ジャケットに魅かれてのタグまとめ

ジャケットに魅かれて」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジャケットに魅かれてに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジャケットに魅かれて」タグの記事(61)

  1.  ジャケットに魅かれて 。。。63 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。63

    2020年10月12日(月)Notes from EndenichRobert SchumannPiano Sonata No. 1 in F-Sharp Minor, Op. 11Francisca SkooghEndenich(エンデイヒ)はボンの西ちかくにある街である。シューマンは、彼の人生の最後の2年間をこの街で過ごした。

  2.  ジャケットに魅かれて 。。。62 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。62

    2020年9月25日(金)HAYDNSieben letzten Worte unseres Erlösers am Kreuze (version for piano)David Jalbert当初ハイドンは弦楽四重奏曲を84曲書いたとされていたが、のちに一部偽作が判明し、さらには第50番から第56番の7曲は、オラトリオ「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」の編曲とされ、これも弦楽四重曲...

  3.  ジャケットに魅かれて 。。。61 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。61

    2020年9月2日(水)Abend LiedCHOPIN Nocturnes Reiko Kakunoピアニスト角野玲子は長くヨーロッパで活動する。ウィーン在住ののち、2007年からベルリンに在住。LiveNotesレーベルは日本のナミ・レコードが運営するレーベル。1983年の創立以来、400を超える日本人の演奏家による室内楽、器楽曲を中心にリリースし続けている。

  4.  ジャケットに魅かれて 。。。60スメタナのピアノ曲「チェコ舞曲集」 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。60スメタナのピアノ曲「...

    2020年8月15日(土)Bedřich SmetanaCzech Dances, Book 1Czech Dances, Book 2Radoslav Kvapil(pf)チェコ音楽の創始者スメタナは、1824年にボヘミア北部、プラハの東に位置するリトミシュルに生まれた。チェコ舞曲集は、4つのポルカからなる第1集と、フリアントなど10の民俗舞曲からなる第2集で構成されている。ピアニストのラ...

  5.  ジャケットに魅かれて 。。。59 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。59

    2020年7月27日(月)Ensemble RésonancesChamber Music (Baroque)顔を見せない変わったジャケット、思わず微笑んだ。マレなど、他に知られない作曲家たちの作品集、朝食の準備をしながら聴くのに適している。1994年に創設されたアンサンブル・レゾナンス、ハンブルクを拠点に現代音楽とバロック音楽を中心とした幅広いレパートリーに取り組む。顔を見たいのが人情、で...

  6.  ジャケットに魅かれて 。。。58 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。58

    2020年7月24日(金)Symphonies Nos. 1 & 2Viktor Ullmann (1898-1944)ユダヤ系チェコスロバキアの作曲家ヴィクトル・ウルマンの音楽は、ナチス・ドイツに「頽廃音楽」とレッテルを貼られ、弾圧された。Am 16. Oktober 1944 wurde Ullmann gemeinsam mit Pavel Haas und Hans Krása na...

  7.  ジャケットに魅かれて 。。。57 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。57

    2020年7月24日(金)VIENNE 1900Kashimoto, Pahud, Meyer, Plesser, Le SageKorngold (1897-1957)Zemlinsky (1871-1942) Mahler (1860-1911) Berg (1885-1935)Schoenberg (1874-1951)の室内楽作品がならぶ・・・

  8.  ジャケットに魅かれて 。。。56 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。56

    2020年7月20日(月)MOZARTPiano Concertos Nos. 20 and 23Annie FischerAdrian Boultお好きな方のヴァージョンでどうぞ。モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488アニー・フィッシャー(ピアノ)フィルハーモニア管弦楽団サー・エードリアン・ボールト(指揮)ロンドン、アビー・ロード第1スタ...

  9.  ジャケットに魅かれて 。。。55 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。55

    2020年7月2日(木)KIRCHNER, S. / NYSTEDT, K.Missouri State University Chorale変哲もない画だがこのスッキリ感がいい。しかも金をあまりかけずに、いかにも学生合唱団のディスクといった感じがまたいい。ミズーリ大学コロンビア校は、1839年に創立。州最大にして唯一の州立大学。現在、全米および世界115カ国から集まった30,000名を越す...

  10.  ジャケットに魅かれて 。。。54 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。54

    2020年7月1日(水)zum Raum wird die Zeit - Hommage an Wagner時間から空間へ - ワーグナーへのオマージュ加藤洋之一人のコートを着た男がヨーロッパの街角を歩いている・・・そんな日常風景に惹かれた。そして、”時間から空間へ~”のタイトルにも。ウィーン・フィルの名コンサートマスターのライナー・キュッヒルの伴奏をつとめ、絶大な信頼を得ているピアニスト。...

