スズメ目のタグまとめ

スズメ目」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはスズメ目に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「スズメ目」タグの記事(829)

  1. 樹上のウソ♂と♀ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    樹上のウソ♂と♀

    関東地方では乾燥した気候が続き、足利市や桐生市で発生した山火事は、長い間延焼が続きました。山火事の近くに住んでいた人たちは、自宅に火が回るのではないかと、気がきではなかったことと思います。都内では、今朝から雨が降ったり晴れたりを繰り返していましたが、昼過ぎからはずっと雨模様となりました。風も強く吹いて、傘を差すのも大変なほどでしたが、このような雨がもっと早く降っていたら、足利や桐生の山火事は...

  2. 厳寒の渓流にいたカワガラス - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    厳寒の渓流にいたカワガラス

    厳冬期の高原で、野鳥観察をしようと遠出をしてきました。雪が深く積もっているだろうと、車にスノーシュー(モンベル製のスノーポン)を積んでいきました。現地に着いて、ハイキングコースを確認すると、スノーブーツだけでも十分に安全な歩行ができると確認できたので、携行しないで出発しました。スタート地点からは順調に歩みを進めましたが、途中からハイキングコースが通行止めになっていて、迂回路を進むことになりま...

  3. ゴジュウカラが樹肌を伝う - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ゴジュウカラが樹肌を伝う

    厳寒の最中でしたが、高原で野鳥観察をしてこようと、車中泊で2泊3日の探鳥行に行ってきました。初日は、現地に昼過ぎに到着して、昼食を済ませてから、雪原の中に続く片道1時間30分ほどのハイキングコースを往復してきました。でも、強烈な風に吹き曝されて、降り積もった雪が地吹雪のように舞い上がる状況でした。風の通り道では、行きに付けた踏み跡が、帰りには雪で消されて雪山のようになっていましたから、何処を...

  4. ズミの木に飛来したヒレンジャク - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ズミの木に飛来したヒレンジャク

    この日訪問した高原は、雪で一面真っ白になっていました。片道2時間ほどのハイキングコースを往復してきましたが、途中の木道は両側に4〜50cmほどの積雪があり、その真ん中が踏み固められて、2〜30cmほどに圧雪された道が付いていました。事前に雪が積もっていると分かっていましたから、スノーシューと雪用ブーツを携行して、コースの積雪状況に応じて使い分けようと思っていました。現地に着いて、ハイキングコ...

  5. 厳冬の渓流にいたミソサザイ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    厳冬の渓流にいたミソサザイ

    この2月中は、緊急事態宣言が発令されていたため、ずっとテレワークが続いていました。時間的な余裕がありましたから、毎日の日課としているウォーキングの目標を1日2万歩以上と設定していました。色々な用事もあって、確実に毎日2万歩以上を歩いてきた訳ではありませんが、月末を迎えて1日平均で2万歩以上の達成が確実になりました。自分で設定した目標ですが、何とかクリアできそうですからよしよし良くやったぞと、...

  6. 雪が残る地上のウソ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    雪が残る地上のウソ

    この間、車中泊用に使用していた、サブバッテリーの寿命が尽きてしまったと書き込みましたが、単に充電用の電源コードが抜けていただけで、コードを差し直したら見事に復活してくれました。新しいバッテリーを注文しなければならないと思っていましたが、再度確認したのが大正解でした。結構良いお値段するものですから、早まって注文していたら余計な出費をするところでした。車中泊では、車のエンジンを切っている時間が長...

  7. 芝生の上で採餌するツグミ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    芝生の上で採餌するツグミ

    河川敷で野鳥観察をしていたら、モズのオスが間近に現れ、枝先に止まってくれました。すぐにカメラを向けて撮影していたら、その近くの枝先に今度はメスの個体が止まって、獲物を探しているようでした。モズは冬の間、オスもメスも縄張りを持って暮らしていますから、こんなに近くにオスとメスが現れるというのは、繁殖期を目前にして、ペアリングが出来ているのかなとか思われました。河原からは、セグロセキレイの囀りが響...

  8. 春を待つモズ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    春を待つモズ

    先週末から季節外れの暖かい陽気となりましたが、そろそろセツブンソウやアズマイチゲなどが咲き始めているだろうと、野鳥観察も兼ねて出掛けてみることにしました。一日は山野草観察、一日は野鳥観察と決めて、車中泊をしてきましたが、夜中に突然、照明に使っていたLED卓上ライトが消えて、車内が真っ暗になってしまいました。車内に2つ置いているサブバッテリーの、小さい方を照明や携帯の充電用などに使っていました...

  9. 舞い上がったアオジ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    舞い上がったアオジ

    先日、長い間愛用してきた超望遠レンズのオリンパス ED 300mmF2.8 と、これを載せるために使っていたジッツオの三脚を売却してきました。フォーサーズ仕様のレンズですから、35mm換算で 600mmF2.8 相当ですから、野鳥写真の撮影には大きなアドバンテージがありました。しかし、重さが3.3kgほどもあり、とても重いので三脚に据えて撮影しなければならない代物でした。三脚ごと担いで移動す...

  10. カワラヒワ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    カワラヒワ

    テレビのニュース番組で、気象予報士から全国のサクラの開花予想が発表されていました。それによると東京の開花は、例年より早い3月17日になるとのことでした。あと一月を切って、春本番はもうそこまで来ています。それでもまだ寒い日が続きますが、三寒四温を繰り返しながら、一歩一歩春に近づいていくことでしょう。この週末の都内の気温は、20度近くまで上がっていますから、もう4月の陽気となりました。ウォーキン...

