ジョウザンミドリのタグまとめ

ジョウザンミドリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジョウザンミドリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジョウザンミドリ」タグの記事(9)

  1. 亜高山の峠 - 飛騨山脈の自然

    亜高山の峠

    林道の日当たりの良い所でジョウザンミドリがテリトリーを張っていた。デジタルテレコンでもこの程度しか寄れなかった。ヒメキマダラセセリが近くに降りてきた。ヒカゲチョウがササに止まっている。クロヒカゲが口吻を伸ばしていたが、よく見ると何か動物の糞のようなもので吸汁していた。違う個体がV字開翅してくれた。遠くにアイノミドリが止まっていた。近くに降りてきてくれたが破損個体だった。

  2. 梅雨明けの高原へ(その1) - 不思議の森の迷い人

    梅雨明けの高原へ(その1)

    梅雨明けの土曜日、どこに行くかだいぶ迷ったのですが、前回と同じ高原に前回と同じメンバーで集合しました。私とYさんはkomugiさんの車に便乗し駐車場に到着すると、さっそくNAGUさんからジョウザンミドリシジミが降りていると連絡をいただきました。急ぎ足でNAGUさんの下に向かうと、一頭のジョウザンミドリシジミが単子葉植物の長い葉に留まっていました。その翅はだいぶダメージがあり、右の尾状突起は欠...

  3. 早起きなチョウ~ジョウザンミドリシジミ - チョウ!お気に入り

    早起きなチョウ~ジョウザンミドリシジミ

    春は季節の巡りが早かったのに、いつの間にか山の季節は遅れ気味のようです。今年は季節を読むのが難しそうです。さて今日は梅雨の晴れ間を縫って早起きしての出動です。朝一番に出てきたのはジョウザンミドリシジミでした。今年は少なめでしょうか。それでも時折卍飛翔が見られます。そして今年もなぜがアスファルトの道路に止まります。相変わらず低い場所が好きなようです。朝一番にジョウザンミドリシジミが現れました。...

  4. 信州の高原Ⅰ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅰ

    平地は余りにも暑いので信州に高原に出かけた。湿度の少ない微風が体に心地よい。梢にジョウザンミドリが卍巴飛翔をしているが下にも降りてきてくれた。既に最盛期が過ぎているので破損している。破損個体ばかりの中これはまだましな♂少し大きくて金緑に光るアイノミドリも下に降りてきた。もう少し高い位置から撮りたかったが斜面がきつくて出来なかった。高原と言えばヒョウモン類がイメージできるが、見られたのはこのミ...

  5. 信州の高原Ⅳ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅳ

    イケマの花にキバネセセリ♂が吸蜜に来ていた。きれいな個体だ。♀も吸蜜に来てくれた。羽化して間もないと思われるヒオドシチョウが石積みで吸水していた。かなりくたびれたアサギマダラの♀が吸蜜に来た。ヒメキマダラセセリは♀がまだよい状態だった。7月も終わろうとしているのにボロながらオオイチモンジ♂が滑空していた。ジョウザンミドリは沢山いるがカケのあるものが多い。リモート撮影用に購入したカメラは、ラジ...

  6. 信州の高原Ⅲ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅲ

    ジョウザンミドリシジミ卍飛翔する高原を訪ねた。すぐに追尾するので止まっている時間が短い。比較的低い所に下りた時は上から撮れたが、もう最盛期は過ぎている。新鮮なヒオドシチョウが吸水を始めた。クジャクチョウも飛んできた。思いがけずホシチャバネセセリが現れた。どこから来たのだろうか?最近どこでも減少傾向の強いキマダラセセリは、破損しているが確認出来て嬉しい誤算だった。

  7. 高原のチョウ(1) - 飛騨山脈の自然

    高原のチョウ(1)

    カシワ林からジョウザンミドリのポイントへ移動した。卍ともえも始まっていて、止まってもすぐに飛び立つので静止写真でも撮りにくい状態になっている。暑いせいか地面で吸水しているのをを見るのは久しぶりだ。比較的に近くに寄れた画像がこれです。ヒメシロは各地で激減しているがここはまだ見ることが出来る。新鮮な♂個体だ。食草ツルフジバカマの花で吸蜜中の♀個体。産卵シーンは上手く撮れなかった。オオウラギンスジ...

  8. 信州のカシワ林 - 飛騨山脈の自然

    信州のカシワ林

    信州のカシワ林に行ってみた。この地は20年以上前に連れて行ってもらったことがあるが当時とかなり様相が違う気がする。カシワの純林ではなくミズナラとの混合林で下草は胸の高さまである。ジョウザンミドリが下草でテリトリーを張っていた。すでに破損している個体も目立った。カシワを叩くとハヤシミドリが飛び出すがすべて梢に上がってしまい、唯一この♀だけが下草に舞い降りた。高原の代表種であるヒョウモンやセセリ...

  9. 飛騨と越中の県境(2) - 飛騨山脈の自然

    飛騨と越中の県境(2)

    林道にはブナの堅果が多数落ちているので、秋の豊作が予見される。クマは食料が豊富な時は、人とのトラブルがが少ないようなのでそう願いたいものだ。マタタビはこの時期葉が白くなるので遠くからでも分かりやすいが、よく似たサルナシは葉が白くならないので分かりづらいものだ。実はキウイフルーツそっくりだが花はどうでしょうね?陽が差し出した林道にミヤマカラスアゲハが舞い降りた。この個体は翅や胴体に花粉だか泥だ...

総件数:9 件

似ているタグ