  11.  ジャケットに魅かれて 。。。53 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。53

    2020年6月19日(金)RespighiGli Uccelli Il tramontoTrittico botticellianoIsabel Bayrakdarian Alain TrudelLaval Symphony Orchestraレスピーギのオーケストラ作品集:組曲「鳥」/日没/ボッティチェッリの三連画/リュートのための古風な舞曲とアリア(2015年)ラヴァル交響楽団はカナダの...

  12.  ジャケットに魅かれて 。。。52 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。52

    2020年6月18日(木)Alban Berg QuartetString Quartet No. 15SCHUBERTどちらかと言えば一見野暮ったそうなこういうジャケットも好きだ。4人がみなそれぞれ、いい顔してる。アルバン・ベルク弦楽四重奏団といえば精緻で模範的なアンサンブルと定評がある。いわゆる現代における一流の四重奏団である。過去でいえば、古くはブダペスト弦楽四重奏団 (1917~67...

  13.  ジャケットに魅かれて 。。。51 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。51

    2020年6月13日(土)BRAHMSTrios, Op. 40 and 114 Peter SchmidlFriedrich DolezalErich Binder Gunter HognerAndrás Schiff 今日はホルンづいている。ホルン三重奏曲 変ホ長調 Op. 40でのホルン奏者はギュンター・ヘーグナー。ウィーン・フィルの首席ホルンを1971年から務めた。ジャケットの例の風...

  14.  ジャケットに魅かれて 。。。50 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。50

    2020年6月8日(月)SCHUMANN&BRAHMSViola and Piano RecitalCausa, Ettore / Berman, Boris シンプルで、上品で、すっきりしていて、それでいて印象深い、決して嫌味がない。これもClaves Recordsのジャケット。今日はロベルト・シューマンの生まれた日。わずか210年前のこと。で、シューマンの曲を中心に聴いてみよう。幻想小...

  15.  ジャケットに魅かれて 。。。49f - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。49f

    2020年6月8日(月)GLINKAVariations on Benedetta sia la madre in E Major「母に祝福あれ」による変奏曲ホ長調 Inga Fioliaなんでも大きい方がいいとは限らない。このジャケットなどは小さいほど素敵だ。

  16.  ジャケットに魅かれて 。。。48 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。48

    2020年6月3日(水)SCHUBERTViolin Sonatas (Sonatinas), Op. 137, Nos. 2 and 3 Reto Bieri (cl)Gérard Wyss (p)さりげない日常風景。そんな写真が好きだ。Claves Recordsのジャケットはどれもユニーク。曲もヴァイオリン・ソナタをクラリネットで奏でるユニークさ。

  17.  ジャケットに魅かれて 。。。47 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。47

    2020年5月31日(日)Johann Sebastian BachGoldberg Variations, BWV 988Geoffrey Douglas MadgeNMLでは珍しく日曜日に新着タイトル配信があった。ジョフリー・ダグラス・マッジ(1941~)はオーストラリアのピアニスト。現代音楽の挑戦的なピアニストとして知られるが、ベートーヴェンやこのようなゴルトベルク変奏曲など王道の作品...

  18.  ジャケットに魅かれて 。。。46 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。46

    2020年5月21日(木)ChopinGriegCello SonatasClaude StarckRicardo Requejo木々と土の対比が鮮やかだ。子供がボール遊びに興じている、その奥で女性二人。男性二人の画はあまり知らないが、女性同士の立ち話の画はずいぶんとよく見かける。よほど絵になるのか、それともいつの時代もどこでも日常茶飯事の光景なのか。ここでのチェロはスイス人クロード・シュタ...

  19.  ジャケットに魅かれて 。。。44 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。44

    2020年5月14日(木)Edvard GriegCello Sonata, Op. 36 / Intermezzo in A MinorMattia Zappa Massimiliano Mainolfi青と白、清潔感あふれる風景画だ。グリーグの作品集なので、おそらく描いたのはノルウェーの画家だろう。音楽はそっちのけで、この画を描いた画家が気になりだした。

  20.  ジャケットに魅かれて 。。。43 - 気楽じい~の蓼科偶感

    ジャケットに魅かれて 。。。43

    2020年5月13日(水)FALLA, M. de: Piano Musicスペイン内戦時、グラナダにいた親友の詩人が殺害され、これを機に時のフランコ政権を避け晩年アルゼンチンに亡命したマヌエル・デ・ファリャ(1876~1946)。バレエ音楽「三角帽子」や「恋は魔術師」で知られるが、(といってもどれも全曲を最初から最後まで聴いたことは意外とないが)、今朝、このジャケットに言い知れぬ男の優しさ...

総件数:61 件

似ているタグ