スコットランドのタグまとめ

スコットランド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスコットランドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スコットランド」タグの記事(114)

  1. <転載> 2004 スコットランド記⑲スカイ島に行く(5日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑲スカイ島に行く(...

    あれだけスカイ島、スカイ島、と言ってたわりには、初っ端、かーなーりーのローテンションです。ま、勝手知らぬところでは、ロンリーさも手伝ってたいていローテンションで始まるけどね。日を重ねるにつれてみるみる回復していくのが常。アイルランド旅で“寂しい”と感じた記憶がないのは、土地柄が合っているのもあるけれど、2度目の訪問というのも大きいと思う。つまり、どの土地でも2度訪れよ、ということかしら。2度...

  2. <転載> 2004 スコットランド記⑱エミリーちゃんS’ファミリー(後述シリーズその2) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑱エミリーちゃんS...

    後述シリーズは今回で終了です。はあ~、長かった。舞台は「エルダーヨーク」から、インヴァネスの宿「クラウンハウス」に戻ります。ここでも、ひとつの家族に出会いました。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載エミリーちゃん。見かけはもろ中国人の女の子。ツインテールの髪型にちょっとだけ浅黒い肌。黒々とした瞳。ファッションもまだアメリカナイズされていない。かといって母...

  3. <転載> 2004 スコットランド記⑰マミコさんのこと 後編(後述シリーズその1) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑰マミコさんのこと...

    マミコさん編完。日本に生まれてウン十年生きていても、知らないことがいっぱいあるのだ。行ったことのない県なんて、山ほどあるのだ。となりの県ですら、地理、歴史が全然違うのだ。だからマミコさんの話は貴重だ。こういう話、もっと聞きたいなあ。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載ちょっとスゴイですよ。画期的ですよ。16日に書いたエントリーが16日の内に完結してるよ。...

  4. <転載> 2004 スコットランド記⑯マミコさんのこと 中編(後述シリーズその1) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑯マミコさんのこと...

    エディンバラ観光が不首尾で終わったために、すさんだ気持ちで始まる今回。加えて、マミコさんとの会話記録、というよりいかにパスタがまずかったかという体験談でしかない今回。マミコさんがいてくれてよかった~、な回なのです。それにしても、パスタって、そんなに難しい料理だったかなあ。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載ツーリストインフォメーションの隣の建物、正確には...

  5. <転載> 2004 スコットランド記⑮マミコさんのこと 前編(後述シリーズその1) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑮マミコさんのこと...

    イングリッシュと呼ぼうが、スコティッシュと呼ぼうが、はたまたアイリッシュと呼ぼうが、ブリテン圏のブレックファーストは、基本、どれも同じメニューだよね。卵料理とソーセージ&ベーコンと焼いたトマトと豆とプティングと、これにパンと紅茶を合わせて、フルメニューをのっけて平らげると、お昼ご飯抜きでも全く問題なかったことを、唐突に思い出したよ。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆...

  6. <転載> 2004 スコットランド記⑭マッツンのこと 後編(5日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑭マッツンのこと ...

    内容に適した写真どころか、インヴァネスの写真すらないので、代わりの地図。旅行者にわかりやすいバスの地図です。あ、逆方向に向かったら、Fort George(フォート ジョージ)だったのか。こっちも見たかったなあ。「マクベス」しか頭になかったよ、当時。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載明くる日。やっぱり曇り空だけど、雨はさすがに降っていない。早めの朝食を...

  7. <転載> 2004 スコットランド記⑬マッツンのこと 中編(4日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑬マッツンのこと ...

    内容に適した写真がないので、とりあえずコーダー城の庭園写真。今日はべらぼうに暑かったよ。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載マッツンは九州出身。ラーメンのうまい国。「こっちのパスタってゆですぎでおいしくないよね」「でしょ!!!ロンドンで食ったのもゆですぎだった。どこでもそうなのかな〜。オレ、麺は固麺って決まってるからキツかった〜」「固麺って何?」「麺の茹...

  8. <転載> 2004 スコットランド記⑫マッツンのこと 前編(4日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑫マッツンのこと ...

    ここからしばらく「会話文」が続きます。出会った人との会話も“記録”しておこー、と思ったからです。思い出すと、それはそれは楽しいです^^でも、ひたすら会話って、どうなん?☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載後述シリーズ第1弾。マッツンのお話は後述ではなく、進行中のマクベス城での出来事だけど、お話的にスコットランド記の折り返し地点で、ちょうどいいかなって思っ...

  9. <転載> 2004 スコットランド記⑪マクベス、マクベス、マクベス(4日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑪マクベス、マクベ...

    「マクベス」を観たことがある。ひとつは、段田安則マクベス。もうひとつは、仲代達矢マクベス。段田さんはイメージぴったりだったけど、シェークスピアのセリフにまだ慣れていない感じだった。仲代さんはさすが達者、けどマクベスにしては老け過ぎていた。むしろ「リア王」をやって!って感じだった。いろんな演じ方があるよね、シェークスピア。いろんな訳し方があるんだよね、シェークスピア。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆...

  10. <転載> 2004 スコットランド記⑩ネス湖クルーズ、水黒いよ?(4日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑩ネス湖クルーズ、...

    はっ。ここでも、寂しい、寂しいってゆってる!わかったから、それ以外を書けよ、って今なら言うね。海外に行くと、旅慣れた年配のご夫婦に出会うことが多い。素敵だな~、と思う。こちらもお元気でいらっしゃるだろうか。石垣島……スコットランドより遠い。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載1人旅行ってこういうとき寂しいんだよな〜。いろんな旅行者がいるが、みんな最低2人...

  11. <転載> 2004 スコットランド記⑨いざ、ネス湖!(4日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑨いざ、ネス湖!(...

