スコットランドのタグまとめ

スコットランド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスコットランドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スコットランド」タグの記事(33)

  1. スコットランド デイ in 東京 2018 - WE are KASO JOGI 私たちは仮想定規です

    スコットランド デイ in 東京 2018

    日本スコットランド協会主催の「スコットランドディ」の第2部「ライトニングトーク」に仮想定規主宰青木砂織が登壇します。エジンバラフリンジでのご縁がまた実を結びました。スコットランド デイ in 東京 2018会 場:東京芸術劇場(2F Bicerin Metropolitan Theatre)日 時:2018.11.24sat 11:00-21:00主 催:NPO法人 日本スコットランド交流協...

  2. スコットランドチェックのペンシルスカート (1952) - natural essence : EKO PROJECT

    スコットランドチェックのペンシルスカート (1952)

    オーバーサイズのシャツと合わせて今シーズンらしい着こなし。デニムコートとコーディネート。チェック柄の質の良さが、素材のお値段相応になっていることに感心します。アシンメトリーブラックシャツでモードに。丈が短めのシャツでスタイリッシュな印象に。クラッチバッグを持って。斜め後ろにスリットを着けて歩きやすく。右側にはポケットがついています。デニムとの色の相性もバッチリ。裏地はチェックに合わせたフォレ...

  3. スコットランドの思い出2 - オーストリア雑記

    スコットランドの思い出2

    エディンバラで、スコットランド国立美術館に行ってきました。そこまで大きすぎない規模で、すばらしいコレクションの数々だったので、見ごたえ抜群。ルーベンス・セザンヌ・モネ・ゴーギャン・ドガ・ゴッホ・ロダンなどなど。充実の数時間を過ごしました。レンブラントの自画像。推定・1657年作。ウィリアム・ダイス(William Dyce) 1830年作。View of the South Door and...

  4. 赤りすのウィークリープランナー スケジュール帳 - ブルーベルの森-ブログ-英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる

    赤りすのウィークリープランナー スケジュール帳

    たくさん書き込めるA4サイズの赤りすのウィークリープランナーウィークリープランナーは、50ページとたっぷり使えます。A4サイズだから予定を書き込むところも大きく、デスクに置いて1週間のスケジュールをしっかりチェックできます。赤りすのかわいらしいしぐさ、うたた寝しているところがポイントです。デスクに置いたり、壁にかけたりしてお使いいただけます。毎日の予定を見るのが楽しみになりそうです。赤りすの...

  5. エジンバラの街並み - 黒豆日記

    エジンバラの街並み

    エジンバラの街並み↑一体どーなってるの?こちらは、ミリタリータトゥがエジンバラ城で始まる前。通行止めはもちろん、チケットを持ってる人以外は先へ進めません。厳戒体制。

  6. VA Dundee, designed by Kengo Kuma - 黒豆日記

    VA Dundee, designed by Keng...

    VA Dundee, designed by Kengo Kuma来月オープン。外観だけでも、と、セントアンドリュースから車で20分の街、ダンディへ。2枚目の写真は、南極観測船ディスカバリー号。こちら、なかなか見応えのあるmuseumでした。こちらへ行く前に、ダンディにある、こちらのインドアプールで子供達を発散させました。毎日通いたいそうです。笑

  7. 数年前に、スコットランドの義理母からいただいたタペストリーのキットを旅の間にやろうと、日本から持ってきました。 - 黒豆日記

    数年前に、スコットランドの義理母からいただいたタペスト...

    数年前に、スコットランドの義理母からいただいたタペストリーのキットを旅の間にやろうと、日本から持ってきました。目が粗く、かなり簡単に刺せます。はじめての毛糸のタペストリー、出来上がりが楽しみ。ちなみに、このタイトルは、fruit dropsだそう。

  8. 8月 -盛夏から夏の終わりへ- - ブルーベルの森-ブログ-英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる

    8月 -盛夏から夏の終わりへ-

    8月 -盛夏から夏の終わりへ-エルダーベリー(セイヨウニワトコ)の実が熟しはじめます。ムクドリやブラックバードのご馳走です。食べ物がいっぱいです。コクマルガラスの最後のヒナが巣立ちを迎えます。にぎやかな若鳥にご注目!2018年 壁掛けカレンダー イギリス スコットランドの生きものたちのくらし好評発売中! ハナさんの新しい作品を含むイラスト&フィールドノート入りカレンダーです。イラストに添えら...

  9. The Daemon Lover《悪魔の恋人》Alasdair Roberts virsion - ロビンソン商会 歌詞対訳works

    The Daemon Lover《悪魔の恋人》Alas...

    'Where have you been my long, long loveThese seven long years or more?I'm seeking for my former vowsYou gave to me before'「今までどこにいたんだ、俺の遠い昔の恋人よ七年か、それ以上ものあいだ昔の誓いを果たしてほしいのだお前が俺にかつて約束した...

