ジャノメチョウのタグまとめ

ジャノメチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジャノメチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジャノメチョウ」タグの記事(90)

  1. クロヒカゲ・・・ - 続・蝶と自然の物語

    クロヒカゲ・・・

    2020年想い出・・1枚の写真クロヒカゲ2020年8月6日■和歌山県クロヒカゲは元々色が黒いのですが時々茶色系のクロヒカゲも久しぶり新鮮な個体に出会えましたご訪問ありがとうござます

  2. リュウキュウウラナミジャノメ - 続・蝶と自然の物語

    リュウキュウウラナミジャノメ

    2020年想い出・・1枚の写真リュウキュウウラナミジャノメ2020年6月27日■沖縄県沖縄縄本島億部と一部の島に生息するリュウキュウウラナミジャノメ今回は初撮影!今回は一部の地域しか観れませんでしたが2日間の超ハードスケジュールの中予定の蝶が観れて収穫の沖縄1日目でしたご訪問ありがとうござます

  3. リュウキュウヒメジャニメ。・・・・日本固有種 - 続・蝶と自然の物語

    リュウキュウヒメジャニメ。・・・・日本固有種

    2020年想い出・・1枚の写真リュウキュウヒメジャノメ2020年6月27日■沖縄県南西諸島に分布するリュウキュウヒメジャノメヒメジャノメより地色が濃く中央の白帯が目立つご訪問ありがとうござます

  4. 7/18その1オオムラサキ、ヒオドシチョウ、 - ブログ和歌山の里山便り2

    7/18その1オオムラサキ、ヒオドシチョウ、

    オオムラサキを見にいらした蝶友さんを案内して、MFを回ってきました。先ずはいつものオオムラサキポイントへ。オオムラサキ少し傷んではいましたが、早い段階で出てくれてホッと胸をなで下ろしました。本命が出てくれないとどうしようもないですからねぇ。短時間で目的が達成できたので、高標高地へ。ここでは残念ながらオオムラサキは不在でした。まだ未発生?ジャノメチョウ私の住む市内でも発生地はあるのですが、近頃...

  5. 想い出の蝶・・ヒメジャノメ異常型 - 続・蝶と自然の物語

    想い出の蝶・・ヒメジャノメ異常型

    想い出の蝶ヒメジャノメ異常型2016年9月14日■自宅毎年自宅でヒメジャノメが観られますヒメジャノメの異常型を観るのは初めて目玉がぼやけて・・・最初観た時は新種?・・・何て良く観るとヒメジャノメヒメジャノメの異常型は1回だけ下の写真は2010年9月20日に撮影した写真です。

  6. 自然光でクロコノマチョウ - 続・蝶と自然の物語

    自然光でクロコノマチョウ

    クロコノマチョウ2020年11月19日■大阪府阪南市前回はクロコノマチョウ撮影に内蔵ストロボを使用したのですが今回はストロボが無いカメラシャッタースピードを1/30まで下げて撮影するとこんな感じの写真にもちろん手持ち撮影デジカメでないと撮れない

  7. クロコノマチョウ - 続・蝶と自然の物語

    クロコノマチョウ

    クロコノマチョウ2020年11月13日■大阪府阪南市クロコノマチョウは暗い場所が大好きこの秋は中々撮影チャンスに恵まれず今日は数頭活動少し暖かいから?

  8. ヒカゲチョウ(日本固有種) - 続・蝶と自然の物語

    ヒカゲチョウ(日本固有種)

    ヒカゲチョウ2020年10月4日■和歌山県ヒカゲチョウは日本固有種の蝶生息範囲は本州・四国本州でも東北地方は限られた範囲・九州は意外とほんの一部の地域のみ生息北海道や南西諸島には生息していません

  9. クロコノマチョウ・・・自宅に - 続・蝶と自然の物語

    クロコノマチョウ・・・自宅に

    クロコノマチョウ2020年9月21日■大阪府阪南市自宅秋になると時々自宅に来るクロコノマチョウ難点は105マクロで撮影も後ろに下がれない狭さで・・・

  10. クロヒカゲ - 続・蝶と自然の物語

    クロヒカゲ

    クロヒカゲ2020年9月8日■和歌山県紀の川市山頂にはクロヒカゲが癒してくれます時々地面に止まり撮影チャンス

  11. コジャノメ - 続・蝶と自然の物語

    コジャノメ

    コジャノメ2020年9月2日■某所コジャノメは春より2化目の方が大きな目玉が2つに変身下側の目玉が大きくなります。

  12. 小さい・・・ウラナミジャノメ - 続・蝶と自然の物語

    小さい・・・ウラナミジャノメ

    ウラナミジャノメ2020年9月2日■某所ヒメウラナミジャノメばかり見てましたが1頭少し離れた場所で大きさはヒメウラナミジャノメ位2化は久しぶりこんなに小さかった?ヒメウラナミジャノメと間違いそうです何頭か見てる内に少し飛び方違い表羽の色の違いもあり少しでけ解明

