スコットランドのタグまとめ

スコットランド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスコットランドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スコットランド」タグの記事(114)

  1. 1/35 A34 Comet 4 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    1/35 A34 Comet 4

    サフ前で引っ張りすぎてすいません。いやー、久々休めましたのセーサク者です。先日、何となくハンバーグを作ったんですが、繋ぎに食パン一枚使ったらミンチ肉と同量になってしまいパテがベトベトして焦ったんですが、取り合えず焼いてみたら火の通りも早くフンワリ焼き上がり、北欧大型家具店のミートボールのようなクリーミーな味に近くなりました。また、今年の連休は好天に恵まれ過ぎたので、インドアアクティビティ派の...

  2. 1/35 A34 Comet 3 - (仮)セーサク日誌 モケー編

    1/35 A34 Comet 3

    タミヤのバレンタインは驚異的ですね~、複雑な車体がバラバラ分割なのにパスパス決まる‥すっ、スゲエ(ゴクリ)。てなこって、既に仮UPしてしまった香港はブロンコ製1/35クルーザータンクA34コメット製作の事後報告です。前回はちょっと違う防盾形状やリアデッキの改修が終わり、だいたいのバランスが見えてきた所なので更に進めませう!とゆーか、大会期日まで逆算するとそろそろ諦めモードに入らないと間に合わ...

  3. スコッチを飲んで、ライチョウを守る - ブルーベルの森-ブログ-英国のハンドメイド陶器と雑貨の通販

    スコッチを飲んで、ライチョウを守る

    スコットランドに行ったら、ぜひ味わいたい本場のスコッチ。雰囲気のある古いパブで、とろっとした琥珀色の、ちょっとスモーキーな香りのするウィスキーを飲むのは最高です。このウィスキーを、飲めば飲むほど、野鳥保護につながる(?!)というのです。The Famous Grouse(ザ・フェイマス・グラウス)は有名なスコッチのメーカー。スコットランドの狩猟鳥、Red Grouse(レッドグラウス、和名:...

  4. ケニアのバラ - 黒豆日記

    ケニアのバラ

    スコットランドから主人の両親が来日中。先日、おじいちゃんの87歳のお誕生日だったので、広尾商店街にある、アフリカはケニアからの輸入のバラを取り扱っているお花屋さんで、カラフルなバラのブーケを作ってもらいました。とても日持ちもよく、見てるだけで元気になれる!おじいちゃん(父)は、水球選手でオリンピックに2度出場したことのあるアスリートでした。87歳の年齢にもかかわらず、いまだにスイミングを楽し...

  5. スコットランドの花。 - ぐるりやぐるり “ぐるり屋日記”

    スコットランドの花。

    The Clans and Tartans of Scotland/Robert Bain(洋書)タータンチェックとは?から、133種類のクランタータンについて紹介したタータンチェックの決定版。スコットランドでは18世紀ごろから、クラン(氏族)ごとに異なるタータンを着用するようになったそうで、本来はクランメンバーでないものはクラン・タータンを着用すべきでないそうです。いつも何気なく見ているタ...

  6. 2017/01/19 (1) - 雪よりも白く

    2017/01/19 (1)

    おはよう世界

  7. ハナさんの蝶のイラストができるまで動画あり! - ブルーベルの森-ブログ-英国のハンドメイド陶器と雑貨の通販

    ハナさんの蝶のイラストができるまで動画あり!

    ハナさんがモンキチョウを描いている動画が届きましたのでご紹介します。動画はFacebookにてご覧いただけます。https://www.facebook.com/bluebellwoodland04/繊細な羽の模様を鉛筆でやわらかいタッチに描きあげています。ハナさんが活動するイギリスのスコットランドで見られる蝶々。クジャクチョウ、モンシロチョウ、コヒオドシ、モンキチョウ、ヨーロッパアカタテハ...

  8. スコットランドの独立問題 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    スコットランドの独立問題

    英からの独立、賛否割れ接戦 18日住民投票、スコットランド - エキサイトニュースhttp://www.excite.co.jp/News/world_g/20140917/Kyodo_BR_MN2014091701001397.html【グラスゴー共同】英国北部スコットランドの独立の是非を問う住民投票が18日、実施される。世論調査では賛否が割れ、接戦とみられる。賛成が過半数になれば、170...

  9. What a kerfuffle! - Diamond Gold Body by Smiling, Laughing 笑って金剛身

    What a kerfuffle!

    とりあえず、ちょっと困った出来事が発生したら、スコッティシュにWhat a kerfuffle!と言ってみるというのも、いいんですね~。

  10. Ray McCooney@Little BritainSpooky Scottish, Yee-ss! - Diamond Gold Body by Smiling, Laughing 笑って金剛身

    Ray McCooney@Little Britain...

    イギリス・コメディのネタとしては、やはりスコッツ(Scots)をイジルのは欠かせないようです。イングランドからすれば、スコッツマンの方言もようわからんし、今だに中世のケルトの魔法(Celtic Magic)の世界に住んでいるのではないかという奇妙さと不気味さを感じているのかもしれませんね。***「ぷりぷり県」よりも更に不条理な世界が展開されていると言えるでしょう。おっ、そういえば。「ぷりぷ...

  11. 柔ちゃんとライオン - トビイ ルツのTraveling Mind

    柔ちゃんとライオン

    北京オリンピックの柔道の試合で、谷亮子選手が銅メダルで終わったことに関する話題で、今朝はどこのメディアもにぎわってます。谷選手は闘争心を鍛えるために、夜の動物園に行ってライオン(猛獣)にえさやりをさせてもらっている...というよーな話が、以前、TVで紹介されてたんですが(嘘みたいな話ですが、一応、番組内では事実として紹介されてました)、母となって自らを闘いのために奮起させるというのはとても大...

  12. ゴルフの18H - 明日への小ネタ

    ゴルフの18H

    ゴルフはoutが9H、inが9H。あわせて18Hあります。さてではなぜ18Hなのでしょう?ゴルフはスコットランド発祥のスポーツです。当時ゴルフをしていた偉い人(伯爵?)は寒いのでウィスキーを飲みながらゴルフをしていたそうです。1H終わるとウィスキーを一杯。当然ホールをまわるにつれて酔っ払ってゴルフができなくなってきます。あるところでどうしてもゴルフを続けられなくなります。そのホールが18Hだ...

  13. 9月23日 ニュージーランドvsスコットランド@エジンバラ - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    9月23日 ニュージーランドvsスコットランド@エジンバラ

    あまり時間が無かったので、エジンバラ駅でTAXIを拾いマレーフィールドスタジアムへ向かう。普通であれば10分くらいで着く距離だ。しかし、スタジアムに近づくと、スタジアムに向かう車と人がいっぱいで渋滞中‥ALL Blacks Scotlandのシャツを着た大勢のサポーターがスタジアムの方へ歩いている。どうしてもキックオフに間に合わせたかったので、TAXIから降ろしてもらいダッシュしました。次男...

  14. 9月21~22日エジンバラ到着 - ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog

    9月21~22日エジンバラ到着

    ※毎度、写真が多くてすみません。夜遅くスコットランド・エジンバラに到着。パリから飛行機で1時間。Marine Driveという所にあるB&Bタイプのホテル。洗面、トイレ、シャワーは共同です。パンツ一丁でうろうろできません(笑)2シングルとダブルベッドのファミリールーム。広くて十分満足。子どもたちは時間さえあればUNOに興じてました。UNO覚えたてでちょうど良かった。ここのホテルに来る...

総件数:114 件

似ているタグ