    聖コルンバ。ネス湖の海獣を退治したお方。人の良さそうな(つるっぱげの)おじいちゃんではないですか。「やっ」ってフレンドリーに言ってそうな足元で、貧相なネス湖の海獣が哀愁を誘う……。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載「みなさま、こちらはネス川といって、あの有名なネス湖につながる川になります」新緑の並木がきらきらと輝く早朝。川のほとりをボーと散歩しながら、...

  12. <転載> 2004 スコットランド記⑧インヴァネスにて、ミステイクな出来事、3つ【その3】(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑧インヴァネスにて...

    初めて来た街の1日目は、たいてい勝手がわからず右往左往するもんです。2日目でようやく慣れ、3日目はあたかも地元民のように歩く。というわけで、どんな街でも3日滞在するのがいいと思います。旅行じゃあ、そんな悠長なスケジュール、なかなか立てれないけどね。☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆以下、転載雲行きが怪しくなってきたと思ったら、あっという間に雨粒が落ちてくる。やっ...

  13. <転載> 2004 スコットランド記⑥インヴァネスにて、ミステイクな出来事、3つ【その1】(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑥インヴァネスにて...

    今回のエピソードは、1度「アイルランド式Ⅱ」の旅行記で載っけています。流れのままに再掲です。前回は、“バスの通路をゲロまみれにしなくてよかった”今回は、“みつかって、本当によかった”あとから考えると、マジ幸運だったよー、という記録です。インヴァネスの街を歩いていたときに撮ったもの。何の気なしにシャッターを切ったので、端のほうに写っている方達をびっくりさせてしまいました。いやはや、ごめんなさい...

  14. <転載> 2004 スコットランド記⑤はるかなる異国の地、バスの中でゲロを吐く(3日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記⑤はるかなる異国の...

    エディンバラ城だけで、エディンバラ観光が終了したかのようですが、これでもちょこちょこ見学しています。聖ジャイルズ大聖堂とか、エディンバラ博物館とか。忠犬ワンコ、ボビーの像を撮り損ねたのがあんまりなんで、せめてもの記録に撮ったもの。あっ、よく見ると、じいちゃんとワンコのツーショットが。ちなみに、写真の日にちは日本時間なので、これからずれていきます。エディンバラで出会った学生さんの話は後述させて...

  15. <転載> 2004 スコットランド記④城の話(2日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記④城の話(2日目)

    エディンバラ城から見たニュータウンです。18世紀以降の区画整理された街並みです。それでも十分古く感じます。「世界むかし話集イギリス編」の中に「詩人トマスの話」という昔話があります。トマスが妖精の女王に連れられて妖精の国に行く話ですが、そこで彼は女王から予言の力をもらうのです。彼の予言は今に伝わっていますが、その内のひとつにこうあります。三つの町のうちで一番大きくて美しいのは前にはヨーク今はロ...

  16. <転載> 2004 スコットランド記③エディンバラと言えば、お城だけじゃないんだけど(2日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記③エディンバラと言...

    オールドタウンというのは、建物も道路も石造りで、頑丈で見上げるような高層の建築物が立ち並んでいます。北にあるニュータウンが18世紀以降の街であることに対して、こちらはそれ以前の古い建物がひしめいています。岩山に建つエディンバラ城に向かって、主要通りであるロイヤルマイルがゆるやかに上がっています。「CameraOfscura」って、なんぞや。古い古いって書きながら、写真のゴシック文字がやたら目...

  17. <転載> 2004 スコットランド記② 初ブリテン島。お日様の沈まない日(1日目) - アマミツル空の色は Ⅱ

    <転載> 2004 スコットランド記② 初ブリテン島。...

    まず、文体が違います。ブログというのは短い文章が基本なのだ、というナゾの信念で書いていたような……。そうして、「1日=1記事」にしようと思っていたため、どこにも焦点があたっていないナゾ記事ができました。そこをもっと詳しく書けよ!とかそんなにご丁寧に時系列守って書かなくていいよ!とか今となってはいろいろありますが、せめて仲良く話した人との会話は記録に残しておこうよ、と思います。例えば、この話で...

  18. 宮古島 - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    宮古島

    スコットランド、、、、何も行けない理由はなかったのだけど、何となく混沌としているイギリスを考えると波動悪し・・・と考えるんだね、、私。付き合うモノ、付き合う人、こちらのことは棚に上げて波動の良いものと付き合うのがいいと思う。というわけでスコットランドはお預けになり、代わりにといってはなんだけど宮古島へ行くことにした。大好きなんだね、宮古島。ただ天気がここへきて思わしくないんだな、、。さて、ど...

  19. 世界平和は望めないのか - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    世界平和は望めないのか

    再来週、スコットランドへ行こうと計画していた。南回りの安い飛行機でエディンバラ大学の寮に入り、安価に旅しようと。しかしここ数日、イギリスでテロのニュースが世間をにぎわしている今の時代、どこへ行っても安心、安全なところはなく、慌ただしく騒がしい日々だ。しかし残された家族の心配を思うと、呑気に行く気にもならず断念。またいつか行けるよね、、、そんな思いでキャンセルの連絡をした。まだ見ぬスコットラン...

  20. スコットランドの大晦日 - 沙菜のブログ

    スコットランドの大晦日

    スコットランド人の友達がいる友達の話に興味深いものがありました。スコットランドの大晦日は「ホグマネイ」と呼ばれていて、コンサート、パレード、花火などのイベントが極寒の中行われるのだとか!このパレードが面白いらしく、男性がバイキング(海賊)の衣装を着て、武器やたいまつの様なものを持って街を行進するらしいのです。世界の文化の違いを知るのは面白いです。死ぬまでに一度はスコットランのホグマネイを体験...

総件数:114 件

似ているタグ