ジョウザンミドリシジミのタグまとめ

ジョウザンミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジョウザンミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジョウザンミドリシジミ」タグの記事(27)

  1. 開翅してくれないゼフ - 蝶超天国

    開翅してくれないゼフ

    7月20日つづきウスイロオナガシジミを撮影した時には、他のゼフィルスも当然いました。今年こそ、アイノ(特に♀)の開翅を撮ろうと頑張ると・・・・アイノミドリシジミ♀が早速降りて来てくれました。LEDを使用しても開翅する気配はありませんでした。どれも新鮮で飛ぶ姿はB型やAB型に見えます。翅裏の色は赤っぽく見えますね。同じような翅裏の色で一瞬間違えますが、ミドリシジミも混じります。アイノ♂も時々降...

  2. ☆ジョウザンミドリシジミ・ベニヒカゲ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ジョウザンミドリシジミ・ベニヒカゲ☆

    29日、ミヤマシロチョウやキバネセセリ以外にも、沢山のチョウとの出会いがありました。今日は、ジョウザンミドリとベニヒカゲです。車止めの手前で、今まで立ち入った事のなかった、草地を歩いてみました。草地の縁の、シダに止まるコを発見。誰?・・・だいぶ傷んでいます。写していると、少し翅を開きました。美しいブルーが目に飛び込んで来ました。以前、別の場所で写した事のある、ジョウザンミドリシジミの様です。...

  3. 始発電車で夏空の札幌(第2日) - 不思議の森の迷い人

    始発電車で夏空の札幌(第2日)

    今回、札幌に遠征するに当たり「Koriel's Macro Photo」のKorielさんに、色々とアドバイスをいただきました。そして、2日目は札幌の郊外に案内していただきました。今朝も始発電車に乗って。ジョウザンミドリシジミのようです。少し青みがかった緑色が朝日に輝いています。札幌は今朝も快晴です。ジョウザンミドリシジミは裏翅に並ぶオレンジの紋の、真ん中は縁寄りの部分だけオレンジ...

  4. 今期初ゼフ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今期初ゼフ

    朝一番、北軽井沢動物病院へわんこと出かける。予防のための薬処方でした。なんと、動物病院の玄関でゼフの卍飛翔が見られた。恐らく、ジョウザンミドリシジミのオスだと思う。

  5. ジョウザンミドリシジミ - 風任せ自由人

    ジョウザンミドリシジミ

    今回の記事はこの3連休中に撮影したジョウザンミドリシジミについて。この時期、私がよく訪れている近県の高原ではごく普通に見られるはずのジョウザンミドリシジミだが、今年はこの天気のせいなのか姿が確認できない。その代わり、今まで一度も見たことのないカシワの林で雌との出会いがあった。ジョウザンミドリシジミ雌本日は、これまた例年だったらジョウザンミドリシジミが沢山見られる別の場所に出かけた。第一目的は...

  6. 始発電車で夏空の札幌へ(第1日) - 不思議の森の迷い人

    始発電車で夏空の札幌へ(第1日)

    いつもの始発電車ですが、今日は乗ったのは僅か15分です。高速バスに乗り換え羽田へ、そして3年ぶりの新千歳空港に到着したのは定刻を少し遅れた9時15分でした。エアポート快速で札幌へ、コインロッカーに荷物を預けて市内の公園に向かいます。ロッカーの使い方が変わっていたので少しだけ手間取りましたが、公園で変わらず出迎えてくれたのはメスアカミドリシジミです。メスアカミドリシジミは裏翅の模様が独特です。...

  7. ジョウザンミドリのテリ張ほか - 蝶超天国

    ジョウザンミドリのテリ張ほか

    通常の記事に戻ります。6月29日曇りか雨かの天気予報でしたが、梅雨ですから仕方がありません。雨が落ちてくるまでのひと時でもと・・・・夜が明ける前に出発しジョウザンミドリシジミのテリ張に間に合いました。最初1頭だけでしたが・・・その内に賑やかになりました。新鮮な個体から擦れ個体まで・・・・いろいろです。この日は今年縁がなかったアカシジミを見かけました。ウラナミアカシジミは羽化不全気味でしたが、...

