遊び、そして子育ての日々。

    鴨パーテー!

    今日は給料日という事で、仕事終わりに地元で捕れた鴨汁で一杯‼その後、メンバーも代わり「グランメゾン東京」ごっこ遊びをしながら、フランス料理風料理でもう10杯‼料理人もおもしろそうです‼ジビエが手に入った時の21時過ぎにオープンする、グランメゾン五十沢に、あなたも来てみませんか??☆全国のファースの家の仲間たちのブログも見てね‼☆全国 工務店ブログ|健康住宅【ファースの家】注文住宅ポータルサイ...

  11. #74 AWAJISHIMA shishika - チッキィのおいしい淡路島

    #74 AWAJISHIMA shishika

    淡路島のイノシシとシカのジビエ肉のブランド「AWAJISHIMAshishika」。(写真:amritan)「AWAJISHIMAshishika」は、洲本市がとりくむ鳥獣害被害対策の一環。島のイノシシとシカのブランド化を進めています。淡路島の豊かな自然のなかでそだったイノシシとシカは、他の肉にはない天然の味とうまみがあり、しっかりとした肉質が特徴です。AWAJISHIMA shishika...

  12. 道東巡り初日 - Clearing Method  クリアリング・メソッド

    道東巡り初日

    「おかーさんを北海道案内せよ。」という師匠からの有難い御達しにより、先週17日から、羆のプロハンターに弟子入りし、北海道に移住した息子と道東巡り。美しい景色、息子との珍道中の記憶を反芻しつつの備忘録。。。1日目は師匠宅にお招きいただいた。3年ぶりに会う馬たち -アパルーサにあいさつし。。。お夕飯は、自然の恵み、ご馳走三昧。師匠のお嬢さんとカラマツ林で採ったというハナイグチ。「美味しい!」と思...

  13. ジビエについて - 山谷彷徨

    ジビエについて

    「本当は、1頭残らず、食べれるシカにしたい」国はシカやイノシシを食肉として利活用する方針を打ち出している。「ジビエ需要の開拓・創出」「良質ジビエの安定供給」によって、ジビエの産業化をねらう。動物行動学が専門の麻布大学の南正人准教授(62)は、この政策に懐疑的だ。「そもそも野生動物のマネジメントとジビエの産業化は相反することなんです。減らそうとしているのに、減ったら困るわけですから。それに、お...

  14. 地元のBBQ大会@岐阜でごはん2019夏 - 岐阜うまうま日記(旧:池袋うまうま日記。)

    地元のBBQ大会@岐阜でごはん2019夏

    実家帰省、4日目。この日は家族の知り合いの方が主催しているという毎年恒例のBBQ大会に遊びに行くのだが、一緒にどうか?と誘われまして。このバーベキュー大会に限らず、普段から人を集めていろんな会を主催しているというホストのお宅には、いろんな設備や道具が整っていて、私のような急きょ参加しました、という新参者でも快く出迎えて下さってありがたかったです。他にも当日、突然参加が決まった人とかもいっぱい...

  15. 南魚沼市ジビエ - 家づくり、遊び、そして子育ての日々。

    南魚沼市ジビエ

    酒のつまみ以外のたまのお父さん料理‼今日は、小千谷で獲れたという鹿のネックミートカレー‼牛や豚とは違う味わいですが、将之介以外は美味しそうに食べてくれました‼(将も肉以外はいっぱい食べた!)次回は、私の師匠が大好きだという、鹿のスジ肉カレーだな‼☆全国のファースの家の仲間たちのブログも見てね‼☆全国 工務店ブログ|健康住宅【ファースの家】注文住宅ポータルサイト 全国からファ...

  16. 上世屋獣肉店 - HIKING

    上世屋獣肉店

    上世屋獣肉店のイノシシ肉

  17. 暑い夏に 鹿肉の唐揚げ 味噌粕仕立て - 山谷彷徨

    暑い夏に 鹿肉の唐揚げ 味噌粕仕立て

    味噌と酒粕を使い、大葉とおろしでサッパリと仕上げた一風変わった唐揚げです。鹿モモ肉を一口サイズになるようスライスして叩く。軽く塩をして味噌、酒粕、味醂、酒、昆布醤油を練ったものを肉に揉みこみ冷蔵庫で20分寝かせる。全体に小麦粉を加えてトロリとさせ、片栗粉をまぶす。高温でサクッと揚げ余熱で火を通す。たっぷりの大葉、大根おろしで盛り付けて完成。味噌と酒粕が一般的な醤油ベースの唐揚げより鹿肉には合...

  18. 朝獲った鹿を夜振る舞う - 山谷彷徨

    朝獲った鹿を夜振る舞う

    憂鬱になるような土砂降りでも朝は日課である罠の見廻りへ。梅雨が明ければ店も忙しくなってくるので、そろそろ罠を撤去しようか悩んでいたところ6月最後に雄鹿が掛かった。ちょうど肉を友人に頼まれていたのもあり土砂降りでも丁寧に解体しました。今回の鹿は皮は鞣し、角は加工します。肉もなるべく無駄のないように頂きました。毎回これが出来れば自分の理想だが、正直なところ中々難しい部分もあるのが現実です・・そし...

  19. 鹿背ロースのポワレ 赤ワインとトマトのソース - 山谷彷徨

    鹿背ロースのポワレ 赤ワインとトマトのソース

    無性に肉が食べたくなり鹿の背ロースを使ってポワレを作りました。背ロースは余計な筋などを掃除して形を整えシンプルに塩、コショウだけで味付け。フライパンにバターを入れて弱火で決して焦がさないように溶かす。バターが溶けたら肉を焼いていく。バターを全体に回し掛けながら弱火で熱を入れていき、肉の表面の色が変わったら裏返してまたバターを掛けながら丁寧に焼いていく。これを繰り返す。肉の繊維にバターが染み込...

  20. イノシシ肉 通販 レシピ本 - 彩色生活

    イノシシ肉 通販 レシピ本

    昨今、イノシシやシカの被害が全国的・・・。都市近郊ででも、見受けられる事さへある野生動物。一時は、猟師の減少で一層増加の兆しだと、憂いの記事が・・・。という事で、日本でもフランス並みのジビエへの関心が・・・。政府も腰を入れての野生動物の食としての獲得に乗り出して・・・。そのおかげで美味しいイノシシ肉が味わえるようになりました。ひと昔までは、イノシシ肉とは臭い というイメージが・・・。ところが...

総件数:163 件

似ているタグ