ジョージ・オーウェルのタグまとめ

ジョージ・オーウェル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジョージ・オーウェルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジョージ・オーウェル」タグの記事(8)

  1. 自動ドアーみたいな自動ヒトー - きょう、花が咲いた。もしかすると、昨日かもしれないが僕にはわからない。

    自動ドアーみたいな自動ヒトー

    皆さん、数独って知ってますか?3×3のブロックに区切られた9×9の正方形内に、1〜9までの数字を入れるパズルゲームなんだけど、1から9までの単純な数字を知っていれば出来るゲームだから、飛鳥時代の人たちだってこのゲームを楽しめたはずなのに、初めて世に出てきたのは意外にも1984年なんです。文明の福音とも言うべきか、洗濯機、コンバイン、クロネコヤマト、コンビニエンスストアが作り出してくれた余剰な...

  2. 70年以上の時を経て、ジョージ・オーウェルへ謝罪 - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    70年以上の時を経て、ジョージ・オーウェルへ謝罪

    最近になって、ブリティッシュ・カウンシル/British Councilのアーカイヴから発見されたのは、1946年、ジョージ・オーウェルが綴ったイギリス料理のエッセーの出版を見送っていた、という事実。ブリティッシュ・カウンシルからジョージ・オーウェルに依頼したにも関わらず、その内容の大筋がイギリス料理を酷評するものだったので、できそのものはいいけれど、これはまずい、と判断し出版を取りやめた、...

  3. 「1984年」(読書no.292) - 空のように、海のように♪

    「1984年」(読書no.292)

    「1984年」 (著・ジョージ・オーウェル) 70年ほど前に書かれたこの本が今多くの人に読み直されている。その時、イギリスでは労働党が政権を取った。著者は穏やかな社会主義を望んでいたがソ連スターリンは東欧の制圧をもくろんでいた。この本が読まれているのは反共のプロパガンダとしてではなく独裁者は権力を確立してしまえばそれを維持するために腐心するという姿を描き出しているからだ。日本には共産主義を...

  4. 朗読劇 - tomo's accordion class

    朗読劇

    ホームページリニューアルに伴い、自分の今までの仕事って何をやってきたかなとネットで検索していたら・・2016年、もう2年前かあ・・早いなー素晴らしい俳優さん、共演させていただいた高橋和久さんが動画をアップしてくれていました。ジョージ・オーウェルの作品。前編後編

  5. 1984-演劇- - c-en

    1984-演劇-

    「1984」 原作:ジョージ・オーウェル脚本:ロバート・アイク、ダンカン・マクミラン翻訳:平川大作演出:小川絵梨子出演:井上芳雄(ウィンストン)ともさかりえ(ジュリア)神農直隆(オブライエン)、他 ジョージ・オーウェルが1948年に発表した小説の戯曲化は何回か試みられているのだそうだ。今回のアイク=マクミラン作品しか知らないので比較はできないのだが、ウィンストンとジュリアの恋愛にしても、監視...

  6. 今『一九八四年』を読まずにはいられない。 - マドモアゼルジジの感光生活

    今『一九八四年』を読まずにはいられない。

    トランプ氏が大統領にならなかったら、村上春樹の『1Q84』は読んでも、ジョージ・オーウェルの『一九八四年』を読むことはなかったと思う、SFだし政治的だし。そこは全くプライバシーのない監視社会。過去の歴史は現在の都合のいいように書き換えられる。権力者の言うことがすべて真実になる。本当のことを知りながら嘘を信じる二重思考が求められる。全体主義を象徴するのはビッグブラザーと呼ばれる男。ソビエトのス...

  7. 【映画】ジョージ・オーウェルの「一九八四年」、ポール・グリーングラスが再映画化 - 見てから読む?映画の原作

    【映画】ジョージ・オーウェルの「一九八四年」、ポール・...

    “ビッグ・ブラザー”率いる党が支配する全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員で、歴史の改竄が仕事だった。彼は、完璧な屈従を強いる体制に以前より不満を抱いていた。ある時、奔放な美女ジュリアと恋に落ちたことを契機に、彼は伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるようになるが…ポール・グリーングラス監督がジョージ・オーウェル(George Orwell...

  8. 【映画】ヒュー・ハドソン監督、ジョージ・オーウェルの「カタロニア讃歌」を映画化へ - 見てから読む?映画の原作

    【映画】ヒュー・ハドソン監督、ジョージ・オーウェルの「...

    ファシズムの暗雲に覆われた1930年代のスペイン、これに抵抗した労働者の自発的な革命として市民戦争は始まった。その報道記事を書くためにバルセロナにやってきたオーウェルは、燃えさかる革命的状況に魅せられ、共和国政府軍兵士として銃を取り最前線へ赴く。人間の生命と理想を悲劇的に蕩尽してしまう戦争という日常―残酷、欠乏、虚偽。しかし、それでも捨て切れぬ人間への希望を、自らの体験をとおして、作家の透徹...

総件数:8 件

似ているタグ