  8. ハヤシミドリ、ジョウザンミドリ、オオミドリなど - 自然を楽しむ

    ハヤシミドリ、ジョウザンミドリ、オオミドリなど

    6/29今年もカシワ林に住むゼフィルスの撮影に出かけることにした。天気予報は曇りのち雨。晴天の日と違って、早朝急いで出かける必要はないと思っていたが、現地到着後予報に反し、陽が差し始めてしまった。急いでカシワの樹を叩いて回ると、どの樹からもハヤシミドリが飛び出し、新鮮な開翅の撮影には時期的に少し遅かった感が否めない。最初に開翅した♂はやはりすでにスレがみられた。日差しが強くなってきた頃に降り...

  9. ジョウザンミドリシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ジョウザンミドリシジミ

    ジョウザンミドリシジミは近くに止まってくれる。いくら近くに止まっても、遠くにアイノミドリシジミが止まっていたら、無視される。だって、ジョウザンミドリシジミは今までにたくさん撮っているもん。ジョウザンミドリシジミはもう卒業なんだ!なんて言いながら、やっぱりきれいだねえと、望遠レンズをマクロレンズに替えて、撮る。

  10. 次の山へ - Mag's DiaryⅢ

    次の山へ

    まだ時間はたっぷりあるので、仲間と別れて、は別の山へ。なんと、そこには別のチョウ仲間がいたのだ。明日から梅雨入りをするという予報に、思うことはみんな一緒なんだねえ。ジョウザンミドリシジミが発生していた。アイノミドリシジミも見たが、全く撮れなかった。車の屋根に止まったのはクロヒカゲ?目玉模様が少ない?ヒメクロサナエクロサナエ毎年ここで出会うトンボたち。

  11. 北陸のゼフ:アイノミドリ、エゾミドリ、ジョウザンミドリ - 自然を楽しむ

    北陸のゼフ:アイノミドリ、エゾミドリ、ジョウザンミドリ

    8時近くになると、アイノミドリが現れ、あちこちでテリを張り始めた。しかし、目線より高いところに止まり、またすぐに飛び出して他の♂への追飛が始まるので、なかなか撮影のチャンスがない。少し離れたところでテリを張っていたのは、ジョウザンミドリ(だと思う。)こちらは、エゾミドリシジミでしょう。2時間くらい遊んだところで、早めに本命のポイントへ移動です。

  12. ジョウザンミドリシジミ♀他6月22日 - 超蝶

    ジョウザンミドリシジミ♀他6月22日

    土曜日は、毎年通う南信の高原を廻りました。お天気は申し分なく、毎年偶然お会いするKさんと二人で、ジョウザンミドリシジミのテリハリを待ちましたが、午前8時を過ぎても一向に始まりませんでした。今季は総じて蝶の発生が遅れているみたいです。長竿で、周りの木をトントンと探索していると・・・降りてきたゼフ!!!ジョウザンミドリシジミの♀でした。アカシジミがぽつぽつ見られました。ウラギンヒョウモン賑やかに...

  13. 20ジョウザンミドリシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    20ジョウザンミドリシジミ「蝶図鑑」

    ジョウザンミドリシジミこの蝶に初めて出会ったのは、長野県の高原道路朝早くから、テリハリする♂です。

  14. 第三作「ジョウザンミドリシジミ/ミズナラの梢」 - むしジオラマ

    第三作「ジョウザンミドリシジミ/ミズナラの梢」

    ジョウザンミドリシジミの、梢で占有している場面と、縄張り争いの場面を作りました。ミドリシジミの仲間の多くは♂が梢を占有します。開けた空間に突き出た枝先を元気に占有しているミドリシジミに出会うと嬉しくなります。ネットインできればさらに嬉しいですが・・。縄張り争いをするときの卍飛翔もミドリシジミ類の多くで見られますが、ジョウザンミドリシジミの卍飛翔は長いです。近くをネットがかすめても卍飛翔が続い...