  11. 荒れ地のタヒバリ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    荒れ地のタヒバリ

    テレワークの期間が長くなりました。どうしても出勤しなければならない時を除き、ずっと自宅にいるため時間的に余裕ができましたから、日課としているウォーキングの目標を、1日2万歩以上と設定しなおしました。これまでのところ、この目標は順調に達成できています。しかし、毎日自宅にいるため、3食の食事をカミさんと一緒に取ることになりました。食事の支度をするカミさんは大変ですから、このところのお昼ご飯は、お...

  12. 水場にやって来たお客様 - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    水場にやって来たお客様

    探鳥に出掛ける時などは、食品や飲料などを購入するのに、通り掛かりのコンビニに立ち寄ります。私がよく利用するセブンイレブンでは、nanacoカードに予めお金をチャージできるのでとても便利です。先日、泊まりがけの遠征に出かけた時、3日分の食材などを購入したのですが、その際 nanaco に5,000円のチャージをしたところ、ソフトドリンクを1本サービスしてくれました。そのお店では3,000円以上...

  13. 水場に集まるマヒワの群れ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    水場に集まるマヒワの群れ

    先日、とある探鳥地でベンチに座って昼食をとっていた時、望遠レンズを持った人が通り掛かりましたが、カメラのショルダーバンドをUの字にしてレンズの前部分にかけ、2本のバンドの中央を持って手提げのようにして運んでいました。通常は肩にかけるために使いますから、面白い持ち方をしているなと思いました。歩きながら野鳥を探す私の撮影スタイルでは、いつも肩に掛けてカメラを持ち歩きますが、肩からずり落ちそうにな...

  14. 梅林でジョウビタキを見つけた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    梅林でジョウビタキを見つけた

    ウォーキングコースの一つである川沿いコースに、白梅の木が6本並んだ所があります。2月初めにその花が咲き始めたことを紹介しましたが、今日、そのコースを歩いてきたら、少し強い風が吹いていたこともあり、既に散り始めていて、地面には白い花びらの絨毯が広がっていました。咲き始めてから3週間目に入ったばかりのところですが、早いものです。花の命は短くて...などと謳われることもありますが、地面に広がる花び...

  15. ドングリを拾っていたカケス - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ドングリを拾っていたカケス

    土曜日(2月13日)の夜、東北地方で震度6強を記録する大きな地震がありました。10年前の東日本大震災を彷彿とさせるような大きな地震で、各地に色々な被害が発生しました。テレビのニュースでは、東日本大震災の余震であると解説されていました。10年も前の地震の余震ということで、随分長い期間だなと思わされましたが、地球の地学的な歴史からすれば、10年は極めて短期間ということになるのでしょう。私が住んで...

  16. 落葉の中にシロハラを見つけた - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    落葉の中にシロハラを見つけた

    私のウォーキングコースの一つに、川沿いで白梅の木が6本ほど並んでいるところがありますが、先日からその花が満開となってくれました。6本も並んでいますから、良いお天気であることと相まって、一斉に咲くとボリューム感も溢れるようで見応えがあります。昨年もこの時期には素晴らしい景色を見せてくれましたが、コロナ禍の真只中にある今年も、めげずに見事な眺めを提供してくれました。そのすぐ先の川の土手には、たく...

  17. 枝先に3羽のイスカが - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    枝先に3羽のイスカが

    新型コロナの感染拡大により、1月から緊急事態宣言が発令されましたが、これに伴い私の職場では、事務所に出勤せずにテレワークすることとしています。このため自宅にいる時間が長くなり、時間に余裕が出ましたから、日課としているウォーキングの平均歩数が、この1月中は1日2万歩を越えました。ウォーキングの目標は、以前は1日1万歩に設定していましたが、次第に物足りなくなったので、昨年の後半から15,000歩...

  18. 残雪の中のベニマシコ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    残雪の中のベニマシコ

    車中泊を利用した遠出探鳥は、都県境を超えて移動することになりますから、先月緊急事態宣言が出されてからはずっと自粛してきました。今回紹介している残雪の中のベニマシコは、緊急事態宣言が出される直前に、暫く遠出は出来なくなるだろうと、思い切って出掛けてきた時に撮影したものです。二泊三日の探鳥行でしたが、とてもたくさんの写真が撮れましたから、これまで約一ヶ月にわたりこのブログで紹介を続けてくることが...

  19. 枝止まりのオオマシコ - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    枝止まりのオオマシコ

    先日(1月28日)、東京に雪が降りました。午後から雨が降るという予報が出ていたところ、昼頃まではそんなに冷え込んでいなかったのに、3時過ぎから急に大きなボタン雪が降り始めました。カミさんに教えられて外を見たら、目を疑うような光景となっていて、驚かされてしまいました。積もるようなことはなかったので、交通混乱も発生はしなかったようですが、私のウォーキングの日課には少なからず支障が出ました。翌朝は...

  20. ジョウビタキのオスとメス - コーヒー党の野鳥と自然パート3

    ジョウビタキのオスとメス

    今春、文教大学の東京あだちキャンパスがオープンします。私がウォーキングコースの一つとしている、毛長川沿いの花畑団地の一角にあり、数年前から建設工事が進められていましたが、既に立派な校舎が完成しています。今は、毛長川を谷塚側へ渡る人道橋の建設が進められていますから、ウォーキングコースの一部が通行止めとなり、迂回路を利用しています。これに伴い、毛長川の脇に新たな親水歩道も作られるようですから、完...

総件数:829 件

似ているタグ