  13. 西の原の秋② - 清治の花便り

    西の原の秋②

    台風9号雨の一滴もなく過ぎ去りました・昨日の続き8月31日の西の原フシグロ・節黒はおちょぼ口なり秋の花歩地爺・よたよたと羽の痛みし秋の蝶歩地爺・クリマバナ・ヒルガオ・ツルボ・蔓穂てふ由来はなぜに蔓といふ歩地爺・秋の野や猿捕茨の実は赤く歩地爺・ワルナスビ(悪茄子)・ヤブツルアズキ名前に納得する蔓株・アシブトハナアブ・憚らず命を繋ぐ秋の虻歩地爺・ツルボ・女郎花カワラナデシコ・ヨメナ・草原に嫁菜の...

  14. ジャノメチョウ - 続・蝶と自然の物語

    ジャノメチョウ

    ジャノメチョウ2020年8月12日■大阪府泉佐野市蝶も暑くて・・・直ぐに日陰に消えてジャノメチョウは観るのですが中々撮影させてくれません。大阪南部では泉佐野から北側の林道脇の草むらで

  15. ヒメウラナミジャノメ - 続・蝶と自然の物語

    ヒメウラナミジャノメ

    ヒメウラナミジャノメ2020年8月12日■大阪府泉佐野市薄暗い中、1頭のヒメウラナミジャノメが多すぎると中々止まらず見逃すことが多いのですがたまには・・パチリ

  16. ベニヒカゲなどヒカゲチョウの仲間in2020.08.02&08.11 - ヒメオオの寄り道

    ベニヒカゲなどヒカゲチョウの仲間in2020.08.0...

    昨日は猛烈な暑さを避けて上信国境に「ベニヒカゲ」に逢いに出かけてみました。今のところ新型コロナに職場内でも家庭内でも運よく感染者が1人もまだ出ていません。まだ発症していないだけかもしれないので、今回はマスクをして、他人との距離を保って1人での訪問にしました。in2020.08.11上信国境****************************************************...

  17. クロヒカゲ・・・山頂付近 - 続・蝶と自然の物語

    クロヒカゲ・・・山頂付近

    クロヒカゲ2020年8月6日■和歌山県紀の川市一瞬ヒカゲチョウ?色目はそうなんですがクロヒカゲでした普通はクロヒカゲはこの色比較的暗い遊歩道でここの少ないですがブナ林天然記念物に成っています。

  18. 草原のキマダラモドキとジャノメチョウ - 蝶超天国

    草原のキマダラモドキとジャノメチョウ

    7月24日つづきゼフィルス以外にもう一つの狙いはキマダラモドキでした。この場所は久しぶりになりますが、近年はあまり良い話を聞きません。しかし、ピンポイントの狭い範囲で複数の個体を確認できました。まず見つかったのは白が綺麗な♀でしたが敏感で撮影に苦労しました。1カットで藪の中に逃げられてしまいました。100mmマクロでは遠すぎましたが・・・木に草むらから飛んだ♂が止まりました。その後・・・草む...

  19. キャンプ場 - 飛騨山脈の自然

    キャンプ場

    雨の中キャンプ場に行くことになった。以前はテントを担いで登山してテント設営指定地で泊まったものだが、近年車横づけでテントを張ってキャンプするのが流行っている。今年はコロナ禍や連日の雨もあって全く人がいない。雨の中羽化したばかりのジャノメチョウが1♀だけ見られた。カーブを曲がったら斜面上に黒いものが、すぐ熊だと分かってシャッターを切った。もう少し近づきたいと思ったがお尻を向けて薮に消えてしまっ...

  20. 秋を感じる - 飛騨山脈の自然

    秋を感じる

    草わらにはジャノメチョウが見られるようになった。早いところでは6月から出現するがここでは7月下旬からである。これが出だすと夏は終わったの感がある。遠くでキタキチョウがノアザミで吸蜜している。ジャノメチョウは止まるとすぐ翅を開くがその後は閉じたままでいることが多い。細かい霧雨のせいかこの♂はずっと開翅してくれた。ヤマウルシが紅葉しかけていたが、虫色味という現象に思える。羽化して間もないダイミョ...

総件数:90 件

似ているタグ