  15. ハヤシミドリ開翅ほか - 蝶超天国

    ハヤシミドリ開翅ほか

    7月1日いよいよ夏の始まりですね。場所を替えて・・・この日も早朝からハヤシミドリシジミの開翅を狙いました。まずはカシワの葉の静止個体です。降りて来た個体は多かったのですが・・・開翅するのを待ってもなかなか開いてくれません。やっとのことでV字開翅・・・現地でお世話になった方がマジックライト?を使用して開翅を試みると・・・・4枚が輝くには至りませんでしたが・・・・ほぼ全開に・・・綺麗です。♀もマ...

  16. ジョウザンミドリな一日 - チョウ!お気に入り

    ジョウザンミドリな一日

    早くも明日は祇園祭です。夜はお囃子だけが旧順路を辿ります。遠くでそのお囃子の音を聞きながらの投稿です。さて前回の続きです。少々写真の整理が滞っています。アサギマダラの居た場所も少し谷地になっておりゼフが飛び出します。この時間なら絶対にアイノと決めてかかりますがどうも青っぽいです。見る角度が悪いだけと自分に言い聞かせますがどの角度から見ても青く、近付いて冷静に見るとどう見てもジョウザンミドリで...

  17. 2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(4)ジョウザンミドリシジミ2018.7.14 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2018.7.2 -3群馬・ゼフィルスの高原(4)ジョ...

    2018.7.3(続き)8時。山の上のほうだけが曇っていると思ったのだが、中腹にあるジョウザンミドリのテリ張りポイントも日は射していなかった。時間的にはすでに現れているはず。しばらく待っていると1頭現れたが、目より上の高いところでしかとまらない。時間が経つにつれ少しは数が増えときどき絡むが、相変わらずとまるのは頭の上ばかりだった。仕方がなく、一脚に取り付けた広角で撮ることにする。置きピンだが...

  18. ゼフィルス巡り・・・②ジョウザン・エゾ・ハヤシミドリシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルス巡り・・・②ジョウザン・エゾ・ハヤシミドリシジミ

    2年前、野鳥の会の先輩の影響でシジミチョウ科だけは一通り撮っても良いなと思うようになった。それまではギフチョウとクモマツマキチョウ・オオムラサキ程度と、ルリシジミやヤマトシジミにベニシジミという身近なシジミしか撮ったことがなかった。ある日、アカショウビンを探していると青緑色のキレイなシジミチョウが舞っていた。すかさず500mmで撮っては見たものの、ミドリシジミ系だとは解っても名前がさっぱりわ...

  19. ジョウザンミドリシジミ磐梯山麓で - 蝶のいる風景blog

    ジョウザンミドリシジミ磐梯山麓で

    土曜、日曜と磐梯山麓に行って来た。妻、息子夫婦の4人の蝶の旅である。あまり無理は出来ないので、金曜日の夜車で出発、宇都宮で前泊し、福島に向かった。ゼフィルスの採集が目的で蝶友のUさんにポイント情報を事前に教えて頂いた。午前6時にポイントに着いた。しかし、有名ポイントとあって既にT屋の採集ツアーのネットマンが6人、その他の採集者数人と主なところは採集者が陣取り、肩身の狭い撮影となった。ちょうど...

  20. ジョウザンミドリシジミなど - 自然を楽しむ

    ジョウザンミドリシジミなど

    ハヤシミドリシジミを十分に楽しんだ後は、ジョウザンミドリシジミの出番です。こちらは叩き出しは必要なく、低いところでテリを張ってくれるので撮影はずいぶんと楽です。しかも新鮮な個体ばかりで、気持ちよく撮影できました。ただ、この頃から日差しが強くなってきたので、日陰を作ってやりながらの撮影です。↓この蝶はハヤシミドリを撮影していた時に現れた個体で、ハヤシミドリでもなく、ジョウザンミドリとも感じが違...

総件数:27 件

似ているタグ