ジヴェルニーのタグまとめ

ジヴェルニー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはジヴェルニーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ジヴェルニー」タグの記事(8)

  1. モネの墓とピクニックランチ♪ - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    モネの墓とピクニックランチ♪

    みなさん、こんばんは『電車でヴェルノンへ』『モネ・トレインでジヴェルニーへ』『モネの庭(前編)』『モネの庭(中編)』『モネの庭(後編)』からの続きです。モネの家を後にして、再びモネ通りへ。この通りを左に左にと歩いていく。この通りも季節柄とても青葉の色が建物とマッチしていて、ブドウも少しずつ小さな実をつけ始めていた。聖ラドゴンド教会に到着。ここに1826年に86歳で亡くなったモネの墓がある。草...

  2. モネの庭(後編) - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    モネの庭(後編)

    みなさん、こんばんは『電車でヴェルノンへ』『モネ・トレインでジヴェルニーへ』『モネの庭(前編)』『モネの庭(中編)』からの続きです。中編で紹介した『水の庭』から、また『花の庭』に戻って来た。花が咲き溢れ、虫たちが楽しむ5月のいい季節にここに来れて良かった。今年お仕事をさせていただいた時のお客様で庭造りが凄い奥様がいた。モネのこの時の話をした時言われたのが、ここで働いていた庭師が最近までイギリ...

  3. モネの庭(中編) - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    モネの庭(中編)

    みなさん、こんばんは昨日の続き『電車でヴェルノンへ』『モネ・トレインでジヴェルニーへ』『モネの庭(前編)』です。1883年にジヴェルニーに住み始めたモネは、まず『花の庭』を作り、さらに1893年からは『水の庭』を作り始める。竹林など、日本人にはとても懐かしい風景だ。モネが200点以上描いたと言われる睡蓮の絵はまさにここの風景。これら睡蓮は日本から輸入したものだそう。藤の花がとても綺麗。なんで...

  4. モネの庭(前編) - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    モネの庭(前編)

    みなさん、こんばんは昨日の続き『電車でヴェルノンへ』『モネ・トレインでジヴェルニーへ』です。今日は美しい花々をお楽しみあれ。入場料9.5ユーロにしてはとてつもなく素晴らしいモネの庭園と家にいよいよ入る。この家と庭は1966年、唯一の相続人、息子のミシェル・モネが芸術アカデミーに遺贈されたもの。その頃はモネがいた時代のその庭は荒れ放題で非常にひどい状態だった。1980年の一般公開のために当時の...

  5. モネ・トレインでジヴェルニーへ - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    モネ・トレインでジヴェルニーへ

    みなさん、こんばんは昨日の続き『電車でヴェルノンへ』です。ヴェルノン駅からMonet’s Trainに乗ってジヴェルニーへ向かう。5.6kmののどかな旅だ。列車型の観光バスはゆっくり街中を走る。ステレオがついていて、確か英仏で自動ガイディングが流れる。セーヌ川を渡る。セーヌ川は全長780kmもあるんだって。フランスで2番目に長い(一番はロワーヌ川)んだって。日本の川で一番長いのは信濃川で36...

  6. 電車でヴェルノンへ - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    電車でヴェルノンへ

    みなさん、こんばんは今年2018年5月のパリ。天気のいいその日に郊外に出かけた。滞在先のクリシー(Clichy)からサン・ラザール駅(St Lazare)に向かった。ちょっと早めに到着して、チケットを買ったりのんびりする。天気が良いから、楽しめそうな気がする。電車が到着したのでプラットホームへ。ここからは約1時間ちょっと、距離で言うと70キロほどの旅となる。土曜日だったからかな?車内は混み合...

  7. 2018秋冬エプロン入荷 - 茶論 Salon du JAPON MAEDA

    2018秋冬エプロン入荷

    皆さんおはようございます。茶論 Salon du JAPON MAEDA の前田敏です。2018秋冬エプロン入荷しました。おもてなし、ホームパーティ、お料理教室、学校行事、ご結婚祝い等 ギフトに 上質な素材とおしゃれなデザインのエプロンを選んでみませんか。 『あなたらしい時間にあなたらしいエプロンを』 どんなときも輝く女性におくりますバイカラーコントラストエプロン¥11,000-(税抜)三色...

  8. フランス旅行④ジヴェルニー/モネの家 - つれづれ日記

    フランス旅行④ジヴェルニー/モネの家

    7月14日。サンラザール駅からSNCFでヴェルノン・ジヴェルニー駅へ。シャトルバスで「モネの家」へ。たくさんの絵が描かれたスイレンの池。モネの家。 印象派美術館。日本の暑さとは比べようがないが連日晴天で暑い日が続きました。この日は一度ホテルに戻り夜、と言ってもまだ日の暑い8時半からのマドレーヌ寺院のコンサートに行きました。

総件数:8 件

似ているタグ