  10. Trip to Isle of Skye - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    Trip to Isle of Skye

    スコットランド・エディンバラからスカイ島へ。今回、成田9度、カタール航空を使ったのでドーハのハマド国際空港が26度、そしてエディンバラが9-最終日雪になったらー2度。何してんだか。。。。ちなみにスカイ島は寒いけど、痛いほどの寒さではなく。

  11. 晴れなんだか曇りなんだか、、、 - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    晴れなんだか曇りなんだか、、、

    晴れてんだか曇ってるんだかエディンバラ、、、何だかこんな歌詞で歌ができそうで。

  12. 北のアテネ? - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    北のアテネ?

    北のアテネに来た。何で北のアテネというかはしらない。

  13. Calton Hill - a day a life a pic

    Calton Hill

    ずっと名前が思い出せなかった場所

  14. レッドグレイヴ主演『Mary Queen of Scots』(1976) - 越劇・黄梅戯・紅楼夢

    レッドグレイヴ主演『Mary Queen of Sco...

    自分の中では『蜘蛛女のキス』のイメージが先行していたヴァネッサレッドグレイヴでしたが、さすが大女優!素晴らしかったです!ライバルにして親友(この映画ではそういう設定のよう)エリザベス一世のグレンダジャクソンもよかったー。しかしジャケット写真の写りが悪くて、、もっといい写真使ってあげてほしい(T_T)かつimportの英語字幕付きで見たので、正直理解は怪しいです。だいたい理解した、という感じか...

  15. 11月30日はスコットランドの祝日、セント・アンドリュース・デイです - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    11月30日はスコットランドの祝日、セント・アンドリュ...

    11月30日はスコットランドの聖人、聖アンドリューの日です(ちなみに、ウェールズの聖人聖デイヴィッド日、セント・デイヴィッド・デイは3月1日、アイルランドの聖人、聖パトリックの日、セント・パトリック・デイは3月17日、4月23日はイングランドの守護聖人、聖ジョージの日です)。セント・アンドリュース・デイがどんな日かというと、イエス・キリストの12人の友人(弟子)の聖アンドリュー(日本だとアン...

  16. 2018年のハナさんのカレンダーが届きました! - ブルーベルの森-ブログ-英国カントリーサイドのライフスタイルをつたえる

    2018年のハナさんのカレンダーが届きました!

    ハナさんの2018年のカレンダーが届きました。かわいらしいモンキチョウと葉っぱの表紙がおしゃれです。毎年異なるイラストとフィールドメモを楽しみしており、届いたその日に早速、中を開きました。2018年のカレンダーは、動物、野鳥、花、キノコ、風景とハナさんの住むスコットランドのさまざまな自然の姿が生き生きと描かれています。各月のフィールドノートを読んでいると、ハナさんは生きものを細かに観察し、小...

  17. <転載> 2004 スコットランド記㉖マッキントッシュ三昧(9日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記㉖マッキントッシュ...

    マッキントッシュ・ローズ。この薔薇が、マッキントッシュ印。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載今日こそ、遠くに行く。今日こそ、地下鉄に乗る。外国で地下鉄。外国で地下鉄。……迷わないかな。呪文のように繰り返しながら、ブキャナンストリートにある地下鉄へのエスカレーターを降りていく。事前に「地球の歩き方」で降りる駅をチェック済み。乗り放題の切符を買い、いざ線路...

  18. <転載> 2004 スコットランド記㉕WATERSTONEの本屋さん(8日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記㉕WATERSTO...

    本屋に行きました。おもしろかったです。ただ、これを言いたいだけの回。でっかい本屋は「本好き」にはたまらないなあ~。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載「水の石」ってステキな名前だなあと思う。。。。☆ 。。。グラスゴーの本屋で探したい本があった。「The House on the Hill」by Eileen Dunlop「まぼろしのすむ館」アイリーン・ダ...

  19. <転載> 2004 スコットランド記㉓南へ― グラスゴー行きバスに乗って(7日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記㉓南へ― グラスゴ...

    スカイ島の朝。お、あの辺は、言わなきゃ日本の風景みたい、と撮った1枚。でも、ま、家の雰囲気が違うから、すぐばれるか。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載赤いトランクをガタゴトさせて(壁にぶつける or 角に引っ掛る)赤い螺旋階段を降りていたら、ポーターがあわてて駆け上がって来た。朝っぱらからうるさい。今日はスカイ島からグラスゴーに向かう日。チェックアウト...

  20. <転載> 2004 スコットランド記㉑ダンヴェガン城〜妖精伝説〜前編(6日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記㉑ダンヴェガン城〜...

    ネス湖のほとりのアーカート城。入り江に建つダンヴェガン城。シチュエーションは似ているのに、なんか、なんか、ネス湖に負けている気がする。ナゼだろう?☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載スコットランドの西のはずれ、スカイ島の西岸に立つダンヴェガンの城は、千年以上も、マクレオド一族の本拠でした。ダンヴェガンの入江をこえて、むかしからいく人もの首領は彼らの古くか...

総件数:33 件

似ているタグ