ジョサイア・コンドルのタグまとめ

ジョサイア・コンドル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジョサイア・コンドルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジョサイア・コンドル」タグの記事(4)

  1. 庭園散歩~旧古河庭園で身近な秋を楽しむ~ - magic hour

    庭園散歩~旧古河庭園で身近な秋を楽しむ~

    今週末は土曜日の朝イチで学校の個人面談。9時過ぎにフリーになって、さあどうしようと思ったところで、旧古河庭園が思い浮かびました。少し前に娘が遠足で訪れ、「とても綺麗だったよ」と話していて、気になっていたのです。JR京浜東北線の上中里駅から徒歩10分。駅前の坂を上り切り、田端高台通り沿いに左にほんの少し進むと立派な塀が見えてくるので、迷うことはありません。思いの外に駅から近くて驚くほどです。入...

  2. 画鬼・暁斎後期 - 歴史と、自然と、芸術と

    画鬼・暁斎後期

    [副題]幕末明治のスター絵師と弟子コンドル [見学日]2015年9月4日(金) [会場]三菱一号館美術館 前後期で展示替えがあり表記展覧会、告知された時点で迷うことなく2度足を運ぶことを決心した。前回感銘を受けた作品、新たな展示、夢の暁斎ワールドを夢中で満喫した。 Ⅰ.暁斎とコンドルの出会い-第二回内国勧業博覧会-スタートの【東京名所之内上野山内一覧之図】は、前期とタイトルも所蔵も同じ...

  3. 画鬼・暁斎前期② - 歴史と、自然と、芸術と

    画鬼・暁斎前期②

    Ⅴ.暁斎の画業天災絵師・河鍋暁斎の真髄が存分に味わえるファンにとっては涙もののコーナーである。自分が暁斎に魅せられるきっかけとなったのは諷刺画だが、本章にはそれ以外にも正統派?の肉筆画なども多数展示されていた。画題も作風もバラエティーに富んでおり、非常に見応えがあった。 1.英国人が愛した暁斎作品本コーナーの展示は、アメリカの実業家チャールズ・S・スミスの旧コレクション、約100年ほど前に氏...

  4. 画鬼・暁斎前期① - 歴史と、自然と、芸術と

    画鬼・暁斎前期①

    [副題]幕末明治のスター絵師と弟子コンドル [見学日]2015年7月24日(金) [会場]三菱一号館美術館 ★プロローグ学生時代に教わることがなかった河鍋暁斎という絵師を知ることになったきっかけは、偶然地元の図書館で見かけた図録、痛快な風刺画に若かった自分は急激に魅せられた。酒井抱一や歌川国貞よりもファン歴は長い。自分でも何冊か暁斎の画集を購入し、過去に何度か展覧会に足を運んだ。一方、今回...

総件数:4 件

似ているタグ