スジボソヤマキのタグまとめ

スジボソヤマキ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスジボソヤマキに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スジボソヤマキ」タグの記事(6)

  1. 安房峠散策 - 飛騨山脈の自然

    安房峠散策

    災害で安房峠が車で通行できないので歩くことにした。焼岳登山口までは通行可能で車が50台以上止まっている。ゆっくり歩るっているとキツリフネが目についた。薄暗い環境でも黄色は良く目立つ。サカハチチョウが飛んでいたが♀なのでカメラを向けた。ソバナが所々で涼しげな様子で咲いていた。これは少し色が薄い、白花とまでいかないがアルビノと言っても良いのかな?少し破損しているスジボソヤマキ♂が見られた。メタカ...

  2. 信州の高原Ⅱ - 飛騨山脈の自然

    信州の高原Ⅱ

    今年はスジボソヤマキを多く見かける。吸蜜していたり飛んでいても目立つので良く目につく。近くに♂がいても配偶行動は全く行わず、♀は安心して?吸蜜に専念できる。キバネセセリも今年は多く、♀をよく見かける。獣糞で吸汁する♂はよ良く見られるパターンだ。ヨツバヒヨドリで吸蜜する♀ノリウツギで吸蜜する♀草原を歩いていたらゴマシジミに出会った。希少種のホシチャバネセセリが姿を見せてくれた。

  3. 郊外へ - 飛騨山脈の自然

    郊外へ

    今日は雨の降らない予想なので郊外に出かけた。廃墟のそばに綺麗なヒカゲチョウがいた。ここは標高が高いので年1化になり平地の個体と比べると大きい。スジボソヤマキの♀がノアザミで吸蜜していたがすぐに逃げられた。もう2化のミヤマカラスアゲハが飛んでいるというのに、第1化の個体が小雨の中吸蜜に余念がない。ミドリヒョウモンが雨の中、開翅していた。直後に雨がひどくなり車に逃げたが止むことはなかった。

  4. 春の里山 - 飛騨山脈の自然

    春の里山

    ようやく暖かくなり越冬個体や新成虫が見られるようになった。翅にシミを付けたスジボソヤマキ♀が飛んでいた。クロウメモドキ芽吹いていたが卵はなかった。スミレサイシンが咲きはじめていたが葉は丸まっていて展開していなかった。ギフチョウは花には来ず地表に止まるだけだった。ヤマエンゴサクは綺麗な状態のものがあった。アブラチャンが満開で存在感を誇っていた。最盛期は過ぎていたがキクザキイチゲが見られた。モン...

  5. 白樺湖周辺 - 飛騨山脈の自然

    白樺湖周辺

    白樺湖周辺に移動した。近くの雑木林に入るとクロヒカゲが出迎えてくれた。ぼろぼろになったメスアカミドリがテリハリをしていた。メスグロヒョウモンとスジボソヤマキが仲良くヨツバヒヨドリで吸蜜していた。日陰のヨツバヒヨドリではルリシジミ♀が来ていた。道の法面にイブキジャコウソウが咲いていた。割ときれいなミドリヒョウモンも吸蜜に訪れた。ジャノメチョウは♂♀いたが♀はきれいな個体が多い。雨境峠近くに来た...

  6. 御岳山麓の高原(2) - 飛騨山脈の自然

    御岳山麓の高原(2)

    クガイソウがあったので葉の裏を調べてみた。何株か見たが中々見つけることが出来ない。ようやくコヒョウモンモドキの卵塊に巡り合った。来年いくつ成虫になるのだろうか。色んな天敵にさらされながら成長するのだが、個体数の少ない最大の原因は食草の少なさであろう。スジボソヤマキも出始めたようだ。オオウラギンスジヒョウモンとコチャバネセセリが仲良く吸蜜している。数年キベリタテハの不作が続いたが今年は沢山見ら...

総件数:6 件

似ているタグ